FC2ブログ

Brad Steiger : 臨死体験中に幾何学図形から人生の意味や目的を教えられた。

はじめに


・Brad Steiger はベテランの UFO 研究者。その彼のタイトルの証言を記録しておく。

・下の過去記事の続編的な内容。
Brad Steiger:臨死体験で幾何学模様と対話した (2017-11-01)


該当箇所


・22:00 から。動画の再生開始時刻を設定済み。

・11歳の時に臨死体験。出現した幾何学図形(geometric designs)と対話した。

・23:07 臨死体験で、出現した幾何学図形(geometric designs)に次のような質問をした。
  ・人生の意味は何か?
  ・人生に目的はあるのか?
  ・人生の計画や辿るべき道はあるのか?

 ・その全ての幾何学図形が動き、形を変えた(shift and shape)。「かれら」は私にどうやってかは不明だがその答えを告げてくれた。このときは理解できたが、今言葉に言い表すことは無理だ。

・Sherry(妻)はヒーリング・セミナーで幾何学図形を用いて治療を行っているが、その幾何学図形は私が臨死体験で見たものの中から選んだものだ。

・これらの未知の知性は幾何学図形を用いて人間と交流(communicates)している。もしかすると、宇宙全体を導いているのかも。

動画(1:17:37)


・Multidimensional Beings, Subterranean Realms, & Age Old Mysteries


コメント


・Brad Steiger の臨死体験では、よく報告されるようなトンネルや光が出現するかわに幾何学図形が出現したという。

・DMT や LSD などの幻覚剤でも様々な幾何学図形が色鮮やかに登場するので、Brad Steiger の臨死体験では脳内の自然産出分の DMT 分泌濃度が急上昇していたのだろう。

・幾何学図形から教えられた情報は深層意識(に(追記:2020-01-09))染み込んだが、日常意識ではアクセスも表現もできない…そう Brad Steiger は信じているようだ。abduction 体験を肯定的にとらえる大勢の abductee も似たようなことを信じている。曰く、体験中には宇宙の全ての真理をありありと洞察したが、なぜか地上の日常世界に戻ったときにはその洞察を思い出せない…と。

・こういった神秘的な洞察体験は、たぶん中身が無内容の、つまり空っぽの洞察だ…そう私は見ている。中身が空っぽなのに、真理性や明証性だけは最強度に感じるという点が特徴。一種の洗脳でしかないのだが、あまりにその洗脳パワーが強烈なので、一切の疑念が消し飛ぶ。実際のところは体よく騙されているだけなのだが、宇宙の全ての真理を悟っただの、洞察を得ただのと確信してしまう。

・彼らはその洞察の片鱗とやらを口にする。それが「全ては一つ」だの「全ては意識」、「愛が全て」、「生まれる前に人生を選択している」、「悪は存在しない。悪の役を演じているだけだ」といった精神世界の戯言の類。

・いうまでもないが 色即是空、梵我一如 の類も同じ手口の戯言。

(2020-01-07)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR