FC2ブログ

Steve Mera : "Montauk Monster" は毛のうせたアライグマだと判明している。 (+追加)

履歴


(2020-06-19) 追加
(2019-12-04) 作成

はじめに


・Montauk Monster とは下の写真でお馴染みのアレ。


20191204_RhodeislandMonster.jpg


The "Montauk Monster" was an animal carcass,[1][2] that washed ashore on a beach near the business district of Montauk, New York in July 2008.[3][4] The identity of the creature and the veracity of stories surrounding it have been the subject of controversy and speculation. It is not known what happened to the carcass; it was said to have mysteriously disappeared.


ref: Montauk Monster - Wikipedia - https://en.wikipedia.org/wiki/Montauk_Monster


・その Montauk Monster の正体について Steve Mera がチラリとタイトルのように語っていた。ペルーの三本指ミイラの件で余談的に言及したもの。

抜粋(デタラメ)


・4:40 Mera : Montauk Monster は毛の失せたアライグマだと判明している。

動画(20:30)


・4,004 views,Jun 1, 2018
・Grant Cameron and Steve Mera Nazca Mummy (Part 1)


コメント


・Steve Mera のこの発言は、以下の専門家の判断に沿ったたものかも。


In a 2009 episode of Monster Quest, cryptozoologist Loren Coleman examined a latex replica of the Montauk Monster's remains and similarly concluded that it was the remains of a raccoon, due to similar body structures and skull shape.

ref: Montauk Monster - Wikipedia - https://en.wikipedia.org/wiki/Montauk_Monster


(2019-12-04)




(以下、2020-06-19 追加分)

前置


・別の専門家も同様の結論を出していたと。

機械翻訳(DeepL)



だからモントークのモンスターは何ですか?科学的コンセンサスは...アライグマです。イギリスの古生物学者ダレン・ナイシュは、この動物の写真を調べ、アライグマであると結論づけた:「モントークの怪物は...その奇妙な外観は、部分的な分解に起因する」とナイシュは言った。"腐敗の初期段階で鼻の柔らかい組織が失われる傾向があることから、『くちばし』はただの脱皮した鼻の部分であることがわかります。歯列とプロポーションを比較してみると、アライグマとの相性は完璧である。モントークの動物は上顎の犬歯と切歯を失っており(空のソケットを見ることもできます)、アライグマは実際には驚くほど脚が太いのです(モントークの死体の四肢のプロポーションがアライグマのそれとは違うという主張は正しくありません)"


一部引用



So what is the Montauk monster? The scientific consensus is … a raccoon. Darren Naish, a British paleontologist, examined photos of the animal and concludes it is a raccoon: "The Montauk monster… owes its bizarre appearance to partial decomposition," Naish said. "The tendency for the soft tissues of the snout to be lost early on in decomposition immediately indicates that the ‘beak’ is just a defleshed snout region: we’re actually seeing the naked premaxillary bones. The match for a raccoon is perfect once we compare the dentition and proportions. The Montauk animal has lost its upper canines and incisors (you can even see the empty sockets), and raccoons are actually surprisingly leggy (claims that the limb proportions of the Montauk carcass are unlike those of raccoons are not correct)."

ref: Return of the Montauk Monster! | Center for Inquiry - https://centerforinquiry.org/blog/return_of_the_montauk_monster/



(2020-06-19)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR