アメリカン・エキスプレスの「ブラックカード」に関する真実

はじめに:

・我々、一般庶民には全く無用の情報だが興味本位で紹介…w



抜粋(デタラメ):

20130831_black_card.jpg

・1980年代あたりから、アメリカン・エキスプレス社が、ごく少数の大富豪向けに「ブラックカード」を発行している…という話がまことしやかに噂されていた。

・この噂は事実ではなかった。だが 1999年になって、アメリカン・エキスプレス社はこの噂を利用することにした。つまりブラックカードを実際に大富豪向けに発行したのだ。

・ブラックカードの申込手続きといったものは存在しない。なぜなら毎年のクレジットカード利用額が最低でも 250,000ドル(2500万円)であることが資格要件で、一般人には到底無理な金額となっている。

・さらに資格要件として、資産は 16.3Mドル(16億円)で年収が 1.3Mドル(1億3千万円)以上。

・全米でこの資格要件を満たす人の割合は 0.1%以下と推定されている。(0.1% も存在するのか?)

・さらに入会金、手数料を含めると初回に 10,000ドル(100万円)支払う必要がある。

・ブラックカードでの購入は毎回、全額一括払い(リボルビングだの分割払いだのといった貧乏人用の機能は最初から用意されていない)。そして毎月ごとに精算。


ソース:http://www.creditcardinsider.com/insider/the-american-express-centurion-black-card/

(2013.08.31)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR