「アトランティスは南極だった」という説

はじめに:

・下の動画を見るのは時間の無駄なので全くお勧めではないが、タイトルにあるような素人特有の発想が面白かったので紹介する。



抜粋(デタラメ):

・17:20 ごろから。Graham Hancock が下のような愉快な事を語っている。

  ・アトランティスは海底に沈んだ、という説は成立しない。なぜなら世界中の海底の地底マップはすでに完成されており、アトランティスに相当する地形は見つかっていないから。

  ・アトランティスは(急速に移動する前の)南極だった…というカナダの研究者(当然、ど素人の筈)の説を私(Graham Hancock)は正しいと思う。

  ・だから、各国政府は資金を出し合って、南極の氷の下にあるアトランティスの遺跡を探索すべきだ。



動画(120分):




コメント:

・アトランティスだのムーだのと言い出す人間はすっかり消え去ったものと思っていたが、甘かった。

・ピラミッドの各部の測定数値を弄んで、やれ黄金比が見つかっただの、πが見つかっただの、光速度を表す数値が見つかっただのと主張しているあたりで降参して見るのを止めた…w

  ・有効数字や誤差範囲が明記されていないような寸法諸元を弄くり回すのは暇つぶしでしかない。


・タイトルの説はもちろん、(Graham Hancock の他の主張同様)即座に否定できる。たとえば…
---
約1500万年以降、大陸は氷で閉ざされている[15]。
--- https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%A5%B5%E5%A4%A7%E9%99%B8

---
この極寒の地に1990年代前半から,氷床コア掘削を目的として日本南極地域観測隊によって基地(当時は観測拠点)が作られた。
次いで氷床コア掘削が進められ,1996年12月に2503mまでの掘削に成功した(藤井ら,1999)。
これにより過去約34万年前まで遡ることができる,気候・環境変動の情報を含む氷床コアを得ることができた。さらにこれに引き続く第二期の掘削計画として,氷床下の岩盤までの掘削を目指し,ドームふじ基地で新たに掘削が行われた。その結果,2007年1月にほぼ岩盤に達する3035 m までの掘削に成功した(Motoyama, 2007)。第二期掘削での氷床コア最深部の氷の年代は約72万年前と考えられている(Motoyama, 2007)。南極氷床コアのうち,ドームふじ氷床コアは,ドームFig. 2 1997年における昭和基地およびドームふじ基地で観測された各月ごとの平均気温(佐野(2010)より,国立極地研究所広報委員会(1997-1998)を基に作成). Cコアの約80万年に次いで世界で2番目に古い氷床コアである。
--- http://polaris.nipr.ac.jp/~icc/NC/htdocs/?action=common_download_main&upload_id=769

(2014.03.31)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR