FC2ブログ

Whitley Strieber : 「彼ら」は世界を知り尽くしたゆえに、世界が棺となっている。 (途中:その1)

はじめに


・Whitley Strieber が一聞すると奇抜とも思える話をしている。

・以下、メモ書き。後にきちんと清書したいところだが…

抜粋(デタラメ)


・19:10 棺の件。

・その時、私は "sensing exercise" と呼んでいる、いつもの瞑想をしていた。すると老人が出現。肉眼では見えなかったが、心眼で見えた。彼に次のように聞いてみた。

  ・あなたにとって(この)宇宙は何を意味するのか?

・直ちに答えの映像が浮かんだ。棺だった。

・彼らは全てを知っている(=知り尽くした。=もうこれ以上新たな知見は得られないという知性の限界にぶち当たった。≠全知)。それは罠となる。彼らは知識の罠に陥っている。その意味で、彼らは宇宙に閉じ込められている。彼らは無知に戻り、驚異や新たな体験を味わいたいと望んでいる。

・それゆえに彼らは我々の意識に加わることで解放されたがっている。

・彼らは我々に知識を与え、その代わりに彼らは我々が瞬間瞬間に味わっている生の体験に参加する。

・24:20 彼らは、私の体験を味わっている。

音声(1:00:47)


・803 views,Nov 22, 2019
・Fault in Our Stars Director Josh Boone Interviews Whitley about His New Book


コメント1


・この件について以下の記事を目にした。下の記事での Whitley Strieber の説明は、上の動画のそれより分かりづらい。だが、

We might be a kind of an extraordinary refuge against the madness that threatens when you find that you know everything but cannot escape.

 という箇所は面白い見方。いわく、我々は、「彼ら」が発狂から逃れるための避難所だろう…と。彼らは知り尽くしたが、逆にその罠(もう何も未知や新奇は存在しない)から逃げられない…それが発狂をもたらす。


Strieber: The experience I had was this: I had contact with some of the visitors out in the woods at night sometimes. It was very brief and ephemeral. But nevertheless, sometimes I could have an interaction. And what the interaction would consist of would be of me either speaking out loud or thinking a question. There would generally be an answer in the form of vivid imagery in my mind. At this time I believe I spoke the question, about what the universe meant to them. The answer was very immediate. It was a picture of a coffin. And it shocked me, because of course I expected some sort of wonder, but instead, this coffin. I was shocked to my core because I thought what despair must be involved. This is an extremely complicated experience, so to assume that just because one reacted this way, it doesn’t mean that everything that’s out there would react the same way.

But then I thought to myself, what if they’re here to experience our “unsureness,” and that they’ve learned so much about the universe that it is like plying the infinite and finding endless sameness that you can’t ever escape. But then, when they are directing themselves toward us, they are reliving the wonder of childhood. And if that’s true, then they would have a huge motive for preventing us from learning everything because then we would be like them and therefore useless to them. We might be a kind of an extraordinary refuge against the madness that threatens when you find that you know everything but cannot escape.

ref: A Conversation With Whitley Strieber | Openminds.tv - http://www.openminds.tv/a-conversation-with-whitley-strieber/14108


コメント2


・Whitley Strieber のこの棺の話は、一聞すると奇抜というか奇矯に聞こえるが実際は精神世界に蔓延っているお馴染みのフレーズ、発想パターンに忠実に沿っている。古代から連綿と続いてきた能天気な主題に若干の短調風味を加味した変奏曲になっている。

・それは「神が自分が神であることをあえて忘れ去り、個性化し無数の生物となって世界をまるごと体験しているのだ」…といったオハナシから、古代インドの梵我一如や今風の宇宙即我、全てはひとつ、宇宙意識がうんたらかんたら…にまでつながっている。





コメント3


・Whitley Strieber は…


(2019-11-25)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR