FC2ブログ

Michael Pillsburry 博士: 米中戦争が起きれば、戦略次第では中国が勝つ。

はじめに


・Michael Pillsburry はアメリカの対中国外交政策の策定に絶大な影響を及ぼしてきた国際政治に関する指導的専門家で、今現在 Trump が中国政策に関して最も信頼を置いている人物。


Michael Pillsbury (born February 8, 1945) is the American Director of the Center on Chinese Strategy, Hudson Institute, Washington, D.C., from 2014. He is the author of three books on China. The most recent one, The Hundred-Year Marathon, is an international bestseller[citation needed] and was number one on the Washington Post list,[1] and a selection of the Commander, U.S. Special Operations Command, Commanders Reading List, in 2017,[citation needed] with Korean, Japanese, Taiwan-Chinese, PRC-Chinese, Hindi, and Mongolian editions also published.[citation needed] On September 26, 2018 U.S. President Donald Trump described Michael Pillsbury as "the leading authority on China.”[2] On November 30, 2018 The New York Times, Politico and Bloomberg articles asserted Michael Pillsbury's importance of being one of Trump's top advisers on China.”[3],[4],[5] According to The New York Times, "Ubiquitous on Fox News in recent months, Mr. Pillsbury’s book “The Hundred-Year Marathon: China’s Secret Strategy to Replace America as the Global Superpower” has become a lodestar for those in the West Wing pushing for a more forceful response to the threat that China’s rise poses to the United States."

ref: https://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Pillsbury


・その彼が、半年ほど前に全国放送の TV インタビューの中で興味深いことをいくつも語っている。その中から、以下ではタイトルの件に絞って取り上げる。

20190104_FinalWarning.jpg

抜粋(デタラメ)


・30:30 あたり。

・米中が戦争したらどちらが勝つか? 純軍事的な面ではアメリカは中国より 10倍優っている。

・だが…。私は(政府が実施した)「戦争ゲーム」に参加して中国側の役割を果たしたことがある。アメリカ式戦略に基づいて米中が共に戦争すればアメリカの勝ちだが、中国式の戦略(開戦時に通信衛星を破壊する、アメリカの中枢神経系(=指揮系統)を破壊する…など、中国が公開している戦略)で戦争すれば中国の勝ちだ。


・33:00 アメリカは宇宙計画について空軍と NASA という二つの組織(軍と民間)を運営している。中国は一つだ。経済性も効率も違う。

動画(39:51)


・Final Warning About China | Must Watch Interview


コメント


・動画の中で Michael Pillsburry も語っているが、アメリカはマス・メディアや民主党が Trump 政権を引き摺り降ろそうと躍起となっている。対して中国は共産党指導部の方針で固まっている。

・さらに国内の反対が無いから中国はいくらでもエゲツない手が打てる(カナダ人拘束を見よ)。Trump はマス・メディアによって手を封じられている。

・つまり、対中国戦略において、アメリカの最大の敵は中国ではなくアメリカのマス・メディアだと言える。そしてそのマス・メディアを支配しているのが CIA であり、Deep States 。

・Deep States は中国に協力して大儲けしてきたし、今後もまだまだ中国で儲け続けたい。それゆえ、中国は放置しておいても軍事面で劣るし、バブルで崩壊するから問題はない…と言い続けている。

(2019-01-04)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR