FC2ブログ

エレベータに乗り込んできた MIB が存在しない階で降りた。

前置


・ソースは Lon Strickler のサイト。

・機械翻訳の試みとして DeepL の結果を付けておく。

・このソースの機械翻訳はまぁまぁの出来。突然、女言葉になったりするが、意味は十分汲み取れる。だが、重要な箇所の文章が欠落している。 "and in an instant we were on the 3rd floor and the doors popped open. "の箇所が全く翻訳されず、省略されている。これは、かなりまずい。

コメント


・このソース記事は以前、どこかで読んだ記憶がある。MIB が手荷物を落とす場面も覚えている。

・この話は作話臭がする。存在しない筈の 13階を扱った小説は昔からあるので、そのアイデアを借用したのだろう。そもそもエレベータが 4階までなら、操作ボタンは当然 4階分までだが、階数表示も 1桁分しかないのが普通。パネル操作や認識で誤解を招いて、重大事故を生じることを回避するために不要な機能や表示は最初から省くもの。十の桁が故障で常時点灯したら、余計な修理コストにもなるし。なので、50階の表示は まずあり得ない。

DeepL による機械翻訳



"黒いスーツを着た見知らぬ男たちとの奇妙な出会いの話を次々と聞いてきた私は、今日まで説明のつかない子供の頃の話をしたいと思いました。2001年、私が8歳の時のことです。

夏だったので、私は町の公民館のデイケアプログラムに参加して遠足に出かけていました。私たちはニューヨーク州のアルバニーにあるニューヨーク州立博物館にいました。私は他の子供たち2~3人と、保育士の1人が付き添いで参加していました。午前中に博物館に到着し、12時か1時まではグループで館内を歩き回ってもいいと言われました。

私たちのグループは、すべての展示物を見ながら歩き回っていましたが、しばらくして、時間を忘れていたことに気づきました。昼食と出席のために3階に上がるのに数分しか時間がなく、エレベーターのある場所から美術館の反対側にいたのです。私たちはロビーに急いでエレベーターに飛び乗った。ロビーまでの疾走感から息を切らしながら、私たちのグループはエレベーターに乗り込み、3階のボタンを押すと、私の付き添いの人が「間に合いました、まだ1分ほど時間があります」と言ってくれました。ドアが閉まると、非常に身なりの整った男性がエレベーターに乗り込んできました。彼は黒い靴を履き、黒いスーツに白いドレスシャツ、黒いネクタイ、黒い革の手袋、黒いフェドーラをしていて、黒い革のブリーフケースを持っていました。その時は何とも思っていませんでしたが、いつもこれを見ていて、夏なのに真冬の格好をしていたので、これはとても奇妙だと思いました。

男が乗ったとき、私は彼が頭を下げたままにしていることに気づいた。彼はすぐに振り向いて、それから頭を持ち上げた。彼は私たちに背を向けてそこに立っているだけで、私は彼が階を選択するのを見たことを覚えていません。エレベーターのドアが閉まると、黒衣の男から不気味な空気が漂ってきた。私たちは1階のロビーを出て3階に上がっていたので、せいぜい10秒か20秒くらいのはずだが、エレベーターの表示では、私たちは3階に上がったことになっていた。エレベーターのディスプレイには3階に到着したことが表示されていたが、エレベーターは止まらなかった。(前置きが長くなりましたが、ロビーにあるエレベーターは4階までしか行けませんが、私の知る限りでは、博物館には地上4階までしかありません。それについては最後に詳しくお話します)。) この時点で、エレベーターが動き出してから1分以上が経過し、ディスプレイの数字はどんどん上がっていきました。この男から発せられていたような不気味な感じはますます激しくなり、エレベーター内の空気は非常に重くなり始めていましたが、これは上に行くにつれてますます顕著になっているように見えました。エレベーターが上がれば上がるほど、その感覚は不気味なものから不吉なものへと変わっていきました。何か悪いことが起きそうな時に、胃の奥で感じる感覚を覚えています。表示は50階を過ぎたと表示されていましたが、まだ登っていました。

この時点でエレベーターに乗って5分ほど経っていた。エレベーターの中の雰囲気は耐え難いものになっていた。この重くて不吉な感じは、それ以来経験したことがない。一番近いのは、ホラー映画を見た後に暗い廊下を歩いている時の感覚で、それさえも表現しきれません。突然、エレベーターが止まる。エレベーターの雰囲気がガラッと変わる。不吉な予感から切迫した破滅の予感に変わった。そして、ドアの向こう側には何があるのかと思うと、パニックになりそうになったのを覚えています。私は何度も何度も自分に言い聞かせていました。エレベーターのボタンは4階を超えてはいけないので、その先の階はないので、ドアの向こう側に何があっても、おそらく存在することはできません。こんな経験はあり得ないし、ドアが開いたら、他のグループの友達がみんなお昼を食べているのが見えるし、何も問題ない。でも、それは起こったことではない。

ここが私の曖昧なところです。私のグループと一緒に エレベーターに乗ったのを覚えてるわ 男が入ってきて エレベーターが上がったのよ でも、グループがエレベーターに乗ったのは 憶えていない 私たちがエレベーターに入ってからエレベーターが止まるまでに少なくとも5分はあったことはわかっているのに、エレベーターが止まってからドアが開いてからどのくらいの時間が経過したのかがわからない。何階にいるのかを確認するためにディスプレイを見たことは覚えていますが、何と書いてあったかは覚えていません。何の音も動きもなく、そこで固まっていたのを覚えています。もしドアが開いたら何か悪いことが起きそうな気がして、頭の中でパニックになって、何も起きていないふりをしていたのを覚えています。でも目を開けるたびに...不吉な男が立っていて...彫像のようにじっとしていました

そして突然 この事件の犯人の男が... エレベーターのドアが閉まってから 一切動じずに ブリーフケースを落としたのです ブリーフケースが地面に落ちてから一秒も経たないうちに、エレベーターのドアが開いた。それなのに、その扉の向こうに何があったのか思い出せない。この18年間、思い出そうと努力してきたが、一度も見ることができなかった。ただ、白くて明るかったことだけは覚えている。男は落ち着いてブリーフケースを手に取り、私たちに別れを告げるかのようにフェドーラを傾けて、エレベーターを降りていった。ドアが閉まり、不吉な予感が消えたのを覚えています。(* : ここで、and in an instant we were on the 3rd floor and the doors popped open. の箇所が翻訳されず省略されている)


その時だけは、エレベーターに乗っていた残りのグループを見たのを覚えています。彼らは皆、私と同じように怖がっていました、特に私たちの付き添いの人。外を見ると、他のグループの子供たちや付き添いの人たちがいました。私たちはエレベーターを降りて、昼食のために非常に遅れていると思っていたが、私たちは時間通りにそれを作っていた。ランチが始まる1分ほど前にエレベーターに着いていて、エレベーターの中での出会いは少なくとも5分か10分は続いていたので、そんなことはあり得ません。付き添いの人が他の大人を引き離して、エレベーターの中で私たちに何が起こったかを話したのを覚えています。友達と一緒にテーブルに座ってピザを食べていたのを覚えています。付き添いの人がその日はその話題を避けていたのを覚えていますが、私のグループの他の子供たちも同様にその話題を避けていたようです。

ママにも起こったことを話したのですが、信じてもらえなかったような気がしたのを覚えています。しかし、これを書く前に、私が幼い頃に起こったことなので、それが本当に起こったのかどうかを確認したかったのです。だから私は母に尋ねました 彼女は私がこのことを彼女に話したことを覚えているかどうか、そして彼女は彼女がしたと言いました。彼女は公民館から私を迎えに来たことを覚えていて、車に乗った瞬間、私は黒衣の男のことをすべて話していました、エレベーターはすべての階を上っていき、彼はブリーフケースを落としてしまったことさえも。彼女は私が彼が私に何か言ったことも覚えていると言いましたが、何を言ったのかは覚えていません。

これが私の話です。18年経った今でも、その男が誰だったのか、エレベーターでどこに行ったのか、ドアの先に何があったのか、そのエレベーターの中で何があったのか、全く分からない。私が知っているのは、それが起こったということだけです。エレベーターの中にいた時間は何分だったか、何時間だったかはわかりませんが、3階に着いた時には時間が経過していなかったので、時間が現実とは切り離されていたように思います。うまくいけば、同じようなことを聞いたことがあるか、何が起こったのか、少なくとも心当たりがあるのではないでしょうか。私は思いつく限りの説明をしてきたが、どれも意味をなさない。どのエレベーターに乗ったのか正確に覚えていないことから、おそらくどこか別のエレベーターに乗ったのだろうが、この下の段落に書いた理由でそれは不可能だ。多分それは本当に鮮明な夢だと思っていたが、母は私が保育園から私を迎えに行った直後、遠足の日に彼女に話したことを覚えていた。エレベーターのガス漏れが原因で幻覚を見たのではないかと考えたこともあります。いつも心の奥底にあるのは、エレベーターに乗って異次元の世界に行ったことです。

ちょっとした余談ですが、私は去年の夏、アルバニー地域のケータリング会社で仕事をしていて、私たちがケータリングをした最も一般的な会場の一つはニューヨーク州立博物館でした。その夏の間、その建物内にある公共のエレベーターや貨物用のエレベーターまで、おそらく全てのエレベーターに乗りましたが、4階以上のボタンが付いているものは一つもありませんでした。" ES

by : DeepL Translate - https://www.deepl.com/translator


原文引用



"After hearing story after story of strange encounters with strange men dressed in black suits, I wanted to tell a story from my childhood that to this day I have been unable to explain. This took place in 2001 when I was 8 years old.

It was summer and I was on a field trip with my town's community center daycare program. We were at the New York State Museum in Albany, NY. I was in a group with maybe 2 or 3 other kids and one of the daycare workers for a chaperone. We got there in the morning and were told we could roam around the museum with our group until either 12 or 1 when we had to meet back up with everyone for lunch on the 3rd floor.

Our group walked around, looking at all the exhibits and after a while, we realized we had lost track of time. We only had a few minutes to get up to the 3rd floor for lunch and attendance and we were on the other side of the museum from where the elevators are. We hurried quickly to the lobby and hopped into an elevator. Out of breath from the near sprint we had done to the lobby, our group piled into the elevator, we hit the 3rd floor button, and my chaperone said we had made it in time and that we still had a minute or so to spare. Then as the doors were closing, an extremely well-dressed man walked into the elevator. He was wearing black shoes, a black suit with a white dress shirt, black tie, black leather gloves, and a black fedora, and was carrying a black leather briefcase. At the time I thought nothing of it, but I've always looked back at this and thought this was very odd as it was summer and he was dressed for the dead of winter.

As the man got on, I noticed that he kept his head down, almost as though he didn't want us to see his face. He quickly turned around, only then lifting his head. He just stood there with his back to us, and I don't remember ever seeing him select a floor. The elevator doors closed and this eerie feeling seemed to be emanating from the man in black. We had left the lobby on the first floor and were going up the third floor, so the ride should have been maybe 10 or 20 seconds at most. The elevator's display showed we had arrived at the third floor, but the elevator didn't stop. the numbers just kept climbing, and we were definitely still moving. (I want to preface this by saying those elevators in the lobby only have access to 4 floors, and to my knowledge the museum only has 4 above ground floors. I'll talk more about that at the end.) At this point, it had been well over a minute since the elevator started moving and the numbers on the display continued to climb; as did the elevator. That eerie feeling that had been seemingly emanating from this man was getting more intense and the air in the elevator was beginning to get extremely heavy, this seemed to get more and more noticeable as we continued to go up. The higher the elevator climbed, the feeling turned from eerie to foreboding. I remember getting the feeling you get in the pit of your stomach when you know something bad is going to happen. Something definitely wasn't right, the display was saying we had passed the 50th floor and we were still climbing.

At this point it had been around 5 minutes in the elevator. The atmosphere in the elevator had gotten almost unbearable. This heavy, ominous feeling was something I've never experienced since. The closest thing I can compare it to is that feeling you get when you walk down a dark hallway after watching a horror movie, and even that doesn't begin to describe this. Suddenly, the elevator stops. There's a sudden shift in the atmosphere of the elevator. It went from this foreboding feeling to a feeling of impending doom. Then I remember an almost panic when I thought about was on the other side of those doors. I was telling myself over and over again that the buttons on the elevator don't go past the 4th floor, so there aren't any floors beyond that, so whatever on the other side of those doors can't possibly exist. This whole experience can't possibly have happened, and when the doors open I'll see all my friends from the other groups eating lunch and everything will be okay. But that's not what happened.

And this is where things have always gotten fuzzy for me. I remember getting on the elevator with my group, the man walking in, and the elevator going up. But I can't remember my group being in the elevator after a certain point. I know it was at least five minutes from the time we entered the elevator before it stopped, and yet I can't tell you how much time passed between when the elevator stopped and when the doors opened. I can remember looking at the display to see what floor we were on, but can't remember what it said. I remember being frozen there, with no sound or movement whatsoever. I remember feeling like if those doors opened, something bad was going to happen, to the point where I remember panicking inside my head, pretending that none of this wasn't happening. But every time I opened my eyes that sinister man was still standing there, as still as a statue.

And then all of a sudden, the man who was responsible for all of this, who had not moved a single muscle since the elevator doors closed, drops his briefcase. Not even a second after the briefcase hit the ground, the doors of the elevator opened. And yet I can't remember what was beyond those doors. I have tried for the last 18 years to remember and have never been able to see it. I just remember it being white and bright. The man then calmly picked up his briefcase, tipped his fedora, almost as to bid us goodbye, and walked off the elevator. I then remember the doors closing and that ominous feeling being gone, and in an instant we were on the 3rd floor and the doors popped open.

Only then do I remember seeing the rest of my group on the elevator. All of them looking as terrified as I did, especially our chaperone. Looking out, I saw the rest of the kids and chaperones from the other groups. We walked out of the elevator, and had been expecting to be extremely late for lunch, but we had made it on time. Which is impossible, because we had initially made it to the elevator a minute or so before lunch started, and that encounter on the elevator had lasted at least five or ten minutes. I remember our chaperone pulling the other adults aside and I assume told them what had happened to us on that elevator. I remember sitting at the table with my friends eating a pizza Lunchable and the kids from my group and I sharing the story of what had just happened, no one believing us. I remember the chaperone I had avoided the subject for the rest of the day, and the other kids in my group seemed to have dropped it as well.

I remember that I told my mom what had happened and I've always felt as though she didn't believe me. But before writing this, I wanted to make sure that really did happen since I was so young and it had been well over a decade since this happened, and that it wasn't something my mind made up over the years or maybe just a very vivid dream. So I asked my mom if she remembered me telling her about this, and she said she did. She remembers picking me up from the community center and the second we got into the car I had told her all about the man in black and the elevator going up all these floors and even that he had dropped his briefcase. She said she also remembers me telling her that he had said something to me, though she doesn't remember what, and I don't have any memory of him saying anything.

So there is my story. 18 years later, I still have absolutely no clue who that man was, where the elevator took us, what was beyond the doors where the man walked off, or anything that happened in that elevator. I just know that it happened. I have no idea how long we were in that elevator, it could have been minutes or even hours, but what I do know is that time seems to have been separate from our reality, since no time had actually passed when we got to the third floor. Hopefully you have heard something similar or at least have an idea what happened. I've gone through every explanation I can think of and none of them make sense. From not remembering correctly what elevator we got on, and perhaps getting in one somewhere else, but that's impossible for reasons I've listed in the paragraph below this. I've thought maybe it was a really vivid dream, but my mom remembers me telling her right after picking me up from daycare, the day of the field trip. I've even considered a gas leak in the elevator causing us to hallucinate.The one thought that's always been in the back of my mind has been that we got onto the elevator and took a ride through another dimension.

Just a little side note, I had a job with a catering company in the Albany area last Summer and one of the most common venues we catered at was the New York State Museum. Over that summer, I rode probably every public elevator in that building, and even a cargo elevator they have, and not a single one I rode on had any buttons beyond the 4th floor." ES

ref: (1000+) Inoreader - MIB (Man in Black) on the New York State Museum Elevator - https://www.inoreader.com/article/3a9c6e787bb6e904-mib-man-in-black-on-the-new-york-state-museum-elevator



(2020-06-10)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR