FC2ブログ

Noam Chomsky : これまで数百回も全面核戦争開始の瀬戸際まで至り、その都度 辛くも回避してきた。(途中:その1)

抜粋(デタラメ)


・2:00 広島に原爆が投下されたニュースを聞いた時。衝撃を受け、恐怖を覚え、2時間ほど森の中へ。他の人々はこのニュースを聞いて、さして影響を受けず、すぐに日常の行動パターンに戻った。

・4:00 核戦略を指揮する軍のトップだった人物が後悔を綴った回顧録。

・6:30 1960? 人類絶命の寸前だった具体例。ソ連から飛来する ICBM を検知。99.9% の確度だとされた。ところが、後の調査で月で反射したレーダー信号をソ連からの核ミサイル攻撃だと誤認識していたことが判明。

・7:50 1962? キューバ危機の時。キューバ付近の海。米の対潜攻撃によってロシアの潜水艦が米本土へ核ミサイルを発射寸前に至った。 核ミサイル発射を指令する 3人の指揮官の内 2人が核ミサイル発射を決意、残りひとりの強硬な反対で辛くも発射は回避された(過去記事 *1)。

・11:35 このような核戦争直前に至った事例が文字通り、これまで数百件もあった。

・11:57 Doomsday Clock (*2)の件。

講演動画(1:19:11)


・827,500 views,May 20, 2018
・Noam Chomsky - Best Speech In 2018


コメント


・核兵器に対する評価が Noam Chomsky と Yuval Harari では真逆になっていることに注目。たとえば…

  Yuval Harari:広島、長崎への原爆投下は日本人の命を救った。原爆開発者はノーベル平和賞に値する (全体) (2018-01-28)

Yuval Harari : 過去 20-30年間は人類史上、最も平和な時代だった。その平和は核兵器によってもたらされた。 (2019-10-14)

・先日、中国の人権弾圧に関連して Yuval Harari を批判した(*3)が、核兵器の評価についても Yuval Harari は呆れるほどの愚者に成り下がっている。







脚注





・(*2)Doomsday Clock …

  ・Noam Chomskey は高く評価しているが、真夜中の何分前という公表は、胡散臭い印象がある。なぜなら…







(2019-11-13)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR