FC2ブログ

Richard Dolan : 私は理想主義者が嫌いだ。理想主義者が世界に多数の惨禍をもたらしてきた。

抜粋(デタラメ)


・39:00

・私は utopian(空想的社会改革主義者、理想主義者)ではない。私は utopian が嫌いだ。私は utopian を信用しない。utopian はこれまで世界を多数の惨禍をもたらしてきた。utopian は危険な人種だから、遠ざけるべき。

・私は 10歳の子供のころは utopian だった。その頃は、現実世界が utopian の思い込みとは異なることを理解していなかった。

講演動画(53:29)


。308 views,Dec 4, 2019
・Richard Dolan - Learning We Are Not Alone (ANP 2018)


コメント


・ありがちな「観念の罠」を Richard Dolan は語っている。理想主義者は、現実(という巨大システムの全貌)が把握できたと思い込み、自己の思い描く理想的デザインに改造すれば、その現実というシステムの欠陥を解消できると本気で信じ込んでいる。もちろん、それは妄想でしかない。

・それが妄想である理由は単純。人間は人間を不完全にしか理解できない。必ず理解しそこなう。どうあがいても人間の挙動を十分に予測できる程には理解しえない。まして人間の大集団ともなれば その挙動の正確な理解も予想もどこかで必ず失敗する。現実世界はその人間の大集団を含む。よって、人間には現実世界を十分な確度で把握することは不可能。

・なので人間が理解できない巨大システムを、理想主義者が根本的に書き換え、その書き換えたシステムがスムーズに起動し、思惑通りに機能し、みんなが幸福になりました…なんて話はありえない。成功するとすれば、必ず失敗するということを前提にして特殊な設計がなされた場合だけ。

・理想主義者の妄想は、古代(宗教)から近代(共産主義、科学教、合理主義、精神世界業界、主だった哲学、芸術至上主義…とキリがない)に至るまで続いているし、今後も消え去ることはない。

・最近になって、もうひとつ流行りの妄想が加わった。それは Yuval Noah Harari らを筆頭とする「 AI+データ主義」によって人間を十分な精度で理解でき、コントロールすることが可能だ…という妄想。

・Facebook の Mark Zuckerberg も、Ray Kurzweil らの Singularity 信者も、その新手の妄想を本気で実現しようとしている。

(2019-12-08)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR