John Searle : 心身問題は哲学的には既に解けている

抜粋(デタラメ):

・12:50 あたりから。心身問題は難問とされてきたが、私(John Searle)は哲学的な意味では既に解いてしまった…と。どう解いたのか、その具体的な説明がなされている。(訳注:その説明は微妙かつ厄介なので省略するが、基本的に問題の前提となる René Descartes の二元論的枠組みがそもそも間違っていると)

・ただし、脳神経組織から意識が生じる科学的な機序については全く解明されていない、と。



インタビュー動画(58:27):
・John R. Searle (Conversations with History)




おまけ:

・9:40 あたり。哲学するのは過酷。毎日、壁に頭からぶち当たり続けるようなもの。

・30:40 あたり。「中国語の部屋」を簡単に説明し終えてから、コンピュータ・プログラムによる AI は胃の消化のシミュレーションと同じで、現実のモデル、絵でしかない…と説明。現実の胃は食物を消化するが、胃の消化シミュレーションをどれほど精緻に行おうが、現実の食物は消化されないと。どうしてこんな簡単なことを理解できない人々がいるのか、それが不思議だと。

(2016-05-31)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR