FC2ブログ

1954年、東京:存在しない国籍のパスポートを持った男が謎の消失 (途中:その2)

履歴


(2020-06-29) 追加
(2017-11-13) 作成


はじめに


・この件は過去記事でチラリと紹介したような、しないような…記憶が曖昧。

・タイムトラベラーだ、平行世界からやって来た人間だ…という類の憶測が語られている

・動画に登場するパスポート写真などはどこまで本物なのか。

抜粋(デタラメ)








動画(6:21)


・The Man From Taured Documentary | Time Travel Story




Update 動画(6:11)


・The Man from Taured UPDATE NEW DETAILS full movie documentary NightTerrors #9



Update 動画のメモ



New details about the man who should not exist, but presents a passport from another Earth.

In 1954 at the Haneda international airport in Tokyo, Japan, one of the customs inspectors, questioned a man in a business suit. He examined the man's passport, which was already stamped with several visits to Tokyo. But his nationality was a problem, because the passport was issued, by the country of Taured. The inspector thought it may be a joke, because there is no such nation. Not on this Earth.

The businessman was not laughing. He got angry, and his face turned red. He said, "You don't know Taured?" The inspector was young, and briefly considered that he may be wrong. He knew he had to pass this problem up the chain of command. But he did not expect the businessman's reaction, when told he would have to wait for a supervisor.

The man clutched his chest, and collapsed on the freshly waxed floor of the customs station.

This was the 1950's. But treatment could not be delayed. The man from Taured was carried immediately to the Haneda Airport emergency medical station. That is where he was soon treated, with the best heart attack drug of that era. Nitro glycerin.

When he recovered, he revealed to the medical personnel, that this was not the first time he had suffered such an attack. But it was the first time he had been successfully treated for it. He had never heard of "nitro".

Then he was deemed healthy enough, for some light interrogation. At the Tokyo airport there was a small, secure room where an experienced customs officer conducted the questioning. "Taured must be a new country", suggested the officer. The businessman said, "My country has been here for 1000 years."

Then the officer asked him to find his homeland on a map. He pointed to an area between the countries of France and Spain, but on closer examination of the atlas, he became agitated, flipping back and forth between the index, and the map. There was no Taured.

The authorities were hard pressed to cite any law broken by this man. His driver's license was also issued by the government of Taured. The man's name was not associated with that of any known criminal. But they could not let the man leave the airport without kicking the problem upstairs, yet again. And it was getting late.

The police allowed him to check in to his hotel. The hotel said they lost his reservation, but this happens to businessmen all the time. He paid with Japanese yen, out of his wallet. The money was real. The concierge handed him a key to a room on the tenth floor. Outside his door, were posted two policemen.

The next morning, when the police knocked on his door, there was no response. When the hotel manager came to unlock the door, they found the room empty. He could not have left out the window, as the windows did not even open. The bed had not been slept in, and there was barely a trace of occupancy, except for one bar of soap that had been used in the bathroom.

A search was launched by the Tokyo police. The man was never seen again. But at the emergency medical station of Haneda Airport, a number of capsules had gone missing from the dispensary. Nitro glycerin capsules.



(このブロックは 2020-06-29 追加)

DeepL


存在しないはずの男が、別の地球からのパスポートを提示する新たな詳細。

1954年、東京の羽田空港で税関検査官の一人が、ビジネススーツを着た男に質問した。 彼はその男のパスポートを調べたが、すでに何度か東京を訪れたことが刻印されていた。 しかし、パスポートが発行されていたため、彼の国籍が問題となった。 そのような国は存在しないので、検査官は冗談かもしれないと思った。 この地球上にはない。

ビジネスマンは笑っていなかった。 彼は怒って顔を真っ赤にした。 彼は "タウアードを知らないのか?"と言った。 検査官は若く、彼が間違っているかもしれないと短く考えた。 彼はこの問題を指揮系統に伝えなければならないことを知っていた。 しかし、上司を待たなければならないと言われたとき、彼はビジネスマンの反応を期待していなかった。

男は胸をつかみ、ワックスを塗ったばかりの税関の床に倒れ込んだ。

これは1950年代のことである。 しかし、治療を遅らせることはできませんでした。 タウレドの男性はすぐに羽田空港の救急医療ステーションに運ばれた。 そこで彼はすぐに当時の最高の心臓発作薬で治療を受けた。 ニトログリセリンだ。

回復した時、彼は医療関係者に、このような発作は初めてではなかったと明かした。 しかし、その治療に成功したのは初めてだった。 彼は「ニトロ」という言葉を聞いたことがなかった。

その後、軽い尋問のために、彼は十分に健康であると判断された。 東京空港には小さな安全な部屋があり、経験豊富な税関職員が尋問を行った。 "タウアードは新しい国に違いない "と係官は提案した。 ビジネスマンは言った "私の国は1000年前からここにあります"

すると、将校は彼に地図で故郷を探すように頼んだ。 彼はフランスとスペインの間の地域を指し示したが、地図をよく見ると、彼は動揺し、インデックスと地図の間を行ったり来たりしていた。 タウレドの記載はなかった。

当局はこの男が破った法律を挙げるのに苦労した。 彼の運転免許証もタウレド政府が発行したものだった。 この男の名前は、既知の犯罪者の名前とは関連がなかった。 しかし、彼らは問題を上に蹴り上げることなく、この男を空港から出て行かせることはできなかった。 そして時間は遅くなっていた。

警察は男をホテルにチェックインさせた。 ホテルは彼の予約を失ったと言ったが、これはビジネスマンにはよくあることだ。 彼は財布から日本円を出して支払った。 お金は本物だった。 コンシェルジュは彼に10階の部屋の鍵を渡した。 ドアの外には二人の警察官が立っていた。

翌朝、警察が彼のドアをノックしたとき、応答はありませんでした。 ホテルのマネージャーがドアのロックを解除するために来たとき、彼らは部屋が空であることがわかった。 窓も開いていなかったので、彼が出しっぱなしにしているはずがなかった。 ベッドは寝ておらず、バスルームで使用していた石鹸が1本入っていた以外は、かろうじて入居した形跡があったという。

東京警察が捜索を開始した。 男の姿は二度と見られなかった。 しかし、羽田空港の救急医療ステーションでは、調剤所からカプセルが何個も行方不明になっていた。 ニトログリセリンカプセル。


コメント


・Youtube のコメント欄には「この謎は解決した。なぜなら…」という書き込みがあって、読んで見たらガッカリ。

(2017-11-13)




(以下、2020-06-29 追加分)

前置


・この事件のソースが判明。どうやら捏造話らしい。

・ついでなので、上の英文の機械翻訳も試して上に追加しておいた。

抜粋(デタラメ)


・4:00 から。1954, 東京, 謎の入国者。

・11:24 2008, Lerina Garcia の事例。

・13:10 最も初期の情報源は 1981年の本 Paul Begg, "The Directory of Possibilities"

・ ここで語ったのは exteded version で、 2012年の Web site, Terrence Aym, "Before it's News"


動画(15:40)


・The Man From Taured



S03E10 - The Man From Taured - In 1954, a businessman arrived in Japan on an inbound flight from a country called Taured. It was a place that simply did not exist. After his subsequent and inexplicable disappearance a new generation of investigators are questioning whether the man from Taured was an inter-dimensional traveller.


コメント


・上の動画の情報から、見つけたのが下の記事。要約部分を引用すると…


This is a problem, of course, because every copy of the story that comes after Aym's article is just a re-telling or expansion on Aym's article; and since Aym doesn't state what his sources were, it implies he made the new story up. This conclusion is likely for another reason as well: I've been unable to track any mention of the incident earlier than Wilson's 1981 Directory of Possibilities... so the only real evidence that the incident might have occurred is the single sentence from that book.

The Directory of Possibilities, in its 'further readings' section, credits Paul Begg not just for his book on mysterious disappearances, Into Thin Air, but also mentioned he had an upcoming book tentatively called Out of Thin Air: People Who Appear from Nowhere. Obviously, any further reference to the man from Taured could have been found in said volume... except, ironically, the book itself never appeared. Begg went on to write many other books, largely based on true crimes and history, but he never published any books on mysterious appearances. Only Begg would know now if he had a valid source for his brief mention of the Taured incident; but perhaps the fact he never came back to the story is an answer in itself.

ref: 1954, July: The Man from Taured | Anomalies: the Strange & Unexplained - http://anomalyinfo.com/Stories/1954-man-taured


DeepL


これはもちろん問題であるが、Aymの記事の後に出てくる話のコピーはすべてAymの記事の再説明や拡大に過ぎないからである。この結論は別の理由でもありそうです。ウィルソンの1981年の『Directory of Possibilities』よりも以前の事件についての言及を追跡することができませんでした。

Directory of Possibilities』の「その他の読み物」のセクションでは、ポール・ベッグが謎の失踪に関する本『Into Thin Air』の著者であるというだけでなく、『Out of Thin Air』(アウトオブシンエアー)という本を出版する予定であることも言及しています。どこからともなく現れた人々』という本を近々出版する予定であることにも触れています。明らかに、タウレッドの男についての言及はその本の中にあったはずです...皮肉なことに、その本自体が出てこなかったことを除いては。ベッグは他にも多くの本を書き続けた。大部分は真実の犯罪と歴史に基づいているが、謎の出現についての本は出版していない。ベッグだけがタウレッドの事件についての短い言及の正当なソースを持っていたかどうかを知ることになるが、おそらく彼がこの話に戻ってこなかったという事実は、それ自体が答えである。


(2020-06-29)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR