FC2ブログ

Michael Masters の仮説 : UFO はタイムマシン、ET は未来人だ。

前置


・Michael Masters のこの仮説は以前にも、podcast インタビューなどで聞いたことがある。

・UFO はタイムマシンだ…という仮説は昔からあるが、Michael Masters の仮説の特徴は、彼の専門である人類学を幾分か反映させている事。つまり、グレイの身体的特徴が予想されるヒトの進化した姿によく一致するという主張などがそれ。

・Brent Swancer がソース記事の著者で Michael Masters の主張を要約しているが、内容は省略。

一部引用



Michael Masters, a professor of biological anthropology at Montana Technological University,

ref: First Contact: Are Aliens Actually People from the Future? | Mysterious Universe - https://mysteriousuniverse.org/2020/05/first-contact-are-aliens-actually-people-from-the-future/


参考



20200517_book.jpg


Identified Flying Objects: A Multidisciplinary Scientific Approach to the UFO Phenomenon Kindle Edition
by Dr. Michael P Masters



コメント


・「UFO= 宇宙人の乗り物」説(ETH)よりは無理がない、説得力がある…そのように Michael Masters は主張している。だが、私はそうは思わない。

・Michael Masters の「UFO=タイムマシン」説は(仮にパラドックスが生じなかったとしても)以下の点で無理がある。

・未来は限りがない。人間→グレイ型→超グレイ型→超超グレイ型→超超超グレイ型→…………
 と、より未来的に進化した型の多種の ET が出現していないのはなぜ?

・カマキリ型、爬虫類型、北欧型の ET がグレイ型と共同作業していた…という多数の証言に矛盾。

・大事件の現場に無数の UFO が出現しないのはなぜ?

  ・未来は限りがない。無数の時代の未来人同士がタイムマシンによる観察協定を策定できるとも、禁止できるとも思えない。よって無数の未来から無数のタイムマシンが観察に訪れるはず。

  ・WWI, WWII, 9.11事件などの歴史的大事件は一回限りのもので唯一無二。事件現場の観察希望者は限りがない。

  ・アポロの有人月着陸や 9.11事件の現場に無数の UFO が乱舞するはず。

・これまで全面核戦争の直前に至った事例は多数ある(*1)。タイム・マシンが実在すれば、万一に備えて監視するはず。だが UFO/ET が防止しようとした形跡は皆無。それらの状況を UFO が観察していたという事例も聞いたことがない(原水爆実験の現場に UFO が頻繁に出現したという証言を Richard Dolan が取り上げて入るが。)

(*1)


  1962年10月27日、世界を全面核戦争から救った男(+追加、修正) (2015-02-08)

  Noam Chomsky : これまで数百回も全面核戦争開始の瀬戸際まで至り、その都度 辛くも回避してきた。(途中:その1) (2019-11-13)


(2020-05-18)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR