FC2ブログ

Nick Redfern が自身の著書の中で記述した Bosco Nedelcovic の告白の内容(1)

前置


・過去記事で何度も述べたが、Nick Redfern は、Antonio Billas Boas の UFO/ET 遭遇事件は CIA の捏造工作だと主張している。

・Nick Redfern はその主張の根拠を Bosco Nedelcovic の告白に全面的に依存し、その告白を著書で言及している。Nick Redfern が Bosco Nedelcovic の捏造した告白話にコロリと騙されていることは後日、別記事で詳しく説明する予定。

・その説明の前準備として、Bosco Nedelcovic の告白話を Nick Redfern の著書から引用しておく。告白話の背景理解を兼ねて引用箇所は長めにしてある。引用は OCR 処理を済ませたもの。

・以下の引用箇所にある Bosco Nedelcovic の告白話を読めば、それが全くの捏造であることに気づく筈。一般常識だけで杜撰な捏造話だと判断できる。医学知識があれば捏造話があまりにデタラメなことに呆れる筈。

機械翻訳に関するコメント


・機械翻訳(DeepL)の結果も参考までに添付したが、実用的な品質とは言い難い。原文と照らし合わせて読まない限り、まともに文章の意味がつかめない筈。

・なので、機械翻訳の結果をざっと斜め読みして――丹念に読むのは時間の無駄。どうせ意味が通じないのだからw ――、漠然とした荒いイメージを得た後に、原文を読んでそのイメージを具体化、補正、細密化する方法が効率的に思える。

OCR 処理後の原文



WHO ARE THE REAL
ABDUCTORS?

Rich Reynolds has been on the UFO scene for many years-de-

cades, actually, Refreshingly, Reynolds is someone who is not

driven by Fox Mulder’s “I want to believe” approach to ufology.

Rather, he solely goes where the evidence and the facts take him.
In February 1978-exactly twenty years after Antonio Villas Boas gave his
statement to Dr. Olavo Fontes-Reynolds found himself immersed in the
story.

It all began when Reynolds was approached by a mysterious, and
perhaps even Machiavellian, character named Bosco Nedelcovic. He was
born in Yugoslavia, but had moved to the United States decades earlier
with his family. Nedelcovic carved quite a career for himself in the
United States, working with the CIA and the Department of Defense,
and securing a prominent position with the US Agency for International
Development (AID). At least a part of his clandestine work in the 1960s
was directed toward destabilizing prominent figures in the growing civil
rights movement. There was also the matter of what Nedelcovic knew
about the Antonio Villas Boas story.


---- 35 ---

Drugs and Mind Control

When Bosco Nedelcovie told Rich Reynolds what he-Nedelcovic-
claimed was the truth behind the Villas Boas legend, Reynolds didn't
know what to make of it. But he instantly realized that if what Nedelcovic
was saying was true, it was destined to wreak havoc among the true
believers in ufology. Ies an established fact that at the very time Villas Boas
was abducted, Nedelcovic was working for AID . . . in South America.
Specifically in Brazil, which is where Villas Boas lived, worked, and
encountered something incredible. According to Nedelcovic, Villas Boas
was not abducted by aliens at all. Rather, Nedelcovic maintained that
the entire event had been planned and executed by US intelligence-the
CIA and several other agencies-and with additional help from AID. Ie
was, Nedelcovic claimed, an operation that was born out of the CIA’
notorious mind control program MK-Ultra, which began in the early
1950s. It was created to determine how the human mind could be altered
and manipulated by hallucinogenic substances, psychedelics, and chemical
cocktails, all designed to alter and control perception.

If the story told to Reynolds was nothing but a hoax or disinformation,
it was certainly an intricate, well-thought-out tale, as the following
demonstrates.

Seeking Out a Test Subject

Nedelcovic told Reynolds that late one evening in October 1957, his
superior officer in AID told him to get to Aeroporto Santos Dumont-
located in the heart of Rio de Janeiro-where a US Atmy-owned helicopter



would be primed and ready to take him to destinations new, Puzzled by the
fact that he had been told very little about the operation, Nedelcovie did as
he was told and headed out to the airport. Sure enough, the large helicopter
was ready and waiting when he arrived. Aboard it were several members
of the US military, a few guys from AID, a doctor, and a senior officer in

the Brazilian navy, They first headed out to a facility in the approximately

--- 36 page ---

1,100 kilometers-long Espinhago Mountains, staffed by both American
and Brazilian military personnel. After a short period, the helicopter was
airborne again, this time for Pico da Bandeia, the third tallest mountain
in Brazil.

Nedelcovic said: “Various apparatus was tested during the fights but
the three men from AID did not participate directly in the testing. They
had been briefed on the mission and their function was outlined as auxiliary
in nature. The briefing indicated that the men were participating in new
forms of psychological testing that would eventually be used in military
contexts.”

About seventy-two hours later, the team was airborne again. After
a brief trip back to the Espinhago Mountains, it was time for the next
part of the mission, which was to collect a wealth of technologies and
contraptions, including what Reynolds called a “chrome-like Cubicle,”
which may well have been one of those compact rooms that a mind-warped
Villas Boas recalled being pushed into. Further flights were made to collect
various items for the mission, which had still not been clearly explained to
Nedelcovic, although he would soon know the full story. Ie was on the next
night, however, that the operation reached its peak: a young farmer was
about to be used and manipulated in just about the strangest way possible.

Chased and Captured

Ie was while the helicopter crew made passes over various parts of Francisco
de Sales-where Villas Boas lived at the time-that someone onboard saw
a man on the ground, “a person below who had been discovered by heat-
sensing devices on board.” The unfortunate soul-who really was in the
wrong place at the wrong time-was Villas Boas. The team had found
what they had been ordered to find: a human guinea pig, in a remote area,
who wouldn't be missed for a few hours. The helicopter pilot swooped
low, spraying the area with what was described to Reynolds as “a chemical
derivative” in gas form, The CIA had developed a specific agent which had
the ability to alter perception and affect a person's ability to walk, run, or

--- 37 ---

put up a fight-which sounds very much like the position that Villas Boas
found himself in, as the “UFO” came close to him.

‘The pilot brought the helicopter co a careful landing, and a number
of the team exited and raced toward the immobilized Villas Boas. In his
weirded-out state, Villas was not in a position to do anything about it.
Getting Villas Boas on board the helicopter proved to be a relatively simple
task, The next step could have been tricky, but as fate would have it, it ran
smoothly. Rich Reynolds told me, “The story from Nedelcovic was that
after Villas Boas had been subjected to various drugs, the part with the
woman was literally acted out. So, there may have been a real woman, But
in Villas Boas’s case, it could have been manipulation-induced. It gave me
visions of the CIA employing people of an Asian kind of demeanor and
look. It’s in the realm of possibility that someone was concocting a scenario
in that way.”

Notably, the Freedom of Information Act has shown that in the 1950s
and 1960s, the CIA used prostitutes in so-called “sting” operations. They
were situations in which the agency needed information on a particular
target-usually Russian. The hookers were used to place those same Russian
targets in compromising sexual situations that were secretly filmed by CIA
personnel, something all but guaranteed to convince the targets to talk
or even defect. Remember how Villas Boas said the alien woman looked
Asian? Intriguingly, some of those prostitutes employed by the CIA were
Asian, too. In return for performing a sexual act in the name of national
security, they would quietly be given a nice fee and residency in the United
States. It was a deal which worked well for everyone-except, that is, for
the targeted individual. In this case, Villas Boas.

When the operation was over, said Nedelcovic, a still-drowsy Villas
Boas was carefully taken out of the helicopter and placed on the grass, next
to his tractor. The helicopter then rook to the skies for a final time, leaving
a groggy Villas Boas to wonder what had just happened and what that

strange thing in the sky really was.



OCR 処理(画像のテキスト化)に利用したサイト


Free Online OCR - Convert PDF or image to text, word, docx or odf - https://img2txt.com/en


出典



pic 20200618_bosco_1..6

20200618_bosco_0.jpg

ref: Nick Redfern, "Alien Abduction Files : What the government doesn't want you know"




DeepL 機械翻訳



本物は誰なのか
アブダクターズ?

レイノルズは何年も前からUFOシーンで活躍しています。

ケーズ、実際には、さわやかに、レイノルズは誰かに

フォックス・モルダーの "信じたい "のが原因だ

むしろ、彼はもっぱら証拠と事実が彼を連れて行くところに行きます。
1978年2月には、アントニオ-ビラス-ボアスが彼の
レイノルズは、自分自身が没頭していることを発見しました。
ストーリー。

レイノルズが謎の男に声をかけられたのが始まりです。
ボスコ・ネデルコヴィッチという名前の マキアヴェリリアンのような人物です 彼は
ユーゴスラビア生まれの渡米経験者
彼の家族と一緒に ネデルコビッチは
アメリカはCIAや国防総省と連携している。
米国の国際機関で著名な地位を確保した。
開発(AID)。少なくとも1960年代の彼の秘密の仕事の一部は
勢力を強めている市民の有力者を不安定化させることに向けられていた。
権利運動です ネデルコヴィッチが知っていたことは
アントニオ・ヴィラ・ボアのストーリーについて


薬物とマインドコントロール

ボスコ・ネデルコヴィッチがリッチ・レイノルズに何を話した?
ネデルコヴィッチがリッチ・レイノルズに言ったことは
と言っていました。しかし、彼はすぐに、もしネデルコビッチが
是が非でも真の間では大混乱に陥る運命にあった。
ウーフォロジーの信者 ヴィラス・ボアスが
誘拐された時 ネデルコビッチは AIDのために働いていた . . 南米で
特にブラジルでは ビラス・ボアスが住んでいて 働いていました
信じられないようなことに遭遇しました。ネデルコヴィッチによると、ヴィラ・ボア
は宇宙人に誘拐されたわけではありません むしろ、ネデルコヴィッチは次のように主張しました。
すべてのイベントは、米国の諜報機関によって計画され、実行されていました。
CIAと他のいくつかの機関?そしてAIDからの追加の助けを借りて 私は
ネデルコヴィッチは、CIAから生まれた作戦だと主張しています。
悪名高いマインドコントロールプログラムMK-Ultraは、初期に開始されました。
1950s. 人間の心がどのように変化するかを 解明するために作られました
幻覚物質、サイケデリック、化学物質によって操作され
カクテル、知覚を操作するように設計されています

もしレイノルズの話がデマか偽情報だったら
それは確かに、次のように複雑でよく考え抜かれた物語でした。
を実証します。

被験者を探す

ネデルコヴィッチはレイノルズに、1957年10月のある夜遅くに、彼の
リオデジャネイロの中心部に位置するサントス・デュモン空港に行けとAIDの上官から言われました。
リオデジャネイロの中心部に位置しています。



は、プライミングと新しい目的地に彼を取るために準備ができているだろう、によって戸惑う
彼は操作について非常に少し言われていたという事実は、Nedelcovieは、次のようにしました。
と言われ、空港に向かった。案の定、大型ヘリが
が用意されていて、彼が到着するのを待っていました。それには数人のメンバーが乗っていました
米軍の幹部、AIDの数人、医者、そして上級将校の

ブラジル海軍の施設に向かいました。

36

1,100キロの長さのエスピナゴ山地、アメリカ人のスタッフが常駐しています。
とブラジルの軍関係者。短期間の後、ヘリコプターは
今回は3番目に高い山、ピコ・ダ・バンデイアに向けて再び空を飛ぶ。
ブラジルで。

ネデルコビッチは言った。"戦いの間に様々な装置がテストされたが
AIDの3人の男性は テストに直接参加しませんでした 彼らは
任務の説明を受け、その機能は補助的なものとして概説されていた。
自然の中で ブリーフィングによると、男性は新たな
兵役心理テスト
"文脈の中で"

約72時間後 チームは再び空を飛んでいました その後
エスピナゴ山地への小旅行を終えて、次の時間になりました。
使命の一環として、豊富な技術を収集し
レイノルズが「クロムのようなキュービクル」と呼んでいたものを含む、仕掛け物。
心を揺さぶられるようなコンパクトな部屋の一つかもしれません。
ヴィラ・ボアスは押し込まれたことを思い出した。を回収するために、さらなるフライトが行われました。
に明確に説明されていなかったミッションのための様々な項目を
ネデルコビッチはすぐにその全貌を知ることになるが 伊江は次の
しかし、操作がピークに達した夜、若い農民が
奇妙な方法で利用され 操られようとしています

追われて捕らわれて

ヘリコプターの乗組員がフランシスコの各所を通過している間に
de Sales(当時Villas Boasが住んでいた場所)では、船内の誰かが見たそうです。
地上の人「熱で発見された下の人
"船内の感知装置" 不幸な魂は、誰が本当に
間違った時に間違った場所にいたのが ヴィラス・ボアスだった チームが見つけたのは
辺境の地で、モルモットの人間を見つけるように命じられていた。
数時間の間も見逃すことはないだろう ヘリコプターのパイロットが急降下した
レイノルズに「化学薬品」と説明されたものを散布しました。
ガス状の「誘導体」を開発していました。
歩行能力

37

戦うというと、ビラス・ボアスのポジションに似ているように聞こえます。
UFOが彼に近づいてきたことに気付きました

パイロットはヘリコプターを慎重に着陸させました。
のチームは退場し、不動のヴィラ・ボアに向かって突進した。彼の
奇妙な状態で、ビラスは何もできなかった。
ビジャス・ボアスをヘリコプターに乗せるのは、比較的簡単なことだった。
次のステップは難しいかもしれませんが、運命的にはそれが実行されました。
をスムーズに リッチ・レイノルズは、「ネデルコビッチからの話は
ビラス・ボアスが様々な薬を投与された後、その部分が
女性は文字通り演じられていました だから本物の女性はいたかもしれませんが
ヴィラ・ボアスの場合は 操られていた可能性があります それは私に
CIAがアジア系の人を雇っているというイメージがあります。
見てください。誰かがシナリオを練っていた可能性がある
そのような形で"

注目すべきは、情報公開の自由法によると、1950年代には
1960年代、CIAはいわゆる「おとり捜査」で売春婦を利用していました。彼らは
についての情報を必要としている状況であった。
ターゲットはロシア人だ 娼婦を使って同じロシア人を
密かに撮られていたCIAの性犯罪に巻き込まれていた。
人員を納得させるためのもの
欠陥でもあるのです。どのようにビラスボアスが言ったか覚えている エイリアンの女性は見た
アジア系?興味深いことに、CIAに雇われた売春婦の中には
アジア人も。国家の名の下に性行為を行った見返りに
安全のために、彼らは静かに良い料金と米国の居住権を与えられます。
州のために。それは誰にとってもうまくいった取引でした。
対象となる個人。この場合はヴィラ・ボアス。

作戦が終わったとき、まだ眠気が残るヴィラスはネデルコヴィッチに言った。
ボアスは慎重にヘリコプターから連れ出され、芝生の上に置かれました。
トラクターに乗り換えた。ヘリは最後に空へと向かった。
何が起こったのか、何が起こったのかを疑問に思って、グロッギーなヴィラスボアス。

空の不思議なものは本当にあった。



(2020-06-20)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR