Garret Moddel 博士:PSY 現象の研究者になりたい人に助言すると…

はじめに


・Garret Moddel 博士は普通の科学的世界観を持った科学者で、精神世界にはびこるオハナシには忌避反応を示す人物だが、PSY 現象の研究も行っている。

抜粋(デタラメ)


・1:29:50 私は子供の時、小説家になりたかった。そこで母に小説家になってよいか、と聞いた。母は「駄目よ」と答えた。だが、母は次のように付け加えた。「本当に小説家になりたいのならば、私が駄目だと言っても聞き入れずに頑として小説家になろうとするものよ」と。

・私も PSY 現象の研究者になりたい人には、母と同じように答える。

音声(49:54)


197,493 views,Apr 6, 2018
・Remote Viewing and the Reality of Psychic Phenomena | Waking Cosmos | Garret Moddel Ph.D.


コメント


・このインタビューの最初の方で、Garret Moddel 博士は

  ・物理学者としてのキャリア(=終身雇用権をもつ教授職など)を確立し終えてから PSY 現象に向かえ。
  ・キャリアを確立する前に PSY 現象の研究をするのは身の破滅だ。

 という趣旨の発言をしている。

・PSY 研究に手を出すべきではない…これが私の意見。研究者としてどれほど優秀であろうと PSY の分野では期待する成果をあげることができないだろうから。これまでもそうだったし、今後もいつまでたっても突破口は開けないだろうから。

(2020-02-08)
Related Entries

Post a comment

Private comment

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR