FC2ブログ

1946-03-04, Brazil : Joao Prestes Filho が謎の光を浴びて死亡した事件 (2)

前置


・タイトルの事件について比較的詳しい記事のひとつ。機械翻訳で。

・Pablo Villarubia Mauso がソース記事の著者。かなり詳しい記事。

・参考

  1638-10-21, UK : 教会に落雷、球電が発生し、4人が死亡した事例 - http://news21c.blog.fc2.com/blog-entry-16271.html (2020-07-01)

出典


The Incredible Saga of Joao Prestes - https://www.ufocasebook.com/prestes.html

DeepL



ジョアン・プレステスの信じられないほどのサーガ
パブロ・ビラルビア・マウソ
ヒスパニック大学のスコット・コラレスが翻訳しました。

近代的なUFO時代の幕開けとなったレーニア山(アメリカ)での有名な事件のほぼ1年前の1946年に、ブラジルの奥地で、ある農民が、 目撃者によると、数時間のうちに、奇妙な光がジョアン・プレステス・フィリョの死をもたらしたという。

ウーフォロジーの歴史の中で最も不穏で恐ろしい事件の一つの答えは、歴史家でありウーフロジストでもあるクラウディオ・ツヨシ・スエナガと私が、この地域で起きたチュパカブラの襲撃事件を調査するために宿泊していた小さな騒々しい「ミナスジェライス」というホテルから始まりました。サンパウロ(ブラジル)から47キロ離れたサンロケの町にいたとき、夜の静寂を破ってルームメイトが部屋の不潔なバスルームで見つけた新聞のページを見て、私に注意を促した。

恍惚と感動が入り混じったように、言葉に迷いながら、その若い日系ブラジル人は1997年4月12日付の新聞の内容を読み上げた。驚いたことに、1946年3月4日に恐ろしい死を遂げたジョアン・プレステス・フィリョの両親の痕跡を見つけたのです:原因不明の光に襲われた後、彼の肉は骨の塊、特に顎、胸、手、指、足から落ち始め、数時間以内に死ぬ運命にありました。見物人の恐怖と無力さに、いくつかの肉片が彼の腱からぶら下がったままになっていました。

ホテル・ミナス・ジェライスは、夜明けまで私たちの不眠症と落ち着きのなさを黙って見守っていた。数分後には、急ぎ足で、サン・ロケの郊外にある60歳のルイス・プレステスさんの質素な家に到着した。ルイスは、1932年の立憲主義革命の元兵士である父親のロケの死を悼んでいた。

"ごく最近まで、彼の死の直前に、私の父は、その遠い年1946年に彼の兄の悲劇的な通過を思い出しました。私は9歳くらいの小さな子供でしたが、叔父のジョアオに何が起こったのかははっきりと覚えています。その日はカーニバルの週で、そのような祭りが嫌いだったジョアオは釣りに行くことにして、荷車に乗って走り去った。彼が住んでいたのはアラカリグアマという小さな村で、サン・ロケからわずか7キロのところにあり、それまでは孤立していた静かなコミュニティだった。叔母は子供たちと一緒にお祭りに出かけ、ジョアオの夕食を家に置いてきました。ルイス・プレステスは、私たちが注意深く見守る中で説明してくれた。

"アラカリグアマにいた時、叔父が親戚の家で亡くなっていることを知りました。"私は中に入りたかったのですが、私はまだ幼かったし、ジョアオの体調がトラウマになっていたかもしれないので、禁止されていました 父は彼の姿を見て、ジョアオは家に帰って窓を開けていると、彼が立っていた部屋の中に火のようなものや「燃えるような松明」のようなものが入ってきたと言っていた。ジョアオは床に倒れ込み、体が火照っているのを感じたという。毛布にくるまって2キロ以上歩いて村に入った。父の話では、ジョアオは頭の髪の毛を除いて、腰から上だけが焼けていたという。叔父を家からトラックでサンタナ・ド・パルナイバ(最寄りの病院のある村)まで連れて行ってもらった時、私はなんとか叔父の姿を見ることができた。叔父の体に火傷をしたせいか、シーツが黒くなっていたのを覚えています。ジョアオは入院する前に死んでしまった」。プレステスはテープで彼の話を聞きながらこう語っています。

"英語、日本語、ロシア語で出版された多くの本によると、ジョアン・プレステスは耳や顔の一部などの体の一部が溶けてしまうような恐ろしい死に方をしたとされています。それは本当ですか?と私は尋ねた。

"いや、病院に付き添った父の話によると、彼の容姿は本当に破滅的だったが、そこまで極端ではなかった。彼は全身に重度の火傷を負っていた。彼の肉は黒々としていて、体には何の傷もありませんでした」と、この事件に関する本や何百もの記事に掲載されていた話を一部改変して説明してくれた。"私の父はサンタナ・デ・パルナイバの副警察官で、この事件の調査のために法医学班の協力を要請したが、その結果については何も知らない。

事実、火が出た時にホセがいた部屋には何も燃えていなかった。彼には敵も誰もいなかったし、自分にそんなことをしようと思う人もいなかった。彼は死んだ後も、光が自分を襲ったと繰り返し、それは "異世界的なもの "だった」と我々のインタビュアーは説明してくれた。次のような情報を得て、私たちは現実に戻ってきた。"当時、アラカリグアマとその周辺では、"アソンブラコ"(幽霊)と呼ばれる火の玉が絶え間なく目撃されていた。今は閉山してしまった金鉱から来たものだと信じていた人もいました。

他にも奇妙なことが起こりました。亡き父は、1922年頃、祖父と叔父と一緒にいた時にロビソメム(狼男)を見ることができたと言っていました。叔父が石を投げて手に当たったそうです。翌日、近所の人が手に包帯を巻いて現れた。他の人も同じような話をしていた」とルイス・プレステスさんは話してくれた。サンロケ地区は、驚くほど多様で量の多い異常現象が見られる幻想的な "窓辺 "なのではないか、という考えが私たちの心を揺さぶった。

その説は、情報提供者から伝えられた以下のデータと一致しているようです。"私の叔父であり、ジョアン・プレステスの弟であるエミリアーノ・プレステスにも同じように恐ろしいことが起こった。"弟の悲劇的な死から数ヶ月後、エミリアーノはアグア・ポドルのアラカリグアマの森を歩いていた。燃えるような松明が彼の頭上に現れ、恐怖におびえたエミリアーノは、それが彼の上に落ちてきたとき、峡谷の端に逃げ込んだ。彼にできることはひざまずいて命を祈ることだけだった。彼は熱を感じたと言っていたが、幸いにも、燃えるような松明は遠ざかり、消えてしまった」。ルイスの話は、この地域にさらなる謎をもたらしました。

燃えるような松明」や「火の玉」はルイスの父親にも何度か目撃されていた。この物体は馬や騎手を怯えさせ、アラカリグアマの暗い夜を通り抜けて質素な住居にたどり着くまでの道のりを作っていました。"その光は朝の3時から4時の間に最も頻繁に見られ、月の3、4倍の大きさであった。人々は遠くからでもその熱を感じ、驚くほどの速さで動くことができた。私の父は、これらのライトのために夜にパーティーに行くのを止めた」とルイス・プレステスは振り返った。

さらなる侵略その説は、情報提供者から伝えられた以下のデータと一致しているようです。"私の叔父であり、ジョアン・プレステスの弟であるエミリアーノ・プレステスにも同じように恐ろしいことが起こった。"弟の悲劇的な死から数ヶ月後、エミリアーノはアグア・ポドルのアラカリグアマの森を歩いていた。燃えるような松明が彼の頭上に現れ、恐怖におびえたエミリアーノは、それが彼の上に落ちてきたとき、峡谷の端に逃げ込んだ。彼にできることはひざまずいて命を祈ることだけだった。彼は熱を感じたと言っていたが、幸いにも、燃えるような松明は遠ざかり、消えてしまった」。ルイスの話は、この地域にさらなる謎をもたらしました。

燃えるような松明」や「火の玉」はルイスの父親にも何度か目撃されていた。この物体は馬や騎手を怯えさせ、アラカリグアマの暗い夜を通り抜けて質素な住居にたどり着くまでの道のりを作っていました。"その光は朝の3時から4時の間に最も頻繁に見られ、月の3、4倍の大きさであった。人々は遠くからでもその熱を感じ、驚くほどの速さで動くことができた。私の父は、これらのライトのために夜にパーティーに行くのを止めた」とルイス・プレステスは振り返った。

さらなる侵略

私たちのインタビューを終える前に、ジョアン・プレステスのケースに光を当てた新しい情報に満足している感じ、ちょうど私たちは手続きにさらに何も追加することを考えていたように、ルイス・プレステスは私たちに貴重な手がかりを与えた:最後の目撃者の可能性のある存在は、ジョアオの瀕死の瞬間を見てきました。"彼は年配の紳士だが、非常に明晰で強い。彼はサン・ロケの私の近所に住んでいます。これが彼の住所です"

私たちはすぐにヴェルジリオ・フランシスコ・アルベスの家に向かった。家の前の畑で父親が大鎌で草刈りをしていると、娘が教えてくれた。しばらくしてヴェルギリオが現れた。驚いたことに、彼は92歳で健康であることを証明する身分証明書を出してきた。

質素な家のボロいソファに座ったベルジリオは、自分がジョアン・プレステスの二番目のいとこであることを説明した。"私はアラカリグアマで生まれ育ちました。そこで15歳から16歳の時にモロ・ヴェリョ金鉱山で働き始めました。私の名前を書けないイギリス人の技術者がいて、私のことを "金色の少年 "と呼んでいました。しかし、私が知っているジョアン・プレステスの悲惨な死についてお話しましょう。それは1946年のカーニバルの時期だった。彼は近くのティエテ川で釣りをしていたが、その間、妻と子供たちは祭りに出かけていた。乾季だったので雨は降らなかった。

帰ってくると、馬を厩舎に入れてトウモロコシを食べさせた。彼は魚を鍋に入れ、薪で水を温めて風呂に入った。彼が服を着替えると、光や黄色の光のビームのようなものが彼の部屋に現れていた。彼は彼の体が燃えていると彼のひげが、短いが、燃えていることを感じた。パニックになって手が動かなくなったジョアオは、歯を使ってドアの掛け金を上げ、靴を履いたことがないので、裸足で通りに走り出した。アラカリグアマ教会の近くにある妹マリアの家まで叫びながら走った。彼はベッドの上に倒れ込み、火傷を負ったと言った。警察署長のジョアン・マラキアスがすぐに駆けつけ、犯人は「この世のものではなかった」ため、誰もこの事件を非難する者はいないと告げた。その後、雷と雷が鳴り響き、激しい雨が降ってきた......」。

ヴェルジリオのこの部分の話は、1997年にミナス・ジェライス州で起きたヴァルギーナ事件を思い起こさせる。ヴァルギーナでは見たこともないような暴風雨が、1つ以上のエイリアンと思われる生物の出現と捕獲の後に発生しました。重要な大気の変化は、「フォルテアン」のケースで起こる傾向があります。

"で、あなたは彼の死の床にいるジョアン・プレステスを見ることができたのですか?" "クラウディオ・スエガナは ヴェルジリオ・アルベスに尋ねた

"ええ、隣人のいとこのエミリアーノ・プレステスに呼ばれました。マリアの家に行くと、保安官のジョアン・マラキアスがジョアオと話しているのを見つけた。彼はベッドで寝ていて、舌の使い方に問題を抱えていた。色白だった彼の肌は、まるで焼かれたかのように赤くトーストされていた。彼の手と顔には 最悪の火傷があった。手はねじれていた。髪は焼けていないし、足も服も焼けていない。腰から上が焼けているだけだった。彼の足は、鋭い岩の上を裸足で走ったことで破れていた。

"ジョアオの肉がバラバラに落ちるのを見たことは?" 私は尋ねた

"「いや、見てない。皮膚は焼けていましたが、剥がれ落ちてはいませんでした。前に一度襲ったことがあるから、ボイタタタのせいだと思う」とベルジリオが言った。クラウディオと私は唖然とした表情を浮かべながら、彼の話を聞いていた。

"もう一つの事件について教えてください。"と、私たちはほぼ一体となって言いました。

"ジョアオが牛の運転手だった頃、彼はまだ若く、アラカリグアマで父親と一緒に暮らしていました。ある日の日没に、ロバを連れて丘の上を走っていると、空から火の玉が降ってくるのを見た。彼は十字架のある礼拝堂の近くにいたのですが、火の玉が彼を通り過ぎていくのを感じ、倒れそうになりました。ジョアオは、その場所では時々、空から10個か12個の火の玉が出てくるのを見ることができると言っていました。赤い玉もあれば、月色の玉もあった。時には5、6個が地面に落ちて爆発することもあった。人々はそれを「ボイタタタの光」と呼んでいました。ヴェルジリオは説明した。

余談だが、ポルトガルの植民地時代の年代記や16世紀のカナリア人神父ホセ・デ・アンキエタの話によると、"ボイタタタ "という言葉は原住民に由来し、原住民のインディアンを追いかけて殺してしまう神秘的な光を意味しているという。

その光は、金鉱のあった山の裏手から現れ、いつも不思議な光が現れる別の丘、サバオオ山に降り立ったという。"私たちはまた、それらの火の玉をmaes do ouro(金の母)と呼んでいました。細長い炎の舌を持ち、音も立てずに一直線にゆっくりと動く "金のトカゲ "もいた。

謎に包まれたモロ・ヴェリョ金鉱山は、現在は廃墟と化している。1926年にこの鉱山を設立したカナダ人のジョージ・ラストン将軍が1930年代後半に閉鎖されるまで住んでいました。

ヴェルジリオ氏の農場で栽培された美味しいプランタンを食べながら、アラカリグアマでもオオカミ男が目撃されているという話をしてくれたので、ルイス・プレステス氏の情報を確認した。

"誰がジョアオを病院に連れて行ったんだ?私は、この事件の取材を再開して終わらせるために、ベルジリオに尋ねた。

"保安官のマラキアスがサンパウロの病院に連れて行こうとしたが、道が悪くてサンタナ・ド・パルナイバに行った。警察に調査を依頼したが、この事件についての回答は得られなかった。ジョアオの家では何も燃えていないというだけだった。

アラカリグアマへの道

プレステス事件についての新しい情報を得た私たちは、サン・ロケとアラカリグアマを結ぶ唯一のバスに乗り込んだ。電気も水道も下水道もない村だった1946年以来、アラカリグアマはあまり成長しておらず、毒蛇もまだ多く生息していました。この地域で最も古い町の一つで、人口は7000人。約350年前に設立されたこの町には、ブラジルの広大な内陸部を征服したバンデランテス族が住んでいた。

故ウォルター・ビューラー博士が1960年代に発表した報告書によると、警察はジョアン・プレステスの家を非難し、後に取り壊されました。

アラカリグアマでは、小さな町の報道官を務めるファビアナ・マティアス・デ・オリベイラ氏に会い、彼女が案内してくれた叔父のヘルメス・デ・フォンセカ氏は70歳近くで、この地域の歴史や住民のことをよく知っていた。同年代のブラジル人の多くがそうであるように、彼は生計を立てるために仕事を続け、役場の近くの農場に小さな改良を加えていた。木の切り株の上に座ったエルメスは、彼の人生、1945年にアラカリグアマに到着したこと、ガラガラヘビに足首を噛まれたことなどを話してくれた。

"私はジョアン・プレステスを知っていました。彼が亡くなった日を完璧に覚えています。彼は5、6人の子供と未亡人を残していった。私は遺体を見ることはなかった。しかし、遺体は焼かれていたと言われていました。マスコミは後に、彼の遺体が溶けて粉々になったと言うだろう」とセプチュアゲネリアンは語った。

"ここではいつも奇妙なことが起こっていた。ジョアオの死から1年後、弟のエミリアーノ・プレステスは、墓地の近くで、2つの火の玉が上昇して互いにぶつかり合い、再び上昇して同じ動作を繰り返すのを見ました。突然、光が彼を取り囲み、彼は強烈な熱を感じました。彼はひざまずき、光が消えるまで祈りました。今日でも、アラカリグアマとサンロケの間にあるイバテでは、これらの光を見ることができます。

互いにぶつかると火花が飛び散りますが、崩壊することはありません。チャンピオンジョッキーであり、イバテの厩舎のオーナーでもあるジョマール・グヴェイアは、オレンジ色の光を放つ光が彼の動物の上に浮かぶのを見た。これは1995年のことです" ヘルメス・ダ・フォンセカは思い出した。

私たちの興味に興奮したヘルメスは、アラカリグアマの "公式な歴史家 "として任命された彼にふさわしい日付や詳細を思い出しながら続けた。"1960年、バスの運転手セルソ・ゴミデはサンロケからの帰り道、赤信号を見て車を止めた。信号は車内に近づき、おびえたゴミデは祈りを捧げ始めた。乗客はその不気味な光に唖然とし、約20分間、彼らを包み込んだ。"

"1955年、私はサンタ・リタのセメント工場でケーブルカーの建設に携わった。地元の採石場から岩石を運ぶためのものだった。その年の8月24日、暑さに耐えかねて、私と他の作業員が青空にトラックのタイヤほどの大きさの物体が漂っているのを見たとき、非常に背が高く、アルミ色をしていて、回転して煙を出していました。私たちがそれを見たのは11時15分頃で、12時には5、6機のFAB(ブラジル空軍)の飛行機が到着した。彼らは飛輪よりも小さく、飛行機から簡単に距離を置いていた。翌日、"Folha de Sao Paulo "新聞は、オサスコ(アラカリグアマ近郊)で何千人もの人々が同じ特徴を持つ空飛ぶ円盤を見たという記事を掲載した。"

町から1キロ弱離れたところに墓地があります。私たちは、53歳のネルソン・オリベイラというロカクの墓堀り人を見つけ、ジョアン・プレステスの遺体が安置されている墓へと私たちを案内してくれた。土で覆われたセメントの箱の上には、粗雑に彫られた十字架と識別番号が掲げられていた。クラウディオと私は、ジョアン・プレステスの最後の瞬間の苦悩を思いながら、喉の結び目を感じました。気を取り直して、1976年から墓堀りをしていたネルソンに、この地域で何か変なものを見なかったかと尋ねた。

"1989年頃、墓地の上を丸くて不気味なものが飛んでいるのを見た。それはアルミ製の逆さ帽子のようなもので、一直線に動くと光り、バランスをとっていた。それはサンパウロの方に向かっていた」と、墓堀人は自分の帽子を例に挙げて語った。

バルセロナのウーフォロジスト、アントニオ・リベラ氏との個人インタビューでは、ジョアン・プレステスが宇宙人の船の推進システムによって火傷を負った可能性があるとの考えを表明した。"私は、エイリアンが農民を傷つけるか殺すために望んでいたとは思わない。彼らは単に彼らが人間に近づきすぎた場合に何が起こるかわからなかった "とリベラは言った。

私たちは、ガラクタのバスがアラカリグアマから私たちを連れて行ってくれたので、ジョアン・プレステス・フィーリョの悲劇的な死について考える時間を多く持っていました。"プレステスを殺した光は何だったと思う?" 私はクラウディオに尋ねた。"多分、ボールライトニング "と彼は答えた。"でも、この地域の他の光や生き物の説明は?" と私は主張した。

クラウディオ・スエナガは何も言わなかった。彼は肩をすくめて、その呪われた村の教会の塔に最後の視線を投げかけた。

プレステス事件 UFOの陰謀の研究

ジョアン・プレステス事件が国際的に知られるようになったのは、1971年9月、サンパウロで開催された第2回地球外生命体シンポジウムの中で、UFO学者のイリヌシルヴェイラ氏が農夫の死とUFO現象との関連性の可能性を発表した時のことでした。

多くの調査員がこの事件を調査した。ブラジルで最もよく知られているUFO学者の一人であるウォルター・ビューラーは、プレステスの火傷が燭台に起因するものであると信じていた。しかし、大多数の人々は、ビューラーがウーフォロジーの「天使のような」派に属していると非難し、ビューラーを非難しました。他の人たちは、第一級のユーフォ学者フェルナンド・グロスマンのように、1974年に、元見習い騎士団員のアラシー・ゴミドのような事件の直接の目撃者にインタビューすることができました。

グロスマン氏と医師のルイス・ブラガ氏は、ゴミド氏から得た情報に基づいて、プレステス氏の火傷は「広島と長崎の犠牲者に起こった核爆発の間接的な影響」に似ているとの結論に達した。放射線は生きている細胞には影響を与えたが、髪の毛や衣服の生地などの死んだ細胞には影響を与えなかった。しかし、1946年にアラカリグアマの近くに強力な原子粒子の直接照射を受けた人がいただろうか。

"グロスマン氏は、サンパウロでのインタビューに応じてくれた。"彼の死と、70年代後半から80年代前半にパラ州(ブラジル・アマゾン)で起きた他の事件との間には、多くの類似点がある。研究者は、プレステスの死の日に、Alencar Martins Goncalvesという名前のアラカリグアマの議員がセメンタリーの近くに "火の玉 "を見たことを指摘した。

ゴミデの発言は国際的に反響を呼び、書籍、雑誌、機関誌に掲載された記事の大部分は、もっぱらこの証人に基づいてプレステス事件を論じたものであった。前者が提供した情報の多くは、ルイス・プレステスとロケ・プレステス、ヴェルジリオ・フランシスコ・アルベスの回想と一致していないようである。ゴミデによると、ジョアオは釣りから帰ってきたとき、妻が出ていくときにドアに鍵をかけていたので、窓から飛び降りて家に入ったという。その時、彼は自分を燃やした強烈な光を目の当たりにしたことでしょう。陸軍の徴用工として働いていたゴミデは、ジョアン・プレステスの世話を頼まれ、6~9時間の苦痛の間、会話を交わしていました。

徴用工は、被害者の腕から肉が落ち、痛みの兆候もなく骨と腱が露出したままだったことを明らかにした。最も影響を受けた身体の部分は顔と腕でしたが、黒ずみは見られず、むしろ腐敗していた、ルイス・プレステスとヴィルジリオによって与えられたものとは一致しない説明です。一方で、ジョアオのシャツとズボン、そして髪の毛がそのまま残っていたという点では、3つの証言はすべて一致している。

クラウディオ・スエナガは、サンタナ・デ・パルナイバの人口統計局と公証人からジョアン・プレステスの死亡診断書を回収した。ゴミデは、プレステスが死亡したのは3月6日の朝3時から4時の間であったと述べているが、実際は3月4日の22時に発生したものであり、5日ではないと考えられていた。医師のルイス・カリジウリは文書の中で死因を「心臓の虚脱、全身性の第1度と第2度の火傷」と述べている。ジョアオの年齢は39歳とされていたが、文書には死亡時の年齢が44歳と記されている。

サン・ロケ、サンタナ・ド・パルナイバ・イ・アラカリグアマ。窓辺の地域?

地球上で最も人口密度の高い都市の一つ(人口1800万人のサンパウロ)に隣接するサンロケ、サンタナ・ド・パルナイバ、アラカリグアマなどの町の周辺地域では、長年に渡って奇怪な現象が起きている。

グアルーハ・ウフォロギコ・グループが発行した「Supysaua」ニュースレター(95年3月号)は、1994年1月4日、ジョアン・プレステスさんが亡くなったサンタナ・デ・パルナイバで、3人の子供たちが光るUFOを目撃したと報告している。その物体は問題の家の裏庭に近づき、目撃者の頭上に15メートル弱浮いていた。

その色は主に黄色で、緑と赤の光を放っていました。黄色い光の中にドームのような半円形の形が見えた。子供たちは、それが高速で出発したようにUFOの突然の、ジグザグの動きによって驚いた。

同じ年、この地域では、夫婦がカステロ・ブランコ高速道路の41キロにある「リラ」牧場から、直径3メートルの球体が木の間に浮かんでいて、何の音もしないのを目撃した。それは赤い色をしていて、その中心部はより暗かった。その周囲には、青と赤の間で交互に点滅するいくつかの小さな光に囲まれていました。

1993年、12歳の少女レジアネ・バルボサ・ダ・シルバさんは、同じ牧場で直径約5メートルの球状の物体を目撃した。UFOは突然黄色い光を放ち、少女の体を覆い、周囲を照らした。イベントの後、レジアンは頭痛と目の炎症を経験した。3カ月後、別の目撃者が同じ場所で同じ物体を目撃した。ライラ」牧場の監視員は、牧場の敷地内にある小川の上に2体のヒューマノイドが浮かんでいるのを見たと主張している。

サンタナ・デ・パルナイバで少年時代を過ごした日本人の年配の女性は、シチオ・ド・モーロの近くで半狼男と半ケンタウロスを見たと末永氏に語った。サンロケはまた、南米で最も激しいチュパカブラの活動の波を経験している。


(2020-07-01)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR