Tony Rodrigues : ET が「未来を見る機械」で私の未来を観察していた。

抜粋(デタラメ)


・50:00

・私(Tony Rodrigues)が連れ去られてから 20年が経過し、元の時点に戻される時、記憶の消去の処置を受けた。だが、その際に忘れることを心理的に強く拒否して逆らった。

・そこで処置を実行する ET がクロノ・バイザー(*1)で私の未来を見た。逆らったため、私の未来を変えてしまった。記憶を取り戻す未来を見ていた。そこで別の処置が行われた。

音声(1:10:40)


・797 views,Oct 31, 2019
・Galactic Slave Life, Wormholes & Timeline Predictors w/ Tony Rodrigues, Part 2 (EP:124)


おまけ


・1:05:00 私が今、用いている過去の記憶を取り戻す方法。無念無想の後に…

注釈


・(*1)クロノ・バイザー(chronovisor)…


The chronovisor was allegedly a functional time viewer described by Father Francois Brune in his 2002 book Le nouveau mystere du Vatican ("The Vatican’s New Mystery"). Brune is the author of several books on the paranormal and religion.

In the book, Brune relates that the chronovisor was built by Pellegrino Ernetti (1925?1994), an Italian priest and scientist.[1] Although Ernetti was a real person, the existence or functionality of the chronovisor has never been confirmed; its alleged capabilities are strongly reminiscent of the fictional time viewer which features in T. L. Sherred's 1947 science fiction novella, E for Effort.

ref: Chronovisor - Wikipedia - https://en.wikipedia.org/wiki/Chronovisor


(2019-11-28)
Related Entries

Post a comment

Private comment

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR