FC2ブログ

Ubatuba で回収された UFO 金属片は CIA の捏造工作か?

前置


・Ubatuba で回収された UFO 金属片については下の過去記事で取り上げた。

  Jacques Vallee:1957年9月7日、ブラジルの Ubatuba で UFO が爆発、回収破片の分析結果 (途中:その1) (2018-03-22)

機械翻訳(DeepL)と原文



いくつかの憶測

数年前から、中南米でのいくつかの拉致体験について、米国中央情報局(CIA)が関与している可能性が示唆されている。例えば、『蜃気楼の男たち』という本の中で。A Journey into Disinformation, Paranoia and UFOs" [Pilkington, M. 2010, p.65] 非常に興味深い参考文献があります。

"1999年にバージニア州フェアファックスで亡くなるまで、ボスコ・ネデコヴィッチは中南米諸国の将来の指導者を教育する米州防衛大学の通訳・翻訳者であった。1978年、ユーゴスラビア出身の彼はアメリカのUFO研究者リッチ・レイノルズ氏に、1950年代から1960年代にかけて、CIAがプロジェクト・ミラージュと呼ばれるプロジェクトの一環として、世界中のUFO事件を意図的に捏造していたことを打ち明けた。さらに、1956年から1963年の間、国際開発庁(AID)の下でラテンアメリカのCIAで働いていたネデコヴィッチは、これらの演出されたイベントのいくつかに彼自身が出席していました。そのうちの一つがビラス・ボアの誘拐だった"

ヴィラス・ボアスの拉致事件は1957年10月16日に発生したと報告されていることに注意してください。

さらに、これらに沿って、ジャック・ヴァレーの『禁断の科学』の中に興味深い引用があります。1992年3月26日付の日記の「第4巻」には、次のように書かれています。

"CIAがラテンアメリカ(ブラジルとアルゼンチン)でUFO誘拐をシミュレートしたことを確認する文書を確保した"

研究者のジャック・ブリュワー氏は、ヴァレーに連絡してこの発言をフォローした。バレエの対応はこちら。

年に純粋に近いマグネシウムがなぜブラジルで発見されたのか、というロバート・パウエル氏の疑問に思いを馳せているうちに、ふと思いついたことがあります。CIAが偽の拉致事件の作成に関与していたというのが本当だとしたら、偽の物的証拠を完全に備えた「爆発する空飛ぶ円盤」の話を作成することができたのでしょうか?ウバツバの破片の最初の情報は 1957年9月14日でした 以下の事実に注意してください。

ブラジルの新聞社に断片を提出した人物は誰も突き止めていない。そのような個体がいなかったからでしょうか。

複数の個人が捜索したにもかかわらず、爆発の目撃者を直接見つけた者はいない(例:Kaufmann & Sturrock, 2004)。そのような爆発がなかったからでしょうか。

上記が本当だとすると、ほぼ純マグネシウムのサンプルはどこから出てきたのでしょうか?考えられる答えは、1968年にウバツバの断片を分析したロイ・クレイグ博士の発言を報告しているSturrock (2001:74)にあります。Craig (1995:112)は、1943年から1968年の間に、米国のダウ・ケミカル・コーポレーションは、要求に応じて、ほぼ純粋なマグネシウムのバッチを製造していたと書いている。

これをまとめると、当時アメリカで入手可能だったマグネシウムのサンプルを、ブラジルの新聞社に提供していた未知の情報源があります。これには、直接の目撃者がいない「爆発する空飛ぶ円盤」の話が添えられていた。このようにして、我々 は、おそらく CIA がダウから作品を取得し、偽の物語と一緒に新聞にそれらを提出したという作業仮説を形成することができます。



Some speculation

Over the years, there have been suggestions regarding some abduction experiences in Latin America, that the US Central Intelligence Agency (CIA) may have been involved. For example, in the book "Mirage Men: A Journey into Disinformation, Paranoia and UFOs," [Pilkington, M. 2010, p.65] there is an extremely interesting reference:

"Until his death in Fairfax, Virginia in 1999, Bosco Nedecovic was an interpreter and translator at the Inter-American Defense College, which educates future leaders of Latin American nations. In 1978 the Yugoslavian emigre confided in the American UFO researcher Rich Reynolds that, during the 1950's and 1960's, the CIA had deliberately manufactured UFO incidents all over the world as part of a project called Project Mirage. What's more, Nedecovic, who between 1956 and 1963 had worked for the CIA in Latin America under the Agency for International Development (AID) was himself present at some of these staged events. And one of them was the Villas Boas abduction."
Note that the Villas Boas abduction is reported to have occurred on 16 October 1957.

Furthermore, along these lines, there is a fascinating quote in Jacques Vallee's "Forbidden Science: Volume Four" in the diary entry dated 26 March 1992 which reads:

"I have secured a document confirming that the CIA simulated UFO abductions in Latin America (Brazil and Argentina.)"

Researcher Jack Brewer followed up this statement, by contacting Vallee. For Vallee's response, click here.

As I pondered Robert Powell's questions as to how come a piece of nearly pure magnesium turned up in Brazil in 1957, a thought occurred to me. If it were true that the CIA were involved in creating fake abduction events, could they have possibly created a fake "exploding flying saucer" story complete with fake physical evidence? Note, that the first we heard of the Ubatuba fragments, was on 14 September 1957. Take note of the following facts.

No-one has ever located the individual who submitted the fragments to the Brazilian newspaper. Could it be because there was no such individual?

No-one (e.g. Kaufmann & Sturrock, 2004) has ever located first-hand witnesses to the explosion despite searches by multiple individuals. Could it be because there was no such explosion?

If the above is true, then where did the nearly pure magnesium samples come from? A possible answer is to be found in Sturrock (2001:74) who reports a statement, from 1968, from Dr. Roy Craig, who had a piece of fragment from Ubatuba analyzed. Craig (1995:112) wrote that between 1943 and 1968, the Dow Chemical Corporation, in the USA, had manufactured batches of almost pure magnesium, upon request.

Putting this altogether, we have an unknown source providing magnesium samples, which were available in the USA at that time, to a Brazilian newspaper. This was accompanied by a story of an "exploding flying saucer" for which no first-hand witnesses could be located. Thus we can form a working hypothesis that that perhaps the CIA obtained pieces from Dow; and submitted them to the newspaper along with a fake story.


出典


Unidentified Aerial Phenomena - scientific research: Ubatuba Magnesium Sample - some speculation as to its source - https://ufos-scientificresearch.blogspot.com/2020/06/ubatuba-magnesium-sample-some.html

(2020-06-18)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR