FC2ブログ

Bart Ehrman : 若い頃は熱心なキリスト教信者だった。今は神も聖書も信じない。

はじめに


・Bart Ehrman については下の過去記事で取り上げた。

Bart D. Ehrman : もっとも有名なイエスの逸話(罪のないものだけが石を投げよ)は後世の作り話。 (2018-12-28)

Bart D. Ehrman : 200万部売れた、1998年に終末が訪れると予告した聖書解説本の論拠 (途中:その1) (2018-12-28)

Bart D. Ehrman : 古代人は「神は人間になりうるし、人間も神になれる」と本気で信じていた。 (2018-12-26)

Bart D. Ehrman : イエスが磔になった理由は、「私はイスラエルの王だ」と弟子たちに教えていたためだ。 (2018-12-25)

Bart D. Ehrman : イエスは自分を神だとは考えず、神だとも主張しなかった。 (2018-12-25)

フィリップ・K・ディックの神秘体験とその検証 (+追加) (2018-08-04)


・その Bart Ehrman がタイトルの発言をしている。

抜粋(デタラメ)


・今の私は、ヒューマニストでかつ、不可知論者だ。

・若い頃はキリスト教原理主義者だった。キリスト教を信じ、キリスト教に強い興味があって神学を学んできた。神学の研究を進めているうちに、もはや聖書も神も信じることはできなくなった。

・私が不可知論者になって 15年ほどになる。神や聖書を信じないという意味では無神論者だとも言えるが、不可知論者だという自覚の方が強い。細かいことを言えば、無神論者は無神論を「信じている」。私は不可知論者なので信じていない。

・キリスト教信者は死後の世界を信じるから、自他を救うためにキリスト教を広めようとする。だが、私は死後の世界を信じないから、他人に不可知論を広めようという気は全く無い。

動画(7:45)


・Bart Ehrman's Personal Beliefs Interview


コメント


・彼の

 無神論者は無神論を「信じている」

 という指摘が(ユニークというほどではないが)面白い。盲目的に信仰している…という意味では、ガリガリのキリスト教信者も無神論者も同じレベル。信仰内容が裏返しになっているだけ。それゆえ、互いに相手側の信仰が明々白々、愚劣極まりないものに見えている。

・この状況はキリスト教信者―対―無神論者に限らない。この状況は Scott Adams が言うところの

  Trmp 支持派と反対派は同じスクリーン(銀幕)を見ているが、彼らの目には全く異なった映画(Trump は救済者だ―対― Trump は Hitler の再来だ )が見えているのだ。

 という比喩を連想させる。

・同様の事は

  UFO/オカルト信者―対―UFO/オカルト否定論者

 の構図にも当てはまる。信者を「盲目的信者」と置き換えるべきかも知れぬが、たぶんそれは同語復反でしかない。

(2019-01-01)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR