1955年7月17日、イギリス Bexley : 交差点に UFO が着陸、多数が目撃

20120701_ufo_illust.jpg

要旨(デタラメ):

・日時:1955年7月17日正午ごろ

・場所:イギリス Bexley にある Ashbourne と Whitfield 付近の交差点

・目撃者:Margaret Fly
20120701_margaret_fry.jpg

・この日、Margaret Fly(上の写真)は自宅のある Hythe 通りから "King Horold' Way"(訳注:地名)にある一般開業医の診療所へと向かう途中だった。医師の Thukarta も一緒だった。

・交差点で奇妙な物体を目撃した。近くには 10人ほどの子供たちもいて、それを見に集まってきた。

・Margaret Fly はその物体について次のように述べた。

  ・「円盤の形をしていて、青/銀色/灰色/シロメの質感があり、それらのどの色にも当てはまらない」

  ・底には 3つの球体がついていて、その一つが、地面に当たってドスンと音を立てた。

  ・目撃した場所は Ashbourne と Whitfield 付近の交差点
20120701_bexleyheathufo.jpg

・Margaret Fly はこの事件や付近で起きた他の UFO 事件の事を "Who Are They?" という本に書いた。

・その物体が上空に飛び去ってゆくまでの数分間の間に、子供たちが近くに集まってきた。

・地元紙の "News Shopper" は2002年に、この目撃した子供たちがいれば、名乗り出るようにアピールした。


・名乗りでてきた 60歳代の Rodney Maynard は当時のことをアリアリと覚えていた。当時、彼は 15歳で、近くの Streamway の建築現場で働いていた。彼は次のように述べた。

  ・その時、我々は昼飯時の休憩時間で、 "King Horold's Way"(地名)で何かが起きているのを聞きつけて、そこへ見に行った。

  ・その物体は道路に着陸していた。それは道路の幅全体を占めて、歩道にもはみ出ていた。

  ・それは地面には接触していなかった。8つの大きな sucker (訳注:吸盤、吸枝 吸気管のことか (2012.07.02 修正、追加))があった。

  ・中央は静止していたのに、外周部分はゆっくりと回転していた。カメラのフラッシュみたいな白いフラッシュ光も見えた。ブンブンいう音も聞こえた。

  ・それは黒く、流線型でツヤツヤしていて、表面は磨かれた金属みたいだった。とても美しく、洗練されていた。あれはイタズラとかじゃない。

  ・その場には 30人ほどの見物人が集まっていた。

  ・それには複数の窓のようなものがあったが、ガラスは凹み、嵌め込みになっていたので中は覗けなかった。

  ・何人かがそれに触れたら、回転が早くなった。

  ・それはゆっくりと上昇し、少し傾いて頭上をホバリングした。そしてゆっくりと Bedonwel 小学校の上空へ移動し、そこで 1分間ほどホバリングしていた。そして上空に急上昇して見えなくなった。

  ・当時 16歳だった私の兄弟も一緒に見ていた。

  ・この体験は忘れられないものだった。他人からおかしなヤツだと思われたくないので、この事は誰にも話さなかった。

・この事件の目撃者として他にも Ron Deadman, Tony Savin, Vic Clarke and Tommy Staggs の名前が John Hanson (元警察官で UFO 研究家)の詳しい調査で分かっている。

ソース:
http://www.ufoevidence.org/Cases/case1054.htm
http://www.ufocasebook.com/bexley1955.html
http://projectavalon.net/forum/archive/index.php/t-7626.html



コメント:
・この事件の数年前の 1952年にこの事件の UFO によく似た UFO が Bexleyheath で目撃されていた、という話も別ソース http://www.ufocasebook.com/bexleyheath1955.html に書かれていた。

・上のイラストで分かるように典型的なアダムスキー型円盤だ。特に、底部の 3つの小さな球体が酷似している。だが、アダムスキーがその写真を撮影したと主張したのは 1952年12月13日のこと。このような奇妙な一致を考えると、歪曲仮説や異世界の存在による壮大にして馬鹿げたイタズラを想定したくなる。
20120701_adm_ufo.jpg

---
翌月の1952年12月13日には、アダムスキーは円盤の写真を撮影することに成功した。このとき撮影された空飛ぶ円盤は、「アダムスキー型」と呼ばれ、これ以降世界各地で目撃され写真が撮影された。アダムスキーが撮影した写真は、反射望遠鏡のレンズで直接撮影(カメラを取り付けて)されたものであるので、カメラの望遠レンズで撮影されたものとは異なり、中央部にピントが合い、周辺はボケている。なお、当時の英国版と日本版の書籍に掲載された写真は、米国版のオリジナル写真に(円盤の輪郭などの)修正(補正)を加えたとみられる形跡があり、同じ写真であるのに異なったものに見えるという問題を生んでいるが、現在発行されている書籍の写真はオリジナルと見られる。1965年にメリーランド州でアダムスキーによって撮影された宇宙船の8ミリ映像はコダック社の光学物理学者ウイリアム・シャーウッドによって、8メートルほどの物体を実際に撮影した映像であると鑑定されている(出典:George Adamski:The Untold Story(Lou Zinsstag,Timothy Good , Ceti Publications, 1983[2])
--- ソース:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

・目撃者の Margaret Fly は UFO 研究家であり、関連の本(下の写真)も出版している。また彼女は霊媒で有名な Colin Fry の母親だと上の別のソースに書かれていた。
20120701_book_whoarethey.jpg

  ・Colin Fry(下の写真)は TV の番組司会もやっていた(そして視聴者を騙していると批判されていた)から、日本でいえば 江原啓之 のようなポジションか。
20120701_colin_fry.jpg

(2012.07.01) 作成
(2012.07.02) 修正
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR