FC2ブログ

Sadhguru :人生の目的は、人生それ自体だ。 (途中:その1)

はじめに


・昨日の記事で、Sadhguru について


・40分程度しか Sadhguru の発言を聞いていないが、私には宗教的にも、精神的にも凡庸な人物だとしか思えない。彼の発言はどれもスカスカで手応えが何もない。

ref : Sadhguru(インドのヨガ行者)を BBC の記者が公開インタビュー (2019-05-06)


 と酷評したが、その後、逆に彼の発言があまりにスカスカ過ぎる事が妙に引っかかった。彼は「いかにも悟ったグルにふさわしい気の利いたフレーズ」を語ろうと思えば語れた筈なのに、あの動画の場面では語ろうとしなかったのではないか…という若干の疑念を覚えた。

・それで Sadhguru の別の動画(下)もチェックしてみた。下の動画で Sadhguru にインタビューしているのは Ben Doolittle 博士(Yele 大学の医学者で、牧師も務めている)。

・この動画の中からタイトルの件に絞る。

抜粋(デタラメ)


・1:15:40 あたり。

・Ben Doolittle 博士が、人生の目的について発言した瞬間、Sadhguru が直ちに次のように断言した。

・人生の目的は人生それ自体だ。

・人生はそれ自体で十分に豊富な出来事であり、そこに別の意味を求める必要などないのだ。

Life itself is a large enough phenomena it doesn't need another meaning.

・人間は人生を経験することはない。人間は思考や感情、先入観などの束を経験するだけだ。

公開インタビュー動画(1:44:51)


・Dr. Ben Doolittle in Conversation with Sadhguru at Yale School of Medicine


コメント


・人生の目的(意味)について過去記事で次のように述べたことがある。


・「人間が自ら人生に意味を与えるのだ」という主張も、「人間は「勤め励み "work"」そして「愛 "love"」さねばならない」という主張も、特に目新しい内容ではない。その陳腐とも言える発言にどこまで真実味や重みを与えられるか…(まるで役者の演技力みたいな話だがw)それが問われる。Michio Kaku は見事にそれをこなしている。

・…と Michio Kaku の発言を賞賛したが、私は「人間が自ら人生に意味を与えるのだ」という主張も、「人間は「勤め励み "work"」そして「愛 "love"」さねばならない」という主張も結局のところ、蛇足であり無用だ…と思っている。

・「人生に意味はない」…これだけで既に完全に充足している。何の不足もない。わざわざ意味を捏ね上げて付け足すには及ばない。意味がないからこそ、充足しており、自由なのだと。

ref: Michio Kaku:人生に意味はあるのか? (2017-04-29)



・明らかに悟りを得ている(*1)筈の Sadhguru の

・人生はそれ自体で十分に豊富な出来事であり、そこに別の意味を求める必要などないのだ。

Life itself is a large enough phenomena it doesn't need another meaning.


 という主張の部分は、一介の凡人に過ぎない私が述べた

…これだけで既に完全に充足している。何の不足もない。わざわざ意味を捏ね上げて付け足すには及ばない。

 という部分にやや似ている。

・だが…







脚注


・(*1) Sadhguru は私ごときとは異なり、明らかに悟りを得ている。この動画の 1:13:00 からの、彼の幼い頃の体験談(*2)を聴けばそれがわかる。彼は凡人ではないし、悟ってもいる。だが、それはよくある画一的な悟り、退屈な悟りだと私は感じる。その意味で、Jiddu Krishnamurti(クリシュナムルティ)の悟りと似ている面がある。


・(*2) この体験談については後日、記事で紹介するかも。

関連する過去記事



Yuval Harari : 人生の意味は…と言った類の「虚構のオハナシ」には飽き飽きしている。 (2019-02-07)

William Buhlman の愚劣な精神世界のタワゴト (途中:その1) (2017-12-15)

Richard Martini:虐殺の被害者ですら、その人生を自ら選択して生まれてきた (途中:その1) (2017-03-05)


(2019-05-07)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR