FC2ブログ

Nick Redfern : イルミナティは地球を支配しているのか?

前置


・機械翻訳のテストを兼ねる。

・相変わらず、DeepL は末尾の文章を無視している。

コメント


・Nick Redfern の論拠は弱い。18世紀の欧州でイルミナティ禁止の勅令が出されたことを主な根拠として、20世紀の世界を支配していないことを論証するのは無理。キリスト教はローマ帝国で当初は禁止されたが後に国教となった。

・現在の世界を実質的に支配しているのは(イルミナティのような秘密結社ではなく)、世界規模の超資産家グループだ…という見解を私はとる。例えば直後の記事のような見解。これらの超資産家グループがグローバリズムを推進してきたが、今現在、その大きな潮流が逆流し始めた。この先、超資産家グループはどう反応するのだろうか? グローバリズムを先送りして当面は諸大国の実質的な解体を優先させる…とか?

機械翻訳(DeepL)



イルミナティについてどう思うかと 聞かれたことがあります 彼らについて多くのナンセンスなことが言われているのは間違いありません。密かに地球を支配しているとか、不吉な新世界秩序を作ろうとしているとか。まあ、個人的には、そのどれも信じられません。では、イルミナティについて、どのようなことが言えるのか、見てみましょう。イルミナティ教団として公式に知られているものは、1700年代まで存在していませんでしたが、"イルミナティ "という言葉の起源は、少なくとも1400年代にまでさかのぼります。当時のスペインでは、黒魔術の世界に浸っていた人たちは、オカルトや錬金術師、魔女などを "光 "を与えられたと認識していました。超自然的な形の "照明 "の話をしているのです彼らに並外れた力を与えたのです イルミナティと呼ばれています イルミナティは1776年 5月1日に作られた 不思議なグループの背後にいるのは アダム・ワイシャウトだ 場所は バイエルン州 インゴルシュタット 当時、ヴァイシャウプトは30代に近づき、宗教法の教授として働いていた。ブラッド・スタイガーが指摘するように、ワイシャウプトは「政治改革グループよりも神秘的に見えるように、共和主義の彼の課題を兄弟団の活動に混ぜ込んだ」。


このグループの起源は明らかに小規模なもので、わずか5人のメンバーから始まった。しかし、イルミナティはこのままではいけないと考えられていた。少しずつ成長していき、1780年には、メンバーは約5ダースに達し、6つの都市にまで拡大した。確かに、多くの人がワイシャウプトのグループに惹かれたのは、それがメイソンに似ているという事実があったからである。実際、ワイシャウプトは、信者たちがイルミナティの領域に没頭すればするほど、照明された超自然的な知識のレベルが高くなることを指摘するように注意していた。

歴史によると、ワイシャウプトは、イルミナティが強さから強さへと成長していくことを確実にするために、一人ではなかった。彼は、フォン・クニッジ男爵として知られるアドルフ・フランシスに助けられていた。彼はオカルトの専門知識を持ち、影響力のある人物であり、メイソンの中でも特に力のある人物であった。そして、彼はワイシャウプトの政治革命への願望を共有していた。そして、フォン・クニッゲの人脈と能力のおかげで、あっという間に、イルミナティは数百人のグループにまで成長した。しかし、イルミナティは誰にでも開かれたグループではありませんでした。実際には、その逆で、権力者、金持ち、コネのある人たちが、ワイシャウプトとフォン・クニッゲが懸命に働いて、イルミナティに参加させたのである。ワイシャウプトのビジョンの一部になりたい人たちのための 儀式や儀式が確立され、特定の服を着たり、ブラッド・スタイガーが表現したように、"奇抜な衣装 "を着たりした。そして、会員はさらに拡大していった。


1780年代半ばには、イルミナティは数百人の信者を持つグループではなく、数千人の信者を持つグループになっていた。しかし1784年には反対派が出てきた その年の4月にフォン・クニッゲとワイシャウプトが大喧嘩をして、フォン・クニッゲがグループから離れていくことになったのだ。ヴァイシャウプトが信者に約束していたオカルト的な「照明」が現れなかったのである。彼らの多くは、ワイシャウプトが実際にはオカルトの領域にはほとんど興味がなく、革命のための彼の計画を助けるための手段として、金持ちと権力者を本当に探していたのではないかと疑って、幻滅してしまった。その結果、多くの人がイルミナティから離れ、それが隠された意図を持つ操作可能な、不吉な体になっていることを恐れていた。イルミナティがなくなったのは全くの昔のことではありませんでした。この問題については ブラッド・スタイガーに聞いてみましょう

"1784年6月、カール・テオドール(バイエルン公爵)は、彼の州のすべての秘密結社を禁止する勅令を出した。1785年3月には、イルミナティを明確に非難する勅令が出された。ヴァイスハウプトは、すでに隣県に逃亡していたが、そこでイルミナティの忠実なメンバーを鼓舞して、協会を存続させようとした。1787年に公爵は イルミナティに反対する 最終的な命令を出した そしてワイシャウプトは 闇に葬られた 確かに魅力的な話だ 地球の秘密の支配者は?ありえないわ



原文



Now and again I get asked what I think about the Illuminati. There’s no doubt whatsoever that a great deal of nonsense has been said about them. Such as, they secretly rule the planet, and are working to create a sinister New World Order. Well, personally, I don’t buy into any of that. With that said, let’s take a look at what we can really say about the Illuminati. Although what is known officially as the Order of the Illuminati did not come into being until the 1700s, the word “Illuminati” has origins that date back to at least the 1400s. In Spain, at that time, those who immersed themselves in the world of the black arts identified occultists, alchemists, and witches as having been given “the light.” We’re talking about nothing less than a supernatural form of “illumination” which gave them extraordinary powers. Hence, the term, “Illuminati.” As for the Order of the Illuminati, it was created in 1776 ? specifically on May 1. The man behind the mysterious group was Adam Weishaupt. The location: Ingolstadt, Bavaria. At the time, Weishaupt was approaching his thirties and worked as a professor of religious law. As Brad Steiger notes, Weishaupt “blended mysticism into the workings of the brotherhood in order to make his agenda of republicanism appear to be more mysterious than those of a political reform group.”


The group had decidedly small-scale origins: it began with just five members, one being Weshaupt himself. The Illuminati was not destined to stay that way, however. Bit by bit, the group began to grow, to the point where, by 1780, the membership was around five dozen and extended to six cities. Certainly, many were attracted to Weishaupt’s group as a result of the fact that it paralleled the Masons ? specifically in relation to levels and orders of hierarchy that could be achieved. Indeed, Weishaupt was careful to point out to his followers that the further they immersed themselves in the domain of the Illuminati, the greater level of illuminated, supernatural knowledge they would achieve.

History has shown that Weishaupt was not alone in ensuring the Illuminati grew from strength to strength. He was aided to a very significant degree by one Adolph Francis, better known as Baron von Knigge. A renowned and influential figure with an expert knowledge of all things of an occult nature, von Knigge was a powerful individual who had risen through the ranks of the Masons. And, he shared Weishaupt’s desire for political revolution. In no time, and as a result of von Knigge’s contacts and ability to entice others to the cause, the Illuminati grew to a group of several hundred. The Illuminati was not a group open to everyone, however. In fact, quite the opposite: the powerful, the rich, and the well-connected were those that Weishaupt and von Knigge worked hard to bring on-board. Rituals and rites for those who wished to be a part of Weishaupt’s vision were established, as was the wearing of specific clothes ? or as Brad Steiger described them, “bizarre costumes.” And, the membership expanded ever further.


By the mid-1780s, the Illuminati was no longer a group with hundreds of followers, but thousands. In 1784, however, there was dissent in the ranks. It was in April of that year when von Knigge and Weishaupt had a major falling out, something which led to von Knigge walking away from the group. There was another problem, too: the occult “illumination” that Weishaupt had promised his followers failed to appear. Many of them became disillusioned, suspecting that Weishaupt actually had very little interest in the domain of the occult, but had really sought out the rich and powerful as a means to help his plans for revolution. The outcome was that many walked away from the Illuminati, fearful that it was becoming a manipulative, sinister body with hidden agendas. It wasn’t at all along before the Illuminati was no more. On this issue, let’s turn again to Brad Steiger:

“In June 1784 Karl Theodor [the Duke of Bavaria] issued an edict outlawing all secret societies in his province. In March 1785 another edict specifically condemned the Illuminati. Weishaupt had already fled to a neighboring province, where he hoped to inspire the loyal members of the Illuminati to continue as a society. In 1787 the duke issued a final edict against the Order of the Illuminati, and Weishaupt apparently faded into obscurity.” A fascinating story, to be sure. But, the secret rulers of the planet? Not a chance.

The Illuminati: Not the Rulers of the Planet! | Mysterious Universe - https://mysteriousuniverse.org/2020/06/the-illuminati-not-the-rulers-of-the-planet/


(2020-06-11)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR