FC2ブログ

Sherry Wilde : 退行催眠で過去に戻り、当時は見なかった筈の時計や道路標識の内容が読めた。(途中:その1)

はじめに


・この Sherry Wilde 以外にも同様の証言が、かなり多く報告されている。過去記事でも取り上げたような気もする。

該当箇所


・18:00 退行催眠でのやり取り。

・「今の時間は? 」と聞かれた。知らないと答えると時計を見よと指示が。時計を見て時間を知り、答えた。次に居場所はどこかと聞かれた。通っていた道路名を答えたら、もっと詳しくと。知らないと答えたら、道路の標識を見よと。そこで標識を見て詳しい場所を答えた。

・(退行催眠で遡った)過去の時点では時計を見たり、標識を見たりはしなかった。なのに退行催眠によって時計や標識を確認することができた。今も、このことが気になっている。


動画(1:10:22)


・GRANT CAMERON with Sherry Wilde on her Journey and Relationship with the Greys, part 1
・1,269 views,Mar 21, 2020


コメント


・このような証言は、かなり奇妙というか、不思議なことだが、従来は人間の無意識の視覚や記憶の能力が膨大なのだ…ということで説明されてきた。

・だが、私は次のように解釈している。多数の実験データの裏付けもあるので、単なる憶測や仮説には留まらないはず。







(2020-03-23)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR