FC2ブログ

行方不明や殺人が多発する森で、BEK/BEC に遭遇

前置


・Nick Redfern がソース記事の著者。

・機械翻訳のテストを兼ねる。

・今回も、DeepL はカンマに続く末尾の文章を認識しない、という欠陥を露呈させている。


And, as Martin J. Clemens also reveals: “In July 1975, pensioner Leon Foster disappeared and was subsequently found three weeks later, by a couple who were searching for a horse in the wood, a horse that had also gone missing under mysterious circumstances.




マーティン・J・クレメンスが明らかにしているように "1975年7月、年金生活者のレオン・フォスターが失踪し、その後、3週間後に森の中で馬を探していた夫婦によって発見された。

 と翻訳されており、

a horse that had also gone missing under mysterious circumstances.

 の箇所が完全に無視されている。

DeepL による機械翻訳



"イングランドのウェストサセックス州に位置するクラッハムウッドは、クラッハムの小さな村の北側に位置しています。"と、ミステリアス・ユニバースは明らかにしています。歴史的には、クラッハムは典型的なイギリスの村であり、おそらくサクソン人の時代から存在していたのだろう。 この300年の間、外界からはほとんど隠されたままでしたが、この40年を除いては、です。" 1970年代初頭から クラッハムウッズは 殺人やミステリーと関連しています ヘカテの友と呼ばれる秘密結社があります 謎が始まったのは1972年。その年の6月、ピーター・ゴールドスミスという警察官が森の中を歩いている最中に失踪した。彼の遺体は約半年間、具体的には12月13日に発見されていない。さらに興味をそそるのは、ゴールドスミスが失踪する2ヶ月前、彼は全く同じ森の中で殺された女性の死を捜査していたという事実だ。2人の被害者は 互いに表裏一体の関係にある

マーティン・J・クレメンスが明らかにしているように "1975年7月、年金生活者のレオン・フォスターが失踪し、その後、3週間後に森の中で馬を探していた夫婦によって発見された。 次に1978年のハロウィンには、クラッハムの牧師で、引退したハリー・スネリング牧師が行方不明になりました。 彼の遺体は3年後、カナダ人観光客によって発見されました。 "ここでも死因は特定できませんでした" 事態はまだ終わっていませんでした。三年後の1981年 森の中でジリアン・マシューズという女性の遺体が発見されました マシューズは統合失調症で、レイプされて殺害されていた。クラッハムウッズでの人的被害から離れて、多くの犬の失踪の問題があります。1987年には、クラッハムウッズには他にも何かがあったという情報が浮上しています。それは、「ヘカテの友」と呼ばれる、イギリス政府のメンバーを含む強力で危険なグループです。

ヘカテの友」の話は、トイン・ニュートン、チャールズ・ウォーカー、アラン・ブラウンによって書かれた1987年の本「The Demonic Connection」のページで初めて公に表面化した。ウォーカーによると、彼は秘密のグループのメンバーの一人と会って、彼は様々な人々の死を確認した - と犬の消失 - の仕事であったことを確認したヘカテのフレンズは、"準異教徒のイギリスのオカルト秩序 "として記述されている。ヘカテ友の存在はまだ完全に確認されていませんが、クラパムの森の中心部での暗くて神秘的な死の不穏な物語は、グループの伝説が生き残り、繁栄していることを確実にしています。

ブラック・アイド・チルドレンと何の関係があるのか疑問に思うかもしれません。今、あなたはそれを見つけるでしょう。BECでの経験について私に連絡してきた多くの人の中で、ニューオーリンズのテリーがいました。27歳のテリーは--2016年9月に--イギリスで2ヶ月間、親戚とぶらぶらしていました。テリーは、彼女が超常現象に興味を持っていたことを私に認め、クラッハムウッズでかなりの時間を過ごすことの見通しに興奮していました - 彼女は伝説をあまりにもよく知っていて、トイン・ニュートンの「悪魔的な接続」のコピーを持っていたので。彼女は、この地域全体が不気味であることを認めました。しかし、最も奇妙なのは、彼女が森の中を歩いている間に、テリーはブラックアイドチルドレンの一人と非常に短い出会いを持っていたという事実でした。実際には、それはかろうじて数秒しか続きませんでした。

テリーは森の中を散歩していると、パーカーとジーンズを着た小さな女の子を見たと言いました。何よりも恐ろしかったのは目だった。今となっては、彼らがどんな目をしていたのか説明するまでもないだろう。数秒で、黒い目をしたものは消えてしまった。テリーは恐怖で地面に根こそぎされた 過呼吸になりながらも 森の外に出ようとしていた しかし、このどれもテリーが3日後に森に戻ってくるのを止められませんでした。彼女は再びBECを見ることはなかった。しかしまたしても、オカルトの世界に浸っているときに現れる黒い瞳の子供の例があります。




引用




“Located in West Sussex, England, Clapham Wood stands to the north of the small village of Clapham,” reveal Mysterious Universe. They add: “Historically, Clapham has been an archetypal English village, one that’s been around, likely, since Saxon times. Over the last 300 years, it has remained largely hidden from the outside world, except, that is, for the last four decades.” Since the early 1970s, Clapham Woods have been associated with murder, mystery, and a secret society called the Friends of Hecate. It was in 1972 that the mystery began. In June of that year, a police constable named Peter Goldsmith disappeared while walking through the woods. His body was not found for around six months, specifically on December 13. What makes this even more intriguing is the fact that two months before P.C. Goldsmith vanished, he had investigated the death of a woman who had been murdered in the very same woods. Two victims inextricably linked to one another.

And, as Martin J. Clemens also reveals: “In July 1975, pensioner Leon Foster disappeared and was subsequently found three weeks later, by a couple who were searching for a horse in the wood, a horse that had also gone missing under mysterious circumstances. Next, on Halloween of 1978, the vicar of Clapham, the retired Reverend Harry Snelling went missing. His body was found three years later, by a Canadian tourist. Again, no cause of death could be identified.” Things were far from over. Three years later ? 1981 ? the body of a woman named Jillian Matthews was found in the woods. Matthews, a schizophrenic, had been raped and murdered. Moving away from the human casualties of Clapham Woods, there’s the matter of the disappearance of a number of dogs.It’s hardly surprising that Clapham Woods gained a reputation as a place filled with menace and mystery. In 1987, information surfaced suggesting that Clapham Woods was filled with something else too: a powerful and dangerous group ? whose membership included elements of the British Government ? called the Friends of Hecate.



The story of the Friends of Hecate first surfaced publicly in the pages of The Demonic Connection, a 1987 book written by Toyne Newton, Charles Walker, and Alan Brown. According to Walker, he met with one of the members of the secret group, who confirmed that the deaths of the various people ? and the disappearances of the dogs ? were the work of the Friends of Hecate, which has been described as “a quasi-pagan British occult order.” While the existence of the Friends of Hecate has yet to be fully confirmed, the unsettling story of dark and mysterious deaths in the heart of Clapham Woods has ensured the legend of the group survives and thrives.

You may wonder what all of this has to do with the Black Eyed Children. Now, you’ll find out. Of the many people who contacted me about their experiences with the BEC, one was Terri of New Orleans. Twenty-seven years of age, Terri ? in September 2016 ? spent two months in the U.K., hanging out with relatives. Terri admitted to me that she had an interest in the paranormal and was excited by the prospect of spending significant time in Clapham Woods ? as she knew all too well of the legends and had a copy of Toyne Newton’s The Demonic Connection. She admitted that she found the whole area to be eerie ? which it is. Most bizarre of all, however, was the fact that while she walked through the woods, Terri had a very brief encounter with one of the Black Eyed Children. In fact, it lasted barely a few seconds.


As Terri strolled through the woods, she said she saw a small girl in a hoodie and jeans ? both black in color ? who laughed at her in an unsettling fashion. Most terrifying of all were the eyes. By now, I don’t have to explain what they looked like. In seconds, the black eyed thing was gone. As for Terri, she was rooted to the ground in fear. Hyperventilating, she just about managed to find her way out of the woods. None of this stopped Terri from returning to the woods three days later, however. She did not see the BEC again. Yet again, though, we have an example of a Black Eyed Child appearing when someone is immersed in the domain of the occult.

ref: A Black-Eyed Child in Notorious Woods | Mysterious Universe - https://mysteriousuniverse.org/2020/06/a-black-eyed-child-in-notorious-woods/



(2020-06-11)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR