Stefan Molyneux:子供を作らない人生は虚しい (途中:その3)

Update


・(2017-10-23 追加)自分の代で遺伝子の継承を絶やすな…という主張について、追加。

・(2017-09-26 追加)Stefan Molyneux の主張の細部を追加。


はじめに


・Stefan Molyneux は哲学の追求者を自認しているが、いわゆる懐疑的理性主義者ではなく、伝統的価値観に沿ったモラリストに近い…というのが私の判断。

・Stefan Molyneux の主張や議論を聴いていて感じるのは「中庸」。それも儒教で説く中庸ではなく、Aritotle の説く中庸(Stefan Molyneux は Aritotle を高く評価している)。

・彼は中庸であるがゆえに、良い意味でも悪い意味でも凡庸な主張になる。彼のモラリスト的主張が良い意味で凡庸なら、伝統的価値観に囚われているという点では悪い意味で凡庸。

・Stefan Molyneux の中庸(or 凡庸)な面がよく顕れているのが、彼のタイトルの主張。

抜粋(デタラメ)


・先日、私(Stefan Molyneux)は 51歳の誕生日を迎えた。この年になってしみじみと実感することがある。そして、その実感に基づいて若い人々に警告しておきたいことがある。ここで視聴者にそれを伝えたい。

・先日、9歳になる娘をつれて遊びに出かけた。それはごく平凡で日常的なものだったが、娘の成長の様子を見ながら、一緒に過ごす時間が私には無上の至福だ。こんな親子の当たり前の日常が無上の至福になるなんて、若い頃には想像できなかった。

・経済的にも子供を育てるのはますます大変になってきた。それもあって近年、子供を作らない風潮が蔓延してきている。子供は手間とコストがかかり、犠牲が大きすぎる…と考える人々が増えた。

・だが、彼らは 40代、50代と年を重ねるにつれて真実を悟る。子供を作らなかった人々は残りの人生を激しく後悔しながら過ごすことになる。その実例を何度も見てきた。







動画(14:58)


・An Important Birthday Message From Stefan Molyneux



おまけ


・Stefan Molyneux も時の流れの速さについて言及していたので、ついでに…。上の動画で思い出した話が下。

・ある時、C2C のキャスター(たぶん Jimmy Church )が、番組の中でしみじみと語っていた。こんな内容。

・今週末、娘の結婚式がある。

・時の流れの速さに呆然とする。娘がオシメをして居間を這い回っていたのは、つい昨日の事なんだ(それが実感なんだ)。

・それがもう、結婚だ…。


コメント


・Stefan Molyneux の子供を作るべきだ…という主張は、彼自身の実感的体験や知り合いの告白に基づいたもの。それらの実感や告白は間違いなく、本音であり事実だろう。

・「まともに人生経験を重ねた人間なら、いずれ子供と一緒に過ごす時間が至福になる」…という彼の話を嘲笑する大人はいない筈。青年であっても、まともな人間なら実感できないとしても、否定はしないだろう。例外は家庭環境がよほど酷い場合か、本人が屑な場合くらいで。

・だが…。Stefan Molyneux のこの動画での主張はせいぜいが 50% の正当性しか持たない。つまり彼の主張の半分以上は正しくない。







(2017-09-26)




(以下、2017-10-23 追加分)

はじめに


・Stefan Molyneux はこの動画の中で様々な主張をしているが、以下では

・子供を作るべきだ。なぜなら…

・(1) 子供を作らないと延々と受け継がれてきた遺伝子の継承を自分の代でを絶やすことになる。

・(2) 遺伝子の継承を自分の代で絶やすのは、子孫を残すという生物としての存在意義に反した行為だ。

・(3) 何万年、何十万年も延々と受け継がれてきた遺伝子の継承を自分の代でを絶やすな。

 という主張に絞る(時間が取れないので他の主張については後日に回す)。

・結論を先に述べる。この (1) と (2) は正しくない。よって (3) の主張も成立しない。

・以下で (1) と (2) が正しくない理由を説明する。







履歴


(2017-09-25) 作成
(2017-09-26)追加
(2017-10-23)追加

Stefan Molyneux:Obama ケアがアメリカ人の肥満を促進させた

抜粋(デタラメ)


・最近のデータでアメリカ人の肥満率が 40% に達した。

・肥満率が増加したのは Obama ケアの影響も大きい。

・なぜなら…。Obama ケア以前の医療保険制度では、保険加入者は健康状態に関する多数の質問(喫煙の有無、飲酒の有無、体重の増加量、運動量、血圧、血糖値など)に答える必要があり、その回答内容に基づいて保険料が大きく左右された。

・だが、Obama ケアでは、保険加入者は年齢と喫煙の有無というたった 2項目だけしか質問されなくなった(保険業者がそれ以外の質問をすることは禁止)。どれほど肥満を招く食生活をしようが保険料は変わらない。

・つまり、食生活や運動などの健康を左右する日常習慣を改善、抑制しようという動機が Obama ケアの登場で失われた。このため、意思の弱い人々、低 IQ の人々は易きに流れ、肥満がさらに増えた。

・支配層も民主党も愚民を増やすことを目指している。なぜなら愚民は政府に依存することを望むので、政府の肥大化を達成できるから。その一貫として、移民の大量受け入れ政策や Obama ケアがあった。

動画(10:08)


・America's Obesity Epidemic: What They Don't Tell You!


(2017-10-23)

大勢の大学生が Bernie Sanders の税制改革案を圧倒的に支持。ところが…w

はじめに


・3分間という短い動画だが、かなり面白い内容なので紹介する。

・最初に予備知識…。民主党の Bernie Sanders は去年の大統領選挙候補者であり、当然ながら Trump に敵対する立場。 Bernie Sanders は大学生を中心にリベラルな若者たちから強い支持を受けている。

抜粋(デタラメ)


・大学の構内で多数の大学生にインタビューを行った。

  ・(1) Bernie Sanders の税制改革案の概略を説明し、
  ・(2) この案を指示するかどうかと質問。
  ・(3) 誰もが明確に支持する…と回答。
  ・(4) その上で、実はこの案は Trump の税制改革案だと告げた。
  ・(5) すると誰もが絶句。先入観やマス・メディアの偏向に影響されていたことを認めた。

・3:00 あたりからこの (5) のシーン。正直だね…w

動画(3:29)


・Liberals Love Trump's Tax Plan... When Told It's Bernie Sanders' Plan


コメント


・この動画を Scott Adams が Blog 動画で引用し、大胆かつ意表を突く発言をしている。それを直後の記事で紹介する。

・かなり以前のことだが、この動画の趣旨と良く似たインタビューを見かけたことがある。ざっとこんな内容…

  ・(1) 運動家が多数の家に戸別訪問し、彼の主張に賛同する署名を求める。
  ・(2) 彼の主張が書かれた文書には、次のような趣旨の文章が書かれている。
     「政府の横暴が過ぎた場合、市民は銃を取って武力で政府に歯向かう権利がある」
  ・(4) この主張を読んだ大勢の人々が「こんな過激な主張には賛成しない」と反発。
  ・(5) 中にはアカはとっと帰れ、帰らないと銃で追い払うぞ…と脅す人もいた。
  ・(6) そこで、米国憲法の冊子を見せ、
  ・(7) 実は (2) の文章は米国憲法の条文の一部だ、と告げると…w

(2017-10-22)

Scott Adams:Hillary のウラニウム・スキャンダルについて、大胆かつ意表を突く意見 (途中:その1)

はじめに


・Scott Adams が、一つ前の記事で紹介した動画を引用して、大胆かつ意表を突く発言をしているので紹介する。

・Scott Adams のこの発言は、常人には主張することはおろか、チラリと発想することもあり得ないほどのもの。

・最初に予備知識。Hillary のウラニウム・スキャンダルとは…







抜粋(デタラメ)








該当箇所


・21:00 から。動画の再生開始時刻を設定済み。

・直前の記事の動画の引用。Trump の tax plan を…

・21:00 Hillary のウラニウム。明確な証拠が幾つも。だが、先の学生と同じ…

動画(29:55)


・Scott Adams: Hypnotist View Of John Kelly Memory Problem and Uranium One Prediction


(2017-10-22)

Scott Adams:気候変動対策よりも国家債務急増の対策を優先すべき

はじめに


・Scott Adams がタイトルのような主張をしているので紹介する。

抜粋(デタラメ)


・その主張のキーポイントは、ざっとこんな感じ。

  ・気候変動対策には膨大なカネが必要。
  ・国家債務急増の対策を先延ばしにすると近い将来、経済崩壊は避けられない。
  ・経済崩壊が起きるのは、気候変動による破滅的事態より遥かに近い将来の事。
  ・経済崩壊が起きると、気候変動対策に必要なカネすら出せなくなる。
  ・だから、気候変動対策よりも国家債務急増の対策を優先すべき。

20171021_scott.jpg



動画(19:08)


・Scott Adams Talks About Budget Projections And Frederica Wilson's Persuasion


(2017-10-21)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR