FC2ブログ

別のパイロットも、O'Hare 国際空港で羽のあるヒト型生物を目撃を報告

前置


・Lon Strickler のサイトの記事から。

・下の過去記事に関連。

  2020-05-31, O'Hare 国際空港:機長と副操縦士が羽の生えたヒト形生物を目撃、管制塔に連絡。 - http://news21c.blog.fc2.com/blog-entry-16154.html

機械翻訳(DeepL)


"私の名前はブルース(※目撃者の要求により名前が変更されました)といいます。私は(※レッドアクテッド※)のパイロットで、2008年から(※レッドアクテッド※)に勤務しています。以前は(*redacted*)でパイロットをしていましたが、それ以前は米国空軍で6年間勤務していました。飛行時間は9000時間を超えており、これまでのキャリアの中で、事実上あらゆる種類の天候で様々な航空機を操縦してきました。私があなたに伝えようとしている事件は、2019年8月8日木曜日、約18時にオヘア国際空港で起こりました。

私は前日にオヘアに飛び込み、夜はホテルに宿泊していました。私は2000時にイギリスに向けて飛び立つ予定でした。私はターミナルに向かって空港シャトルを取っていた。私は窓の外を見たように、私は巨大な翼と輝く赤い目を持つ大きな人間がレールの上に止まって、私をまっすぐに見ていました。その人間はレールの上にしゃがんでいるように見えましたが、翼を全開にしてゆっくりと動かしながら、私たちが通り過ぎるシャトルバスをじっと見つめていました。私たちが通り過ぎるときに頭を回転させてシャトルを追いかけてくるので、私はそれが私を見ていることを知っていました。その目はずっと私にロックされていた。私は驚いたし、正直言ってとても怖かったです。これに遭遇しただけでなく、シャトルがはっきりと見えていることを知っていながら、近づいても動こうともせず、隠そうともしなかったのです。私たちは外車線でそれを追い越し、それが止まっていた場所から約15フィート離れた私たちの最も近いところにいました。それは一度もたじろぐか、それ自体を隠そうとしたことはありませんでした。それはただじっとしていて、私たちが通過するのを見ていました。私たちが通過したとき、私は振り返って、それがまだそこに止まっていたかどうかを確認しようとしました。何も見えなかったので、私たちが通り過ぎたときに飛び立ったのだろうとしか思えない。

オヘア・モスマンの話や、一部では「バットマン」と呼ばれているような話を聞いたことがありますが、私は単にファンタジー以外の何物でもないと思って却下しました。すでに不気味な空港に関連した都市伝説だ。私が意味する、誰がオヘアの上に奇妙なUFOの目撃情報や幽霊や何の話を聞いたことがありません。その夜、私に起こったことは、それらの物語の私の全体の見方を変えた。パイロットに前に出て話を聞かせて欲しいとの投稿を見た時、オヘア・モスマンとの出会いを話す機会を得ました。

調査官のメモ

私は、今月初めに有翼ヒューマノイドの目撃を報告した最初のパイロットとその副操縦士を調査した結果、この目撃報告書を受け取りました。そのパイロットは私に、仲間のパイロットがソーシャルメディアで同様の目撃情報を得たことを聞いたと話していました。私はその最初のパイロットからこの目撃者と連絡を取り、このパイロットの目撃情報を読んだ後、彼に連絡を取りました。私は電話インタビューを行うために彼に連絡を取りました。その電話インタビューの後、彼の目撃情報についての対面インタビューを設定しました。

目撃者は、その日の夕方、ホテルから国際ターミナルまで車で移動していたこと、その夜、シャトルに乗っていたのは彼だけで、車の運転席側の約半分の位置に座っていたことを供述しています。目撃者はまた、遭遇してから約5分後にターミナルに到着し、下船した際に何か見えるかと周囲を見回したが、異常なものは見当たらなかったと述べています。その日の夜に見たものについて説明できるかと尋ねられたとき、目撃者は見たものについて次のような説明をしました。

されていることがしゃがんでいた。その腕はガードレールを掴んでいるように見え、長くて非常に痩せていて、ほとんど骨付きで、漆黒の色をしていた。実体の指はよく見えなかったが、彼は腕の長さを約3フィートと説明したが、正確な測定はできなかった。目撃者によると、しゃがんでも身長は約4フィートで、立ち上がると約6フィート半以上になるとのことです。頭部は丸みを帯びていて、ルビーレッドの色をした二つの光った目以外は特徴がありませんでした。彼は頭が大きすぎず、頭頂部が丸みを帯びているように見えたことに注意していた。翼は黒くて大きく、先端が尖っていて、細分化されているように見えたが、まだ大きなコウモリの翼のように見えた。パイロットは、翼の幅は先端から先端まで少なくとも10フィート、高さは約5フィートであると推定した。翼は、少なくとも2フィートの高さで存在よりも高く、色は黒であるように見えた。

目撃者は、遭遇について尋ねられたとき、その実体は全く動かなかったと述べています。それはガードレールの上に止まってその場にとどまり、頭を動かして目撃者の後を追いかけてアイコンタクトを保つ以外には動かなかった。目撃者は、遭遇時にどのように感じたかと尋ねられたとき、無力感と少しの不安を感じたと答えたが、恐怖や恐怖の圧倒的な感情は記述していなかった。目撃者は、出会いの全体の時間は、最初から最後まで約10~15秒であったと述べています。

目撃者は、雇用を証明するために航空会社と連邦政府の身分証明書を提示し、以前の雇用主との関係や兵役の写真も見せてくれました。証人はまた、彼の経歴や目撃情報に関するあらゆる質問にも躊躇なく答え、最初の目撃報告から逸脱することはありませんでした。調査官の意見では、この証人は信頼でき、彼の雇用と経歴に関するすべての主張を満たしています。私は彼の目撃談が有効であり、追跡調査と更なる調査の価値があると考えています。


注:2011年の夏の終わりに、モスマンのような空飛ぶヒューマノイドの報告がシカゴの街で表面化し始めました。3回の短い目撃談の後、それ以上の報告はありませんでした。その後、2017年の初めに、予期せぬことに、シカゴのメトロエリア全体の様々な場所からの遭遇の断片的な出現がありました。現在報告されている目撃情報の数は105件に達しています...そしてそれは続いています。私達は、真実を見つけるために決意しています。

2019年10月以降、目撃情報/遭遇情報の大部分は、オヘア国際空港とその周辺地域で報告されています。私たちはあなたの助けを必要としています。

シカゴ、イリノイ州のメトロエリアおよび/またはミシガン湖地域で、有翼のヒューマノイドまたは巨大なコウモリのような生物の目撃情報がありましたか?lonstrickler@phantomsandmonsters.com または 410-241-5974 までお気軽にご連絡ください。ロン

原文


A 2nd airline pilot at O'Hare International Airport in Chicago comes forward to report and describe the 'O'Hare Mothman.'

Phantoms & Monsters Fortean Research team investigator Manuel Navarette (UFO Clearinghouse) submitted the following report:

"My name is Bruce (*Name changed per witnesses request*) and I am a pilot for (*redacted*) and have been with (*redacted*) since 2008. I previously flew for (*redacted*) and before that served for 6 years in the United States Air Force. I have over 9000 hours of flight time and have flown a variety of aircraft in my career in virtually all types of weather. The incident I am about to tell you happened on Thursday, August 8th, 2019 at O’Hare International Airport at approximately 1800.

I had flown into O’Hare the previous day and had stayed at a hotel for the night. I was due to fly out at 2000 to the UK. I was taking the airport shuttle toward the terminal. As I looked out the window, I saw a large human with enormous wings and glowing red eyes perched upon a rail and looking straight at me. The being appeared to be squatting down on the rail but had its wings completely open and moved them slowly as he stared at the shuttle bus as we drove by. I knew it was watching me as its head swivelled and followed the shuttle as we passed. Its eyes locked on me the entire time. I was startled and I’ll admit it, very frightened. Not only by this encounter, but the absolute boldness of this thing as it did not move or attempt to hide itself as we approached knowing that it could be clearly seen. We passed it on the outside lane and were at our closest approximately 15 feet away from where it was perched. It never once flinched or attempted to hide itself. It just stayed put and watched as we passed. When we passed, I attempted to look back and see if it was still perched there. I saw nothing and can only assume that it must have flown off when we passed.

I have heard the stories of the O’Hare Mothman or as some have called it “Batman,” but I simply dismissed them as nothing more than fantasy. An urban legend that was associated with an already spooky airport. I mean, who hasn’t heard of the weird UFO sightings over O’Hare and stories of ghosts and whatnot. What happened to me that evening changed my entire view of those stories. So when I saw the post asking for pilots to step up forward and share their stories, I took advantage of the opportunity to tell my encounter with the O’Hare Mothman."

Investigator Notes:

I received the witness report as a result of my investigation with the first pilot who reported his and his co-pilot sighting of a winged humanoid earlier this month. The pilot had told me that he had heard of fellow pilots having similar sightings via social media. I was put in touch with this witness by that first pilot and after reading this pilot’s sightings. I reached out to him to conduct a phone interview. It was after that phone interview that we set up a face to face interview about his sighting.

The witness advised that he was being driven from the hotel to the international terminal that evening and that he was the only person on the shuttle that evening and was seated approximately halfway down on the driver side of the vehicle. The witness also stated that they arrived at the terminal about 5 minutes after the encounter and that when he disembarked he looked around to see if he could see anything but saw nothing out of the ordinary. When asked if he could give a description of what he saw that evening the witness gave the following description of the entity seen.

The being was squatted down. Its arms appeared to be gripping the guard rail and were long and very skinny, almost boney and were jet black. He did not get a good look at the fingers of the entity but he described the length of the arms to be about 3 feet long but could not give an accurate measurement. The witness says that even squatting down, the entity was still about 4 feet tall and that if he were to stand up would be well over 6 1/2 feet tall. The head was rounded and featureless other than the two illuminated eyes that he described as ruby red in color. He did note that the head was not overly large and appeared to be rounded at the top. The wings were black and were large and pointed at the end, appearing to be segmented but still looked like the wings of a large bat. The pilot estimated the wings to be at least 10 feet wide from tip to tip and about five feet in height. The wings appeared to be taller than the being by at least 2 feet and black in color.

When asked about the encounter, the witness stated that the entity did not move at all. It stayed perched on the guard rail and held its ground and did not move other than moving its head to follow and maintain eye contact with the witness. When asked how he felt during the encounter, the witness said he felt helpless and a little apprehensive but did not describe any overwhelming feelings of dread or fear. The witness described the entire encounter taking approximately 10-15 seconds from beginning to end.

The witness presented airline company and federal identification to prove his employment and also showed me photos of his time with his previous employer and his military service. The witness also answered any and all questions regarding his background and sighting without hesitation and did not deviate from his initial sighting report. It is the opinion of the investigator that this witness is credible and has satisfied all claims as to his employment and background. I find his sighting as valid and worthy of follow-up investigation and further research.

NOTE: In the late Summer of 2011, reports of Mothman-like flying humanoids began to surface in the city of Chicago. After three brief sightings, there were no further accounts. Then unexpectedly in early 2017, a smattering of encounters emerged from different locations throughout the Chicago metro area; until the number reached near fifty sightings before the end of the Summer. The currently number of viable sightings reported has reached 105...and it continues. We are determined to find the truth.

Since October 2019, the majority of sightings / encounters have been reported at O'Hare International Airport and the surrounding communities. We need your help.

Have you had a sighting of a winged humanoid or huge bat-like creature in the Chicago, Illinois metro area and/or the Lake Michigan region? Please feel free to contact me at lonstrickler@phantomsandmonsters.com or at 410-241-5974 - your anonymity and confidentiality is guaranteed. Lon

ref: Phantoms and Monsters - Real Eyewitness Cryptid Encounter Reports - https://www.phantomsandmonsters.com/2020/06/2nd-airline-pilot-reports-describes.html


(2020-06-23)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR