FC2ブログ

Justen Faull : 政府は 1940年代に UFO/ET が宇宙人とは無関係の霊的存在だと認識していた。

抜粋(デタラメ)


・26:00 政府(の一部)は 1940年代に既に UFO/ET が他の恒星系からの宇宙人ではなく、異次元的な霊的存在であることを認識していた。そしてそれらと contact しようとした。


動画(1:35:01)


・埋め込み不能なので下のサイトで視聴。

・UNMASKING HIGHER ENTITIES ? The Lost Tapes ? Interview with Justen Faull - https://www.bitchute.com/video/7Uxz-M06sYc/

動画メモ



In this interview with Justen Faull, the director of the film 'HIGHER ENTITIES: The Lost Tapes' reveals all the bombshells from the documentary. From Tom Horn sharing his story about the death of family involved in top secret government projects, to Ray Boeche who was contacted by someone in "non-existent" top secret operations, to Stan Deyo describing his involvement with top secret antigravity technology, the evidence that our government is in communication with entities from another world are plenty. It also appears there was a faction from within the secret projects, thought to be fellow believers in Jesus Christ, staged a mutiny against those leading the charge, who were going deeper into the satanic rabbit hole of rituals and occult practices to communicate with what they believed to be higher entities. We discuss all of these things and more in this conversation of UNMASKING HIGHER ENTITIES, an interview with Justen Faull.


DeepL 翻訳



映画『HIGHER ENTITIES. このインタビューでは、映画『HIGHER ENTITIES: The Lost Tapes』の監督ジャステン・ファウルが、ドキュメンタリーの中の爆弾発言の数々を明かしています。政府の極秘プロジェクトに関わった家族の死について語るトム・ホーンから、「存在しない」極秘作戦の何者かから連絡を受けたレイ・ボエッシュ、極秘の反重力技術への関与を語るスタン・デヨまで、政府が異世界からの実体と交信しているという証拠は山ほどある。また、秘密事業の中には、イエス・キリストを信じる仲間と思われる一派がいたようです。彼らは、より高い存在であると信じているものと通信するために、悪魔のような儀式やオカルトの実践のウサギの穴に深く入り込んでいたのです。私たちは、これらのすべてのことを議論し、より多くのことをこの会話の中でUNMASKING HIGHER ENTITIES、Justen Faullとのインタビューです。


(2020-06-21)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR