FC2ブログ

1971-01, Finland : UFO が庭に着陸し、痕跡が残った。

前置


・機械翻訳のテストを兼ねる。

・事件の内容より、機械翻訳の性能を話題にするが…。この機械翻訳には ぎこちなく もたついた箇所 と 流暢な箇所 が併存している。以前の機械翻訳なら躓くような箇所でもそうなっていないのは多量の例文で学習した成果なのだろう。

DeepL による機械翻訳



1971年1月......SAAPUNKI FINLAND

47歳のマウノ・タラサさんは、1971年1月のある朝6時過ぎ、フィンランドのサープンキ村にある農家で妻のマルタさんと朝食を食べていた。食事をしていると、台所の窓から明るい光が自分たちの方に向かってくるのに気づきました。その光は低空にあり、特に速く動いているわけではないように見えた。

おそらく、同じくらいの尺度でさらに狼狽え、奇妙な、オブジェクトが直接彼らの台所の窓の外に着陸するという事実であった。さて、物体がそのような近くにあることで、その明るさは、夫婦が直接それを見るためにほとんど盲目になるようなものでした。しかも、その周辺は水色の光に包まれていた。

二人はさらに数分間見続けた。すると、何の前触れもなく、その物体はまっすぐに上空に飛び立っていった。しばらくして姿を消した。そうすると、電気の供給が途絶えてしまう。

二人はその奇妙なエピソードを忘れようと、いつものように家事をこなしていた。しかし、日が暮れ始めた頃、二人は雪の中に奇妙な凹みがあることに気がついた。それは全部で3つの凹みがあるように見えた。しかも、それははっきりとした三角形の形をしていた。さらに興味深いのは、この三角形の真ん中の雪の一部が溶けたように見えたことだ。

雪が溶けると、さらに不思議な発見がありました。下の草が灰色に変色しているのだ。タラサさんはこの場所で土のサンプルを取る。

翌日、彼は地元の新聞社を訪れた。新聞社は事件の調査を始めたが、奇妙な出来事を目撃したのはタラサ一家だけではないことがすぐに分かった。近所の人たちが奇妙な光る物体がタラサ家の敷地に着陸して離陸するのを目撃しただけでなく、他の何人かの目撃者も、3マイルも離れたところで不思議な物体を目撃していました。

他にもいくつかの興味をそそる詳細がありました。例えば、この物体は、比較的強い風の中での動きのため、どのような種類の気球のように説明することはできませんでした。さらに、土壌サンプルを調査した主流の科学者たちは、隕石や落雷などが土壌の成分の変化を引き起こしたのではないかと推測しています。

しかし、隕石の可能性はすぐに排除できる。目撃者の数を考えると、全員ではないにしても、ほとんどの人が隕石であることは容易に認識できたはずです。さらに、村での最初の目撃は午前5時58分で、最後の目撃は午前6時15分で、タラサのそれであった。もう一度言うが、気象条件の専門家ではない人でも、落雷が17分も続かないことを理解している。


引用



JANUARY 1971 …..SAAPUNKI FINLAND

47-year-old Mauno Talasa was eating breakfast with his wife, Martta, at their farmhouse in the village of Saapunki in Finland one January morning in 1971 at a little after 6 am. It was while they were eating that they noticed a bright light heading toward them through their kitchen window. They would recall how the glowing object appeared to be at low altitude and was not moving particularly fast.

Perhaps even more unnerving and bizarre in equal measure, was the fact that the object would land directly outside their kitchen window. Now, with the object being in such close proximity, the brightness was such that it almost blinded the married couple to look at it directly. What’s more, the entire area in the immediate vicinity was now awash from the light blue glow.

The pair continued to watch for several more moments. Then, without any warning, the object took off directly upwards into the sky. It disappeared from sight several moments later. As it did so, the electricity supply would cut out for several moments.

The pair would then go about their normal daily chores, attempting to put the bizarre episode out of their minds. However, when daylight began to fade, they would notice a strange indention in the snow ? exactly at the same place where the glowing object had landed. It appeared to be three indentions in total. And what’s more, they were in a very distinct triangular shape. Even more intriguing, part of the snow in the middle of this triangle appeared to have melted.

When the snow melted away, the pair would make an even stranger discovery. The grass underneath appeared to have changed color to a sickly grey-blue. Mr. Talasa would take a sample of the earth in this particular spot.

The following day, he would visit the local newspaper offices. The newspaper would begin to investigate the incident and would soon discover that the Talasas were not the only ones to witness the bizarre events. Not only did their immediate neighbors witness the strange glowing object land and take off from the Talasas’ property, but several other witnesses, some up to 3 miles away, also saw the mysterious object.

There were also several other intriguing details to note. For example, the object could definitely not be explained away like a balloon of any kind due to its movements into a relatively strong wind. What’s more, mainstream scientists who examined the soil samples would suggest something along the lines of a meteorite or a lightning strike to have caused the change in the elements of the soil.

However, we can eliminate the meteor suggestion straight away. Given the number of witnesses, a meteorite would have been easily recognizable to most if not all of them as such. Furthermore, the first sighting in the village was at 5:58 am with the last at 6:15 am with that of the Talasas. Once more, even those who are not experts in weather conditions realize that lightning strikes do not last 17 minutes.

ref: ALIEN TRIANGLE TRACE EVIDENCE LEFT BEHIND IN FINLAND | *** WORLD UFO PHOTOS AND NEWS *** WORLDS LARGEST UFO NEWS WEB SITE WITH OVER 2,800 UFO CASE FILES AND MORE… - http://worldufophotosandnews.org/?p=26087


(2020-06-11)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

みらい翻訳

こんばんは。

>“みらい翻訳”もなかなかのものですよ。

お教え、ありがとうございます。早速、試してみました。Google 翻訳よりマシですね。

(2020-06-12)

No title

「TOEIC960点レベルのビジネスマンと同等の翻訳精度」
という触れ込みの“みらい翻訳”もなかなかのものですよ。
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1182009.html
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR