FC2ブログ

Sadhguru :自己と世界が一体であることを実感すれば、倫理やモラルはもう不要だ。

はじめに


・先日の記事で、Sadhguru について


・40分程度しか Sadhguru の発言を聞いていないが、私には宗教的にも、精神的にも凡庸な人物だとしか思えない。彼の発言はどれもスカスカで手応えが何もない。

ref : Sadhguru(インドのヨガ行者)を BBC の記者が公開インタビュー (2019-05-06)


 と酷評したが、その後、逆に彼の発言があまりにスカスカ過ぎる事が妙に引っかかった。彼は「いかにも悟ったグルにふさわしい気の利いたフレーズ」を語ろうと思えば語れた筈なのに、あの動画の場面では語ろうとしなかったのではないか…という若干の疑念を覚えた。

・それで Sadhguru の別の動画(下)もチェックしてみた。下の動画で Sadhguru にインタビューしているのは Ben Doolittle 博士(Yele 大学の医学者で、牧師も務めている)。

・この動画の中からタイトルの件に絞る。

抜粋(デタラメ)


・1:18:50

・ヨガによって自己と周囲(=世界)の一体を実感したならば、倫理やモラルという義務感はもう必要ない。倫理やモラルに頼らずとも自然に自己と同一である世界を大事に扱うようになるからだ。

・一体であることを理解しないヨガの行者は身体を捩らせて見せるだけの見世物(サーカス)でしかない。ヨガは自分自身が全宇宙であることを(幻覚ではなく、生きた実体験として)体験することだ。

公開インタビュー動画(1:44:51)


・Dr. Ben Doolittle in Conversation with Sadhguru at Yale School of Medicine


関連する過去記事


・この箇所が彼のこの動画におけるメッセージの核心となっている。

・自己と周囲(=世界)の一体を実感…については下の過去記事で取り上げた。

  クリシュナムルティの神秘体験 (2013.05.14)

  禅を究めた人が見る世界が「空、事事無礙」である単純、明解な理由(途中:その3) (2014-12-08)

  最新の研究結果:LSD 摂取で、自己と他者を区別する脳の機能が緩む (2018-03-29)

コメント


・Sadhguru も Jiddu Krishnamurti も同じこと(自己と世界は一つだ)を実体験し、それを確信したがゆえに、それを説いている。

・だが、その神秘的直覚がどれほど強烈であっても、どれほどリアルであっても、どれほど悟りの自明性を伴っていても、それが真実である事の裏付けにはならない。

・Sadhguru や Jiddu Krishnamurti が自己と世界は一つだと実体験した時の「世界」は、自己が生み出した幻想の「世界」でしかない。夢の中に登場する他人や世界は自分が生み出したものだが、夢を見ている本人はそれに全く気づかないように。

・自己が生み出した幻想としての「世界」であるから、自己と一つなのは ア・タ・リ・マ・エ 。それには、何の神秘性も深淵なる真理もない。世界と自己が一つであることを悟った…という神秘主義者や禅僧の「大悟」は、実は壮大な夢(*1)を真理だと錯誤したものでしかない。…というのが私の今の判断。

脚注


・(*1) 詳細は省くが、幾つかの神秘体験の事例を検討すると、このタイプの「夢」には若干の ESP 成分が混入している可能性があることに気づく。神秘体験の中で、単なる幻想では知りえないことを知ったから現実世界の深奥を垣間見た体験なのだ…ESP 成分に惑わされるとこのような錯覚を抱く。

(2019-05-10)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR