FC2ブログ

Richard Dolan : 最初期(1930-1960) の Jazz を熱く語る。

はじめに


・Richard Dolan の意外な面がタイトルの件。(Jimmy Church は番組司会者の前は音楽芸人もやっていたからさして意外ではない。)

・UFO に関するネット番組に出演した Richard Dolan がホストの Jimmy Church とひょんなことから Jazz の話題となり、意気投合して最初期の Jazz について薀蓄をかたむけ、熱く語り合っている。

・話題にしている音楽芸人は

  ・Thelonious Monk, Charlie Parker, Miles Davis

 の三人。

抜粋(デタラメ)


・6:00 から 12:00 まで延々と Jazz の話題。

・最初期(1930年代から 1960年代まで)の Jazz の薀蓄話。

・Richard Dolan: Charlie Parker はアメリカの Mozart だ。

・Jimmy Church : Miles Davis の "Bitches Brew" は私にとって真の大刷新(game-changer, 彼の番組タイトルとかけている)だった。

・Richard Dolan : Miles Davis は "Kind of Blue"(アルバム)が最もお気に入りだ。Youtube に TV 演奏(*1)があるから見るべきだ。

音声(2:10:29)


・Ep. 1146 FADE to BLACK w/ Richard Dolan : Open-Lines Week : LIVE


脚注(*1)


・コレか?  Miles はトランペット吹きのくせに、演奏の合間にタバコを吸っているw(4:47)

・Miles Davis - So What (Official Video)


参考


・Miles Davis - Kind Of Blue (Full Album)


コメント


・Jazz も聴けばそれなりに面白いが、そんなに入れ込んで大騒ぎするようなものかぁ?…というのが私の率直な感想。

・昔の文学小説や映画では Jazz が粋な小道具だったり、なにやら知識人のアクセサリーめいた扱いになっていたようだが、その感覚が理解できない。昔は Jazz 喫茶が流行っていたとかとも聞くが、歌声喫茶の流行と何が違うの? (どちらもその現場を体験していないので皮肉とかではなく、純粋な疑問)

・暗闇で灯りに群れ集まる蛾のように、純朴な若者たちは歌声喫茶に通い、反体制志向の根暗な若者は背伸びして Jazz 喫茶に入り浸った…そんなイメージしかないのだが。

(2019-12-28)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR