FC2ブログ

Nick Redfern : 1950年代、「ソ連が米主要都市に核爆弾を設置」という KGB の捏造話を FBI が真に受け懸命に捜査。

はじめに


・タイトルの件は UFO とは直接の関係がない。だが、情報機関は様々な方法で相手を騙し、時にはその情報機関も騙される…という見事な実例を Nick Redfern が語っている。

・膨大な MJ-12 文書もそういった情報機関による情報工作として作成されたのだろう…そう Nick Redfern は示唆している。

抜粋(デタラメ)


・1:28:00

・巧みな捏造話で情報機関が踊らされた実例。

・1950年、FBI がある噂話に仰天し、 2年間も血眼になって全米で必死の捜査を続けた。

・その噂話とは、アメリカの主要都市(7~8 箇所)にソ連が核爆弾を持ち込み、隠蔽したというもの。

・やがてこの噂話は KGB が周到に作り上げた捏造物語だと判明。

音声(1:46:23)


・06 June 28 2019 Nick Redfern


(2019-07-16)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR