FC2ブログ

Helmut Tributsch : インカ遺跡の精緻な石組みの謎を解く (途中:その1)

はじめに


・インカ遺跡の精緻な石組みの謎については下の過去記事で取り上げた。


  「キッチリ入り組んだ巨石の石組み」は本当に昔の技術で実現不可能なのか? (全体) (2017-05-28)

  インカ文明(or 前インカ文明)の巨石加工技術 (2015-01-29)

  Randy Koppang : 古代の巨石加工技術は説明不能(途中:その1) (2015-01-16)

  巨石の比較:嘆きの壁の巨石は 415トン、ピラミッドの巨石はたったの 15トン  (2014-04-30)

  ギザの大ピラミッド:基盤部分の巨石にある高度な加工の跡 (2014-04-13)


・この謎を解く有力な説が提唱されている…という動画が下。


要旨(デタラメ)


・この説をざっと要約すれば…

  ・現地で豊富に算出される有機酸ペーストと熱処理によって、
  ・すばやく巨石表面を化学分解させる方法が用いられたに違いない。

 というもの。






・Helmut Tributsch

・Philip C. BennettWilliam Casey

20190316_inca1.jpg

20190316_inca2.jpg

20190316_inca3.jpg

20190316_inca0.jpg

20190316_inca5.jpg

20190316_inca6.jpg



動画(19:21)


・This is How They Built the Inca Stone Walls | Ancient Architects



関連


・この動画に登場した論文の要約部分を Web で見つけた。

Summary
Organic acids are important diagenetic agents in near-surface weathering processes. The mechanism of interaction, however, is complex, and their significance in a particular environment will depend on a variety of geo-chemical parameters. Organic acids in low-temperature aqueous systems can complex metals and metalloids in solution, thereby increasing their solubility and mobility. Organic acids are also implicated in mineral-surface interactions where they can act in ligand exchange reactions to increase the rate of mineral dissolution independent of solution concentration constraints. The manner in which organic acids accelerate dissolution rate can be examined by looking at how organic acids complex metals in solution, and by examining the fundamental mechanisms of silicate dissolution.

...

ref: https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-642-78356-2_7


(2019-03-16)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR