FC2ブログ

Nick Redfern や Jacque Vallee が頼っている国防総省科学者からの情報は撹乱工作。(2)(+追加1)

履歴


(2020-05-30) 追加
(2020-05-28) 作成


前置


・この件は現在、調査中なので、整理した記事を書くレベルに至っていない。だが、それを完成を目指すと放置になってしまう。そこで途中レベル、断片レベル、意味不明を覚悟の上で途中経過のメモを記録する。

・下の過去記事の続編。

  Nick Redfern や Jacque Vallee が頼っている国防総省科学者からの情報は撹乱工作。(1) - http://news21c.blog.fc2.com/blog-entry-16018.html

・以下では

 国防総省のチームが ET とのチャネリング実験中に謎の頭蓋骨陥没で死亡 (+追加) (2020-02-28)

 に集中する。

結論


・国防総省の科学者の語った話と、見せた写真は全て、ほぼ確実に捏造。つまり、


・Ray Boeche は DoD(Department of Defence:国防総省)の科学者(二人、身分は確認済み)から話を聞かされた。

・ET と精神的にコンタクトしていた関係者が数人死亡。写真を見せられた。3人が歯医者にあるような椅子(*1)に座ったまま死去した写真。その椅子の脇には装置類が見えた。

・一人は心臓発作、もうひとりは頭蓋骨が外から圧力を受けたように内部に砕けていた。その陥没の凹みは2インチもあった。

...

・3名のペンタゴン関係者が対話実験中に死亡した具体的状況。心臓発作。窒息死の事例も。頭蓋骨陥没。1991年、Ray Boeche は訪れたペンタゴン関係者からその写真を見せられた。

ref: 国防総省のチームが ET とのチャネリング実験中に謎の頭蓋骨陥没で死亡 (+追加) (2020-02-28)


 の写真も死亡状況の説明も、はぼ確実に捏造。

・Nick Redfern も Ray Boeche も捏造に気づかなかった。

・Nick Redfern は捏造に気づかなかっただけではなく、DoD の仕組んだ UFO 情報の撹乱工作の無自覚の協力者となってしまった。

捏造である根拠







(2020-05-28)




(以下、2020-05-30 追加分)

前置


・「捏造である根拠」の説明は(それをきちんとやろうとすれば)やはりダルい。溜まった記事の消化が大幅に滞る。そこで、それはしばらく後回し…というか、あわよくば誰かが代わってやって下さることを期待。


謎解きをしてみては?


・実は、

国防総省の科学者の語った話と、見せた写真が全て、ほぼ確実に捏造

 であることを理解するのは極めて簡単。何の調査も予備知識も不要。ネットで検索する必要もない。動画を見る必要もない。上の結論部分に引用した記述だけで足りる。

・普通なら、写真の捏造を示すにはその写真を見たことがなければ無理。だが、今回の事例ではその写真を見る必要すらない。中学生レベルの一般常識で足りる。

・さらに、問題の写真は(後から解説用に作成された)再現映像ですらない。つまり再現して撮影するような元の事件自体がそもそも発生していない。これを示すのは中学生レベルでは無理だが、一般社会人の知識で足りる。

・なので、UFO 問題に興味のある方は、問題の写真が本物ではありえない具体的な証拠を見つけることを勧める。これほど単純で分かりやすい事例は珍しい。捏造を見抜く良い訓練になることは保証できる。(勘の良い人には簡単すぎて訓練にならないけれど)

(2020-05-30)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR