1978年3月、イギリス:巨大異星人が光ビームで UFO に移送される

要旨(意訳):

・ 1978年3月中旬ののある週末の夜。

・イギリスの Bath に住む Schwab 一家は、親類の集まりがあってウィルトシャー州に車で向かった。

・伝説のストーンヘンジを 23:00 頃に通り過ぎたあたりで、道の真中に巨人(身長 12フィート:3.6m)が立っているのを見て、心底から驚いた。Schwab 氏は慌てて車を急停車させた。

・その巨人の上方からまぶしい光が覆い、その姿形は巨大なことを除けば普通の人間と変わらなかった。彼の妻と息子もその様子を驚いて見ていた。その巨人は、身長が普通の人間の倍もあって、銀色の服を着ており、2つの大きな眼をしていた。

・さらに驚くことにこの巨人は光のビームの中をゆっくりと上昇していった。

・いまや三人には光ビームの上方に、巨大な円盤の黒い底面が見えてきて、胸が悪くなるようなブンブンいう音がしていた。

・数秒後には巨人も光ビームも消えて、円盤は上空へと去っていった。

ソース: http://mysteriousuniverse.org/2012/01/close-encounters-of-the-giant-kind/


コメント:
・上に紹介した記事は RRRGroup が
 http://ufocon.blogspot.com/2012/01/nick-redfern-inadvertently-abets.html
 の中で歪曲仮説と絡めて紹介していたもの。上で翻訳した元記事の著者は歪曲仮説を全く意識している様子はないが、結果的に歪曲仮説の有力なデータとなっているという。

・SF 映画にあるような、光ビームで UFO 内部に移送されるシーンを実際に目撃した事例は珍しい。

(2012.1.31)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR