FC2ブログ

「CIA が南米で UFO 事件を捏造」という Jacques Vallee の情報ソース

前置


・ひとつ前の記事で問題となっていた Jacques Vallee の情報ソースがたぶんコレ。

・Nick Redfern が記事にしている。

コメント


・過去記事でも述べたが…

  ・Nick Redfern は Bosco Nedelcovic の捏造話にコロリと騙されている。

  ・Jacques Vallee も Bosco Nedelcovic の捏造話を情報ソースとして CIA の工作説を示唆している。

・Jacques Vallee はほぼ確実に Bosco Nedelcovic の証言が捏造話だと理解している。なぜなら彼の同僚に Kit Green (元 CIA で "Weird Desk" を担当。医学博士)がいて、この件を相談している筈。医学博士なら誰でも(CIA と無関係でも) Bosco Nedelcovic の証言が全くの与太話であることくらいは即座に見抜く。

・もっとも、医学知識がなくとも常識だけで Bosco Nedelcovic の証言が捏造話だと断定できる。Nick Redfern も落ち着いて冷静に考えればすぐわかるのに…

・Bosco Nedelcovic の証言が明白な捏造話であることは近く別記事で具体的に説明する。その証拠はひとつやふたつではきかない。

機械翻訳(DeepL)と原文



ジャック・ブリュワー氏は12月19日、「ジャック・ヴァレー博士は、彼の著書『禁断の科学-第4巻』に含まれる主張を完全に立証しようとすることを拒否した。ヴァレーは12月17日の電子メールで『この問題に注意を喚起する義務があると感じました』と説明しましたが、文書を共有したり、その状況に関連する質問に答えることはしませんでした。上のリンクに含まれている情報を見ればわかるように、ヴァレーとブリュワーは、このすべてについて、興味深い議論をしました。この段階では、「文書」が何であるか、これらの問題のすべてが、「ブラジルとアルゼンチンでのUFOの模擬誘拐」にどのように関係しているかについては、

1950年代にブラジルで起こった非常に奇妙で物議を醸した事件に関連している可能性があります。アントニオ・ビラス・ボアスはブラジル人の男で、1957年後半、UFOに誘拐されて乗った後、同じように星から来たワイルドな女性とワイルドなセックスをしたと主張しています。初期のエイリアンの誘拐?そうだな そうじゃないかもしれない 1970年代後半、UFO研究者のリッチ・レイノルズは、情報機関とのつながりを持ち、南米で働いていたボスコ・ネデルコヴィッチという男と接触し、ビジャス・ボアス事件は見た目とは違うと主張しました。彼はリッチに、実際にはヴィラスボアスは新しい奇妙な実験の知られざるプレイヤーだったと話した。ネデルコヴィッチ氏によると、ビラス・ボアス氏が家族の所有地上空で見たUFOは、実はヘリコプターだったという。それだけでなく、ビラスボアスは、ヘリコプターのパイロットが彼の上を低レベルで飛んだ後、すぐに彼を変化した状態に置き、心を変えるエアゾールスプレーのようなものに打たれたとされています。星から来た女の子については、本当に娼婦だったと言われていて、ヴィラ・ボアスを連れて行くために雇われた女の子が一番身近な出会いの場に連れて行ってくれました。しかし、それはすべて策略であり、UFO事件を捏造するために計画された、心を揺さぶる出来事だったのです。
好むと好まざるとにかかわらず、ビラス・ボアスの言葉は、彼がヘリコプターに乗っていたことを強く示唆している。ヴィラ・ボアの自分の言葉を丁寧に読んでください。その船は "細長い卵のようだ "と言っていた 船の上には、「何かが高速で回転していて、強力な蛍光灯のような赤みを帯びた光を発していた」(ローターブレード?おそらくそうだ)。工芸品が空を取ると、それは大きな音、"ビートのようなもの"(ヘリコプターに関連付けられたノイズの完璧な説明である)を作った。それらの要素を総合すると、まるでビジャ・ボアスがヘリコプターで運ばれたかのように聞こえる。空飛ぶ円盤の上ではなく
ワシントン・ポスト紙によると、ネデルコヴィッチは「...フォートマクネアのアメリカ防衛大学の言語学者であり、社会主義と自由市場資本主義の要素を融合させたユートピア社会を構築するための粘り強い推進者であった」という。ポスト紙はさらに、ネデルコヴィッチが1999年12月25日に前立腺がんのため、ノーザンバージニアホスピスで死亡したことを指摘している。このリンクから分かるように ネデルコビッチはCIAと通信していた ネデルコヴィッチとCIAの間の他の通信は存在するが、オンラインではない - 少なくとも、その大部分はオンラインではない。記録のために、ネデルコビッチはリッチ・レイノルズにも、エイリアンとの接触のシミュレーションや捏造の事例を知っていると話しています。ネデルコヴィッチによると、そのうちの一つは、1965年4月に接触型の接近遭遇をしたと主張するアーサー・ブライアントという男に関係しているという。ブライアントは数年後、特に攻撃的な脳腫瘍で死んだ。ブライアンが政府機関のマイクロ波を使った技術に触れたことが、腫瘍の原因になったという推論だった。UFO調査員のアイリーン・バックルが書いた1967年の非常に奇妙な、しかし非常に読み応えのある本で、全編を読むことができます。スコリトン・ミステリーと呼ばれています。アダムスキーは復帰したのか?300ページを超える長さの本で、この武勇伝をさらに追求したい人には必読の一冊です。かなりレアで安くはないですね。ジャック・ブリュワーの速報やジャック・ヴァレーの言葉を考えると、このすべてがどこへ向かうのか興味深いところだ。

最後にもう一つ、リッチ・レイノルズは数日前にジャック・ヴァレーが彼(リッチ)がネドルコヴィッチの資料を最初に郵送した人物だと言っていましたが、彼がネドルコヴィッチの資料を最初に郵送した人物はジャック・ヴァレーだと言っていました。言っておくが、それは数十年前のことだ。なので、あまり思い込みや推測はしたくないのですが、ここミステリアスユニバースやThe UFO Trailブログで議論されている文書は、2つのうちの1つだと思っています。(A)その「文書」は今までに見たことのないものであるか、(B)リッチが数年前にヴァレーに送った資料のパッケージであり、非常に興味深いものであるが、UFO研究コミュニティで何年も前から議論されているものであるか。議論されているのがCIAの文書だとしたら、それは潜在的に大きなことだ。しかし、もしすべてがネデルコヴィッチ(彼はもう亡くなっている)にまで遡るのであれば、彼が行った主張が問題であり、どちらが追求されるべきなのかということになります。




In a new article posted at his The UFO Trail blog (titled “Vallee declines to Substantiate Claims of CIA Simulating UFO abductions“) Jack Brewer wrote, on December 19: “Dr. Jacques Vallee declined to attempt to fully substantiate the assertion contained in his book, Forbidden Science ? Volume Four, that he secured a document confirming the CIA simulated UFO abductions in Brazil and Argentina. ‘I felt a duty to call attention to the issue,’ Vallee explained in a Dec. 17 email, but chose not to share the document or address pertinent questions surrounding its circumstances.” As you’ll see from the information contained in the link above, Vallee and Brewer had an interesting discussion about all of this ? although at this stage it appears not to have been resolved, in relation to what the “document” is and how all of these matters relate to those “simulated UFO abductions in Brazil and Argentina.”


There’s a distinct possibility (maybe, even, a probability) that this all relates to a very weird and highly controversial affair that went down in Brazil way back in the 1950s. Antonio Villas Boas was a Brazilian man who claimed, in late 1957, to have had wild sex with an equally wild babe from the stars, after having been kidnapped and taken on-board a UFO. An early alien abduction? Yep. Or maybe not. In the late-1970s, UFO researcher Rich Reynolds had contact with a man named Bosco Nedelcovic, who had links to the world of intelligence, who spent time working in South America, and who claimed that the Villas Boas affair was not what it appeared to be. He told Rich that, in reality, Villas Boas was the unwitting player in a new and bizarre experiment. According to Nedelcovic, the UFO that Villas Boas saw over his family’s property was really a helicopter. Not only that, Villas Boas was supposedly hit by some kind of mind-altering aerosol spray that quickly placed him into an altered state, after the pilot of the helicopter flew right over him and at a low level. As for the girl from the stars, she was said to have really been a hooker, a girl hired to take Villas Boas on the closest encounter of all. But, it was all a ruse: a mind-bending event designed to fabricate a UFO incident.

Like it or not, but the fact is that Villas Boas’ own words suggest strongly that he was indeed taken on-board a helicopter. Read Villas Boas’ very own words carefully. The craft, he said, was “like an elongated egg.” On the top of the craft there was, “something which was revolving at great speed and also giving off a powerful fluorescent reddish light” (rotor-blades? Probably, yes). As the craft took to the skies, it made a loud noise, “a sort of beat” (which is a perfect description of the noise associated with a helicopter). Put all those factors together and it sounds very much like Villas Boas was hauled aboard a helicopter. And not onto a flying saucer.


As the Washington Post noted Nedelcovic was “…a linguist with the American Defense College at Fort McNair and a tenacious promoter of building a Utopian society that blended elements of socialism and free market capitalism.” The Post further noted that Nedelcovic died of prostate cancer on December 25, 1999 at the Northern Virginia Hospice. As you will see from this link, Nedelcovic had correspondence with the CIA. Other correspondence between Nedelcovic and the CIA exists, but it is not online ? at least, the bulk of it isn’t. For the record, Nedelcovic also told Rich Reynolds that he knew of other simulated/faked cases of alien contact. One of them, said Nedelcovic, involved a man named Arthur Bryant, who claimed a Contactee-type close encounter in April 1965. Bryant died just a few years later from a particularly aggressive brain tumor. The inference was that Bryan’s exposure to microwave-based technology of a government agency had caused the tumor. You can read the whole story in a very strange, but highly readable, 1967 book written by UFO investigator Eileen Buckle. It is called The Scoriton Mystery: Did Adamski Return? Running to slightly more than 300-pages in length, the book is essential reading for those who may want to pursue this whole saga further. It’s pretty rare and not cheap to buy. It will be interesting to see where all of this is going to lead, given the breaking news from Jack Brewer and the words of Jacques Vallee.

One final thing: Rich Reynolds told me a couple of days ago that Jacques Vallee was the first person that he (Rich) mailed the Nedolcovic material to. For the record, that was decades ago. So, while I don’t want to make too many assumptions or guesses, I do think that the document that is being discussed here at Mysterious Universe and at The UFO Trail blog is one of two things: (A) the “document” is something we haven’t seen before; or (B) it’s the package of material that Rich sent to Vallee years ago ? and which is very interesting, but which has been discussed in the UFO research community for a number of years. If it’s a CIA document, that is being discussed, it’s a potentially big thing. If, however, it all traces back to Nedelcovic (who is long dead) then it’s down to the claims he made, and which should be pursued.


出典


Simulated Alien Abductions: the CIA, a Hot Hooker, and Secret Experiments | Mysterious Universe - https://mysteriousuniverse.org/2019/12/simulated-alien-abductions-the-cia-a-hot-hooker-and-secret-experiments/


(2020-06-18)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR