FC2ブログ

David Paulides : 謎の行方不明事件(Missing-411)で被害者が衣類を脱ぐのは低体温症が原因ではない。なぜなら…

予備知識


・謎の行方不明事件(Missing-411)では、奇妙な状況が多数報告されている。その中の一つが、後に見つかった時に遺体が裸だったり、靴を脱いでいたりというもの。特に厳寒な状況下でそういう事例が多数、発生している。

・以下、意訳。

抜粋(デタラメ)


・38:40

・被害者は低体温症に陥ったために異常行動をとるようになる。厳寒な状況で服を脱ぐのもそうだ。…というような反論をよく聞かされてきた。

・この反論に対して私は次のように聞き返すことにしている。

  ・高山の登山者で低体温症による死者が裸で見つかった事例を教えてくれ。何例あるというのか?

音声(2:04:11)


・David Paulides interviewed by the Higherside Chat


コメント


・映画だかドラマだかの『八甲田山 死の彷徨』で、兵士の一人が寒さで精神に異常を来たして裸になるシーンがあったような。

・(追記)それらしきシーンを見つけた。このシーンが実話なのか、映画的演出なのかどうかは未確認。


20200119_sn.jpg

動画(24:50)



(2020-01-19)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご教示、ありがとうございます。

こんばんは。

>矛盾脱衣と言われるものですね。

この言葉をはじめて知りました。ご教示、ありがとうございます。

(2020-01-25)

矛盾脱衣

矛盾脱衣と言われるものですね。

八甲田山雪中行軍のほか、ディアトロフ峠事件でも矛盾脱衣がみられている模様です。

ウィキペディア 矛盾脱衣
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%9B%E7%9B%BE%E8%84%B1%E8%A1%A3
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR