FC2ブログ

1946-03-04, Brazil : Joao Prestes Filho が謎の光を浴びて死亡した事件 (3)

前置


・タイトルの事件について比較的詳しい記事のひとつ。機械翻訳で。

・参考

  1638-10-21, UK : 教会に落雷、球電が発生し、4人が死亡した事例 - http://news21c.blog.fc2.com/blog-entry-16271.html (2020-07-01)

出典


Aracariguama Incident | High Strangeness Wiki | Fandom - https://high-strangeness.fandom.com/wiki/Ara%C3%A7ariguama_Incident

DeepL



Aracariguama事件は、1946年3月4日の夜に発生した表向きのUFO関連の事件であり、その中でジョアン・プレステス・フィリョという44歳のブラジルの農民が、報告によると、外国人の宇宙船であったと信じられているものの手で悲惨な死を遂げた。

内容
1946年3月4日の夕方、フィリョは親友のサルバドール・ドス・サントスと釣りに出かけた帰り道にいた。友人を自宅まで送った後、ブラジルのアラサリグマ村の自宅に戻ったフィリョは、誤って家の外に閉め出されていることに気付きました。家族や近所の人が近くのカーニバルに出かけていたため、ドアを開けることができなかったフィリョは、開いていた窓から這い上がることに成功したが、すぐに「見られている」という感覚に襲われてしまう。

窓の外に目をやったフィリョは、まばゆいばかりの光を浴びたと言われています。炎のオーブから発せられた光は、彼の皮膚とひげが燃え始めたと言われています。怯えて苦しんでいたフィリョさんは、なんとか家から逃げ出し、裸足で通りに飛び出しました。妹のマリアの家に逃げ込み、そこで事情を話した。警察署長のジョアオ・マラキアスが調査のために家に駆けつけましたが、フィリョは犯人は人間ではないと言いました。

フィリョの家族は彼をサンタナ・デ・パルナイバの病院に連れて行きました。入院した後、医師は彼の怪我の不可解さから適切な診断ができなかったと伝えられている。目撃者の証言によると、フィリョさんの肉は一晩中、ゆっくりと分解され、手足がはがれ落ち、骨や筋肉が露出しているように見えたという。なぜか不可解な理由で、フィリョの髪や服は火傷の影響を受けていないように見え、肉が腐敗しても痛みを感じていないように見えた。午後10時頃、フィリョは死因が "心不全 "と確認されたまま息を引き取った[1]。

仮説
地球外訪問 ほとんどのufologistsはフィリョが見た光の軌道はエイリアンの宇宙船のいくつかの種類であったと信じていますが、 "攻撃 "が意図的であったかどうか、またはフィリョが単に排気や工芸品の近接の副産物のいくつかの種類に偶然にさらされたかどうかについては意見が分かれています。
ボールライトニング。フィリョが申し立てられて見た光り輝く火の球体は、球雷のケースであった可能性があります。致命的であるボール雷の多数の報告されたケースがありますが、これらの報告は、通常、被害者がほとんどすぐに死ぬことを含んでいます。これは、数時間以上生き残ったフィリョとは全く対照的である[2]。
悪魔の力 報告によると、フィリョの村のより多くの迷信深いメンバーは、ボイタタ("燃えるような蛇")として知られている実体が攻撃の責任であると信じていました。




(2020-07-01)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR