メモ:キリスト教に影響を与えた仏教の奇跡物語の事例

・以下、自分用メモ

・引用
---
 キリスト教の教えには、仏教教理の影響を受けた面がある。というのは、仏教教理はアレキサンドリア、その他の地中海世界に知れわたっていたからである。とくに仏教に見られる奇跡の面が、初期キリスト教徒たちに訴えたようである。聖ペテロは、水上を歩いて多くの仏教聖者たちの志を継いだ。仏教徒に好まれる奇跡の一つは、一対の奇跡であった。たとえば、如来の身体の上部から、火が噴き出し「彼の下半身からは、水がほとばしり出る」のである。ところでヨハネ伝7章38節に、これと似た興味ある叙述が見られる。
 
 聖典に述べられているように、私の存在を信ずるものは、その人の腹部から勢いよく水流がほとばしりでるであろう。
---


・ついでに
---
ある日仏陀は、川の堤に坐って、25年間苦行を修してきた一人の修行者に出会った。仏陀は彼にこれまでの努力の結果、何を得たのかと尋ねた。するとその苦行者は、いまや自分は水上を歩いて川を渡ることができる、と誇らしげに答えた。これに対して、仏陀は、1ペニーで渡し舟が渡してくれるのであるから、そのように苦行したわりには、何の得るところもないのではないかと、さとしめした。
---

エドワード・J.D.コンゼ 著, 平川 彰、横山 紘一 訳『コンゼ仏教―その教理と展開』大蔵出版 1975年、152-153頁
20120731_book.jpg


(2012.07.31)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR