アメリカでヤバイこと起きても逃亡するのは止めておけ!

要旨:
・あちこちの Web や Blog では、アメリカで万が一のヤバイ事態が起きた時、避難用バッグを抱えてサッサと逃亡することを勧めている。そして森の中で生き延びるためのサバイバルの道具やテクニックを盛んに語っている。

・だが、それを真に受けてはならない。よく考えろ。森の中に逃げこむのは最悪の選択肢だ。市街地に逃げたほうがはるかにマシだ。

・災害などで避難する場合を除き、自宅に留まっていたほうがよい。

ソース: http://www.shtfplan.com/emergency-preparedness/the-fallacy-of-bugging-out-are-you-prepared-to-be-a-refugee_04192012


コメント:
・確かにアメリカのその手の Blog ではうんざりするほど、自給自足的なサバイバルの話が出てくる。アメリカ人はイザとなると開拓時代のマッチョなイメージに戻ってしまうのだろうか。

・とはいえ、去年は東京圏も含め北関東全体が壊滅する筈が、偶然が二度も重なって奇跡的に日本の全面崩壊を免れた我々日本人から見ると、いろいろ感慨深い。

・その意味でタイタニック号に乗り遅れた乗客みたいに僥倖な人生なのだが、その実感が全然ないのはどうしたものか。

(2012.4.21)
関連記事

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR