FC2ブログ

John Lear:ET の報復で 200機以上の航空機を失い、数千人の兵士が犠牲となった

はじめに


・John Lear の主張はあからさまな誤謬が山のように含まれている(例:月の重力、金星の環境、月面基地)。

・なのでタイトルの件も信憑性は疑問だらけだが、数値データは珍しいので記録しておく。

・なお、タイトルの件は
  ・米軍が軍のパイロットに「 UFO に遭遇したら撃墜せよ」という一般的な指示を出した。
  ・そして UFO への攻撃が行われた。
  ・その報復として多数の航空機とパイロットが犠牲となった。
 という UFO 研究者(Timothy Good, Linda Moulton Howe など)の主張に直接、関係している。

・Timothy Good などは犠牲となった航空機の件数や、犠牲者数を明言していない。ところが John Lear だけは下のインタビューの中で明言している。

抜粋(デタラメ)


・2:30 あたり。

・1938年以来、ET の敵対行為により、200機以上の航空機を失い、数千人の兵士が犠牲となった。

動画(11:21)


John Lear Disclosure Of Alien Treaties w United States for UFO Technology


(2018-02-15)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR