FC2ブログ

典型的な臨死体験の証言に登場する、奇妙なほど平板・単調な世界観 (途中:その1)

はじめに


・下の証言は当時、8歳の子供が交通事故で臨死体験した時の内容。

抜粋(デタラメ)


・3:30 自転車、車にはねられ。上空から路上に自分を。
  ・友人の内心の声(大変だ、救急車を呼ばなければ…)がテレパシー的に聞こえた。

・4:40 トンネルに吸い込まれる時、それまで聞こえていた音がドップラー効果を引き起こした。

・5:10 境界領域を超えた。

  光が人の形に。

・人の形が語りかけた。お前はまだここに来ることにはなっていない。戻れ。

・6:30 周囲には家族や知人、そして敵もいた。

・6:40 その中の幾人かとは、幾多の過去世を共にしたことを思い出した。

・7:55 ヒゲを生やした人が質問を許可した。
  ・ここは天国か? そうかも。だが、地獄にもなりうる。君がそう信じれば。
  ・我々は 共同の創造主(co-creator)だ。
  ・神はどこに? 相手はその質問を面白がっていた。我々は皆、神の表現の一部だ。

・9:00 あたりから。以下のような精神世界的なオハナシ。

・その人物は一族の精神的な親的存在。

・9:40 なぜここを故郷のように感じるのか? ここが全ての度の出発地点だった。そしてここに戻ることになる。

・10:05 もし、私が(将来)ここに戻ってきたら、その時はここに留まることができるか?
  お前はここに留まることを望まないだろう。

・全ては関係しあっている。

・15 項目に及ぶ様々な質問をした。

・質問を終えたら、いつの間にか救急車の中にいた。


・13:10 OBE の最中は 360度の視界があった。

・14:14 過去と未来の情景が見えた。

・14:30 事件後、宗教的な態度が変化したか? Yes 教会には行かなくなった。時間と精力の無駄だから。

動画(17:14)


・"I Went To The Other Side!" A Near Death Experience! (True Story!)


コメント


・今回、この証言を取り上げたのは理由がある。これはかなり典型的な臨死体験の証言であり、精神世界に広く蔓延しているオハナシの核心部分を共有していると思うゆえ。

・私が注目するのは、この証言に見られる(=精神世界に広く蔓延している)奇妙なほど平板・単調な世界観。






(2018-03-01)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR