映画:Third Eye Spies : 全音声書写+DeepL+主要シーン (途中1)

前置き


- 映画 "Third Eye Spies" の全編動画が Youtube に up されていた。

- 遠隔視の技法の開発に関与した主な当事者がこぞって登場して証言しており貴重な内容。動画が消された時に備えて

  ・全音声書写
  ・DeepL
  ・主要シーンの静止画(予定)

を記録しておく。

- なお、以下の音声書写は句読点や発言者の名前も付与されている。よって自動生成ではなく、映画制作者側が人手で作成したもの。DeepL 訳もわかりやすい筈。

音声書写


▼展開

0:28
JIMMY CARTER: One time we had a small plane go down somewhere in Africa, and we were not able to find it by surveillance.
0:37
So the director of the CIA heard about a woman in California
0:43
that was a medium or something. I don't know the title for her. And she gave him the latitude and longitude
0:52
of the plane's whereabouts. And we located the plan where she said it was.
0:58
And that's the only time that I have ever experienced something that was inexplicable while I was President.
1:15
He was the most psychic man in the world, but nobody seems to know what killed him.
1:27
NARRATOR: It began with Russell Targ. The physicist in the beret there appeared at my door with a box of documents.
1:41
TARG: Okay, so this is Marker 701. This is where the caretaker told me I should start.
1:51
And I'm gonna see what this is. And this is Marker 700.
1:58
So, indeed... Indeed Pat's grave is entirely unmarked.
2:03
I think he deserved better than that. This is probably my last opportunity
2:10
to say goodbye to my good friend Pat.
2:22
Pat Price often said the more attention you place on hiding something, the more it shines like a beacon in psychic space.
2:32
NARRATOR: Pat Price died in 1975, and some people believe it was because of his work with remote viewing.
2:41
TV NARRATOR: Psychic spies, Cold War whimsy, or secret weapon?
2:48
Some people may have certain psychic powers. This may reassure you, it may alarm you,
2:54
but in fact, for some years now, the US intelligence community has wagered a modest amount of money
3:00
on the possibility that such powers do exist. ...such powers do exist.
3:05
...do exist. But the most enduring experiments have been in the field of remote viewing.
3:11
We got into it when we discovered that they were in it.
3:20
We found that many individuals were able to accurately describe what's going on in distant locations,
3:27
blocked from any kind of ordinary perception. INTERVIEWER: Are you saying the work you've been doing is classified?
3:36
I really can't talk about matters of classification as you can imagine.
3:42
My name is Russell Targ, and I'm a physicist.
3:50
[SOMBER INSTRUMENTAL MUSIC PLAYING]
4:06
TARG: This is our last chance to tell our story.
4:14
I haven't been on a road trip like this for many years. They always assume that people are immortal.
4:25
WOMAN: This is the final boarding call for passengers...
4:30
TARG: I hope the people who have seen and used operational material will say, "Yes, that really happened."
4:36
WOMAN: Final boarding call for passengers... TARG: A huge trove of material was declassified by the CIA.
4:42
so this is really the first time that the people who were cognizant
4:47
of secret material can talk about it.
4:56
NARRATOR: At one time, humanity worshipped fire. The shamans called it magic, and the people feared it.
5:03
And now science recognizes fire as simply another part of the natural world.
5:09
Ideas change based on new evidence. But the fear of the unknown remains.
5:15
♪ The future, the future ♪ It all looms very large ♪
5:23
NARRATOR: What if psychic abilities were real? What if you could look anywhere using only the power of your mind?
5:29
And if these abilities really exist, what would that do to the world when it found out?
5:36
[WHIRRING] ♪ ...my crystal ball ♪
5:42
NARRATOR: The CIA financed a project in 1975 to develop a new kind of agent who could truly be called a "spook."
5:51
NICHOLAS TARG: That when you told me you were interested in using classified materials,
5:57
that you're eager to get them out, and you were, I was principally concerned for you.
6:02
And our family, no doubt. No doubt. We received the letter, from the CIA, and said, "Sorry, not now, but later."
6:10
"Well, Nicholas, I'm just gonna publish the book." And I just thought that what could be more important
6:16
than to help my father, one, get the documents that he was seeking,
6:21
but also to help make sure that he stayed out of jail. So, that all seemed like a very worthwhile enterprise
6:28
Yeah, very good thinking. And I then contacted the congresswoman in Palo Alto,
6:34
and she submitted a letter on your behalf as well. Oh, that's very nice. I didn't know that.
6:39
Several months later, the CIA released the documents that we had requested.
6:45
And you were able to tell me the story in full detail. If I taught you to expect a miracle, it's been worthwhile.
7:00
NARRATOR: With the floodgates now open, an additional 70,000 documents on remote viewing were declassified.
7:07
I can now show everybody the pictures without having to kill them afterwards.
7:16
TARG: You can actually take out of thin air information about something you have absolutely no access to
7:21
just using your mind.
7:26
If we wanna know why the CIA was lying about our program, Perhaps you should go to Detroit,
7:33
and talk to Kit Green, our former contract monitor. He was branch chief of the Life Sciences division at CIA.
7:44
GREEN: I was given the results, the drawings, showed the ability of a visual representation
7:52
that appeared to be better than over-head imagery. In Pat Price's drawings,
7:59
it was as if it was from inside his brain that the information was coming,
8:04
not from his eyeballs overhead looking down.
8:11
KEN KRESS: It was obvious to any intelligence organization that if you had an ability
8:17
to be able to remotely perceive stuff, really remotely, like any place in the world,
8:22
that could be an extraordinary intelligence source.
8:27
The remote viewing program basically ran from the early '70s to the mid '90s.
8:35
TARG: For more than 20 years, the CIA used psychic abilities operationally, and in a top secret program for the US government.
8:47
You paid for them, you deserve to see them. CIA said "Cease and desist."
8:55
People said this stuff is so intriguing that we got back into the game.
9:05
NARRATOR: We once found a guy that could see anywhere in the world through his psychic powers. We could show him a picture of any place,
9:12
and he could describe any activity going on there. But he died, and we haven't heard from him since.
9:18
CIA Director Stansfield Turner, Chicago Tribune. August 1977.
9:25
I believe when he died, he was out in Las Vegas or something and Kit Green rushed out there.
9:35
Even though he died unattended, in a hotel room, you don't need to make it a medical examiner case.
9:42
Although, that's not correct. And he was taken to the emergency room
9:48
which I visited, speaking now as a criminologist.
9:54
I would have investigated the hell out of it.
9:59
[WATER SPLASHING] But the water's a little bit murky.
10:04
So, I'm gonna change to a bigger fly that they can see better.
10:12
Ah, there we go. We got one.
10:18
MAN: So what do you do with it after catching? Catch and release only. The cutthroats are now pretty endangered.
10:25
So you can't keep 'em. Where the red is, it's like his throat's been cut.
10:31
MAN: Yeah. TARG: Ken Kress was our long term contract monitor at CIA.
10:38
He was a physicist. Ken Kress became a mythic figure when he wrote a long paper in Annals of Intelligence describing our program
10:47
but he's never come forward. NARRATOR: Kress had never been interviewed before this film. And every question we asked had to be submitted for vetting by the CIA.
10:56
KRESS: I was undercover. The fact that CIA was even doing anything with SRI
11:03
was confidential information. TARG: So, Sid Gottlieb looked around, came up with my name, because I was a physicist,
11:11
and he called me in and he said, "Well, I'd like you to take over this project."
11:16
And he said, "The reason is there's two physicists in SRI "and I think you three can probably communicate."
11:24
[INDISTINCT RADIO CHATTER]
11:29
The first series of experiments here at Stanford Research Institute were what the scientists call remote viewing.
11:38
For example, here is a re-enactment of one of the first experiments last year. The subject was a New York artist named Ingo Swann.
11:46
He was in the room, the experimentists, Dr. Harold Puthoff, and Russell Targ were driving away in a car.
11:54
Their destination was in a sealed envelope. This day, it was Palo Alto city hall,
11:59
the subject did not know. But back in the room, the subject began sketching and describing
12:05
where he imagined they might be. Here was the tape recording that he made them.
12:10
SWANN: There must be buildings around sort of an area, enclosed of some sort of quadrangle or quad.
12:17
And then I sort of thought there might be a fountain around, but I didn't hear any water in it.
12:23
NARRATOR: There is a fountain. That day, it was turned off. Back in the room, the subject sketched a pattern
12:30
he thought was crosswalks coming together in a circle. In fact, the courtyard is paved in this pattern.
12:37
The courtyard where they were is two miles from the room where the subject was. There had been no communication between them.
12:46
TARG: Somehow or another, Kit Green, and Ingo got together. Kit came up with a report and he sent this back
12:54
circulating through CIA. And eventually got to Sid Gottlieb. Gottlieb was already predisposed to look at the psychic phenomena
13:04
from ten years ago. NARRATOR: As the CIA's sorcerer, Gottlieb attempted to raise
13:09
assassination to an art form. Out of his labs had come many debilitating potions.
13:17
TARG: We knew who Sid Gottlieb was. He was the Director of the famous MK Ultra program.
13:23
This is by 1974. MK Ultra was the CIA's notorious mind control program
13:30
in the 1950s and '60s where they were giving LSD to people to see if you could create a Manchurian candidate
13:37
and strip away their memories. We considered him sort of the Josef Mengele
13:43
of the American side. Mengele, of course, was a notorious Nazi physician
13:48
who did biological experiments on Jewish prisoners. Gottlieb was not doing that. Gottlieb, of course, was Jewish.
13:55
He was just torturing other people independent of race or religion. He was an equal opportunity misanthrope.
14:04
From my point of view, he reminded me of my old uncle Sid.
14:10
MAN: When he died, he was out in Las Vegas or something. In early 1972, I briefed NASA and the CIA
14:18
and proposed experiments to help people develop their psychic abilities. Well, Hal and I thought it would be very interesting to meet with Sid Gottlieb.
14:28
He was enthusiastic about the idea of giving remote viewers LSD as a way of enhancing their psychic abilities.
14:36
I was opposed to that. Remote viewing requires a person's conscious cooperation.
14:41
And we explained that to Gottlieb and he seemed to completely understand. So led us down into the basement of the Pentagon.
14:49
And it seemed to us that he was sort of stored in the basement with all of his books, the only comfortable place we'd ever been in the CIA.
14:58
The idea, after talking to Gottlieb, the decision to give us money to go forward
15:06
probably had already been made. MAN: Reports that the Soviets were using psychics to spy on us,
15:15
prompted us to do the same to them. There was Intelligence.
15:20
Hard Intelligence. I mean, Intelligence that like really really good.
15:26
Internal program intelligence about what the Soviets were doing in medicine and psychology
15:32
that stated that they believed that United States military, United States intelligence officers
15:41
and United States scientists would be ripe
15:46
for recruitment as spies if they were interested
15:53
in crazy things like psychic research, remote viewing, and parapsychology.
16:01
And they would tell their government, people who are responsible for doing recruiting and so forth,
16:08
"Hey, if you wanna find somebody in the Washington DC area, "that might be pretty interesting,
16:14
find somebody that spends their time doing psychic research. INTERVIEWER: They must have been following Russ around constantly then.
16:22
It's natural for a visually handicapped person like me to be interested in optics, magic,
16:28
and extra-sensory perception. [MOTOR WHIRRING] I'm a legally blind motorcycle-riding physicist.
16:36
In 1934, I was born in Chicago. I was a child magician.
16:43
I used to perform magic tricks in birthday parties, and art openings. As a magician, I understand how people can be tricked.
16:50
That's always made me a better researcher, especially in a field like ESP.
16:57
I left graduate school at Columbia in 1956. And in 1958, I began working on the earliest development of the laser.
17:06
I was looking for a way to get into some kind of psychic research, and still support my family.
17:15
Russell was enthusiastic, and Hal was more like what you would expect a theoretician to be.
17:22
But they both came across as physicists. I heard that there was gonna be a lecture at Stanford University,
17:30
And there was a young physicist, Hal Puthoff, giving lecture on Psychic Discoveries Behind the Iron Curtain,
17:38
American and Russian ESP. And I then went back and talked to my new friend Hal Puthoff.
17:46
And I said I think I got some dough. Let's talk to your management about creating a program,
17:51
and he said, "That would be very nice. "You just have to promise that you'll keep it low profile."
17:56
So that was in June 1972, and this led to the beginning of our program at SRI
18:04
to investigate psychic abilities. I look forward to coming to work, every day had a new miracle.
18:10
I feel like the child magician finally got a job doing magic.
18:18
As we were doing these experiments, we began to run into flak from the psychologists at SRI.
18:25
He said, "You know you've got that crazy ESP experiments going on. "That's gonna ruin our reputation.
18:31
"We're gonna lose our funding. Get rid of those guys." Hal had worked for several years
18:36
in Naval intelligence in Washington, and that may have made him a little more secretive indeed.
18:43
PUTHOFF: I had access to one of the most shielded experiments on the planet.
18:50
It was a shielded magnetometer that measures weak magnetic fields. NARRATOR: Against his better judgment,
18:56
Hal snuck his very first subject into a forbidden lab at Stanford. The man claimed to be the greatest psychic in the world.
19:04
And his name was Ingo Swann. Swann claimed that he could move the needle of an unswayable magnetometer.
19:12
Buried under 30 feet of concrete with a classified design used to sniff out nuclear explosions,
19:18
[EXPLOSION] PUTHOFF: It even had super-conducting shielding. Its claim to fame was that nothing from the outside could affect it.
19:27
NARRATOR: Not only could Ingo perfectly sketch the design, but the needle moved, and nearly got them kicked out of Stanford for breaking the experiment.
19:36
And that got the attention of the CIA. I asked the CIA agents, "Why are you looking me up?"
19:42
He says, "Well, we couldn't care less about the fact "that he perturbed that magnetometer." but the fact that he could look through super-conducting shielding
19:49
and see what was inside, that is really a concern. In a way I can understand other people's response to our work.
19:58
If someone had come up and told me four years ago the kind of things I'm now telling people,
20:04
I think I would have been skeptical also. When I first met Ingo, of course, he was coming out with his claim of "being psychic,"
20:13
And at the time, before I started seeing results, I was very skeptical, and he was very confident.
20:20
A psychic is a kind of remote sensing device and that I think has a contribution to make to both science and humanity.
20:28
To understand Ingo, I think you have to see a creative,
20:33
highly intelligent, deeply wounded man
20:39
who found in remote viewing a pathway to the acclaim that he sought.
20:48
We might do an experiment that looked like a really good outcome. And he would say, " No, no, no. This is not so good."
20:56
And he would come up with some loophole. And so, he would say, "Look, if we take credit for an experiment,
21:02
"and then someone comes along later and finds some loophole or false positive,
21:08
"then they'll reject it, "and even when we do good experiments, they'll reject it." PUTHOFF: He told me a story. He was a homosexual,
21:16
which doesn't matter, I mean, who cares, but it mattered to him, because he told me a story which I never forgot,
21:24
of being beaten up by a bunch of boys who he liked and admired
21:29
when he was a youth. And I think he wanted to be acknowledged.
21:35
SWANN: I've often recovered many of the thoughts about existence I had as a child.
21:40
A major one of these was the separation of consciousness from the body which was very real when I was a child.
21:48
This kinda thing happens in art. I believe, and I always have believed, and I've returned to it
21:55
many times in my life that I'm not this body in terms of consciousness, and consciousness can go places where the body cannot.
22:07
PUTHOFF: It was very important to him to be validated by SRI. SRI was the first lab of a different order
22:17
of magnitude from all prior parapsychological research.
22:25
TARG: What SRI was always upset about is that during our day here, we brought in 1% of the money,
22:31
and 99% of the publicity. PUTHOFF: Back in 1972, SRI was primarily a contractor for the government,
22:42
and some industry.
22:47
With the riots of the late '60s and the '70s, the fact that classified work was going on in Stanford University,
22:55
and they didn't like that. Up until that time,
23:01
most parapsychological research was done by small foundations
23:06
on minuscule budgets operating in a corner of some basement.
23:12
At SRI, the level of classification was top secret. It took a long time to get the security clearance.
23:20
You can't walk around. You have to be escorted because of the secret projects.
23:26
Full of high class scientific equipment beeping, showing on the ray tubes, and all that.
23:33
And when Russell and Hal got positioned there, it had a big impact.
23:40
And on Ingo, it had a particularly big impact because the work that he did at SRI drew a lot of attention.
23:47
To be in that kinda laboratory, they must be very important,
23:52
and really have a grasp of the truth. So, you guys had a psychological procedure that in the neighborhood, thing as it were, it was fantastic,
24:01
and I think that's partially why you got such damn good results. NARRATOR: And all of them succeeded in remote viewing.
24:08
Doctors Puthoff and Targ do not know how. And so maybe one of the most important things about the work done here,
24:16
is that it has been published in one of the most conservative, and prestigious scientific journals in the world.
24:24
With this note, few readers will finish without wondering for at least a moment
24:30
if indeed ESP might be possible after all. What a difference that would make to us all.
24:38
Jack Perkins, NBC News, Stanford Research Institute, California.
24:50
TARG: Ingo was really the father of remote viewing in the modern era.
24:55
Before Ingo, people were describing the picture in the envelope.
25:01
Square. Good guess, but wrong. -[ELECTRICITY BUZZING] -[GROANING]
25:07
TARG: He said, "If I wanna see what's in the envelope, I'll open the envelope. "I can focus my attention anywhere on the planet.
25:13
"Give me something interesting to look at." PUTHOFF: And he threatened to quit. And so we ask him, "Well, what do you mean? What would you like to do?"
25:20
And he says, "Just send somebody out in the San Francisco Bay area, "and I'll describe where they are." SWANN: Well, it takes a lot of gut to accept a challenge like this.
25:31
The psychics involved could sort of get into it
25:37
at a creative level, and discover things very distant from themselves
25:42
and then go find out if they were really there. Well, we had, by now,
25:50
thirty analysts, not scientists, in CIA,
25:57
and maybe six or seven scientists in CIA
26:03
talking about these initial dozen or so results of these anecdotal situations.
26:10
We began by speaking of some kind of a psychic armors race here.
26:16
Is there any real application to this? [INDISTINCT CHATTER]
26:22
At that time, there were rumors certainly that the government was doing something
26:27
But nobody actually knew what was going on. [INDISTINCT CHATTER]
26:35
Why are the intelligence communities chasing after this thing
26:40
called remote viewing? What if there are no secrets? What's really going on here?
26:48
They had to put resources on something that sounded crazy. That's what it was. And we would all talk about 'em and say, "Well, I know I didn't lie."
26:57
"I know you didn't lie," and we get polygraphed once in a while, and it became clear we weren't lying.
27:03
That wasn't the issue. What's going on?
27:09
These people from CIA were very concerned They had one goal in mind.
27:14
To prove that it was nonsense. "We've looked into your background, "you've had these high security clearances,
27:19
"you've been polygraphed, we know we can trust you..." The Russians have been spending millions of dollars over a decade
27:27
at some of the best institutes investigating so-called ESP. No scientist in America even believe there's such a thing as ESP.
27:36
In fact, it was because the Soviets had a completely materialistic viewpoint,
27:41
even in Lenin's writings. He said, "Since consciousness is inobservable, it must be physical."
27:48
And therefore, physical things must have consciousness. And so he thought even atoms had some level of consciousness.
27:56
And then the question becomes how close does it have to be for you to see it? Can you see it in this room, or in the next?
28:02
Can you see anything on the other side of town? The question began to start formulate about distance.
28:08
Maybe, like everything else that we know physically, it's quantum mechanical, that means it's spread out everywhere.
28:14
It's not in space-time anymore. So, exactly the same way that I can focus on my name being spoken,
28:21
there's something about a tension that I can use in order to narrow in and pay attention to something.
28:27
So, if I want to pay attention to what's happening on Pluto a million years ago, I should be able to do that.
28:32
That's kind of what the remote viewers do. I mean, Ingo Swann was looking at Jupiter nine months before Voyager got there,
28:37
and correctly describe rings that no astronomer had ever seen or even suspected. So how did he do that?
28:44
Well, it suggests that the rings of Jupiter was in his head already. This becomes a very materialistic way of thinking about what's going on,
28:51
but who cares? I'm interested in what the truth is. We don't know how to evaluate this.
28:57
We don't know if it's a threat or what. I would say the difference between the American scientific community
29:02
and the Soviet is that at the highest levels in the Soviet scientific community, psychic research is taken seriously,
29:09
and there's no doubt about it. KOPPEL: And you claim, in this country, it is not. TARG: I would say, in this county it's not,
29:14
because people are worried about the so-called giggle potential. Our normal socialization, being psychologists now,
29:22
is that stuff like ESP is nonsense. It can't happen. So if somebody tells you to do it, there asking something stupid.
29:30
And they banged a telephone book sized thing down the table, Paraphysics R&D, Warsaw Pact
29:38
from the defense intelligence agency. When I thumped through that and saw all the work that was going on...
29:44
MAN: So the CIA was tracking all of these people? Yeah, in this case, it was DIA.
29:50
Here is the report that I finally wrote that summarized everything we could find.
29:56
At that time, it was called Key Intelligence question number 9.
30:02
I labeled it "Paraphysics", I had to find a word that allowed us, the foreign technology division,
30:09
to sense that there is a legitimate physics connection here. MAN: So let's just... randomly, "government support for parapsychic research"
30:17
-GRAFF: Paraphysics. -Paraphysics. "Returning with stories of official government support for such research."
30:23
In fact, such reports seem unquestioned by anyone. All of the Soviet centers, of course, are government funded.
30:29
1971..." GRAFF: That's right. So, especially over there, since everything was government funded,
30:35
you had to take it more seriously. In principle, this document forms more policy than anything else that goes on
30:42
in the intelligence community. And why should the intelligence community be interested in it?
30:47
To access information, in a generic sense. You can use it for communication,
30:52
to place in submarines, and that came up later. I thought, you know, they'd laugh me out of the room.



30:58
-MAN: So what was reaction when you said that? -GRAFF: Positive. -You got a positive reaction? -Yes. They said, "Hey, this is good stuff. Follow it."
31:07
NARRATOR: When he wrote his first report, Dale Graff had no idea what he was getting Defense Intelligence into.
31:13
Despite a series of remote viewing experiments that beat the odds at over one million to one,
31:19
the CIA was still skeptical. The Army, CIA, DIA... They all had remote viewing programs eventually.
31:27
But it all began with the NSA break-in. [WOMAN CRYING]
31:32
The real operational work not with the bang of bullets and bombs, but with a whisper.
31:38
I'm sorry, actually, I misdirected you. You are on the right... No, no, we should be up there.
31:43
About two psychics, and two laser physicists, that broke into the most secret NSA site that ever existed.
31:51
It was whisper that would eventually be heard around the world. The CIA had a new secret weapon.
32:00
There was a hiatus, and then Sugar Grove came along. And somebody says this cockamamie thing,
32:06
"Well, now what we're doing is we're doing remote viewing by coordinates." And I say, "What?"
32:11
NARRATOR: It was code named SCANATE. TARG: The SCANATE program was started by Ingo Swann.
32:18
And in that program, where we were using remote coordinate viewing, if you were described what was located at any geographical coordinate,
32:29
latitude and longitude, and we'd then describe what's there. And they tell me what this is.
32:35
And I say something like, "Well, you're gonna have to prove that to me." And the door opened at the end of the hallway, and a guy walks out.
32:45
"Could you give me some coordinates? Just map coordinates of a place that you know."
32:51
He says, "This will do it." He says, "I'm positive you don't know anything about what's there." I said, "Perfect, perfect, perfect."
32:58
I took him. And then Kit gave Harold those coordinates that nobody knew about.
33:05
From this standpoint, it's really a sexy target, it's got all kinds of antennas.
33:12
It seems like a very hush hush place, very military, and he drew how things were laid out.
33:18
GREEN: The results came back so specific... ...on paper,
33:24
that I was just like, I was kind of nonplussed.
33:30
It included the diagram, the guardhouse, accordion doors that roll up, big enough to put a Jeep through.
33:38
Four storeys below, hallway, cipher lock, And I took it to my colleague Dave,
33:47
who'd given me the coordinates, and I said, "Here." He said, "Man! Green!
33:55
This is nonsense." I said, "Are you really sure?"
34:02
And he said, "Man, I gave you the coordinates of the log cabin
34:09
I just built in West Virginia." So, I called up my colleagues,
34:16
and I gave them the results, And I got sick of it.
34:21
And just before I hung up, a fellow I was talking to, who I can't name,
34:29
but whose initials were Russ Targ... [AUDIENCE LAUGHING] ...said, "Yeah, it's really too bad.
34:36
It's really too bad. Really too bad." The other guy found the same thing.
34:43
Early in the SRI program, there had been some publicity and Pat Price had read about it.
34:49
That happened to be right when we had been asked to target on the West Virginia side.
34:55
So it was over the telephone, saying, you know, I used to be police commissioner
35:00
or something like that in Burbank. And sometimes, I would get intuitive flashes about some crime scene
35:07
that we were working on, It would turn out I must be right. Maybe I should be a subject.
35:14
SRI comes up with Pat Price. He had a map over his desk
35:19
and he had a bunch of pins on the map of the world. And those pins were all stuck in the ocean.
35:25
And I ask him. I said, "Pat what are all those pins?" They're just scattered all around.
35:31
He said, "Oh, I'm following all the nuclear submarines in the world. I move pins when I relocate them."
35:37
For an intelligence officer this would be one of the most fundamental breakthroughs in naval intelligence if you could follow all the submarines in the world.
35:47
Pat Price was brought in independently to describe the same target location
35:53
and went on to read documents hidden in a vault three floors below the surface.
36:00
And so that's really interesting. "Okay, I'll talk... What did you say?"
36:08
And I drove to the coordinates, and I found the cabin.
36:15
And 100 meters down the road I found a dirt road from the cabin.
36:20
I drove down it, found the guardhouse, found the dish, found the accordion door.
36:28
NARRATOR: This naval installation's purpose is to perform communications research and development for the US Navy,
36:34
the Department of Defense, and various elements of the US government.
36:42
I reported that. It got to the office of research and development, it got to the office of OTS...
36:50
And there was, you know, a huge controversy... -I mean... -It started as a very small wall.
36:57
But what the person who picked the target didn't realize was just right over the ridge, miles away,
37:04
was this super secret facility for picking up Russian satellite information
37:13
as it went overhead. And so, both of them said, "Ah, maybe that's what they want us to describe."
37:21
In the 1960s, Sugar Grove became one of the NSA's most important Cold War listing facilities.
37:29
And then the whole thing blew up. But remember, it was about what was inside that building.
37:40
File folders with the following names. I remember that they were all associated with the pool game.
37:45
like, playing pool or billiards.
37:53
The filing cabinet on the north wall labeled Operation Pool Cue.
38:00
4-ball, 8-ball, rackup... I'm saying, you know, this is reminiscent
38:08
of his visit to the place that Kit took him. [CHUCKLES]
38:15
Within 24 to 48 hours, I had security office in my office at headquarters.
38:22
And they were grim-faced, and they were upset. They had been told... I was told it's official. It's been made public.
38:30
The filing cabinets were there, they were green, there were file folders, and they had the exact three names on the file folders.
38:37
Now that was the first thing that was important is that they were correct.
38:45
However, those guys out in California got the code names. They got code names that were part of a special access program.
38:57
Not just code names, they got special access program code names
39:03
which were classified top-secret, the names were classified top-secret.
39:09
We were then descended upon by all the law enforcement in the United States.
39:15
We had government agencies from NSA and CIA coming to visit us and find out why the CIA had targeted a group of psychics
39:27
to go spying on the NSA. So, I didn't know whether to be sick to my stomach,
39:33
or what to do. So, it wasn't just Kit Green, it was the owners of the site.
39:40
And some of it, like some of the names that I told you turned out to be accurate.
39:46
And so, you know, the first concern, security leak. Somebody has let this information out.
39:52
INTERVIEWER: If I was Director of Intelligence or even President, and I was briefed on what you just told me about code words,
39:58
I would think that this was either a propaganda thing, or I would think that there's a guy who could probably look inside a nuclear missile silo
40:04
and give me the launch codes. And that guy is really important, and potentially dangerous.
40:11
It's either a hoax, or it's real. I know. Now, if you're asking me where I sit,
40:18
it's in the latter. What really is going on here?
40:23
Do we have a counter-Intelligence issue where people can do this sort of stuff against us?
40:28
And of course, the other side of this, "Hey, can we do it against somebody else?" TARG: How would it be if we spent half of our time on operational targets,
40:38
for the CIA, and half of our time doing research? And he said, "I understand what you wanna do. That would be fair."
40:44
GREEN: Everybody knew that there had to be some foundational science
40:51
or this stuff would never be accepted. NARRATOR: Stanford Research Institute has been conducting an experimental program
40:58
in the field of psycho-energetic effect. I had Hal and Russ bring Uri Geller to me.
41:05
who was supposedly one of the psychokinetic people who could take a bend spoons, and do other magic kind of things with materials.
41:14
And we had an experiment set up. NARRATOR: Fifteen drawings were placed in double-sealed envelopes in a safe
41:20
for which none of the experimenters had the combination.
41:26
This is Gullers's representation of what he believed was sealed in the envelope. This is the most off-target of the drawings that he did.
41:36
As you can see, he is quite elated about getting the right answer.
41:42
Hey, this is real. Don't you try to debunk this. Because it is scientifically proven.
41:51
And I can tell you, the agency did a little background check on Uri and find out that he might be working
41:59
for some other government, shall we say. And so, he was distraught. There were security concerns...
42:08
The worry was... ...that there was national security information that could be gathered.
42:18
What he said was that he mushed his head into a safe, and these words popped into his mind. [CHUCKLING]
42:27
When a CIA analyst reads this, he says, "What?" Does that mean if I have a document on my desk
42:35
that I consider highly sensitive and classified, that there could be some Russian psychic a thousand miles away,
42:44
reproducing what I'm looking at? PUTHOFF: Suddenly the lights came on,
42:50
and we had CIA money, and fresh support for our research. I'll be working with you in the same way, sometimes 24 hours a day.
42:58
Our CIA handlers warned us to be wary of bugs, phone taps, and even honey pots.
43:05
...personal problem to me. We could see anywhere, and they had unlimited resources
43:10
to back up our claims. We even had a degree of fame among those in the know.
43:17
It was like a dream come true.
43:27
NARRATOR: With new funding, and assignments from the CIA, it seemed as if Hal and Russell could do no wrong.
43:34
What kind of place do you experience them at? Attorney General from somewhere in Northern California
43:42
came to us and said, "Would you help us with this case? "She's been kidnapped."
43:48
TARG: The heiress had been kidnapped from her Berkeley apartment. As we walked in, the police were very excited
43:54
and they said, "We've a lot of questions we wanna ask you." And Price said, "Let me show you how we do this.
44:00
"Let me see a mug book." Then he put his finger on Donald DeFreeze,
44:05
and said, "That's the ring leader." The Berkeley police said, "We know, who he is. "He walked away from a minimum security prison a year ago."
44:14
And he said, "You know, this is not a regular kidnapping for money.
44:20
"This is some kind of political thing." And then she's photographed robbing banks
44:25
alongside him with an AK-47 or something like that with the other crooks.
44:30
I get this image of cross-hairs, looking at cross-hairs.
44:36
Uh, we're getting closer. It's more like an intersection. He told where the car that they had kidnapped her in had been left.
44:45
TARG: Across a freeway, are two large white gas storage tanks. And one of the detectives said, "Well I know where that is."
44:53
So the police came out, and they actually found the car. And we went to a shack they thought might be a hideout.
44:59
I had the experience of the detective handing me a sidearm,
45:05
and said, "You know how to fire a pistol?" And I said, "I happen to own an automatic. Yes, I do."
45:11
So he didn't realize that he's handing Mr. Magoo an automatic so that I could cover his back.
45:17
...handsome walking stick. This is an assignment outside my job description. ...continental flavor...
45:23
We were basically detectives in the case, on the street. Boots on the ground, so to speak.
45:29
Problem was that the Berkeley police did not cooperate with the Alameda sheriff's department, the country sheriff,
45:37
and neither of them were cooperating with the FBI. It was only after the entire thing was resolved,
45:44
we found out that that indeed was the area where she was being kept, and the layout in the apartment was as he described
45:52
and in fact she was being kept in the closet. TARG: And we got a formal commendation from the Berkeley Police Department.
45:58
Unfortunately, a lot of people got killed in the meantime.
46:05
NARRATOR: They attracted not only fans and law enforcement... CIA had gotten hold of Soviet documents
46:14
in which our names were in there as targets and to be turned, if possible.
46:21
That's when we said, "Well, we have to take "this whole thing very seriously." And I began to feel frightened.
46:28
It felt like a penetrating end to a dangerous area.
46:35
MAN: When he died, he was on Las Vegas. [ECHOING] Medical circumstances would admit to a coronary,
46:43
and would admit to what he said he was suffering from, which was poisoning,
46:49
particularly, he said, a food poisoning. Later on, somebody said, "Well, you know, the KGB did admit it."
46:55
And I said, "Oh yeah, I hear these rumors, "but I have no reason to believe that." [INDISTINCT CHATTER]
47:01
MAN: ...State sponsored assassination attempt. Statements of he Prime Minister. NARRATOR: But now, eight days on, Theresa May came to the comment,
47:10
in her hands, one of the most remarkable statements she's delivered as Prime Minister. THERESA MAY: It is now clear that Mr. Skripal and his daughter
47:18
were poisoned with a military grade nerve agent of a type developed by Russia.
47:23
This is part of a group of nerve agents known as Novichok. MAN: It causes suffocation and heart failure.
47:30
PUTHOFF: I said, "What do you mean?" They said, "Well, there was a TV program recently..." I mean, this was a decade later,
47:36
where they were interviewing an ex-KGB agent who had been involved with an assassination squad.
47:44
And the interviewer had asked him, "What do you do? How do you carry out an assassinating?"
47:52
"If we had somebody as a target, we find out what the medical profile was, and then we would do something
47:57
that would cause that medical condition to go south quickly.
48:03
And then it would just be assumed a medical event. And that way, we wouldn't be found out."
48:11
And so the interviewer, I'm told, I haven't seen his program yet...
48:17
The interviewer said, "Well, did you ever actually use that approach?"
48:23
And he said, "Yeah, once on a psychic. He worked with the CIA." [INDISTINCT CHATTER]
48:33
They really do, for instance, have a Soviet experiment in remote strangulation.
48:39
[DOG BARKING] NARRATOR: Larissa Vilenskaya was put in charge of monitoring SRI's ESP work from Moscow.
48:47
VILENSKAYA: Kamiensky was in Moscow, and Nicolai was in Leningrad.
48:53
Kamiensky imagined that he tried to strangle Nikolai.
48:59
Nikolai was unaware, he felt that he couldn't breathe.
49:06
He was at the edge of unconscious state. And suddenly, everything disappeared
49:12
just because Kamiensky in Moscow stopped transmit this image
49:20
MAN: I do solemnly swear... and will to the best of my ability m preserve, protect, and defend the constitution of the United States.
49:29
So help me God. TARG: I got frustrated as I realized we may be trapped in our own success.
49:35
Everything was now a secret. I couldn't even tell my family, our phones might be tapped.
49:41
MAN: There's something secret about this program. What is it with a secret program? But we weren't publishing anything.
49:47
We went to the CIA handlers and said, "Look, you gotta let us publish some of these experiments. Everyone's beginning to say, "Well, gee, maybe it's a secret program."
49:54
So we got their permission to put together a series of our Bay Area remote viewing experiments, and publish them.
50:03
TARG: They wouldn't let us publish the hot stuff and they didn't care about the bigger implications of our work.
50:10
Maybe I had made a deal with the devil. I said have them go back and get some work.
50:18
One of the obvious thing was to do something on the operational side. So I started searching around
50:26
for a project that would have some impact. It was a research facility. That was all that we were gonna tell.
50:35
PUTHOFF: So this was our very first, number one Soviet site. Pat Price was remote viewing this case.
50:44
The CIA people came and just gave us coordinates, and said, "Look here."
50:50
And so he leans back in his chair, puts his glasses on,
50:55
and I'm looking at him, and I'm saying to myself, "Why does he put his glasses?"
51:00
He always said, "I put my glasses on "'cause I can see better remotely when I got my glasses on."
51:06
And I'm sitting there thinking, "Yeah, okay." TARG: We sat down with our coffee, and I said, "Here's the target, Pat,
51:13
"what do you see?" Next morning, they came back with a sketch.
51:19
TARG: And we showed him the picture... He said, "Well, I've got this science fiction fantasy crane."
51:26
[AUDIENCE LAUGHING] Well, we looked at that, and you know, we were quite frankly astounded at the similarities.
51:35
TARG: And he unrolled a big picture of an R&D facility and right in the middle of this facility
51:40
was a photograph of a giant gantry crane So, the sketch on the left,
51:48
is what Price produced. And this one is the one that is derived from the photographic...
51:56
Or from the sketch from the photographic image. He said, "Ah, this is a huge crane,"
52:01
he said, "I saw somebody walk by in it," and the guy only came up to the axle
52:06
or something on the wheels or up to the top of the wheels. "Pat, what do you see about underground?"
52:13
He said, "One of the big things they're doing here "is making these 60 foot spheres out of steel."
52:19
They're actually 58 feet. What I was told was the analysts of Semipalatinsk
52:26
did not know about the gores. TARG: They finally rolled out a 60-foot diameter steel sphere
52:34
that's part of a containment vessel for particle beam weapon to shoot down American surveillance satellites.
52:42
Exactly what Price described.
52:56
The end game is this big review occurs of all operations-oriented testing from a contractor like SRI should stop.
53:05
So in other words, CIA's decision was because of security concerns, they were gonna cut out SRI and work with Pat directly.
53:14
So they did so. TARG: CIA moved Pat Price to a farm in the outskirts of Washington.
53:20
He was doing day to day spying for the CIA. We've broken into some foreign embassies
53:28
in foreign countries, and we bugged 'em. And we have the operational files.
53:37
So what we did is we got Pat Price, and we brought one of the people
53:43
who had made this entry into the room with Pat.
53:48
So we gave him a photograph of the outside of the building,
53:55
but the goal of those operational people was to find the code room
54:02
of the embassy, and basically bug it. So they needed to get in the embassy,
54:08
find it, place a bug, and get out before the guards opened up the next morning.
54:15
He supposedly located the physical place in the embassy that was the coderoom area.
54:23
So, according to the operations guy, yeah, he found the place, and they should use him again.
54:31
He was inside the code room.
54:36
[SOMBER INSTRUMENTAL MUSIC PLAYING] Sonning Court, Thames Street.
54:43
That's a... The Wizard of Sonning Court.
54:49
MAN: Hello? Hello, this is Russell. -Come in. -Thank you.
54:55
TARG: Uri Geller knows a lot of our code rooms. Uri says he spent a long time working for Assad.
55:01
So perhaps he knows what happened to Pat Price as well.
55:06
If you can tell me, what was the meeting about? What were you doing in the secret room in the Capitol?
55:12
-Actually... -You must have been briefing somebody. Yes, actually there were probably two or three shielded rooms
55:19
in different levels, but it's actually in the Capitol dome, the shielded room.
55:24
It is a room where no eavesdropping can take place. Because the walls are leaded, etc., all kinds of materials,
55:33
even the plugs are different... And... You know, it could also be a wine cellar,
55:39
-so while doing secret work... -That's fine. ...you can drink wine and get drunk.
55:45
Okay. What I wanted... The shielded room was a perfect conversation. Yes.
55:51
But I wanna talk to you about the death of Pat Price.
55:56
And Pat comes in with this description of an underwater sabotage training facility
56:03
several kilometers away from the sea coast. And that's the information that passed on to the Libyan desk.
56:11
They saw a facility, basically, where he said, that they haven't seen before and few days later, Pat Price died.
56:20
This was the end of Pat Price. TARG: CIA hired Price away from us.
56:27
And four months after joining the CIA, Price was dead.
56:32
GELLER: And the big question is, was he killed, or was it a natural death? Like in the movies, you wanna know did he jump or was he pushed?
56:40
What do you think? The emergency department people said
56:48
that there was an individual that came in with him, with a briefcase who showed the attending physician in the emergency room
56:56
his recent EKGs from Greenbrier, which was the facility that I knew that we'd taken him
57:03
to get his cardiological work-up some months ago, and basically said, "Look here. The guy had rampant serious coronary artery disease.
57:11
He had a heart attack, so even though he died unattended, in a hotel room, they decided, "they" meaning the hospital,
57:20
and the police, to not make it a medical examiner case. So they didn't do an autopsy, although that's not correct.
57:30
And the man disappeared with a briefcase, with the notes, they never took it any records of it, body was removed,
57:37
and cremated, and then they called his wife.
57:42
Yeah, wow.
57:48
Price was known to have a heart condition and he may have had a heart attack. That's it. Next?
57:54
The Russians may have killed him. And the third? -My opinion... -Yes. ...is that CIA discovered quickly
58:01
they had a terrible problem... NARRATOR: After Price's death,
58:06
it emerged that his church may have been attempting to blackmail the IRS using classified documents.
58:12
There was a file cabinet that's got a folder full of his stuff in it. This church had a problem with the government.
58:20
He would go back to his church officials, and immediately give them a debriefing of everything that he said
58:28
and everything that I said... Here the guy who was walking on water was a traitor.
58:35
I do not think he was a spy for his church. You know, I was shocked and devastated,
58:41
because I had no idea about this. If he walks into the President's office, and reads the nuclear code,
58:47
if it turns out that Superman is a double agent, what do you do?
58:53
If he didn't understand, and misinterpreted
58:58
what it was that he could tell his confessor in his church,
59:03
I forgive him that. That's not Pat's fault. Knowing Intelligence, knowing what's happening around the world,
59:13
and having worked for certain agencies,
59:18
I know a little more about his story. That's exactly why I wanted to talk to you. And people who are so valuable,
59:26
are never taken out. They tempt them with amazing
59:31
circumstantial monies...
59:37
Dwellings, houses, to work for them. They would never... This is like killing the goose that lays golden eggs.
59:46
MAN: Devices, which would have enabled the CIA to this poison
59:51
for killing people... Does this pistol fire the dart?
59:57








MAN 2: Yes, it does, Mr. Chairman, and a special one was developed which potentially would be able to enter the target without perception.
1:00:08
Well, the CIA had a heart attack gun -that was revealed. -Okay now...
1:00:15
The CIA is not in the business of killing people.
1:00:25
Well, they were in the business of making a very complicated killing machine.
1:00:30
And they got in lot of trouble for that. I saw Pat shortly before he was killed. -He was coming to see us. -GELLER: Yes...
1:00:37
But before he left, he called several of his friends to say goodbye in an odd way.
1:00:43
So, in short, he predicted his own death. And he purchased a $1 million life insurance
1:00:50
to give to his wife Anne at the airport. You see, I didn't know that. Interesting. And he changed his trip to visit his son
1:00:58
in Salt Lake... GELLER: Maybe he had the psychic feeling that he was about to die.
1:01:04
He must have been one of the greatest psychics in the world. Yes.
1:01:09
NARRATOR: Some army remote viewers tasked themselves on Price's death years later, and decided he was still alive, and at work.
1:01:15
Of course, this was just speculation. This is entirely unmarked. He deserves better than that.
1:01:23
[OPERATIC MUSIC PLAYING]
1:01:32
TARG: Shortly after that, Hal and I were called back to Washington
1:01:38
for an investigation. NARRATOR: What the CIA had hoped to squash by eliminating SRI's contract
1:01:44
would only grow after an Aviation Week article released after Pat's death, perfectly matched his description of the gores of Semipalatinsk,
1:01:52
something no one else in US Intelligence knew. This shook the halls of power. and set into motion new fears of Russian psychic spies.
1:02:00
The question is, "Why?" What was happening in July, August of last year? TARG: The House Committee on Intelligence Oversite
1:02:08
decided there must be a security leak that gave the California psychics the information
1:02:14
that no one in the rest of the Intelligence community had. Actually, I was excited about the opportunity to brief them
1:02:21
because by this point in our career, the more people at high levels who knew about what we were doing,
1:02:26
the more support there was, to make sure the program went forward. Unfortunately, we learn today that these efforts by Russia
1:02:34
to discredit the US, and weaken the West are not new. [REP. CHARLIE ROSE SPEAKING]
1:02:50
TARG: There were four senators out there fighting to keep it going.
1:02:56
What's next? Are we looking at a new Iron Curtain
1:03:02
descending across Eastern Europe? TARG: And we were supported for another decade.
1:03:07
[OPERATIC MUSIC PLAYING]
1:03:20
One physicist said there was no point in teaching Physics anymore because we'd learned all there was to know.
1:03:28
And now we look back and realize that what we thought we knew was the tiniest fragment.
1:03:36
NARRATOR: Although the CIA publicly denigrated the idea of remote viewing, and claims to end interest in this subject after the death of Pat Price,
1:03:43
SRI's rising profile led to partnerships with every single branch of the intelligence community.
1:03:50
Defense Intelligence Agency took on a contract with the US Army in 1978
1:03:55
MAN: It begins. But this being the Army, it really starts with a drill naturally. NARRATOR: Over 3000 troops in Fort Meade, Maryland
1:04:03
were screened by army intelligence to find the top six that would spearhead the program.
1:04:08
MAN: That first day in the company... NARRATOR: These were grunts, regular guys.
1:04:14
Vietnam vets, picked because they had a knack for avoiding landmines, and the CIA didn't like it.
1:04:21
It caused leaks. The most decorated, was Remote Viewer 001,
1:04:28
Chief Warrant Officer Joe McMoneagle. TARG: The Stanford Art Museum was Joe McMoneagle's first ever remote viewing.
1:04:38
We then did five more trials with him. Altogether, we did 36 trials with the six army volunteers.
1:04:48
Of the 36 trials, these officers were able to get 19 first place matches were one would expect only six by chance.
1:04:58
The odds of such an excellent result is better than one in a million.
1:05:03
STEPHAN: Joe got the Legion of Merit. That is a very big deal. It is the second highest non-combatant award
1:05:11
that the military gives. He has done more live to tape remote viewings
1:05:19
than anybody else alive. TARG: He lives at the top of the mountain where every great prophet lives.
1:05:26
NARRATOR: He was the first to speak out when parts of the program were outed in 1995, and subsequently denigrated by the CIA.
1:05:34
MAN: It may have helped locate American hostages in Iran. There were two or three others who were held away
1:05:41
from the embassy and no one seemed to know exactly where that was. We were instrumental in helping identify that location.
1:05:48
I was paid to do remote viewing by the US Army for six straight years.
1:05:54
And indeed, he turned out to be one of the most psychic people we ever worked with. You can actually take out of thin air
1:06:00
information about something you have no access to just using your mind.
1:06:05
Remote viewing was first brought to my attention by Skip Atwater. It occurred to me...
1:06:10
I had been nine or ten years doing this counter-intelligence work when I said, "Colonel Webb, I brought this book called Mind-Reach,"
1:06:19
and if what they say in this book is true, there's a huge gap in our counter-intelligence effort here.
1:06:27
I left the book Mind-Reach with him, and the next day I came in, and he says, "You're right.
1:06:32
"If this is true, what's being said in this book, "this is something that we aren't attending to."
1:06:39
This might, in fact, be a threat to the Intelligence community.
1:06:44
TARG: One of our greatest operational successes was when Joe McMoneagle pinpointed and described
1:06:50
an enormous Russian submarine in a location where it was totally unexpected.
1:06:56
There was a very very large building. We didn't have enough Intelligence by ordinary means
1:07:03
to know what is being built inside that building.
1:07:09
MCMONEAGLE: The building was hundreds of yards from the water. What I decided through remote viewing
1:07:15
was that they were probably constructing a new submarine. And the submarine was unique in that it had twin holes.
1:07:23
The holes were actually stuck together this way. So it was a twin-holed, very wide submarine.
1:07:31
It was half a gan larger than any submarine in existence at the time. It had dozens of new capabilities,
1:07:39
and I said they're going to launch in 120 days. And this was all disagreed with by the senior officer from the CIA.
1:07:48
He made arrangements to look at the area 114 days later.
1:07:53
And they in fact had launched the largest submarine ever built in history. It's called the TK-089, the Typhoon class submarine.
1:08:02
The only response we got from that individual was it was a lucky guess.
1:08:07
And that individual was Robert Gates. Did you at any time feel that this was worth the tax payers' money?
1:08:15
Well, all I can say is, that in the 20 years or 25 years that I was perhaps in a position to be aware,
1:08:22
I don't know of a single instance where it is documented that this kind of activity contributed in any significant way
1:08:31
to a policy decision or even to informing policy-makers about important information.
1:08:37
NARRATOR: In October 1983, Secretary of Army John Marsh was briefed by Lt. Col. Busby of INSCOM.
1:08:44
His report stated that 350 of 700 remote viewing missions or 50% were deemed to possess intelligence value.
1:08:53
And 85% showed positive evidence for remote viewing. TARG: We probably collected more intelligence on that one submarine
1:09:01
in four days than the entire Soviet Sub pact. What you have to understand is
1:09:08
the program operated year to year based on its successes, not its failures.
1:09:14
And the fact that it was funded on a year to year basis, speaks loudly as to why it existed to 20 years.
1:09:22
And the chief proponent, in terms of tasking, or the one agency that probably used more remote viewing than any other agency,
1:09:32
was the CIA. I'm familiar with that quote that Gates, there's nothing...
1:09:37
We closed the program because it didn't amount to anything. Let me just read this one thing I've got here.
1:09:43
Joe got the Legion of Merit. And Joe, upon his retirement, got this. "While with his command, he used his talents and expertise
1:09:51
"in the execution of more than 200 missions, "addressing over 150 essential elements of information."
1:10:00
These EEI, Essential Elements of Information, contained critical intelligence reported at the highest echelons of military,
1:10:10
and government, including such national agencies as the Joint Chiefs of Staff, DIA, NSA, CIA,
1:10:18
DEA, and the secret service producing crucial and vital intelligence unavailable from any other source.
1:10:27
That would tend to suggest that Gates was not telling the truth.
1:10:33
MCMONEAGLE: We had the total support of five administrations in a row. Carter stood up and said, "We did this wonderful thing
1:10:42
"when they found the Tupolev bomber." And the reported said, "How did you find it?"
1:10:49
He said, "We used our psychics."
1:10:55
TARG: We're on our way to see President Carter and talk with him about our mission to find a downed Russian bomber in Zaire.
1:11:02
We helped him pull the Soviet bomber out of the jungle before the Soviets could find him.
1:11:08
Let's see if he'll acknowledge that as he did in his recent autobiography. JIMMY CARTER: One time we had a small plane go down somewhere in Africa,
1:11:17
and we made it very much to find out where that plane had crashed.
1:11:22
And we were not able to find it by surveillance. So, the Director of the CIA
1:11:30
heard about a woman in California that was a medium or something. I don't know the title for her.
1:11:37
And she gave him the latitude and longitude
1:11:42
of the plane's whereabouts. We located the plane where she said it was. That's the only time that I had ever experienced
1:11:49
something that was inexplicable while I was President.
1:11:57
One evening I'm called into the office. I was working late, and they said, "We understand that you have some people who can find things."
1:12:05
I said, "Yeah, I have the SRI contractor. They have people on staff there." They said, "Well, this is really a top-secret,
1:12:11
burn before reading kind of project. Here's a picture of an airplane that's missing. And how can we get into Africa,
1:12:19
and get to the airplane before the Soviets get there?"
1:12:25
It was a defector. He just took this airplane south until he thought it ran out of fuel,
1:12:30
and the airplane kept going. But it still had fuel. That's why they couldn't find it. It wasn't there.
1:12:36
I said, "Well, that's because you're looking in the wrong place." Look over here. [CHUCKLING] By this time, an entire intelligence community was involved.
1:12:46
Um, she drew this. So, I took the sketch... This is the sketch, and I handed it to the search team.
1:12:53
And so I'm looking at this huge map. And it's 200 miles this way, 200 miles down, She looks at that map, and goes up to the map,
1:13:01
"Over here. Here's where it is." The pin went into the map. They sent a helicopter out to investigate the area,
1:13:09
and shortly after they landed, a native comes out of the jungle, carrying a piece of metal.
1:13:16
It turned out it was from the airplane that crashed. And it was within about a mile of where it was... Where the actual site was.
1:13:25
All of the information was in the field before the airplane was found. And the CIA did a special check on that to make sure, and so did NSA
1:13:35
to make sure that my story did hold water. The information was there before we knew where it was.
1:13:42
NARRATOR: The woman who drew the sketch referenced Dale, and President Carter, was an Air Force officer.
1:13:48
She, and an SRI remote viewer, also crucial to the case's success, have never come forward.
1:13:57
The research out of SRI showed that remote viewing had no predictable scientific limits, or even theories to explain it.
1:14:04
As the team racked up success after success, higher and higher up the chain of command the question was asked,
1:14:10
how can any of this even be possible? I said, "Well, we've done this remote viewing experiment,
1:14:16
and the results are significant." He said, "One of those guys is blind, and the other one is crazy."
1:14:24
-[LAUGHING] -The perfect team for examining psychic abilities. That's what I thought. Oh boy.
1:14:30
There's, of course, no way to deal with people who don't want to know. A storm starts brewing,
1:14:37
and then we get a new Director of office of Research and Development. He could not accept the reality of paranormal activity.
1:14:45
He said he knew that this was not real. And a guy in the back of the room jumped up and said, "I know what this is.
1:14:51
"Somebody's taking notes to see which of us is gullible, "whoever is taking notes, I want you to know, I'm not buying any of this."
1:14:57
And he marched out. A week later, I came back, and I said, "Did you evaluate it. Can you tell me what you thought about it?"
1:15:06
He said, "No, I didn't evaluate it." And he said, "I'm not going to." And I said, "What?"
1:15:11
We're fundamentalists. There may be something to it, but it may be demonic.
1:15:17
[AUDIENCE LAUGHING] We don't want anything to do with this. "You are working with people
1:15:23
"who are in league with the devil, and you are part of the Antichrist movement."
1:15:29
And I picked up the data and walked out. Deniers who think there is no consciousness beyond our skulls,
1:15:37
are a powerful force in American society, are anti-science, because they do not respect or accept facts.
1:15:49
They are people whose world view is based on faith,
1:15:54
of a very particular kind and belief in dogma. [INDISTINCT CHATTER]
1:16:07
It is about dogma. Absolutely. From a religious standpoint, all the way down...
1:16:12
I mean, people that are afraid of it, which is half the people in the planet.
1:16:19
So damaging, it's... I had a senior senator in camera
1:16:27
in a meeting in camera stand up and say, "You, sir, are doing the work of the devil,
1:16:32
"and you will burn into fires of hell." And walked out. That's a senior lawmaker.
1:16:38
And in the same meeting when we broke for coffee, I had another senior lawmaker
1:16:44
hug me and whisper in my ear, "You're doing God's work, son." Now which one scares you the worst?
1:16:54
I think psi research is important, because it's an essential part of reality
1:17:00
which science hasn't yet taken note of. Furthermore, there's a lot of misconception around it.
1:17:07
People just assuming without any proof, that there's no such thing.
1:17:12
It's just a piece of dogma. And science should not be about dogma.
1:17:19
How many people say they've witnessed things that do not fit within a materialistic paradigm?
1:17:25
And then they're told you're deluded, because "your experience doesn't conform to our dogma."
1:17:30
This is so fundamentally anti-scientific, it's utterly appalling. So, once again this troubled me because I love science
1:17:36
and I respect this tremendous evolution of science over the last 400 years. But when people speaking with the authority of science
1:17:43
say, for example, that all experiences can only be functions of the brain,
1:17:49
and if you have any experiences that cannot be explained within a materialistic paradigm, you're deluded.
1:17:55
Then this is dehumanizing, arrogant, pompous, and close-minded. And those terms should never come in the same paragraph
1:18:03
of defining and explaining science. When the evidence just gets to be overwhelming,
1:18:09
and the groundswell here is growing. I would say before too long, if you'd still insist
1:18:16
that the mind is nothing more than emergent property of the brain, it would be widely recognized, you are just ignorant.
1:18:22
And the key point about Physics, is Physics is always evolving, and knowledge of physics is always expanding.
1:18:30
And phenomena which people reject as impossible today, may not be rejected as impossible tomorrow
1:18:37
because tomorrow, we'll have a more extensive theory of physics. HOST: Enter this next wonderful reality,
1:18:43
and the most controversial of the people, and it shocked me, that they found it anything to object to.
1:18:50
This is a hardcore scientist. I'm very happy to be here. My name is Russell Targ, and I'm a physicist,
1:18:56
and it's my great pleasure to tell you about the remarkable work we do at Stanford Research Institute investigating psychic abilities...
1:19:05
[THRILLING INSTRUMENTAL MUSIC PLAYING]
1:19:19
TARG: I had a small Wikipedia biographical page which described that I was born in Chicago, went to Columbia,
1:19:27
worked with Hal Puthoff on this pseudoscience called remote viewing.
1:19:33
So we had a chance for fish and chips and a cup of tea. We must be in England finally.
1:19:38
MAN: That's right. [LAUGHING] This is the time when I was ill, and I didn't want my biography to be
1:19:45
that one-dimensional. So I wrote in that I had been a pioneer in the development of the laser,
1:19:51
published many many papers in lasers, and the Wikipedia masters kept erasing all my laser papers.
1:19:59
They said to me, "People are not interested in your laser work. "We just wanna know about your work with the pseudoscience."
1:20:07
And I said,"Well, most of my life has been spent with lasers." And they wouldn't allow me to do that. They banned me from Wikipedia.
1:20:15
And finally I got a helper Brian Josephson and only through Josephson's intercession
1:20:22
that I got to bring my biography up to speed.
1:20:30
Do you think that consciousness is built into quantum theory?
1:20:35
This, of course, is extremely heretical. But fortunately, I not only got tenure,
1:20:42
but I've retired, so I don't need to worry about being a heretic.
1:20:48
[INDISTINCT CONVERSATION] Anyway, are these taking your pictures?
1:20:57
You're being interviewed, are you? I was, yes. -You were? -Yeah.
1:21:02
Okay, what's it to do with?
1:21:08
Well, it's for some research work. -A what? -Research work. -Research something? -Yeah.
1:21:14
Okay. TARG: So you're finally able to tell the complete truth. Well, actually, people would probably not contemplate
1:21:23
getting rid of a Nobel Prize winner. So I had more or less freedom in what I could do.
1:21:29
Funding was a different matter. They actually told certain people, "We'll fund you if you work with anybody other than Josephson."
1:21:38
-Doc! -Will you stop it? I'm not crazy! Make them rescue me before it's too late. [SCREAMING]
1:21:45
By and large, the critics who've been interested in our work to come to our laboratory,
1:21:51
we have asked them to take parts in experiments and experience remote viewing themselves, which is often very accurate indeed.
1:22:00
[YELLING] NARRATOR: One of the biggest skeptics was Undersecretary of Defense Walter LaBerge
1:22:07
who kept hearing leaks about the mad scientists of Menlo Park. So he decided to pay a visit in his Air Force helicopter,
1:22:15
landing on the SRI campus lawn and causing quite the dust-up to Hal and Russell's low profile.
1:22:20
Although he thought it ridiculous, LaBerge allowed himself to become a subject. and despite no prior psychic experience,
1:22:26
he correctly and in great detail, imagined where his attache was hiding. He then became one of the team's biggest supporters,
1:22:33
along with other senators, congressmen and generals, who dropped in on the lab and got similar results.
1:22:40
It was becoming apparent that this was a common ability, but how could they show that when it was all secret?
1:22:49
Their first clue to how common intuitive abilities are came when a remote viewer didn't show up for work.
1:22:57
PUTHOFF: So I had a chance to go to San Jose, Costa Rica, center of a mountainous country.
1:23:03
And then each day, a remote viewer back in California would describe what happened.
1:23:09
On a particular day, I had a chance to do a trick. I got an airplane, I flew out and landed on an island
1:23:17
that belonged to Colombia. It also turned out that in that day, the remote viewer didn't show up.
1:23:22
So, Russell decided, "Okay, I'll do the remote viewing." What can I do? So Russell is trying to suppress this data,
1:23:31
but it just keeps coming in. He says, "Okay, I guess I'm wrong, "I have no reason to be in an airport,
1:23:36
"and not only that, I see ocean at the end of the runway." And I know there's ocean that's miles away in San Jose, Costa Rica.
1:23:43
One fact, that's exactly where I was 'cause I had taken a little side trip. MAN: Did you actually take that picture?
1:23:50
Somebody else took the picture, who, when we had this data, they went out and took it from the same angle.
1:23:56
Portraying that even a scientist could do good remote viewing. NARRATOR: This led to a request from their CIA handlers
1:24:04
to bring in someone with absolutely no psychic ability, to get a baseline against their best.
1:24:10
That didn't work out so well. She was statistically the best results they ever had, even better than the infamous Pat Price.
1:24:16
TARG: We were asked to bring in somebody who was willing to be a control person for the program, and I chose to work with Hella Hammid
1:24:24
who was an old friend of the family. She promised me she had never done ESP experiments before,
1:24:30
and she would be very happy to be part of our program.
1:24:37
This is a remote viewing experiment with Russ Targ and Hella Hammid. Today is Friday, October 11th, 1974.
1:24:44
It's 20 minutes to four int he afternoon. Russ Targ and Hella Hammid are in the first floor laboratory at SRI.
1:24:53
Hal has left SRI. He will select a randomly chosen destination.
1:25:00
HAMMID: Hal is looking up at the structure that must be three or four stories high.
1:25:07
A weird zigzag, uh... going horizontally like a series a mountains, sort of peaks
1:25:14
on top of each other. Can be just shapes.
1:25:31
This is just where Hal Puthoff was standing at the time of Hella Hammid very first remote viewing.
1:25:38
NARRATOR: Perhaps the most dangerous secret of all, the one that Russell Targ has worked his whole life to release,
1:25:45
is that anybody can be psychic.
1:25:51
And we have a target now that requires a drawing, or a description.
1:25:56
So, I'd like you to quiet your mind and make a little sketch of the surprising images that show up in your awareness.
1:26:14
You want to get on paper the shape and the form pertaining to Paul's location.
1:26:20
You have Paul, and Cynthia in a bright green dress, located at some interesting place.
1:26:27
[WATER RUNNING]
1:26:32
Do we have any falling water in the audience? WOMAN: This is the waterfall coming down.
1:26:38
MAN: The whole page is the waterfall. My primary purpose in coming to this conference
1:26:43
is to actually see what I can do to become a world-class remote viewer. I couldn't believe it,
1:26:49
but it's different when... It's different when you actually do it.
1:26:56
I have no formal training. It's really about sending a message across to people that if you put your mind and heart to something,
1:27:03
you know, it's... Everything is possible. The world is your oyster. When a whole room of people are able to do that,
1:27:11
it's not just me, it's not just my imagination, it's all of us.
1:27:17
You know, it's the science part of it. Everybody really wants hardcore data.
1:27:23
LIM: I think there's still a question of what it means to be really human, and what it means to be a, you know, a proper human being, whatever that might mean,
1:27:30
and what is the essence of who we are. And I think that if the world actually had an access to that answer,
1:27:37
I think it would change everything. So it looks pretty good. I'll meet you at Las Vegas.
1:27:46
TARG: Psychic abilities are real, and you have these abilities. And now we've got a free ESP tester on the internet.
1:27:55
By the time we finished we knew more about our remote viewers than NASA knew about its astronauts. There's nothing different about them at all.
1:28:01
These are just normal people. Like musical ability, you've got virtuosos at one end of the scale,
1:28:06
you've got tone-deaf people at the other. No, it's just in our culture no one values "ESP functions."
1:28:13
It's just being human is basically what it's all about.
1:28:18
NARRATOR: Could it be that psychic ability is much more common than we think? Even internal agents at the CIA back in 1975 were secretly doing it,
1:28:28
according to original program manager Ken Kress. Now it turns out a couple of people around OTS,
1:28:35
a lady by the name of Francine and a man by the name of Ed, they decided they wanted to be subjects.
1:28:42
Subjects. And they were CIA employees now. They were not SRI employees.
1:28:50
Actually got them involved with a Libyan analyst. I got gibberish I remember from Francine, but
1:28:58
you know, Ed was an engineer. So he comes up like Pat with very specific stuff. He says, "What I see is a Soviet
1:29:06
"radar that is involved with an air defense system." You know, he goes on and on about all this stuff.
1:29:12
So I package all this stuff up, send it to the Libyan analyst.
1:29:17
He says, "You know, we have an agent "that we have not vetted who says
1:29:24
"similar things." And I said... [CHUCKLES] You know, "That's news to me."
1:29:30
TARG: See, when they were with us, it was not clear if they had come to see if there's defects in our model
1:29:38
or were they come to be trained, or both. Yeah, well, there may have been a slight, uh,
1:29:45
subterfuge, shall we say, in the... I might have sent them out there as evaluators,
1:29:51
and they may have been motivated as participants. [LAUGHS]
1:29:58
TARG: By 1981 the program had become more and more operational.
1:30:03
The government was less and less interested in research. I wanted to be free of all this secrecy.
1:30:09
Which, from a scientific standpoint was not so good, but on the other hand, of course, from a funding standpoint, can't complain.
1:30:17
TARG: When I brought that to our contracting officer, and he said, "Russ, you know we're not doing research anymore."
1:30:23
And I said, "Well, will you look at this? Will you think about what we're doing?" He said, "I'm not paid to think.
1:30:29
I'm paid to find out what the CIA wants you to do, and then see that you do it."
1:30:35
I was heartbroken. Hal and Ingo were more secretive than ever. And now Ingo was in charge of the Army psychics
1:30:43
and had made the program so complicated that only he could teach it.
1:30:48
And I got a note from my partner, Hal, questioning whether I was really making a contribution to the program.
1:30:55
NARRATOR: What the most interesting data at SRI pointed to, was exactly why Russell wanted to leave.
1:31:04
It was a secret so big he felt that if the general public could truly get it it might bring enemies together, and it might even change the world.
1:31:16
Russell was kind of the idea man, with all his kind of pushing the bad scientist type of thing,
1:31:23
where, actually looked the part to some degree.
1:31:33





PUTHOFF: When I decided to leave this wasn in 1985. We had dozens of psychics, and lots of laboratories,
1:31:40
people out there as consultants and so on. And I ended up spending all my time not doing research,
1:31:46
but handing personnel issues, and funding issues, and writing grants and proposals.
1:31:53
I had to get up in the morning and say, "Well, you know, actually, I could be getting back to research."
1:31:58
Mr. Gorbachev, tear down this wall. TARG: I say no more secrets.
1:32:05
NARRATOR: SRI's intelligence work with psychics would go on for another decade, mostly unnoticed, until one of their greatest covert triumphs
1:32:13
became their most infamous leak. TARG: Remember Jimmy Carter's telling of finding the downed Russian bomber in the Congo?
1:32:21
In 1995 President Carter recounted that, during a talk to Emory University,
1:32:28
accidentally outing our top secret program to CNN. REPORTER: Students submitted questions on numerous topics, both serious and lighthearted,
1:32:37
and, as always, President Carter answered them all. TARG: The release of that information contributed to the end
1:32:43
of the remove viewing program at SRI.
1:32:52
NARRATOR: After Russell and Hal left the program, it continued under Ed May, but eventually it confronted the giggle factor.
1:32:58
So I would ask the intelligence community to watch what we do for the next few years and... NARRATOR: The CIA publicly derided the Army-run program.
1:33:05
And in the end, they were asked to take it on again. It's a pretty low priority for the intelligence community, and it's better done on the outside.
1:33:12
NARRATOR: Instead, the commissioned a third party report to, "see if it had been valuable to operational intelligence."
1:33:19
And that's our report for tonight. KOPPEL: So, what do all these stories add up to? Well, the two experts commissioned by the CIA report disagree.
1:33:28
First there's psychologist Ray Hyman from the University of Oregon. My considered judgement, if someone would push me hard right now,
1:33:35
I'd have to say the odds are 99 to one that there's nothing to remove viewing.
1:33:41
I think remote viewing has been demonstrated over the 20 years of work that's been sponsored by the government...
1:33:47
Ed May was very upset by at the way the AIR report was done, and he was very upset that they did not look at the operational remote viewing,
1:33:53
and that they did not allow us to talk to the operational remote viewers. I think he was quite disappointed that they narrowed the focus so much
1:34:01
so that really it might have been a predetermined conclusion that they wanted to kill the program. I think that anybody who says we haven't proven it yet hasn't really looked at the data.
1:34:10
I think, frankly, people don't want to look at the data. They have their world views. They don't want those world views rocked.
1:34:16
I think anybody who looks at it with a real open mind would be convinced. I became 100% certain that it was
1:34:25
real acquisition of information. I became 100% certain that it had potentially real
1:34:33
intelligence significance. And I became 100% certain that it never would.
1:34:38
INTERVIEWER: Why? What I thought were the issues that would make this a useful tool
1:34:44
were both ignored, denied, and in addition, later dropped,
1:34:50
which is screening of subjects to find the superstars. ANNOUNCER: You're tested carefully to find your special talents.
1:34:58
GREEN: Using the tools that I thought we had identified which were politically not correct then to use,
1:35:05
and which are politically possible to use today...
1:35:11
ANNOUNCER: There you go. Well, you're here. Really arrived. You can loosen up a bit now.
1:35:18
You would have a latent ability, that maybe a lot of humans have, that you'd be able to tease out of some people with some sort of
1:35:26
training program or something, and you'd end up with what ended up.
1:35:37
UTTS: After we did our report, a few months later, maybe a year later, I received a phone call from somebody who worked high up in the government
1:35:45
and he wanted to know if this was for real. And I said, "I sand by what I wrote in the report."
1:35:51
And he said, "Well, I'm gonna see if I can get access to the operational work." He called me back and said, "You got access to it," and none of the boxes had been opened.
1:36:00
NARRATOR: Jessica's the president of the American Statistical Society, and she says by the numbers, remote viewing has a higher efficacy than aspirin.
1:36:08
What was the CIA trying so hard to hide that they wouldn't even allow their best data to be seen? Any why did the CIA just like those regular Joe Army guys so much?
1:36:18
We had the total support of five administrations in a row.
1:36:23
Five straight administrations supported us, Russell. Privately. [LAUGHING]
1:36:35
So it was a very illuminating trip. You never know who your friends are. Since I was told by the DCI the project was over,
1:36:44
that was it, it was over. NARRATOR: Ken was removed as CIA program manager shortly before Pat Price's death,
1:36:52
and he assumes that CIA involvement ended with Price. Though, I heard that they were discussing the Stargate program out of channel.
1:37:01
In other words, if you're talking about a classified program in an unclassified area, it looks like a security violation, you need to investigate this further,
1:37:09
now what? The gamble was, ignore it, it would go away. The suggestion to me was, okay, let people just wonder about it.
1:37:18
But if you started complaining about it, it will affirm that we do have a program. They didn't really want to go that route.
1:37:27
NARRATOR: Russell's first interview with one of the most spectacular spies from his SRI days was a no show.
1:37:33
Later the agent called to say they were still doing it, and were afraid to talk about it.
1:37:40
Beyond the giggle factor what was the big deal? What does all of this mean?
1:37:45
Could we be missing the big picture here? And... No, that's not right. I told you before, um...
1:37:54
Two... Two people that I trust that are... One of whom is in a position to know, says that the program's still going on.
1:38:03
NARRATOR: Really? Just how useful is remote viewing? How far would Russell go
1:38:10
to tell the world what had become painfully obvious to him? This is something that Russell was inspired to consider
1:38:15
after witnessing Ingo predict that Chinese A-bomb test three days in advance, and similar work by Stephan Schwartz,
1:38:23
and it involved precognition, or seeing the future. The final straw was when he received a package in the mail
1:38:31
from the ghost of an old friend regarding some water towers that had haunted him for years.
1:38:39
PAT: I get the impression of a water treatment plant. It looks like, uh, water storage tanks.
1:38:48
There's a service room down here. NARRATOR: In Pat Price's first series of experiments he got the shape and dimensions of this swimming pool target within 12 inches,
1:38:57
but he also called it a water treatment plant, even drawing water towers, which missed the whole point of the target.
1:39:04
TARG: Years after Pat Price's death I received a historical picture book. It was a gift from the city manager of Palo Alto.
1:39:13
That when I opened the picture book to Rinconada Park, Seventy-five years ago it had been a water purification plant.
1:39:20
And the two water tanks that Price had indicated indeed were right where he put them
1:39:26
and the would undoubtedly have been the tallest thing the city of Palo Alto 75 years ago.
1:39:34
With Pat's reminder of timeless awareness in hand I hatched a plan to ditch the spy business
1:39:41
and try and wake up the world. At nine. Seven bid at nine.
1:39:47
NARRATOR: This is the commodities exchange in New York City, circa 1983. It was right here Russell Targ's new company, Delphi,
1:39:54
decided to tell the world they were psychic. TONY WHITE: We'd been predicting silver prices two to four days in advance.
1:40:01
Our investors made profits in the middle six figures. TARG: Something I couldn't do while I was a psychic spy.
1:40:08
NARRATOR: Predicting the volatile market nine times in a row even landed them on the cover of The Wall Street Journal.
1:40:14
MAN: Nine times out of nine. Again, being right in anything in life nine times out of nine
1:40:20
is unheard of. But some of the more spectacular and successful trades were actually on the short side.
1:40:27
They were making a prediction in anticipation of the market coming down, so going against the trend. TARG: But there's still elements that are not understood,
1:40:33
so it does not always work, so I wouldn't put my life savings behind a remote viewing of the future.
1:40:41
NARRATOR: Investor demands and the weight of their own success led to the second round not doing as well.
1:40:46
Money dried up and the skeptics pounced. Russell would have to go even further to prove his point about ESP.
1:40:53
A lot farther.
1:41:03
TARG: When they first invited me to come, their letter to me said, "Please come to the Soviet Union so we can exchange propaganda."
1:41:10
I didn't have a big concern about that. I trusted Russell. GREEN: He went through the process of asking permission.
1:41:16
I assumed that. Actually I'm quite confident of that, because had he not done so, he would be in jail.
1:41:24
No, I did not ask any permission to go to Russia. I just went. Of course they can't reveal secret information.
1:41:31
I declared my independence and left. They said, "Is there anything you'd like to see, as long as you're here?"
1:41:38
I said, "Oh, yes. I would like to have a peek at Brezhnev's office." I would just like to see where he sits.
1:41:46
We were once targeted to describe Premier Brezhnev's office in the Kremlin with Hella Hammid.
1:41:54
Who was the control person initially? That's right. And indeed it's just as she described it.
1:41:59
There's this odd red leather door held in place by upholstery tacks,
1:42:04
a huge desk on the right, window on the left, and a door in the wall behind the desk.
1:42:10
We did not go downstairs into the computer room. When we were talking to the Soviet Academy of Sciences
1:42:18
for example, a physicist got up, and said, "It seems that if a experienced viewer can focus his or her attention
1:42:26
anywhere on the planet, then it's not possible to hide anything anymore.
1:42:32
Isn't that true?" TARG: And the Russians in the audience were quite shocked with that. I could hear the teacups rattling.
1:42:44
The very idea of secrets is not our true nature. Openness is.
1:42:49
40 years ago I stood in this exact place.
1:42:55
I don't think anyone really expected Russian and American scientists to work together.
1:43:04
[DIXIELAND JAZZ PLAYING]
1:43:13
YURIY: 1987 and I start teaching remote viewing in Russia
1:43:19
And no one in Russia knew about this on that moment.
1:43:25
NARRATOR: Yuriy is on of the Russian psychologists Russell met on his travels. And now he's come out of the cold, and brought some friends.
1:43:33
YURIY: When I decide to go to United States of America to take training
1:43:40
from Russell Targ. It was a first for Russell Targ.
1:43:45
TARG: Little did I know when I left SRI the Russians would become capitalists.
1:43:51
Nowadays the Russians are invading. Having watched the end of the Soviet Union as a cadet at West Point
1:43:58
and then fast forwarding to today, um, I'm a little bit lost. YURIY: Now, Russian people were very enthusiastic about remote viewing.
1:44:09
[SASHA SPEAKING RUSSIAN]
1:44:36
TARG: Remote viewing instructor Lori Williams has brought a group of 20 Russian doctors and engineers to Los Angeles
1:44:43
to learn remote viewing for themselves. [MAN SPEAKING RUSSIAN] So the event she was asking about had already occurred.
1:44:52
[MAN SPEAKING RUSSIAN] Well, I got a phone call from a man that, uh,
1:44:59
with a strong Russian accent, and he was asking me if I would be willing to teach remote viewing to Russians.
1:45:06
We are not remote viewing yet. [SPEAKING RUSSIAN] LORI: And so when he called and said, "Why don't we do something in Los Angeles?"
1:45:14
Then it just sort of grew from there. We started planning this about a year ago, this class in Los Angeles.
1:45:21
We're gonna do a quick review. [SPEAKING RUSSIAN]
1:45:28
LORI: Okay, so the students all received individual targets. So no one's reviewing someone else's target. They've all go their own.
1:45:35
And we've actually been working on these targets for four days. By viewing something repeatedly, like, it creates a memory path to the target.
1:45:43
It makes it easier to view. [SPEAKING RUSSIAN] [TRANSLATOR REPEATING IN ENGLISH]
1:46:00
LORI: Something involving space or the universe? TRANSLATOR: Space, space. EDGAR MITCHELL: Humans have been asking these deep questions
1:46:06
about the nature of their reality, and these are just using the tools of our society
1:46:12
to ask these deep questions in a different way. The ancients did to with what they had available to them.
1:46:19
The scientific model has to change continuously to accommodate our knowledge.
1:46:24
And if we're learning more, then we have to fit that in to our bigger picture of understanding reality.
1:46:31
[MAN SPEAKING RUSSIAN] LORI: So here's a sketch right there.
1:46:40
[TRANSLATOR REPEATING] LORI: You thought it was the moon? This is a very kinesthetic day today. They're gonna be using their hands
1:46:47
creating 3D models of the target using Sculpey clay, modeling clay.
1:46:52
[SPEAKING RUSSIAN]
1:46:59
[TRANSLATOR REPEATING] TRANSLATOR: What does a spider have? Legs?
1:47:05
TRANSLATOR: Legs, yeah. He called him Armstrong.
1:47:10
He said, "That's Neil Armstrong." Is that it? That's all? Are you ready for your feedback? SASHA: Da. Okay. Hold on to your seats folks,
1:47:17
'cause this was the Apollo 11 trip to the moon. [SASHA SPEAKING RUSSIAN]
1:47:23
TRANSLATOR: Apollo moon landing. LORI: Apollo 11 trip to the moon with Neil Armstrong. [APPLAUSE]
1:47:30
[TRANSLATOR SPEAKING RUSSIAN] LORI: Now that's truly what we refer to a "holy shit" moment.
1:47:39
[ALL LAUGHING]
1:47:44
EDGAR MITCHELL: Well, fundamentally we're talking about interpreting what we see. And I think all of us, for centuries,
1:47:52
and certainly all the astronauts that have been off the planet and looked back at earth,
1:47:58
We kinda call it the big picture effect, seeing things in a new perspective. Seeing Earth in the perspective of being in the heavens.
1:48:07
And that we're just a small part of this huge universe that we're in.
1:48:16
I had completed my major task for going to the moon,
1:48:22
and was on my way home, and was observing the passing of the heavens.
1:48:30
The magnificence of all of this put this trigger in my visioning.
1:48:38
In the ancient Sanskrit it's called samadhi.
1:48:43
It means you see things with your senses the way they are, but you experience them viscerally and internally as a unity
1:48:52
and a oneness accompanied by access.
1:48:58
We are stardust. And we're all one in that sense.
1:49:16
In other words, instead of just serving self, what it tends to help you do is to realize you're a part of a larger reality,
1:49:26
and to serve that larger reality in a proper way. INTERVIEWER: That's beautiful.
1:49:34
SKIP ATWATER: So I'm not so sure it was all about collecting intelligence and how well we did. The evolution of consciousness itself is
1:49:42
expanding. Consciousness itself can evolve, and I believe that's probably towards what I call empathy.
1:49:53
TARG: The main idea from all of our research is that there is no separation,
1:49:59
especially no separation in consciousness.
1:50:04
More than machinery, we need our humanity. MAN: If the world were to accept this research,
1:50:12
we would have to recognize that we are not isolated within our brains.
1:50:19
We would have to recognize that we live in the earth, not on the earth,
1:50:25
we live embedded in the biosphere of earth, and that all consciousness is interconnected,
1:50:32
and interrelated. And that's why we can transmit the power of love,
1:50:38
the power of healing. Maybe it's very subliminal, but it definitely exists.
1:50:52
TARG: We came across this and said, "You know, there's a lot of people who'll think you're nuts."
1:50:57
[LAUGHS] But, you know, maybe you're not. We should all be open to our imagination, because once and a while
1:51:07
some of the imaginations will come true. So I think it's time to close up and move on.
1:51:26
TARG: So Hella returned to Los Angeles to resume her life as a professional photographer.
1:51:32
She died of cancer in 1992. NARRATOR: But not before she uncovered the lost temple of Alexandria, Egypt,
1:51:40
with Stephan Schwartz and the Egyptian Government. They placed the first stake within 12 inches
1:51:45
of where it had been buried for thousands of years, and put the skeptics to rest, at least for that day.
1:51:50
ANNOUNCER: She was given no information beyond the general hilltop location. SWANN: Things are going to change because science is changing.
1:51:59
TARG: Ingo took the closing of the Army program hard and went into seclusion.
1:52:05
We reconnected in later years and had a chance to talk about old times.
1:52:10
SWANN: I'm going to talk about the future, because I think we're far too much trapped in the past.
1:52:22
[ORCHESTRAL MUSIC PLAYING]
1:52:30
And Sam got very talented cellists who had not remote viewed. They went into an expanded state and got impressions.
1:52:39
They then took it up to the composers. I was hearing like...
1:52:47
Two not opposing but interrelated forces.
1:52:53
Triplet up and down. NANCY SMITH: What was the feedback? Well they didn't know what was in the envelope.
1:52:59
SAM SMITH: It's very, very close, very descriptive of bugs, So a point... Playing it, listening to it kinda makes you itch.
1:53:06
[CHUCKLES] NARRATOR: Kit Green says he still consults for the CIA.
1:53:11
You know, Green, think, think, think, think. And I have, I've thought about it for many years.
1:53:19
I'll give you the answer. The most precious secrets are hidden in plain sight.
1:53:24
That's a stupid expression, but you know what, it happens sometimes to be true. NARRATOR: He told me he collaborates regularly with Hal.
1:53:31
But on what neither one of them will say. Yeah, yeah. I've got it going through me,
1:53:40
if you can see. NARRATOR: Hal, put off, resigned from the SRI remove viewing program at the height of its success.
1:53:45
But he did go back to remote viewing at least one more time. TARG: Hal repeated my silver forecasting experiment for his child's high school.
1:53:54
He raised $25,000 on the stock market for a class field trip to Washington.
1:54:01
Then he went back to seeking to extract energy from the vacuum in his Austin laboratory.
1:54:06
Well, we got our hands in every pie. NARRATOR: It turns out Kit and Hal really were collaborating.
1:54:14
Kit brought Hal into a top secret Pentagon UFO assessment program revealed in December 2017 by The New York Times.
1:54:23
Oh, and Hal says they've recovered UFO debris. But that's another story.
1:54:28
TARG: Pat Price's grave in North Hollywood remains unmarked. And his death remains a mystery.
1:54:38
NARRATOR: And as for Russell Targ, he continues to tell his story, showing people just like you and me around the world that we're all psychic.
1:54:47
At the end of the film the say, "No animals were harmed in the making of this film."
1:54:52
So I'd like to ask you is it fair to say that no physics were harmed in the making of this film?
1:54:58
Physics isn't, but physicists might be. [MUSIC ENDS]



DeepL


▼展開

JIMMY CARTER:あるとき、アフリカのどこかで小型飛行機が墜落し、監視カメラでも発見できなかったことがありました。
そこでCIA長官がカリフォルニアにいる霊媒師か何かの女の話を聞いて
という話を聞きました。彼女の肩書きは知りません。そして彼女は飛行機の所在の緯度と経度を彼に伝えました
飛行機の位置の そして、彼女が言った場所に飛行機の位置を特定しました。
そして、私が大統領である間に不可解なことを経験したのは、その時だけです。
彼は世界で最もサイキックな男でしたが、何が彼を殺したのか、誰も知らないようです。
ナレーター: それはラッセル・ターグから始まりました。ベレー帽をかぶった物理学者が箱入りの書類を持って私の部屋の前に現れました。
ターグ:なるほど、これが標識701番ですね。管理人がここから始めなさいと言った場所です。
これが何なのか見てみます。そしてこれが700番
そう、確かに... パットの墓は、全く印がない。
彼はもっといい人になれたと思う これは、おそらく私の最後の機会だ
親友のパットさんにお別れを言う最後の機会です。
パット・プライスはよく、何かを隠すことに注意を払えば払うほど、それが心霊空間でビーコンのように輝き出すと言っていた。
ナレーター:パット・プライスは1975年に亡くなりましたが、その理由は彼のリモート・ビューイングの仕事のためだと考える人もいます。
サイキックスパイ、冷戦時代の気まぐれ、あるいは秘密兵器?
人によっては、ある種の超能力を持っているかもしれません。これは、あなたを安心させるかもしれませんし、心配させるかもしれません。
しかし、実際、ここ数年、アメリカの情報機関は、そのような力が存在する可能性にささやかな賭をしてきました。
そのような力が存在する可能性に賭けてきたのです。...そのような力は存在する。
...存在する。しかし、最も永続的な実験は、リモートビューイングの分野であった。
私たちは、彼らがその中にいることを発見したとき、それに参加しました。
我々は、多くの個人が遠くの場所で起こっていることを正確に記述できることを発見しました。
多くの人が、通常の知覚から遮断された遠くの場所で起こっていることを、正確に説明できることがわかりました。INTERVIEWER あなたが行ってきた仕事は機密扱いになっているということですか?
ご想像の通り、機密事項についてはお話しできません。
私の名前はラッセル・ターグです 物理学者です
[地味な楽器演奏]
ターグ:これが私たちの話をする最後のチャンスです。
こんな旅は何年ぶりだろう 人は不死身だとばかり 思っていたよ
WOMAN: 乗客の皆様、最終搭乗手続きのご案内です...
TARG: 運用資料を見た人、使った人が、"そうだ、本当にあったんだ "と言ってくれればいいんですが。
最終搭乗手続きのご案内... 膨大な量の資料が CIA によって機密指定解除されました
CIA が機密扱いとした資料を公開したのはこれが初めてです
秘密資料について話すことが出来ます
人類はかつて、火を崇拝していました。シャーマンはそれを魔法と呼び、人々はそれを恐れていました。
そして今、科学は火を自然界の単なる一部分として認識しています。
新しい証拠に基づいて考え方は変わります。しかし、未知なるものへの恐怖は消えない
未来が、未来が、すべてが大きく迫っているのです。
もし、超能力が実在したらどうでしょう? もし、心の力だけでどこかを見ることができるとしたら?
その能力が本当にあるとしたら それを知った時 世界はどうなる?
["私の水晶玉
1975年、CIA は新しいタイプの スパイを開発するプロジェクトに出資しました 真に「スプーク」と呼べるような
機密情報の入手に興味があると 言ったのは君だ
"機密を暴きたい" と言うので 私は心配になりました
そして私達の家族も、間違いなく そうですね CIAから手紙を受け取ったそして言った「今はダメだ、後で」
"ニコラス、私は本を出版するつもりだ" とね そして思ったんです、これ以上に重要なことがあるかって
父が探しているドキュメントを 手に入れること以上に 重要なことがあると思いました
父が刑務所から出られないようにするためです。だから、とても価値のある事業だと思ったんです。
ええ、とてもいい考えです。パロアルトの下院議員に連絡しました。
君のために手紙を出したよ それは素晴らしい。それは知らなかった。
数ヵ月後、CIAは私たちが要求した文書を公開しました。
そしてあなたは詳しい話をすることができました。奇跡を期待しろと教えた甲斐があったというものです。
ナレーター:門戸が開かれたことで、リモートビューイングに関する7万件の文書が追加で機密解除されました。
これで皆に写真を見せることができるようになりました。
何もないところから、全くアクセスできない情報を取り出すことができるのです。
心を使うだけで
CIAがなぜ嘘をついたか 知りたいなら デトロイトに行き
キット・グリーンに話を聞くべきだ我々の元契約モニターだ 彼はCIAの生命科学部門の支局長でした
私は結果を受け取りました 図面では、視覚的な表現が可能であることが示されました
オーバーヘッドイメージよりも優れているように見えました。パット・プライスのドローイングでは
パット・プライスの絵では、まるで彼の脳の中から情報が入ってきているようでした。
パット・プライスの絵は、頭上から見下ろした眼球からではなく、まるで脳の中から情報が入ってくるかのようでした。
KEN KRESS: どの諜報機関にとっても、もしあなたが遠隔操作の能力を持っているならば、それは明らかなことでした。
どんな諜報機関にとっても明らかな事です
これは並外れた情報源になり得ます。
リモート・ビューイング・プログラムは、基本的に70年代初頭から90年代半ばまで実施されました。
20年以上にわたって、CIAはサイキック能力を運用し、アメリカ政府のための極秘プログラムとして使用していました。
お金を払ったのだから、見る権利があります。CIA は「やめてくれ」と言いました。
人々は、これはとても興味をそそるものだと言って、私たちはゲームに戻りました。
私たちはかつて、超能力で世界のどこでも見ることができる人を見つけました。私たちは彼にどんな場所の写真でも見せることができました。
彼はそこで起こっているどんな活動も説明することができました。しかし、彼は死んでしまい、それ以来、音沙汰がありません。
CIA長官スタンスフィールド・ターナー、シカゴ・トリビューン紙。1977年8月
彼が死んだ時、彼はラスベガスかどこかにいて、キット・グリーンがそこに駆けつけたのだと思う。
ホテルの部屋で無人で死んだとしても検視官の事件とする必要はないだろう
とはいえ、それは正しくないが。そして彼は緊急治療室に運ばれ
私は犯罪学者として、その場に居合わせた。
私なら徹底的に調べますね
[しかし、水が少し濁っている。
大きいフライに変えると見やすくなる
ああ、これだ 釣れた
釣った後はどうするんだ?キャッチ・アンド・リリースだけ カットスロートは 今かなり絶滅の危機に瀕している。
だから飼えないんだ。赤いのは 喉を切られたような感じだ
そうだ ケン・クレスはCIAの長期契約モニターだった
彼は物理学者だった ケン・クレスは神話的人物になった Annals of Intelligence誌に我々のプログラムについて 長い論文を書いた時だ
しかし、彼は決して名乗り出ません。クレスはこの映画の前に一度もインタビューされたことがありませんでした。私たちが質問するたびに、CIAの審査を受けなければなりませんでした。
KRESS: 私は潜入捜査をしていました。CIAがSRIと何かしているという事実は、機密情報でした。
は機密情報でした。シド・ガットリーブは周りを見渡して、物理学者である私の名前を思いつきました。
彼は私を呼び寄せ、「このプロジェクトを引き継いでほしい」と言いました。
SRIには2人の物理学者がいて、君たち3人ならきっとコミュニケーションが取れるだろう、と言ったんです。
[不鮮明なラジオの音]
スタンフォード研究所での 最初の実験シリーズは 科学者がリモートビューイングと呼ぶものでした
例えば、これは昨年の最初の実験の1つを 再現したものです。被験者はインゴ・スワンというニューヨークの芸術家です。
彼は部屋にいて、実験者のハロルド・プソフ博士とラッセル・ターグが車で移動中だった。
彼らの行き先は、封印された封筒の中であった。この日はパロ・アルト市役所だった。
被験者は知らなかった。しかし、部屋に戻ると、被験者は、彼らがいるであろう場所を想像してスケッチし、説明し始めました。
その様子をスケッチし始めた。ここに、彼が作ったテープレコーディングがあります。
SWANN: ある種のエリアの周りに建物があるはずで、ある種の四角形か四角形で囲まれています。
それからなんとなく噴水があるんじゃないかと思ったんですが、水の音は聞こえませんでした。
ナレーター:噴水はありますよ。その日、それは消されていた。部屋に戻ると、被験者は横断歩道が集まっていると思われるパターンをスケッチしていました。
横断歩道が円形に集まっていると思ったのでしょう。実際、中庭はこのパターンで舗装されています。
二人がいた中庭は、被験者がいた部屋から2マイル離れている。両者の間には何の連絡もなかったのです。
TARG: どういうわけか、キット・グリーンとインゴは一緒になった。キットは報告書を作成しこれを送り返した
CIAを経由して回ってきました。最終的にはSid Gottliebの手に渡りました。ゴットリーブは10年前から心霊現象に目を向ける素地があった
10年前から見ていました。CIAの魔術師として、ゴットリーブは暗殺を芸術の域に高めようとしました。
暗殺を芸術の域に高めようとしました。彼の研究室からは、多くの衰弱薬が生み出されました。
シド・ガットリーブが誰であるかは知っていました。彼は有名な MK ウルトラ計画の 責任者だった
1974年のことだ MKウルトラはCIAの悪名高いマインドコントロールプログラムです。
1950年代から60年代にかけて 人にLSDを飲ませて 満州国の候補者を作り
満州国の候補者を作り出し、彼らの記憶を奪うことができるかどうかを確かめるために、人々にLSDを投与したものです。私たちは、彼をアメリカ側のヨーゼフ・メンゲレのような存在だと考えていました。
と考えていました。メンゲレは悪名高いナチスの医師で、ユダヤ人囚人に生物学的実験を行い
ユダヤ人捕虜に生物学的実験を行った悪名高い医師です。ゴットリーブはそんなことはしていない。ゴットリーブは、もちろんユダヤ人です。
彼は、人種や宗教とは無関係に他人を拷問していただけなのだ。彼は人間嫌いだったんだ。
私から見ると、彼は私の年老いたシド叔父さんを思い出させるのです。
彼が死んだとき、彼はラスベガスかどこかにいました。1972年の初めに、私はNASAとCIAに報告しました
サイキック能力を開発するための 実験を提案しました ハルと私は、シド・ガットリーブに会ったらとても面白いだろうと思いました。
彼は、サイキック能力を高める方法として、遠隔地の視聴者にLSDを与えるというアイデアに熱中していました。
私はそれに反対でした。リモート・ビューイングには、人の意識的な協力が必要だ。
ゴットリーブにそのことを説明すると、彼は完全に理解したようでした。そして、私たちをペンタゴンの地下に案内してくれました。
彼は本と一緒に地下に保管されているようでした。私たちがCIAで唯一居心地の良い場所でした。
ゴットリーブと話した後、私たちに前進するための資金を提供する決断は、おそらくすでになされていました。
おそらく、もう決定していたんでしょう。MAN ソ連が超能力を使ってスパイしているとの 報告を受けたので
ソ連が超能力を使ってスパイしているとの報告を受け、我々も同じようにスパイすることにしました。インテリジェンスがあった。
ハード・インテリジェンス つまり、本当に良い情報です。
ソビエトが医学や心理学で何をしているかという内部プログラム情報です。
ソ連が医学と心理学の分野で何をしているかを示す内部情報です。それによると、彼らは米軍、米情報機関の将校、米科学者が
そして科学者は
スパイとして採用される可能性がある
超能力研究、リモート・ビューイング、超心理学など、おかしなことに興味を持っていれば、スパイとして採用される素質があると信じていたのです。
そして、彼らは自分たちの政府に、採用活動などを担当する人たちに言うでしょう。
「ワシントンDC近辺で誰か見つけたいなら それはかなり面白いかもしれない」
超能力の研究に時間を費やしている人を探すんです。インタビュアー: では、彼らは常にラスを追いかけ回していたのですね。
私のような視覚障害者が、光学や魔法、超感覚的知覚に興味を持つのは自然なことです。
視覚障害者が光学や魔術、超感覚的知覚に興味を持つのは自然なことです。[私は盲目の物理学者で、バイクに乗ります。
1934年 シカゴで生まれました 子供の頃は手品師だった
誕生日会や美術展で 手品をしていました マジシャンとして、私は人がいかにして騙されるかを理解しています。
そのおかげで、特に超能力のような分野では、常に優れた研究者であることができました。
私は1956年にコロンビア大学の大学院を卒業しました。そして1958年、私はレーザーの初期開発に取り組み始めました。
私は、何らかの超能力の研究に携わり、なおかつ家族を養う方法を探していたのです。
ラッセルは熱心で、ハルはどちらかというと理論家に期待されるような人でした。
でも、二人とも物理学者として伝わってきたんです。スタンフォード大学で講演会があると聞いたんです。
若い物理学者、ハル・プソフが講演していました。「鉄のカーテンの向こうの超能力発見」。
アメリカとロシアの超能力についてです。そして私は戻って、新しい友人であるハル・プソフに話しかけました。
そして私は、「少しばかり金が手に入ったようだ。プログラムを作るために、あなたの会社の経営陣に相談しましょう。
すると彼は「それは素晴らしい」と言ったんです。「ただ、目立たないようにすることを約束してほしい」と言われました。
1972年6月のことです。これが、SRIで超能力を研究するプログラムの始まりでした。
のプログラムが始まりました。毎日、新しい奇跡が起きて、会社に来るのが楽しみでした。
毎日が新しい奇跡の連続で、まるで子供のマジシャンがやっとマジックをする仕事に就いたような気分でした。
こうした実験をしているうちに、SRIの心理学者たちから非難されるようになりました。
「そんなおかしなESPの実験をするなんて。"我々の評判を落とすだろう
"資金を失うぞ。"そいつらを追い出せ" ハルはワシントンの海軍情報局で 数年働いたことがあります
ワシントンの海軍情報部で 数年働いたことがある それが彼をより秘密主義にしたのかもしれない
私は地球上で最も遮蔽された実験の1つにアクセスすることができました。
それは、弱い磁場を測定するシールドされた磁力計でした。良識に反して、ハルは最初の被験者を忍び込ませた。
ハルは最初の被験者を スタンフォード大学の 禁じられた研究室に入れた その男は世界一の超能力者だと言っていた。
彼の名はインゴ・スワン スワンは磁力計の針を 動かすことができると言った
30フィートのコンクリート下に埋めた 機密設計で 核爆発を嗅ぎつけることができる
[超伝導シールドもある。その名声は、外部からのいかなる影響も受けないというものでした。
インゴは設計を完璧にスケッチできただけでなく、針が動きました。そして、実験を破ったとしてスタンフォードから追い出されそうになったのです。
そして、それがCIAの目に留まりました。CIAのエージェントに "なぜ私を調べるのですか?"と尋ねました。
彼は言いました。「彼が磁力計に乱れを与えたという事実には関心がない。
を覗き込んだという事実は、本当に心配なことなのです。ある意味、私たちの仕事に対する他の人の反応も理解できます。
もし4年前に、今私が話しているようなことを誰かが言ってきたとしたら、私は懐疑的だったでしょう。
私も半信半疑だったでしょう。インゴに初めて会ったとき、もちろん彼は "サイキックだ "と言っていた。
そして当時、結果が出始める前の私はとても懐疑的で、彼はとても自信に満ちていました。
サイキックとは、一種のリモートセンシング装置であり、それは科学と人類の両方に貢献するものだと思います。
インゴを理解するためには、創造的な人物を見る必要があると思います。
非常に知的で、深い傷を負った男。
リモート・ビューイングに、彼が求めていた賞賛への道を見出したのです。
私たちは、本当に良い結果が得られると思われる実験を行うかもしれません。すると彼は、「いや、違うんだ。これはあまり良くない」と言うのです。
そして、何か抜け道を思いつくのです。彼はこう言うのです、「いいか、もし我々が実験の手柄を立てたら、
"そして、後から誰かがやってきて、 抜け穴や偽陽性を見つけても、
「私たちが良い実験をしても、却下されるんだ」と言いました。プトフ:彼は私にこんな話をしました。彼は同性愛者でした
どうでもいいことですが、でも、彼にとっては重要なことです。
若い頃、彼が好きで憧れていた少年たちに殴られた話です。
彼は若い頃、好きで憧れていた男の子たちに殴られたという、忘れられない話をしました。そして、彼は認めてもらいたかったのだと思います。
スワン:私は、子どものころに考えていた存在についての考えを、しばしば取り戻してきました。
その代表的なものが、子供の頃にリアルに感じた「意識と肉体の分離」です。
このようなことは、アートの世界でも起こります。私は信じていますし、いつも信じていますし、これまで何度もこの考えに立ち戻ってきました。
意識という点では、私はこの身体ではなく、意識は身体ができない場所に行くことができるのだと、私は信じていますし、人生で何度もそう思ってきました。
プトフ:彼にとって、SRIで検証されることは非常に重要なことでした。SRIは、それまでの超能力研究室とは桁違いの最初の研究室でした。
SRIは、それまでの超心理学的研究とは桁違いの最初の研究室でした。
SRIがいつも怒っていたのは、私たちがここにいる間、1%のお金しかもたらさなかったということです。
宣伝の99%は私たちだったということです。1972年当時、SRIは主に政府の請負業者であった。
と一部の産業界の請負業者でした。
60年代後半から70年代にかけての暴動で、スタンフォード大学で機密扱いの仕事が行われていることが明らかになりました。
それを嫌ったのでしょう。その頃まで
ほとんどの超心理学的研究は 小さな財団によって行われてた
地下の片隅で、わずかな予算で運営されていました。
SRIでは、分類のレベルはトップシークレットでした。セキュリティクリアランスを取得するのに長い時間がかかりました。
歩き回ることはできない。秘密プロジェクトのため、付き添いが必要なのです。
高級な科学機器がビービーと鳴り、光電管に映し出され、その他もろもろでいっぱいでした。
ラッセルとハルがそこに配属されたとき、大きな衝撃を受けた。
特にインゴは、SRIでの仕事が注目されていたので、大きな影響を受けました。
あのような研究室に入るということは、よほど重要なことなのでしょう。
真理を理解している人でなければなりません。だから、あなた方は心理学的な手順で、いわば近所にあるもの、素晴らしいものを持っていたわけです。
だからあんなにいい結果が出たのだと思います。ナレーター:そして、全員がリモートビューイングに成功したのです。
プソフ博士とターグ博士はその方法を知りません。ここで行われた研究に関して最も重要なことの1つは
世界で最も保守的で権威のある科学雑誌に掲載された事です。
このノートで、少なくとも一瞬でも超能力が可能なのかどうか考えずに読み終える読者はほとんどいないでしょう。
もし本当にESPが可能であるならば。それは、私たち全員にとって、どんな違いがあるのだろう。
NBCニュース、ジャック・パーキンス、スタンフォード研究所、カリフォルニア州
ターグ:インゴはまさに現代におけるリモートビューイングの父です。
インゴ以前は、人々は封筒の中の絵について説明していました。
正方形。良い推測だが間違っている -[電気の音] -[うめき声]
彼は言った 「封筒の中身を見たいなら 封筒を開けてみろ "私は地球上のどこにでも 目を向けることができる
「何か面白いものを見せてくれ」 彼は辞めると脅しました。それで、私たちは彼に「どういうことですか?どうしたいんだ?
すると彼は、「サンフランシスコ湾岸地域に誰かを送り込めばいい、その場所を説明するから」と言ったんです。このような挑戦を受けるには、かなりの勇気が必要です。
サイキックは創造的なレベルにまで入り込んで
自分とはかけ離れたものを発見して
そして、それが本当にそこにあるのかどうかを調べに行く。さて、私たちは今までに
CIAには科学者ではなく、30人のアナリストがいます。
科学者ではなくアナリストが30人、CIAの科学者が6〜7人
このような逸話的状況の最初の10数件の結果について話していました。
私たちはまず、ある種のサイキック・アーマー・レースについて話をしました。
これには何か応用があるのでしょうか?[不鮮明なチャット]
当時、政府が何かやっているという噂は確かにありました
[ハーバー] しかし 誰も実際に何が起こっているのか知りませんでした [不明瞭なチャタリング]
なぜ諜報部は このリモート・ビューイングと呼ばれるものを 追い求めているのか
追いかけているのでしょうか?秘密がないとしたら?ここで何が起こっているのか?
彼らは何か狂ったように聞こえるものに資源を投入する必要がありました。そういうことなんです。私たちは皆、彼らのことを話し、「私は嘘をついていない」と言うでしょう。
「嘘じゃないだろう」と言いながら、たまにポリグラフ検査を受けて、嘘じゃないことが明らかになったんです。
それは問題じゃなかったんです。どうしたんだ?
CIA の人たちは非常に心配していました 彼らの目的は一つでした
ナンセンスであることを証明すること 「我々は君の経歴を調べた」 「君は高い安全保障資格を有している
「あなたはポリグラフ検査を受け 信頼出来る事が分かっています」... ロシア人は10年間にわたり、何百万ドルも費やしてきました。
超能力を研究する最高の研究所で 10年間に数百万ドルを費やしています アメリカでは、ESPなどというものが存在すると信じている科学者は皆無に等しいのです。
実際、ソビエトは完全に唯物論的な視点を持っていたからです。
レーニンの著作にもあります。彼は、"意識は観察できないから、物理的なものでなければならない "と言いました。
だから、物理的なものには意識があるに違いない。だから、原子にもある程度の意識があると考えたのです。
そこで問題になるのは、どの程度まで近づけば、それが見えるようになるのか、ということです。この部屋から見えるのか、それとも隣の部屋から見えるのか?
町の反対側にあるものは見えるのだろうか?このように、距離に関する疑問が生まれ始めたのです。
おそらく、私たちが物理的に知っている他のすべてのものと同じように、量子力学的なものであり、それはどこにでも広がっているということです。
つまり、時空を超えているんです。だから、自分の名前が話されている時に集中できるのと同じように、
緊張を利用することで、何かに集中し、注意を払うことができます。
ですから、100万年前の冥王星で何が起こっているのかに注意を向けたいと思えば、それができるはずなんです。
リモートビューワーはそういうことをやっているんです。インゴ・スワンさんはボイジャーが木星に到着する9ヶ月前に木星を見ていたんですよ。
誰も見たことがなく、疑いもしなかった環を正確に描写しました。どうしてそんなことができたのでしょうか?
それは、木星の輪がすでに彼の頭の中にあったことを示唆しています。これは、何が起こっているのかを考える上で、非常に唯物論的な方法になってしまうのです。
しかし、誰がそんなことを気にするでしょうか。私は真実が何であるかに興味があるのです。これをどう評価したらいいのかわからない。
脅威なのか何なのか、わからないのです。アメリカの科学界とソビエトの科学界の違いは
ソ連の科学界の最高レベルでは心霊研究は真剣に受け止められています。
それは間違いないでしょう。コッペル:そして、あなたは、この国ではそうではないと主張していますね。ターグ:私は、この国ではそうではないと言いたいです。
なぜなら、人々はいわゆる「くすくす笑い」の可能性を心配しているからです。心理学者である私たちの社会的常識は、超能力などナンセンスだということです。
ESPのようなものはナンセンスだということです。そんなことはあり得ません。だから、もし誰かがやれと言ったら、何か馬鹿なことを聞いているのです。
彼らは電話帳サイズのものをテーブルに叩きつけました。パラフィジックス研究開発部、ワルシャワ条約機構
という電話帳をテーブルに置きました。私はそれを手にとって、進行中のすべての作業を見たのですが......。
CIAはこの人たちを全部追跡していたんですか?ええ、この場合は DIA(国防情報局)がやっていました
これは私が最終的に書いた報告書です 私達が見つけ得た全てを要約しています
当時は「キー・インテリジェンス・クエスチョンNo.9」と呼ばれていました。
私はこれを「形而上学」と名付けました。私達、海外技術部門が、合法的なものがあると感じられるような言葉を探したのです。
物理学との関連性を感じられるような言葉を探しました。なるほど ランダムに「超心理学研究に対する政府の支援」と書いてください。
-GRAFF: 超物理学. -形而上学。「そのような研究を政府が公式に支援しているという話を持って帰ってきた」。
実際、そのような報告は誰からも疑われていないようです。ソビエトのセンターは、もちろんすべて政府の資金援助を受けている。
1971..." グラッフ その通りです。だから、特に向こうでは、すべてが政府の資金でまかなわれているのですから、より真剣に考えなければなりませんでした。
より真剣に取り組まなければならなかったのでしょう。原則的に、この文書は諜報機関で行われる他のどんなものよりも、より多くの政策を形成するものです。
を形成するものです。では、なぜ情報機関がこの文書に関心を持たなければならないのでしょうか?
一般的な意味では、情報にアクセスするためです。通信に使うこともできます。
潜水艦に搭載するため、というのは後で出てきた話です。私は、その場から笑われると思っていました。




-MAN:では、そう言ったときの反応はどうでしたか?-グラーフ: 肯定的でした -ポジティブな反応だったんですか?-そうです。彼らは「おい、これはいいものだ。それに従え」と言われました。
最初の報告書を書いた時 デール・グラフは自分が国防情報局に何をされるのか 分かっていなかった。
一連のリモート・ビューイング実験では100万分の1の確率で成功したにもかかわらず、
CIAはまだ懐疑的でした 陸軍、CIA、国防総省...。どれも最終的にはリモート・ビューイング・プログラムを持っていた
しかし、すべてはNSAの侵入から始まった [女が泣く]
本当の作戦は 弾丸や爆弾の音でなく - 囁き声なんだ
すみません、実は方向を間違えてました ここがそうです... いや、いや、我々はそこにいるはずだ。
2人の超能力者と2人のレーザー物理学者についてですNSAの極秘サイトに侵入しました
それはやがて世界中に知れ渡ることになる CIAは新たな秘密兵器を手に入れた
休止期間があり、そしてシュガーグローブがやってきた。そして誰かがこのばかげたことを言った
"今やっているのは 座標による遠隔視だ" 私は "なんだ?"と言った
コードネームは "スキャネート インゴ・スワンによって始められたプログラムです。
そのプログラムでは、遠隔座標表示を使っていました もし、ある地理的座標に何があるかを説明されたら、
緯度と経度を指定して、そこに何があるのかを説明します。そして、これは何だと言われます。
私は、「それを証明してください」と言いました。廊下の端のドアが開き、一人の男が出てきた。
"座標を教えてくれませんか?知っている場所の地図座標でいいから"
彼は言った "これでいい" 彼は言った "そこに何があるのか 何も知らないんだろう" 私は「完璧だ、完璧だ、完璧だ」と言った。
彼を連れて行った そしてキットは、誰も知らない座標をハロルドに教えた。
この観点から見ると、実にセクシーなターゲットで、あらゆる種類のアンテナを備えている。
軍事的な場所と思われるのですが、彼はどのように配置されたかを描きました。
グリーン:結果はとても具体的で......紙に書いてあるんです。
紙面上ではありますが、私はちょっと驚きました。
図面には、守衛所、巻き上げ式のアコーディオンドア、ジープが通れるほどの大きさのドアが描かれていました。
4階下の廊下、暗号錠、そして同僚のデイブのところに持っていきました。
"これだ "と言ったんだ 彼は言った "おい グリーン!
バカげてる" 私は言った "本当にいいのか?"
彼はこう言った "ウェストバージニアに建てたログハウスの 座標を教えたんだ
ウェストバージニアに建てたんだ" と言った それで、私は同僚に電話をかけました
結果を伝えたが ウンザリだった
電話を切る直前に、名前は言えないが、ある同僚と話をしていた。
名前は言えませんが、イニシャルがラス・ターグで...。[「ああ、本当に残念だ。
本当に残念だ。本当に残念だ」と言いました。もう一人の男も同じことを言いました。
SRIプログラムの初期に、ある宣伝があり、パット・プライスはそのことを読みました。
ちょうど私たちがウェストバージニア側をターゲットにするよう依頼されたときでした。
それで、電話で「私は以前バーバンクで警視総監をしていたことがあるんです。
とか、バーバンクで警視総監をやっていたとか、そういう話でした。そして時々、私たちが取り組んでいる犯罪現場について直感的な閃きを得ることがありました。
私が正しいに違いない。私は被験者になるべきかもしれませんね。
SRIはパット・プライスを思い浮かべる。彼は机の上に地図を置いていて
世界地図にたくさんのピンを刺していた。そしてそのピンはすべて海に刺さっていた。
それで私は彼に尋ねました。パットさん、このピンは何ですか?そこらじゅうに散らばっているんだよ。
彼は「世界中の原子力潜水艦を追っているんだ。ピンを移動させればいいんだ」と言いました。
情報将校にとって、世界中の潜水艦を追跡できるなら、これは海軍情報における最も基本的なブレークスルーの1つでしょう。
パット・プライスは、同じ標的の位置を説明するために独立して連れて来られた。
地下3階の金庫に隠された文書を読むことができました。
というわけで、実に興味深い話です。"わかった、話すよ... なんて言ったんだ?"
座標に車を走らせ、小屋を見つけました。
その小屋から100メートルほど行ったところに未舗装の道路がありました。
その道を下って行くと、守衛所、食器、アコーディオンドアがありました。
ナレーター:この海軍施設は、米海軍のための通信研究開発を行うことを目的としています。
米国海軍、国防総省、米国政府の様々な要素のために通信の研究開発を行うことです。
と報告しました。研究開発室にも、OTSのオフィスにも...。
そして、大論争になったんです... -つまり... -それはとても小さな壁として始まったんです。
しかし、ターゲットを選んだ人は、尾根のすぐ向こう、何マイルも離れたところにあることを知りませんでした。
ロシアの衛星情報を拾うための極秘施設だったのです。
極秘の施設だったのです。それで2人は、"ああ、これが彼らの望む描写なのかもしれない "と言ったんです。
1960 年代、シュガーグローブは NSA の最も重要な 冷戦リスト作成施設の一つになりました
そして、全てが吹き飛んだのです しかし覚えておいて欲しいのは その建物の中にあったものです
次のような名前のファイルフォルダです。覚えているのは、どれもプール遊びに関連したものでした。
プールやビリヤードをするような
北側の壁にあるファイルキャビネットには「Operation Pool Cue」と書かれている。
4ボール、8ボール、ラックアップ...。つまり、これは、キットがこの場所を訪れたことを
キットに連れられて行った場所を思い出している。[CHUCKLES]
24〜48時間以内に本社の私の部屋に警備室が来た。
彼らは険しい顔で怒っていた 彼らは言われた... 公式発表だと言われたんです。公式に発表されたんです。
ファイルキャビネットがあり、緑色で、ファイルフォルダがあり、ファイルフォルダには3人の名前が正確に書かれていました。
まず重要なのは、それが正しいということです。
しかし、カリフォルニアの連中はコードネームを手に入れました。彼らは特別なアクセスプログラムの一部であるコードネームを手に入れました。
ただのコードネームではなく、特別アクセスプログラムのコードネームを手に入れたのです。
その名前は極秘に分類されていました。
そして、アメリカ中の法執行機関が私たちに襲いかかりました。
NSAやCIAの政府機関が訪ねてきて、なぜCIAがサイキックのグループをターゲットにして、NSAをスパイするように仕向けたのか、その理由を探ろうとしました。
なぜCIAがサイキックグループをターゲットにして、NSAをスパイするように仕向けたのか。だから、胃が痛くなるのか、どうしたらいいのかわからなかった。
どうすればいいのか キット・グリーンだけでなく、サイトの所有者もそうでした。
そして、私が話した名前の幾つかは 正確であると判明した
それで、最初の懸念は、セキュリティリークです。誰かがこの情報を流したんです。
「私が情報長官だったら もし私が情報局長か大統領で、あなたが話したような 暗号用語について説明を受けたとしたら
これはプロパガンダだと思うでしょうし、核ミサイルのサイロの中を覗き込んで発射コードを教えてくれる人がいるんだと思うでしょう。
発射コードを教えてくれる その男は本当に重要で、潜在的に危険です。
デマか、本物か。そうだ 今、私がどこに座っているか尋ねているなら、
後者だ 本当に何が起こっているのでしょうか?
私たちに対してこのようなことをする人たちがいるということは、防諜の問題があるのでしょうか?
もちろん、その反対側には 「他の誰かに対抗出来るか? 」という問題もある タルグ: もし、私達が半分の時間を作戦目標に費やしていたら、どうでしょう?
半分を CIA の作戦目標に、半分を研究目標に使ったらどうでしょう?彼は言いました 「君がやりたい事は分かる。それが公平だろう」と言われました。
基礎となる科学が必要なことは誰もが知っています。
基礎となる科学が必要で、そうでなければ、このようなものは決して受け入れられないと、誰もが分かっていました。スタンフォード研究所は、精神エネルギーの分野で実験的なプログラムを行っています。
実験プログラムを実施していました。私はハルとラスにユリ・ゲラーを連れてこさせました。
ユリ・ゲラーは、スプーンを曲げたり、材料を使って魔法のようなことをすることができる心霊術者の一人だと言われていました。
そして、私たちは実験の準備をしました。15枚の絵が二重の封筒に入れられて金庫に保管されました。
その金庫の暗証番号は誰も知りませんでした。
これはガラーズが封筒の中に封印されていると信じていたものを表現したものです。これは、ガラーズが描いた絵の中で最も的外れなものです。
見ての通り、彼は正解を得たことでかなり意気揚々としている。
おい、これは本物だぞ。これを否定しようとしないでください。科学的に証明されているんだから。
それからユリの身辺調査をしたところ-
他の政府のために働いていた それで彼は取り乱した 安全保障上の懸念があった
国家安全保障に関わる情報を 収集される心配がありました
彼は頭を金庫に突っ込んで、こんな言葉が頭に浮かんだそうです。[CHUCKLING]
CIA のアナリストがこれを読んだら 「え? 」と言うでしょうね つまり、私の机の上に機密性の高い文書があったとして
私が非常に敏感で機密扱いだと思う文書が 机の上にあったとして 千マイル離れたところにいるロシアの超能力者が
私が見ているものを再現しているということですか?突然、明かりが灯りました。
CIAの資金が入り、研究への新たな支援も得られました。同じように、時には1日24時間体制で仕事をすることになります。
CIA の担当者は、盗聴器、電話盗聴器、ハニーポットにも注意するようにと警告してくれました。
...私にとっては個人的な問題です。私たちはどこでも見ることができ、彼らは無限のリソースを持っていました。
私たちの主張を裏付けるために 関係者の間では、ある程度の名声さえあった。
まるで夢が実現したようでした。
新しい資金とCIAからの任務で、ハルとラッセルに間違いはないように思われました。
彼らはどのような場所にいるのでしょうか?北カリフォルニアのどこかの国の司法長官が
「この事件で協力してくれないか?"彼女は誘拐された"
相続人がバークレーのアパートから誘拐されたのです。私たちが中に入ると、警察はとても興奮した様子で
"聞きたいことがたくさんある "と プライスは言った "どうやるか見せてやろう
"顔写真を見せてくれ" ドナルド・デフリーズを指差して-
"リーダーだ "と言った バークレー警察は言った、「我々は彼が誰であるか知っている。"1年前、最低警備刑務所を出てきた。"
そして彼は言った、「これは普通の金目的の誘拐ではなく、
"これはある種の政治的なものだ "と。そして、彼女は銀行強盗をしているところを写真に撮られた。
AK-47とかいう銃を持って、他の悪党と一緒に銀行強盗をしているところを写真に撮られた。
十字線が写ってるんだ十字線を見てるんだ
あー、近づいてきましたね。交差点のようなところです。彼女を誘拐した車の置き場所がわかった。
高速道路を挟んで向かいに大きな白いガスタンクが2つある。刑事の1人が "その場所を知っている "と言ったんです。
それで警察が来て、実際に車を見つけたんです。そして、隠れ家と思われる小屋に向かいました。
その時、刑事から拳銃を渡されたんです。
"ピストルの撃ち方を知ってるか?"と言われて 私は「たまたまオートマチックを持っていたんです。そうです」と答えました。
つまり、彼はマグーに自動小銃を渡したことに気づかず、私が彼の背中を守ることになったわけです。
...ハンサムなステッキ これは私の職務外の任務です。...コンチネンタル風味...
私たちは基本的に事件の捜査で、街頭に立つ刑事でした。いわば、現場主義だ。
問題は、バークレー警察がアラメダ保安官事務所、つまり田舎の保安官に協力的でなかったことです。
FBIにも協力的でなかったんです。問題は、バークレー警察がアラメダの保安官や田舎の保安官に協力せず、FBIにも協力しなかったことです。
彼女が監禁されていたのが本当にその場所で、アパートの間取りも彼の説明通りだと分かりました。
実際に彼女はクローゼットに監禁されていました。TARG:そして、バークレー警察から正式に表彰を受けました。
残念ながら、その間に多くの人が殺されてしまいましたが。
彼らはファンや警察だけでなく... CIAはソ連の文書を入手しました
そこに我々の名前があり、可能なら転向させるべきとされていました。
その時、私たちは「この件に関しては真剣に考えなければならない」と言いました。そして、怖いと感じるようになったのです。
危険な場所に突き刺さったような気がしたのです。
彼が死んだとき、彼はラスベガスにいた。[医療事情は、冠状動脈を認めるだろう。
彼が苦しんでいたと言ったもの それは毒だと認めた
特に食中毒だと言っていた 後で誰かが言ったんです 「KGBは認めたぞ」とね
私は「ああ、そういう噂は聞くけど、信じる理由はないよ」と言いました。[不鮮明なチャット]
...国家による暗殺の試み。首相の声明 しかし、8日後の今、テリーザ・メイはコメントを発表しました。
彼女の手にかかると、彼女が首相として行った最も注目すべき声明の1つです。スクリパリ氏とその娘は軍事用神経ガスで毒殺されたことが明らかになった。
ロシアが開発した軍用神経ガスで毒殺されたことが明らかになりました。
これはノビチョクと呼ばれる神経ガス群の一部です。窒息と心不全を引き起こす
どういう意味ですか?彼らは「最近テレビ番組で......」と言った。これは10年後の話です
元KGBの諜報員で、暗殺部隊に関わったことのある人物にインタビューしていました。
そして、インタビュアーは彼にこう尋ねたのです。どうやって暗殺を実行するんですか?"
"誰かをターゲットにしたら、その人の医療プロファイルを調べて、その医療状態が悪化するようなことをするんだ。
その病状が急速に悪化するようなことをするんだ。
そうすれば、医学的な事象とみなされるだけだ。そうすれば、ばれない」と。
それで、インタビュアーが、私はまだ彼の番組を見ていないのですが...。
インタビュアーが「その方法を実際に使ったことがあるのか?
彼は言ったよ 「ああ、ある超能力者に使った事がある。彼はCIAで働いていました。」 [不鮮明な会話]
例えばソ連では遠隔操作で 絞殺する実験があるそうだ
[ラリッサ ビレンスカヤはモスクワから SRIの超能力研究の監視を任された
カミエンスキーはモスクワに、ニコライはレニングラードにいました。
カミエンスキーはニコライの首を絞めようと想像した。
ニコライは意識不明で、息ができないような感じでした。
彼は、無意識の状態になる寸前だった。そして、突然、すべてが消え去った。
モスクワのカミエンスキーが この映像の送信を止めたからだ
私は厳粛に誓います... 私の能力の及ぶ限り 合衆国憲法を維持し 保護し 守ることを...
神よ、ご加護を 私は苛立ちを覚えました 自分たちの成功に囚われているのではと
すべてが秘密になってしまったのです。家族にも話せず、電話も盗聴されているかもしれない。
このプログラムには何か秘密があるようです。秘密のプログラムとは何だ?でも、私たちは何も公表していませんでした。
私たちはCIAの担当者のところに行って、「いいですか、この実験のいくつかを公表させてください」と言いました。誰もが、"これは秘密のプログラムかもしれない "と言い始めたのです。
そこで、ベイエリアでのリモート・ビューイング実験のシリーズをまとめ、出版する許可を得ました。
TARG:彼らは、話題性のあるものは出版させてくれず、私たちの研究が持つ大きな意味合いには無関心でした。
私は悪魔と契約していたのかもしれません。私は、彼らに戻って仕事をするように言いました。
その1つが、運用面で何かをすることでした。そこで私は、何かインパクトのあるプロジェクトはないかと
何かインパクトのあるプロジェクトはないかと探しました。それは研究施設でした。それが、私たちが伝えようとしていたことのすべてでした。
PUTHOFF: これが私たちの最初の、ソビエトの第一のサイトだったわけです。パット・プライスはこの件をリモートで見ていました。
CIAの人が来て、座標を教えました そして、「ここを見てください」と言いました
彼は椅子に寄りかかり、眼鏡をかけました
私は彼を見て、「なぜ眼鏡をかけるのだろう」と思いました。
彼はいつもこう言うんだ "メガネをかけるとよく見えるから"
私は「ああ、そうか」と思いましたよ。TARG: コーヒーを飲みながら、私はこう言ったんだ "これがターゲットだ、パット。
"何が見える?" 翌朝、彼らはスケッチを持って戻ってきました。
タルグ: 私たちは彼にその絵を見せると...... 彼は「このSFファンタジーのクレーンがある」と言いました。
[私たちはそれを見て、率直に言って、その類似性に驚かされました。
TARG: そして彼は研究開発施設の大きな写真を広げ、その施設のちょうど真ん中に、巨大なガントリーホールの写真がありました。
巨大なガントリークレーンの写真がありました。
これがプライスが作成したものです。これは写真から描いたものです。
あるいは写真からスケッチしたものです。彼は、「ああ、これは巨大なクレーンだ」と言い、「誰かが歩いているのを見た」と言った。
誰かが乗って歩いているのを見た」と言い、その人は車軸か車輪の上までしか来なかった。
車輪の上か、車輪の上までしか来なかった。「パット、地下の様子はどうなんだ?
彼は「ここでやっている大きなことのひとつは、鉄で60フィートの球体を作ることだ」と言いました。
実際は58フィートです セミパラチンスクのアナリストは、ゴアのことを知らなかったそうです。
ゴアについて知りませんでした。タルグ: 彼らは最終的に直径60フィートの鋼球をロールアウトしました。
アメリカの監視衛星を撃ち落とすための粒子線兵器の格納容器の一部です。
まさにプライスの言った通りです。
最終的にはSRIのような請負業者による作戦指向のテストはすべて止めるべきだという大きな見直しが行われました。
つまり、CIAは安全保障上の懸念から、SRIと手を切り、パットと直接仕事をすることにしたのです。
それで、そのようにしたのです。ターグ:CIAはパット・プライスをワシントン郊外の農場に移しました。
彼はCIAのために日々スパイ活動をしていました。外国の大使館に侵入したり、盗聴器を仕掛けたりと
盗聴器を仕掛けました そして作戦ファイルを入手した
そこで、パット・プライスを捕まえて、この部屋に侵入した人物の1人を連れてきた
パットと一緒に部屋に入った
彼に建物の外側の写真を渡した。
しかし、その作戦部隊の目標は、大使館のコード・ルームを見つけることでした。
を見つけ、そこに盗聴器を仕掛けることでした。だから彼らは大使館に入る必要があったんです。
翌朝、警備が始まる前に脱出する必要がありました。
彼は大使館の中の物理的な場所、つまりコードルームのエリアを特定したと思われます。
だから、作戦担当者の話では、彼はその場所を見つけたので、また彼を使うべきだということです。
彼はコード・ルームの中にいました
[ソニングコート テムズ通り
それは... ソニングコートの魔法使い
もしもし?もしもし、ラッセルです -どうぞ入ってください。-ありがとうございます
ユリ・ゲラーは我々の暗号室を知っている ウリはアサドのために長い間働いていたと言っている
だからおそらく彼はパット・プライスに何が起きたかも知っているはずです
教えてください、何のための会議だったのでしょうか?議事堂の密室で何をしていた?
-実は... -誰かにブリーフィングしていたんでしょう?ええ、実際には2つか3つのシールドルームがあったんでしょうけど
でも実際は議事堂のドームの中にあるんです、シールドルームは。
そこは盗聴ができない部屋です。なぜなら、壁が鉛で覆われているなど、あらゆる素材が使われているからです。
プラグまで違う... それに... ワインセラーにもなるしね。
-ワインを飲んで酔っぱらうこともできる。
なるほど 私が欲しかったのは... 遮蔽された部屋は完璧な会話だった そうだね。
でも、パット・プライスの死について話したいんだ
パットは水中破壊工作の訓練施設について説明した
海岸から数キロメートルのところにある。その情報がリビアのデスクに伝わったんです。
そして数日後、パット・プライスは死んだ。
これがパット・プライスの最期だった。TARG: CIAはプライスを我々から雇い出した。
CIAに入社して4ヵ月後、プライスは死んだ。
大きな疑問は 殺されたのか? それとも自然死か?映画みたいに飛び降りたのか突き落とされたのか?
どう思う?救急部の人が言うには
ブリーフケースを持って彼と一緒に入ってきた人物がいて、その人物が救急治療室の主治医に、最近の心電図を見せたそうです。
グリーンブライアーの心電図を見せたそうです。
数カ月前に心電図検査を受けた施設です。この男は深刻な冠動脈疾患が蔓延していたのだ。
心臓発作を起こし、ホテルの一室で無人のまま亡くなったにもかかわらず、「彼ら」とは病院のことです。
病院と警察は検死官の事件にはしないと決めたんだ だから検死をしなかった、それは正しくないけど。
男はメモの入ったブリーフケースを持ったまま姿を消し、何の記録も残さずに遺体は持ち去られました。
火葬にされ、妻に連絡した
すごいな
プライスは心臓病を患っており、心臓発作を起こした可能性があります。以上だ 次は?
ロシアに殺されたかも そして3つ目は?-私の考えでは... 私の意見では... - そうです ...CIAはすぐに発見しました
恐ろしい問題があることに プライスの死後、彼の教会が
彼の教会が国税庁を 恐喝していたことが明らかになりました
ファイルキャビネットに 彼の資料があった この教会は政府と問題があったんだ。
「彼は教会関係者の元に戻り」「自分が話した事や私の言った事を 直ぐに報告するのです
とか、私が言ったこととか...。ここで、水の上を歩いていた男は裏切り者だった。
彼は教会のスパイではなかったと思います。私はショックで打ちのめされました
こんなことは知らなかったからです もし、彼が大統領のオフィスに入って、核の暗号を読んだら、
スーパーマンが二重スパイだと分かったらどうする?
もし、彼が理解していなくて、 誤解していたら、
教会で懺悔することができたとしたら。
私は、彼を許します。それはパットのせいではない インテリジェンスを知り、世界で何が起こっているかを知り、
ある機関で働いていたことがある
彼の話をもう少し詳しく知っている それこそが、私があなたと話したいと思った理由です。そして、そんな貴重な人たち
は決して連れ出さない。すごい誘惑してくるんですよ。
状況証拠となる金で...
住居や家、彼らのために働くように。彼らは決して... これは金の卵を産むガチョウを殺すようなものです。
デバイスは、CIAがこの毒薬で人々を殺すことを可能にした...
人を殺すための... このピストルが矢を放つのですか?






そうです、議長、特殊なものが開発され、知覚なしにターゲットに入ることができる可能性があります。
さて、CIAは心臓発作の銃を持っていた - それが明らかになった。-さてと...
CIAは人を殺すのが仕事ではありません。
彼らは非常に複雑な殺人マシンを 作るのが仕事だったんだ
そのために多くの問題を抱えた パットが殺される直前を見ました -彼は私たちに会いに来ていた -そうです...
でも、帰る前に何人かの友人に電話して、奇妙な方法で別れを告げていました。
要するに、彼は自分の死を予言していたんですね。そして、100万ドルの生命保険に加入した
空港で妻のアンに渡すためにね ほらね、知らなかったんだ。面白いですね。そして、彼はソルトレークにいる息子を訪ねる旅に変更した
ソルトレークに... ゲラー:多分、彼はもうすぐ死ぬという霊感があったのでしょう。
彼は世界で最も偉大な超能力者の一人だったに違いありません。そうですね
軍のリモート・ビューワーの中には、数年後にプライスの死について自分たちにタスクを課し、彼がまだ生きていて、仕事中であると判断した者もいます。
もちろん、これは単なる憶測に過ぎません。これは完全に無記名式だ もっといい方法がある
[オペラ音楽]
その直後、ハルと私は調査のためワシントンに呼び戻されました
調査のためです CIAはSRIとの契約を打ち切ることで、その目的を達成しようとした。
パットの死後発表されたアビエーション・ウィークの記事がセミパラチンスクの血の海に関するパットの記述と完全に一致したためであった。
米国諜報機関の誰も知らなかったことである。これは権力の中枢を揺るがし、ロシアのサイキックスパイに対する新たな恐怖を引き起こした。
問題は、「なぜ」なのか、ということです。昨年の7月、8月に何が起きていたのか?下院情報監視委員会は
カリフォルニアの超能力者たちに、他の誰も知り得なかった情報を与えた
カリフォルニアの超能力者たちに、他の諜報機関では得られないような情報を与えてしまったのです。実は、私は彼らに説明する機会を得たことに興奮していました。
というのも、私たちのキャリアにおいて、私たちのしていることを知る上層部の人間が多ければ多いほど、
というのも、この時点では、私たちの活動を知っている上層部が多ければ多いほど、プログラムを前進させるためのサポートが得られるからです。残念なことに、今日、私たちは、米国の信用を失墜させるためにロシアが行ってきた
米国を信用せず西側諸国を弱体化させるというロシア側の努力は今に始まった事ではありません [チャーリー・ローズ議員]
TARG:4人の上院議員が、これを続けるために戦っていました。
次は何でしょう?新しい鉄のカーテンを見ているのでしょうか?
新しい鉄のカーテンが東ヨーロッパにかかるのか?私たちはもう10年支持されました
[オペラ座の音楽]
ある物理学者は、もう物理を教える意味がないと言いました。なぜなら、私たちは知るべきことをすべて学んだからです。
今になって振り返ってみると、私たちが知っていると思っていたことは、ほんのわずかな断片だったのです。
CIAは公にリモートビューイングを否定し、パット・プライスの死後、このテーマへの関心を終わらせたと主張していますが。
SRIの知名度が上がったことで、情報機関のあらゆる部門と提携することになりました。
国防情報局は1978年に米陸軍と契約を結びました。
男:始まりましたね。しかし、陸軍の場合、それは当然ながら訓練から始まります。メリーランド州フォート・ミードにいる3000人以上の兵士は、陸軍情報部によってスクリーニングされました。
陸軍情報部によって審査され、このプログラムの先頭に立つトップ6が選ばれました。
中隊に入ったその最初の日... 普通の兵士たちです。
ベトナム帰還兵で、地雷を避けるコツを知っているため選ばれた。CIA はそれを好まなかった。
情報漏えいの原因になった 最も多くの勲章を受けたのは、リモート・ビューワー001。
ジョー・マクモニーグル准尉だ スタンフォード美術館が最初の遠隔視察だった。
その後、さらに5回のトライアルを行いました。6人の軍人のボランティアと合わせて、36回の試行を行いました。
36回の試行のうち、偶然には6回しか当たらないはずの1位を19回取ることができました。
このような素晴らしい結果が得られる確率は、100万分の1よりも高いのです。
STEPHAN: ジョーはレジオン・オブ・メリットを獲得しました。これはとても大きなことです。それは2番目に高い非戦闘員賞です
The military gives. 彼はより多くのライブからテープへのリモートビューイングを行った
誰よりも多く行っています。ターグ: 彼は偉大な預言者たちが住む山の頂上に住んでいるのです。
1995年にプログラムの一部が公開され、その後、CIAによって否定された時、彼は最初に発言しました。
イランでアメリカ人の人質を見つけるのに役立ったかもしれません。他にも2〜3人、大使館から離れた場所で拘束された人が居ましたが
大使館から離れた場所で、誰もその場所を正確に把握していないようでした。私たちはその場所の特定に貢献しました。
私は米軍から6年連続でリモートビューイングをするための給料をもらっていました。
そして実際、これまで一緒に仕事をした中で最もサイキックな人物の一人であることがわかりました。何もないところから
自分の知らないことを、自分の頭で理解することができるのです。
リモートビューイングは、スキップ・アトウォーターが最初に教えてくれた。そのとき私は、ふと思ったのです。
私は防諜活動を9年か10年やってきて、「ウェッブ大佐、マインド・リーチという本を持ってきました」と言いました。
この本に書いてあることが本当なら、この国の防諜活動には大きなギャップがありますね。
この本に書いてあることが本当なら、この国の防諜活動には大きなギャップがある」と。
「もしこれが本当なら、この本で言われていることは、「これは私たちが目を向けていないことだ」と言うのです。
これは、実際、情報機関にとって脅威となるかもしれません。
ターグ: 私たちの最も偉大な作戦成功の一つは、ジョー・マクモニーグルがロシアの巨大潜水艦をピンポイントで描写した時です。
巨大なロシアの潜水艦を、全く予期しない場所で発見したことです。
とても大きなビルがあったんです。私たちは通常の手段では十分な情報を持っていませんでした。
その建物の中に何が建っているのかを知るには、通常の手段では十分な情報がなかったのです。
マクモニーグル:その建物は海から何百メートルも離れていました。リモート・ビューイングを通じて私が判断したのは
新しい潜水艦を建造しているのだろうということでした。その潜水艦は、双子の穴が開いているのが特徴です。
穴はこのようにくっついていたのです。だから、双子の穴のある、とても幅の広い潜水艦だったのです。
当時あったどの潜水艦よりも半ガンほど大きい。その上、何十もの新機能を備えている。
私は、120日後に発射すると言いました。しかし、CIAの上級士官はこれに反対しました。
彼は114日後にその地域を見るように手配しました。
そして、実際に史上最大の潜水艦を打ち上げていたのです。タイフーン級潜水艦TK-089と呼ばれるものだ。
その人物から得た唯一の回答は「運が良かった」というものだった。
その人物はロバート・ゲイツだった。納税者のお金を使う価値があると感じたことは?
まあ、私が言えることは、おそらく私が意識する立場にあった20年か25年の間、
この種の活動が政策決定に重要な貢献をしたと記録された例は1つもありません。
このような活動が、政策決定や、政策決定者に重要な情報を提供することに、何ら重要な貢献をしたと記録されている例を、私は知りません。
1983年10月、ジョン・マーシュ陸軍長官は、INSCOMのバスビー中佐から説明を受けた。
彼の報告書によると、700のリモート・ビューイング・ミッションのうち350、つまり50%が情報価値を有すると判断された。
また、85%がリモート・ビューイングの肯定的な証拠を示しています。ターグ: 我々はおそらく4日間でソビエトの全潜水艦よりも多くの情報をその一隻の潜水艦について収集した
4日間でソ連邦の全潜水艦より多くの情報を収集しました 理解してほしいのは
このプログラムは失敗ではなく 成果に基づいて運営されていたのです
年単位で資金が提供されていたという事実が、なぜ20年間も存続したかを雄弁に物語っています。
このプログラムの主唱者は、任務という点では、おそらく他のどの機関よりもリモート・ビューイングを利用した
CIAでした。ゲイツが言ったことはよく知ってる、何もない...
何の意味も無いから閉鎖したんだ ここにあるものを読ませてくれ
ジョーはレジオン・オブ・メリットを受賞した そしてジョーは引退後、これを手に入れた。「指揮官として、その才能と専門知識を駆使し、
"200以上の任務を遂行し""150以上の重要な情報要素に対処した"
これらのEEI(Essential Elements of Information)には、軍の最高幹部から報告された重要な情報が含まれていました。
統合参謀本部、DIA、NSA、CIA、DEA、シークレット・サービスなどの国家機関を含む、軍や政府の最高幹部から報告された重要な情報が含まれています。
DEA、シークレットサービスなどの国家機関が、他の情報源では得られないような重要な情報を提供している。
ということは、ゲイツは真実を語っていなかったということになりますね。
マクモニーグル:私たちは、5つの政権から連続して全面的な支持を得ていました。カーターは立ち上がり、「私たちはこの素晴らしいことをした」と言いました。
「ツポレフ爆撃機を発見したとき "と。そして報道陣から "どうやって見つけたんだ?"と言われました。
彼は言った "我々は超能力を使った"
ターグ: 我々はカーター大統領に会いに行く途中だ ザイールで撃墜されたロシアの爆撃機を発見する我々の任務について彼と話をする。
ソ連が見つける前に ソ連の爆撃機をジャングルから救い出すのを手伝ったんだ
彼が最近の自伝の中でしたように、それを認めるかどうか見てみましょう。JIMMY CARTER: ある時、アフリカのどこかで小さな飛行機が墜落したことがありました。
その飛行機が墜落した場所を見つけるために、私たちはとても努力しました。
そして、監視では見つけることができませんでした。そこで、CIA長官が
カリフォルニアに霊媒師か何かをやっている女性がいることを知りました。彼女の肩書きは知りません。
彼女は彼に飛行機の位置の緯度と経度を教えました
飛行機がどこにあるのか 私たちは、彼女が言った場所に飛行機を見つけました。そのときだけです。
大統領在任中に不可解なことを経験したのは、その時だけでした。
ある晩、私はオフィスに呼び出されました。私は遅くまで仕事をしていたのですが、"あなたには探し物ができる人が何人かいるそうですね "と言われたのです。
私は、「ええ、SRIの契約社員がいます。SRIにはスタッフがいますよ」と言いました。すると彼らは、「これは本当に極秘なんだ。
このプロジェクトは最高機密で、読む前に焼くようなものです。ここに行方不明になった飛行機の写真があります。どうしたらアフリカに行けるか。
ソ連が到着する前に飛行機を手に入れるにはどうしたらいいか?
それは脱北者だった。彼はこの飛行機を燃料がなくなるまで南下させたんです。
飛行機は走り続けました。でも、まだ燃料はあったんです。だから見つからなかったんです。なかったんです。
私は「それは探す場所を間違えているからだ」と言いました。こっちを見ろ [この時点で、情報機関全体が関わっていたんです
彼女はこれを描いた で、私はそのスケッチを手に取り... これがスケッチで、捜索隊に渡した
私はこの巨大な地図を見ていた そして、こっちは200マイル、こっちは200マイルと書いてある 彼女はその地図を見て、地図の上に行き、
"こっちだ。ここにある" ピンは地図に刺さった 彼らはヘリコプターを送り込み、その地域を調査しました。
着陸して間もなく、ジャングルから先住民が金属片を持って出てきたんです。
それは墜落した飛行機のものだと判明しました。そして、それは実際の現場から約1.6kmのところにあったのです。実際の現場があった場所です。
飛行機が発見される前に、すべての情報が現地にあったのです。CIA はそれを特別にチェックしました NSA も同様です
私の話が本当である事を確認する為です 情報は、それがどこにあるのかを知る前に、そこにあったのです。
デイルとカーター大統領に言及したスケッチを描いた女性は空軍将校でした。
彼女とSRIのリモートビューワーは事件の成功に欠かせない存在でしたが、名乗り出ることはありませんでした。
SRIの研究により、リモートビューイングには科学的な限界や、それを説明する理論すら予測できないことがわかりました。
チームは次々と成功を収め、指揮系統の上層部では疑問視されていました。
このようなことが可能なのか?私は、「リモート・ビューイング実験を行いました。
その結果は重要です。" 彼は「1人は目が見えないし、もう1人は頭がおかしい」と言いました。
-超能力を調べるには最適のチームだ。そう思ったんです やれやれ
もちろん、知りたくない人には対処のしようがありません。嵐が始まる。
そして、研究開発室の新しい室長が誕生しました。彼は、超常現象の現実を受け入れることができなかった。
こんなことは現実にはありえないと思ったという。すると、部屋の後ろにいた男が飛び起きて、「私はこれが何か知っている」と言ったんです。
「誰かが我々のどちらが騙されやすいかノートを取っている。」「ノートを取っているのが誰であれ、私はこんなものは買わないぞ」。
そして、彼は出て行きました。1週間後、私は戻ってきて、「評価しましたか。どう思ったか教えてくれませんか」と言いました。
彼は "いや、評価してない "と言ったんです。そして、"するつもりはない "と言ったんです。私は "何?"と言った
私たちは原理主義者です 何かあるかも知れないが、悪魔的なものかも知れない。
[私たちは何もしたくないわ 「あなたは悪魔と手を結んだ人々と
"悪魔と手を組んでいる""反キリスト主義に加担している"
そして、私はデータを手に取り、外に出た。頭蓋骨の向こうに意識はないと考える否定派
アメリカ社会で強力な力を持っています。彼らは事実を尊重せず、受け入れもしないので、反科学です。
彼らは事実を尊重せず、受け入れないからです。彼らは信仰に基づいた世界観を持っている人々なのです。
特定の種類と教義への信仰に基づいている人々です。[不明瞭なおしゃべり]
ドグマについてです その通りです。宗教的な観点から見ると...
つまり、それを恐れる人たち、それは地球上の半分の人たちです。
だからダメージが大きい、それは... 私は、ある上級議員をカメラに収めました
カメラの前で、ある上院議員が立ち上がって言いました。「あなたは、悪魔の仕業です。
「地獄の業火に焼かれるであろう」と言いました と言って立ち去りました。それが上級議員です。
同じ会議で、コーヒーを飲むために休憩した時、別の上級議員に抱きつかれて
抱きしめて耳元で囁いたんだ "お前は神の仕事をしてるんだ "ってね さて、どれが一番怖いですか?
私は超常現象の研究は重要だと思います なぜなら、それは現実の本質的な部分であり
科学がまだ注目していない 現実の本質的な部分だからです さらに、その周辺には多くの誤解があります
何の証拠もなく、「そんなものはない」と決めつけてしまうのです。
それは単なるドグマに過ぎないのです。科学はドグマであってはならないのです。
どれだけの人が、唯物論的なパラダイムに当てはまらないものを目撃したと言っていますか?
そして、「あなたの経験は我々のドグマに合致していない」という理由で、あなたは騙されていると言われるのです。
これは非常に根本的な反科学的行為で、全くもって呆れるばかりです。私は科学が好きで、この驚異的な進化を尊敬しているので
過去400年にわたる科学の驚異的な進化を尊敬しているからです。しかし、科学の権威を語る人が
科学の権威が、例えば、全ての経験は脳の働きによるものでしかない、と言うのです。
例えば、科学の権威が、「すべての経験は脳の働きによるもので、唯物論的パラダイムで説明できないような経験をしたら、それは妄想だ」と言ったとします。
これは人間性を奪うものであり、傲慢であり、尊大であり、閉鎖的です。そして、これらの用語は、科学の定義や説明と同じ段落に来るべきではありません。
科学の定義と説明の同じ段落に来るべきではないのです。証拠が圧倒的に多くなれば
そして、そのうねりは大きくなりつつあります。もしあなたがまだ、心は創発的なものにすぎないと
「心は脳の創発的性質に過ぎない」と主張するならば、それは広く認識されるでしょう。あなたは無知なだけなのです。
物理学で重要なのは、物理学は常に進化しており、物理学の知識は常に拡大しているということです。
今日、人々が不可能と否定した現象が、明日には不可能と否定されないかもしれません。
なぜなら明日にはもっと広範な物理学理論が確立されているからです HOST: この次の素晴らしい現実に入りましょう。
そして最も物議をかもしたのが この人たちです ショックを受けました 反対するものを見つけてしまったのです
こちらは筋金入りの科学者です。ここに来れてとてもうれしいです。私の名前はラッセル・ターグです そして物理学者です
スタンフォード研究所で行っている 超能力の研究に関してお話します...
[スリリングな楽器演奏]
私はウィキペディアの小さなページに シカゴで生まれ、コロンビア大学に進学したと書いてありました
ハル・プソフと共に リモート・ビューイングという疑似科学に取り組んでいました
フィッシュ&チップスと紅茶を食べる機会がありました。ついにイギリスに来たんですね。
その通り [この頃私は病気がちでしたから、自分の伝記をそんな一面的なものにしたくなかったんです。
伝記を一面的なものに したくなかったんです だから、私はレーザー開発のパイオニアであったことを書きました。
レーザーの論文をたくさん発表したのですが、ウィキペディアのマスターは私のレーザーの論文を全部消し続けていたのです。
彼らは私に言いました。「人々はあなたのレーザー研究に興味はない。"我々は、疑似科学の仕事について知りたいだけだ "と。
私は言った "私の人生のほとんどは レーザーに費やされた" 彼らはそれを許可しなかった ウィキペディアから追放されました。
ついに、ブライアン・ジョセフソンという助っ人を得ました。ジョセフソンの取り成しによってのみ、
ジョセフソンの取り成しによって、私の伝記をスピードアップさせることができたのです。
意識は量子論に組み込まれているとお考えですか?
もちろん、これは極めて異端なことです。しかし、幸いなことに、私は終身在職権を得ただけでなく、退職しました。
退職しましたので、異端者であることを心配する必要はありません。
[とにかく、この人たちはあなたの写真を撮っているの?
インタビューされてるのか?そうです。-そうなの?-そうだ
何のために?
ええと、ある調査のためです。-何?-何か研究してるの?-そうだ
そう やっと本当のことを言えたわけだ まあ、実際、人々はノーベル賞受賞者を排除しようとは思わないでしょう。
ノーベル賞受賞者を追い出そうとは思わないでしょう。ですから、私ができることについては、多かれ少なかれ自由がありました。
資金調達は別問題でした。ジョセフソン以外の人と一緒に仕事をしたら、資金を出すよ」と言われたこともありました。
-ドク!-やめてくれないか?私は正気だ!手遅れになる前に、私を救出するんだ [そうだ]
私たちの研究に興味を持った 批評家たちが研究室にやってきました
実験に参加してもらい リモート・ビューイングを体験してもらう 本当によく当たるんだ
[最大の懐疑論者の一人は国防次官のウォルター・ラバージです。
メンローパークの狂った科学者についてのリークを聞き続けていた。そこで彼は空軍のヘリで訪問することにしました。
SRIのキャンパスの芝生に着陸し、ハルとラッセルの控えめな姿に、かなりの埃をかぶせた。
バカバカしいと思いながらも、ラバージは自分が被験者になることを許した。
ラバージは、超能力の経験がないにもかかわらず、自分のアタッシェが隠れている場所を正確に、しかも詳細に想像した。そして、彼はチームの最大の支援者の一人となった。
他の上院議員、下院議員、将軍も研究所を訪れ、同じような結果を得た。
しかし、秘密にしていたのに、どうやってそれを証明するのだろう。
直感的な能力が一般的であることを示す最初の手がかりは、あるリモート・ビューワーが仕事に現れなかったときに得られました。
プトフ:そこで、コスタリカのサンホセという山国の中心部に行く機会がありました。
そして、毎日、カリフォルニアにいるリモート・ビューワーが、何が起こったかを説明してくれました。
ある日、私はトリックを行う機会を得ました。飛行機に乗って、コロンビアに属する島に降り立ちました。
コロンビアに属している島に着陸しました。その日、リモートビューワーが現れなかったことも判明した。
そこでラッセルは、"よし、私がリモートビューイングをやろう "と決めたんです。どうすればいいんだ?ラッセルはこのデータを抑えようとしたんですね。
でも、どんどん入ってくるんです。彼は言った、「わかった、僕は間違ってたんだ、空港にいる理由なんてないんだ。
"それだけでなく、滑走路の先には海が見える" コスタリカのサンホセには何マイルも離れたところに海があるんだ。
実際、私はそこにいたんですよちょっと寄り道したんです。男: その写真は君が撮ったのか?
他の人が撮りました このデータが出来た時 彼らは同じ角度から撮ったのです
科学者でも上手にリモートビューイングができることが描かれています。このことがきっかけで、CIA の指導者は、全く心理学的能力のない人物を
超能力が全くない人を連れてきて、彼らのベストに対する基準値を求めるようにという依頼がありました。
それはあまりうまくいきませんでした。彼女は統計的に、悪名高いパット・プライスをも凌ぐ、最高の結果を出しました。
ターグ: 私たちは、このプログラムの対照となる人物を連れてくるよう依頼され、私はヘラ・ハミッドと仕事をすることにしました。
彼女は家族の古い友人でした。彼女は、これまで超能力の実験をしたことがないと約束してくれました。
ヘラ・ハミッドにお願いすることにしました。
これはラス・ターグとヘラ・ハミッドとのリモート・ビューイング実験である。今日は1974年10月11日(金)です。
現在、午後4時20分。ラス・ターグとヘラ・ハミッドはSRIの1階研究室にいる。
ハルはSRIを出発した。彼はランダムに選ばれた行き先を選択する。
ハルは見上げています 3〜4階建ての構造物を
奇妙なジグザグが...山のように水平に連なっています。
が重なっている。ただの形かもしれません。
これは、ヘラ・ハミッドが初めてリモート・ビューイングを受けたとき、ハル・プソフが立っていた場所にちょうど当てはまります。
おそらく最も危険な秘密は、ラッセル・ターグが生涯をかけて明らかにした、誰でも超能力者になれるというものです。
誰もがサイキックになれるということです。
そして、我々は今、絵や説明を必要とするターゲットを持っています。
そこで、心を静めて、あなたの意識の中に現れる驚くべきイメージを、少しスケッチしていただきたいと思います。
ポールの居場所に関する形や姿を紙に書き留めたいのです。
ポールがいて、シンシアが明るい緑のドレスを着ていて、何か面白い場所にいる。
[水が流れる]
[水の流れる音] 観客の中に水の流れる音はありますか?女: これは滝が流れ落ちたところです。
男: ページ全体が滝です。私がこの会議に参加した最大の目的は
世界的なリモートビューワーになるには どうすればいいか 実際にやってみることです 信じられませんでした。
でも、実際にやってみると違うんですよね...。実際にやってみると違うんです。
私は正式な訓練を受けていません。これは、もしあなたが何かに心を砕くなら、それは........................というメッセージを人々に送ることなんです。
そう、それは... すべては可能だ。世界はあなたのものです。多くの人がそれを可能にしたとき、それは私だけのものではありません。
それは私だけの力ではなく、私たちみんなの力です。
これは科学的なことです。みんな本当にハードコアデータを欲しがっているんです。
LIM:本当に人間であるとはどういうことか、どういう意味であれ、ちゃんとした人間であるとはどういうことか、という疑問がまだ残っていると思います。
そして、私たちの本質とは何なのか。もし世界がその答えにアクセスできたら、すべてが変わると思います。
すべてが変わると思います。というわけで、なかなかよさそうです。ラスベガスで会いましょう
サイキック能力は本物です。そして今、私たちはインターネット上で無料のESPテスターを手に入れました。
終わる頃にはNASAが宇宙飛行士について知っているよりもリモートビューワーについて知っていることが多くなりました。彼らには何の違いもありません。
彼らは普通の人たちです。音楽の才能と同じで、名人もいれば、音痴もいる。
音痴の人がいるように 私たちの文化では、"超能力 "に価値を見出す人はいないんです。
人間であることが基本なのです。
超能力は私たちが考えているよりずっと一般的なものなのでしょうか?1975年当時、CIAの内部諜報員でさえも密かに行っていたのです。
最初のプログラム・マネージャーのケン・クレスによると 今、OTSの周りの数人が判明しました。
フランシーンという女性とエドという男性です。彼らは被験者になりたいと考えました。
被験者。彼らは今はCIAの職員です。SRIの職員ではありません。
実際にリビアのアナリストと接触させたんです。フランシーヌからちんぷんかんぷんだったのは覚えてる。
エドはエンジニアだった だからパットのように具体的な話を持ち出してくるんです。ソ連のレーダーが見えると言うんだ
"防空システムに関係するレーダーだ "とね。彼はこのようなことを何度も何度も言ってくるんです。
それを全部まとめてリビアのアナリストに送りました。
彼はこう言った 「まだ調査していないエージェントがいるんだが... ...そいつも似たようなことを言ってる」
"似たようなことを言ってる "と それで私は... ["初耳だ "と言ったよ
彼らが私達と一緒にいた時、私達のモデルに欠陥が無いか 見に来たのか、それとも
それとも訓練を受けに来たのか、あるいはその両方なのか。そうですね、ちょっと裏技があったかもしれません
裏技とでも言いましょうか... 評価者として送り出したかもしれない。
彼らは参加者としての意欲を持っていたかもしれません。[笑]
TARG:1981年までに、このプログラムはますます運用されるようになっていました。
政府は研究に対してあまり興味を示さなくなりました。私は、このような秘密主義から解放されたかったのです。
科学的な観点からはあまり良いことではありませんでしたが、一方で、もちろん資金調達の観点からは文句のつけようがないものでした。
ターグ:その話を契約担当者にしたところ、「ラス、我々はもう研究をしていないことを知ってるだろ」と言われました。
そこで私は、「では、これを見てもらえませんか?私たちがやっていることについて考えてみませんか?彼は言ったよ "考えるために給料をもらっているんじゃない。
私は、CIAがあなたに何をさせたいかを調べて、それを実行させるために給料をもらっているのです" と言いました。
私は悲嘆に暮れました。ハルとインゴはかつてないほど秘密主義になった。そして今、インゴは陸軍のサイキックの責任者になっている。
プログラムを複雑にして、彼だけが教えられるようにしたのです。
そして私は、パートナーのハルから、私が本当にプログラムに貢献しているのかどうか、疑問を呈するメモを受け取りました。
SRIの最も興味深いデータは、ラッセルが退職を望んだ理由そのものを指し示していました。
それは、あまりに大きな秘密だったので、もし一般の人々が本当にそれを手に入れることができれば、敵同士を結びつけ、世界を変えることになるかもしれないと思ったのです。
ラッセルはアイデアマンで、悪い科学者を追い込むようなところがあった。
ラッセルはアイデアマンで、悪の科学者的なものを押し出していたが、実はある程度その役になりきっていた。






プトフ:1985年にこの地を離れることを決意したとき。そこには何十人ものサイキックがいましたし、たくさんの研究所がありました。
コンサルタントなど、さまざまな人がいました。結局、私は研究以外のことに時間を使うことになりました。
人事や資金調達の問題、助成金や提案書の作成などです。
朝起きてから、「本当は、研究に戻りたいんだけどな」と言わなければならなかったんです。
ゴルバチョフさん、この壁を取り壊してください。タルグ:私はもう秘密はないと言っているのです。
SRIの超能力を使った諜報活動は さらに10年間続けられました ほとんど気づかれることなく 彼らの最大の成果の1つが 最も悪名高いリークとなるまで
最も悪名高いリークとなりました。コンゴで墜落したロシアの爆撃機を発見したジミー・カーターの話を覚えていますか?
1995年、カーター大統領はエモリー大学で講演し、こう語りました。
CNNに我々の極秘プログラムを偶然にも暴露してしまったのです。レポーター: 学生たちは、深刻なものから軽快なものまで、さまざまなトピックについて質問を提出しました。
そしていつものように、カーター大統領はそれらにすべて答えました。ターグ:その情報の公開は、SRIでの削除視聴プログラムの終了に貢献しました。
SRIの削除プログラム終了に貢献した。
ナレーター:ラッセルとハルが去った後、プログラムはエド・メイの下で続けられましたが、やがてギラギラした要素に直面するようになりました。
ですから、私は情報機関に対し、今後数年間は私たちの行動を監視するようお願いし... ナレーター:CIAは公然と陸軍が運営するプログラムを揶揄しました。
そして結局、彼らは再びそれを引き受けるよう要請されたのです。情報機関にとっては優先順位がかなり低いので、外部でやった方が良いのです。
その代わり、「作戦情報にとって価値があるかどうか」を第三者機関に報告するよう依頼されました。
これが今夜のレポートです さて、これらの話は結局どうなんでしょう?CIA が依頼した 2 人の専門家の意見は一致していません。
まず、オレゴン大学の心理学者、レイ・ハイマンがいます。私の判断は、もし誰かが今、私を強く押せば、
99対1の確率で、何もないと思います。
リモートビューイングは20年以上にわたって実証されてきました。
エド・メイはAIRの報告書の作成方法に非常に怒っていました。彼は、運用中のリモートビューイングを調査しなかったことに怒っていました。
また、遠隔視聴者と話をすることを許可されなかったことにも怒っていました。AIRの報告書があまりに焦点を絞ったので、本当は、このような報告書があったかもしれないと、とてもがっかりしていたようです。
そのため、このプログラムを中止させるという結論が予め決められていたのかもしれません。まだ実証されていないという人は、データをちゃんと見ていないのだと思います。
率直に言って、人々はデータを見ようとはしません。彼らには彼らの世界観があります。その世界観を揺るがされたくないのです。
しかし、本当の意味でオープンマインドでデータを見れば、誰でも納得するはずです。私は100%確信しました。
100%確信しました。私は100%確信しました それは潜在的に本当の
100%確信しました。そして、それは決してあり得ないと100%確信しました。
INTERVIEWER: なぜですか?私はこの製品が有用なツールになるはずだと考えていたのですが
無視され、否定され、さらに、後に取り下げられました。
それは、スーパースターを見つけるための被験者の選別です。アナウンサー:特別な才能を見つけるために慎重にテストされるのですね。
グリーン:私たちが特定したと思っていたツールを使うのですが、当時は政治的に正しくなかったのです。
今なら政治的に可能な手段を使って...
さあ、どうぞ。さて、あなたはここにいます。本当に到着しました。これで少しは緊張が解けたでしょう。
あなたは潜在的な能力を持っています 多分多くの人間が持っています ある種のトレーニング・プログラムか何かで 何人かの人間からそれを引き出すことができるでしょう
トレーニング・プログラムか何かで、最終的にこうなってしまうのです。
UTTS:私たちが報告書を作成した後、数カ月から1年後くらいに、政府の高官から電話がありました。
これは本当なのか、と。私は「報告書に書いたことは本当です」と答えました。
すると彼は、「作戦行動にアクセスできるかどうか調べてみる」と言いました。彼は私に電話をかけてきて、「アクセスはできた」と言ったわ。
ジェシカはアメリカ統計学会の会長で、数字上ではリモートビューイングはアスピリンより効き目があると言っています。
CIA は何をそんなに隠そうとしていたのでしょうか?最高のデータさえ見せることを許さなかったのでしょうか?なぜCIAは普通の陸軍兵士が好きだったのでしょうか?
我々は5つの政権から連続して全面的な支持を受けていた。
5つの政権から連続して支持されたんだ ラッセル 内密に [笑]
だから、とても勉強になる旅でした。友人というのは誰なのか、わからないものです。DCIからプロジェクト終了を告げられて以来
それでおしまいです。ナレーター:ケンはパット・プライスの死の直前にCIAプログラム・マネージャーを解任された。
彼は、CIAの関与はプライスで終わったと思い込んでいる。とはいえ、スターゲイト・プログラムについてはチャンネルを外して議論していたらしいが。
つまり、機密でない場所で機密プログラムについて話しているのなら、セキュリティ違反のように見えるので、さらに調査する必要があるのです。
さて、どうする?無視すれば解決する、という賭けでした。私への提案は、まあ、みんなが不思議に思う程度にしておけ、というものでした。
しかし、もしあなたが文句を言い始めたら、私たちにはプログラムがあるのだということが証明されてしまう。彼らは、そのようなことは望んでいませんでした。
NARRATOR: ラッセルは、SRI時代の最も華々しいスパイの1人と初めて面会しましたが、その時は来ませんでした。
後日、そのエージェントから電話があり、彼らはまだやっていて、そのことについて話すのを恐れているとのことだった。
笑いの要素を超えて、何が大きな問題だったのだろうか。これはどういうことなのだろう?
私たちは、この大きな絵を見逃しているのでしょうか?そして... いや、それは違う。前に言ったように、ええと...
二人... 私が信頼する2人の人物... その内の1人は知るべき立場にあり プログラムはまだ進行中だと言っている
本当ですか?リモート・ビューイングがどれほど役に立つか?ラッセルはどこまでやるのでしょう
ラッセルはどこまで知っているのでしょうか?これはラッセルがインゴが中国を予言したのを見た後
インゴが中国の原爆実験を3日前に予知したのを見た後、またステファン・シュワルツが同様のことをした後、考えたものです。
ラッセルは、インゴが中国の原爆実験を3日前に予知したことや、ステファン・シュワルツが同様の予知をしたことを見て、このことを考えるようになった。そして、最後に、旧友の幽霊から小包が送られてきた。
その時、旧友の幽霊から、長年悩まされてきた給水塔に関する小包を受け取ったのです。
PAT: 浄水場のような印象を受けますね。貯水タンクのようです。
この下にサービスルームがあります。ナレーター:パット・プライスの最初の一連の実験で、彼はこのプールの形と寸法を12インチ以内で的中させました。
しかし、彼はそれを浄水場と呼び、給水塔まで描きましたが、これは的の全体像を見逃すことになりました。
ターグ:パット・プライスの死後、数年経ってから私は歴史的な絵本を受け取りました。パロアルトの市政担当者から贈られたものでした。
その絵本を開くと、リンコナダ公園は75年前、浄水場だったことがわかるんです。
そして、プライスが示していた2つの水槽は、確かに彼が置いた場所にあった。
75年前のパロアルトの街では、間違いなく一番高いものだったでしょう。
パットが教えてくれた「時代を超えた意識」を手に、私はスパイの仕事をやめて、世界を目覚めさせようと計画を練った。
世界を目覚めさせる計画を立てました。9時だ。9時7分の入札
これは1983年頃のニューヨークの商品取引所です。ラッセル・ターグの新会社デルフィはここで
自分たちが超能力者であることを世界に知らしめることにしたのです。トニー・ホワイト: 私たちは銀の価格を2~4日前に 予測していました。
投資家は6桁の利益を得ました。タルグ: 私が超能力スパイであったときにはできなかったことです。
ウォールストリート・ジャーナルの表紙を飾ったこともあります。
9回中9回です。繰り返しますが、人生において、何事も9回中9回的中させることは
前代未聞です しかし、もっと派手で成功した取引のいくつかは、実はショートサイドの取引でした。
市場が下落することを予測して、トレンドに逆らうような取引をしていたのです。TARG: しかし、まだ解明されていない要素もあります。
だから、私は自分の貯蓄を、遠隔で未来を見ることの背後に置くことはしないでしょう。
ナレーター:投資家の要求と自分たちの成功の重みが、第2ラウンドをうまくいかなくさせました。
資金が枯渇し、懐疑論者が襲いかかってきたのだ。ラッセルは超能力についての彼の主張を証明するために、さらに遠くへ行く必要がありました。
かなり遠くまで
ターグ:彼らが最初に私を招待したとき、彼らの手紙には「プロパガンダを交換するためにソ連に来てください」と書かれていました。
私はそれについて大きな懸念は持っていませんでした。ラッセルを信頼していましたから。グリーン:彼は許可を取るというプロセスを踏んでいたんですね。
私はそう思っていました。実際、私はそのことに自信を持っています。そうしなければ、彼は牢屋に入っていたでしょうから。
いいえ、私はロシアに行くのに何の許可も得ていません。ただ行っただけだ。もちろん、秘密情報を明かすわけにはいかない。
独立を宣言して出て行ったんです。彼らは、"ここにいる限り、何か見たいものはないか?"と言ってきた。
私は、「ああ、そうですね。ブレジネフのオフィスを覗いてみたいんです」。彼がどこに座っているのか、見てみたいんだ。
ヘラ・ハミッドと一緒にクレムリンのブレジネフ首相のオフィスを描写するのが目標だったこともあるんですよ。
当初は誰がコントロール役だったのですか?その通りです。そして実際、それは彼女が説明した通りです。
赤い革張りのドアがあって、鋲で止められている。
右側に大きな机、左側に窓、そして机の後ろの壁にドアがあります。
私たちは下のコンピュータールームには降りなかった。ソ連科学アカデミーで話をするとき
例えば、ある物理学者が立ち上がって、「経験豊かな視聴者が地球上のどこにでも注意を向けることができれば
地球上のどこにでも注意を向けることができるのなら、もう何も隠すことはできないようだ。
本当でしょうか?ターグ:これには会場のロシア人たちもかなりショックを受けていましたね。ティーカップがガラガラと音を立てるのが聞こえましたよ。
秘密という考え方は、私たちの本性ではありません。開放性です。
40年前、私はまさにこの場所に立っていました。
ロシアとアメリカの科学者が一緒に働くとは誰も予想していなかったと思います。
[ディキシーランド・ジャズ演奏]
1987年、私はロシアでリモートビューイングを教え始めました
その時、ロシアでは誰もこのことを知りませんでした。
ユーリイはラッセルが旅先で出会ったロシアの心理学者の一人です。そして今、彼は寒さの中から出てきて、友人たちを連れてきました。
YURIY: 私がアメリカ合衆国に行き、ラッセル・ターグの訓練を受けようと思った時、
ラッセル・ターグからトレーニングを受けることにしました。ラッセル・ターグにとって、初めての経験だった。
ターグ:私がSRIを去ったとき、ロシア人が資本家になるとは思いもしなかった。
今、ロシアは侵略している。ウェストポイントの士官候補生としてソビエト連邦の終焉を見守り、その後、今日まで早送りしてきました。
今日に至るまで、私は少し迷っています。YURIY: ロシア人はリモートビューイングに 熱中していました
[サシャ(ロシア語)]
リモートビューイングの講師、ローリ・ウィリアムスは、20人のロシア人医師とエンジニアをロサンゼルスに招き、リモートビューイングを学ばせました。
ロサンゼルスに招きました [そのイベントは既に始まっていたのです
[ある男から電話があったんだが..,
ロシア人にリモートビューイングを 教える気はあるかという内容でした
私たちはまだリモートビューイングをしていません。[ロサンゼルスで何かやらないか、と。
そこから、どんどん広がっていったんです。ロサンゼルスでの講座は、約1年前から計画しました。
簡単な復習をしましょう [ロシア語を喋る]
ロリー: さて、生徒たちは全員、個別の目標を受け取りました。誰も他の人の目標を見ようとはしません。みんな自分の目標を持っています
このターゲットに4日間 取り組んできたんです 繰り返し見ることで、ターゲットへの記憶の道筋ができ、見やすくなります。
見やすくなるんです [ロシア語で] [通訳が英語で繰り返す]
宇宙に関するもの?宇宙、宇宙... 人類は現実の本質について深く問い続けてきました
これは、私たちの社会の道具を使って、このような深い問いを別の形で問いかけているに過ぎません。
この深い問いを別の方法で問いかけるために、私たちの社会の道具を使っているのです。古代の人々は、自分たちが利用できるものを使って、それを行いました。
科学的モデルは、私たちの知識に対応するために絶えず変化しなければなりません。
そして、もし私たちがより多くのことを学んでいるならば、それを現実を理解するための大きな絵に当てはめなければならないのです。
[これがそのスケッチです
[月だと思った?今日は運動する日です 手を使うんだ
粘土を使って 標的の3Dモデルを作るんだ
[ロシア語を話す]
[ロシア語] クモは何を持っていますか?足ですか?
足ね そうだ 彼は彼をアームストロングと呼んだ
"ニール・アームストロングだ "って それだけか?それだけ?あなたのフィードバックの準備はできていますか?SASHA: Da. さて、あなたの座席にしがみつく人々。
これはアポロ11号が月に行ったときのものです。[サシャ(ロシア語)]
アポロ月面着陸です アポロ11号はニール・アームストロングと 月へ行きました [拍手]
[これこそまさに "聖なる瞬間 "ですね
[すべての笑い]
基本的に、私たちは見たものを解釈することについて話しているのです。私たちは皆、何世紀にもわたって、そうしてきたと思います。
地球を離れた宇宙飛行士は皆、地球を振り返っています。
私たちは、これを「大局効果」と呼んでいます新しい視点で物事を見るのです 新しい視点で物事を見ることです。地球を、天空の視点で見るのです。
そして、私たちはこの巨大な宇宙のほんの一部に過ぎないのだということを。
私は月へ行くという大きな任務を終え、帰途につきました。
私は月に行くという大仕事を終え、帰途につき、天空を観察していました。
その壮大さが、私のビジョンの中にこのトリガーを入れたのです。
古代サンスクリット語でサマディといいます。
それは、自分の感覚で物事を見るということですが、直感的に、内的に、一体感として経験するのです。
一体感、そしてアクセスを伴う一体感を体験することです。
私たちは星屑です。そして、その意味で私たちは皆、一つなのです。
言い換えれば、ただ自己に奉仕するのではなく、自分がより大きな現実の一部であることを自覚することを助ける傾向があります。
そして、その大きな現実に適切な方法で奉仕することです。INTERVIEWER: それは美しいですね。
SKIP ATWATER:ですから、情報を集めること、そして、どれだけうまくいったかということがすべてだったとは思えません。意識の進化そのものが
拡大しています。意識そのものは進化することができ、それはおそらく私が「共感」と呼んでいるものに向かっているのだと思います。
ターグ:私たちの研究から得られた主な考え方は、「分離は存在しない」ということです。
特に、意識には分離がありません。
機械以上に、私たちには人間性が必要なのです。世界がこの研究を受け入れるなら
私たちは、脳の中で孤立しているのではないことを認識しなければならないでしょう。
私たちは地球上に住んでいるのではなく、地球の中に住んでいることを認識しなければならないでしょう。
私たちは地球の生物圏に組み込まれて 生きています そして、全ての意識は相互につながっているのです
すべての意識は相互に関連しています。だからこそ、私たちは愛の力を伝えることができるのです。
癒しの力を伝えることができるのです。それはとてもサブリミナルなものかもしれませんが、間違いなく存在するのです。
TARG: 私たちはこれに出会って、「あなたのことを頭がおかしいと思う人がたくさんいるでしょうね」と言いました。
[でも、そうではないかもしれない。私たちは皆、自分の想像力にオープンであるべきです。
想像が現実になることもあるからね。だから、そろそろ終わりにして、次に進もうと思っています。
ヘラはロサンゼルスに戻り、プロの写真家としての人生を再開しました。
彼女は1992年に癌で亡くなりました。しかし、エジプトのアレキサンドリア神殿を発見するまでには至らなかった。
ステファン・シュワルツとエジプト政府と共に。彼らは最初の杭を12インチ以内に打ち込みました
何千年も埋まっていた場所に最初の杭を打ち、懐疑論者を休ませました。少なくともその日だけは。
彼女は丘の上の一般的な場所以上の情報は何も与えられませんでした。スワン: 科学は変化しているのだから、物事も変化するはずだ。
ターグ: インゴは陸軍プログラムの閉鎖を強く受け止め、隠遁生活に入りました。
後年再会し、昔話に花を咲かせることができました。
スワン:私は未来について話そうと思います。私たちはあまりにも過去に囚われすぎていると思うので。
[オーケストラの演奏]
サムは才能あるチェリストを獲得しました遠隔地から見たのではありません 彼らは拡張状態に入り、インスピレーションを得ました。
それを作曲家に伝えたんです。私は、まるで...
対立するのではなく、相互に関連する2つの力。
三重奏を上下に NANCY SMITH:フィードバックはどうだったのですか?そうですね......彼らは封筒の中に何が入っているのか知りませんでしたね.
SAM SMITH: とても、とても近い、虫の描写のような、ある意味......。演奏していると、聴いていると、なんだかむずむずしてきます。
[キット・グリーンは今でもCIAの相談役だと言っている。
グリーン、考えろ、考えろ、考えろ 私は何年もそれについて考えた
答えを出そう 最も貴重な秘密は、ありふれた風景の中に隠されている。
馬鹿げた表現ですが、でもね、それが真実であることもあるんですよ。ハルとは定期的に共同作業をしているそうです。
しかし、どちらも言わないことです ああ、そうだな。私の中にもあるんです。
見てください ハルは気後れして、SRIの遠隔視プログラムの成功の絶頂期に辞職しました。
しかし、彼は少なくとももう一度リモートビューイングに戻りました。ハルは自分の子供の高校のために、私の銀の予測実験を繰り返しました。
彼は、ワシントンへのクラスの遠足のために、株式市場で2万5千ドルを集めました。
そして、オースチンの研究所で真空からエネルギーを取り出す実験に戻りました。
さて、私たちはすべてのパイを手に入れました。キットとハルは本当に 協力していたことがわかりました
キットはハルを、2017年12月にニューヨークタイムズが明らかにした国防総省の極秘UFO評価プログラムに引き入れました。
ああ、ハルはUFOの残骸を回収したと言っている。でも、それはまた別の話です。
TARG: ノースハリウッドのパット・プライスの墓は無印のままです。そして、彼の死は謎のままである。
そして、ラッセル・ターグは、自分の物語を語り続け、世界中の人々に、私たちは皆サイキックであることを教えているのです。
映画の最後に、「この映画の制作にあたり、動物は一切傷つけられていません」と書かれています。
そこで質問ですが、この映画を作るにあたって、物理学は害されていないと言えるのでしょうか?
物理学はそうではないが、物理学者はそうかもしれない。[MUSIC ENDS]





動画(1:55:10)


Third Eye Spies (FULL MOVIE)


(2022-12-01)

Raymond Moody の講演: 死の共有体験(SDE: Shared Death Experiences)を語る (途中1)

前置き


- Raymond Moody については過去記事で何度か取り上げた。例えば…

  Raymond Moody : 人生の危機→自殺願望→接神体験→現実がどれほど悲惨でも、結局のところ全ては OK だと悟った。(全体) (2021-03-27)

  Raymond Moody の接神体験 (途中1) (2021-03-19)

  故人の幽霊を明瞭に目撃した事例は「死後の生」の根拠にはならない。なぜなら… (2021-04-13)

- その Raymond Moody が「死の共有体験」(SDE)という新たなフレーズを講演で語っている動画が下。

- 私は Raymond Moody の一連の主張は完全に間違っていると判断しているが、私の彼の対する主な関心は

  ・どのような思考過程に導かれて彼は誤ったのか、
  ・なぜ彼は間違った考えから抜け出せないのか、

という点(これは UFO/精神世界/Bigfoot 界隈にも通じる)にある。

音声書写(自動生成)


▼展開

0:14
to get into the narrative part of one
0:17
what I have to say I want to talk about
0:19
shared death experiences now and you
0:25
know I've had a conversation the center
0:27
for about last 10 or so years I've had
0:30
this recurrent conversation with a lot
0:32
of people my age who are in various
0:35
professions and and I bet as I look
0:38
around the room actually some of you and
0:39
I bet if you run this through your mind
0:42
you will see the same thing and that's a
0:44
funny thing that in a profession things
0:47
happen to you or you're involved in
0:49
various kinds of medical things for
0:52
example okay medical treatment of people
0:54
and things happen that you say that just
0:57
because the confidentiality never are
1:01
you going to be able to talk about this
1:04
very interesting thing that happened but
1:07
then what happens the decades roll died
1:10
then after few decades your art oh my
1:12
god all the other people involved in
1:14
that are dead so wide and so basically I
1:25
have been interested in these shared
1:27
death experiences for a long time and it
1:29
goes back to when I was a medical
1:32
student at the Medical College of
1:34
Georgia one of my own wonderful
1:37
professors told me about her own shared
1:40
death experience as she was
1:43
resuscitating her own mother and she had
1:46
a lot of these things that were I was by
1:48
been identifying as near-death
1:50
experiences but she hadn't been
1:52
near-death she was just there sadly on
1:59
to the situation where our mother had a
2:01
cardiac arrest right in front of her and
2:03
didn't make it but she was trying to
2:06
resuscitate her mother and in that
2:11
interim said she left her body and she
2:13
could see herself trying to resuscitate
2:15
her mother down below as she saw her
2:18
mother now in spirit form to use her
2:21
phrase and she saw her mother go and
2:23
joined these other people some of whom
2:25
she recognized as
2:28
people who her mother had none while
2:30
this Wellness physician was still alive
2:34
relatives and so on who had passed away
2:36
and other people there she didn't know
2:39
who they were but she figured they must
2:41
have been people that her mother had
2:43
known before she was born but she she
2:46
herself this physician was born and then
2:49
they saw it all got sucked back into
2:51
this tunnel or tube and that closed off
2:54
and so on but since that time I've spent
2:58
a lot of time talking with people with
3:01
the shared death experiences I I
3:03
observed something very interesting and
3:05
that was that from the late 70s through
3:10
the 80s I was hearing these almost
3:14
exclusively from medical personnel
3:17
doctors and nurses and then kind of in
3:20
the mid eighties roughly it seemed to
3:24
shift over and I was hearing a lot more
3:25
of them from people who had been there
3:28
at the bedside when a relative had died
3:31
or a loved one had died and you know I
3:34
thought I don't know but it surely looks
3:37
to me that that that shift was connected
3:41
with the concurrent shift in hospital
3:45
practice when I was entered medical
3:47
school the standard routine was that
3:49
when the patient was dying the doctors
3:52
and nurses would come in and escort the
3:55
family out of the room on the idea that
3:59
you know is too overwhelming for the
4:01
family and the doctors and nurses would
4:03
take charge whereas now the hospital
4:07
practice is almost entirely opposite
4:09
from that the doctors and nurses
4:10
encouraged the family to be there and
4:13
concurrently with that I saw a shift of
4:16
these shared death experiences from mum
4:19
from medical personnel to where they are
4:23
now which is mostly people who were
4:26
there at the bedside when a dying loved
4:28
one
4:30
or did pass away and what I came to see
4:37
about these narratives over a period of
4:39
time where these stories is that they
4:42
are identical to the near-death
4:44
experience that all of the features that
4:47
I identified as as in the initial
4:52
near-death experiences that I studied
4:54
years ago are also present and to in
5:00
people who have these experiences at the
5:03
bedside who incidentally are not ill or
5:06
injured there's nothing wrong with the
5:09
oxygen flow to their brain and yet they
5:13
have identically the same experiences
5:17
that I hear from people who did come
5:20
close to that and we're resuscitated for
5:22
example and what are they will one of
5:28
the most common features of this is that
5:30
people say that they see the spirit of
5:33
the dying leave the body and this is
5:36
really among the first some of the first
5:38
ones I heard back in the late 70s and
5:41
80s were from medical doctors who
5:43
reported this to me that time as a
5:46
patient died that they would see
5:49
something leave the body and there's two
5:53
kinds of major ways of looking at this
5:55
some people talk about it as though it's
5:57
a transparent replica of the person kind
6:00
of it stands up and moves away or other
6:02
people talk about it as a very
6:04
structured light that seems to leave the
6:09
body sometimes may be described as
6:13
golden or grayish and color and leaves
6:15
and some cases I've had where people say
6:17
it just leaves through the ceiling and
6:21
and also the the kind of pattern that
6:26
you were just just heard here of
6:28
somebody at the bedside of the dying who
6:31
says that as the person in the bed dies
6:34
the
6:35
bystander leaves their own physical body
6:39
and seems to accompany the dying person
6:42
partway toward this light or into some
6:46
other dimension and change of geometry
6:53
of the room I hear this all the time
6:56
people say that suddenly as grandma or
6:59
whoever died they were no longer in a
7:02
regular 3-dimensional cubical structure
7:04
of the hospital room but rather in some
7:08
other kind of geometry which they find
7:10
very difficult to describe that the room
7:13
changes shape that light fills the room
7:18
I heard this one a lot this beautiful
7:22
light sort of shines throughout the room
7:26
I've had cases where people will say
7:28
initially they thought it was something
7:30
from the outside of the hospital like a
7:33
bright light reflected into the into the
7:38
room but then as you know this develops
7:41
they realize no this is not a regular
7:43
light but this light fills up the room
7:46
music is something I hear one or more
7:50
people that the bedside will talk about
7:51
this ethereal otherworldly beautiful
7:54
music that seems to fill the room seeing
8:00
into some other realm I've had cases
8:02
where people say that it's like a portal
8:05
or a window opens up and they see what
8:09
seems to be some other dimension of
8:11
reality of existence and then most
8:17
remarkable to me this is one I just keep
8:20
you know just scratching my head on this
8:23
one but I have enough cases now where
8:26
I'm completely confident than anybody
8:28
who really you know is interested in
8:31
finding cases of this will be able to do
8:34
so and that's cases in which the
8:38
bystander a bystander experiences the
8:44
life review of the
8:46
who is dying that's rather an intrusion
8:50
if you ask me but but people say
8:57
incidentally that it doesn't have that
8:59
feature of intrusiveness when it
9:03
actually happens that instead is just
9:06
completely natural the the most
9:10
memorable case of this is a woman on you
9:12
in Carrollton Georgia where I used to
9:14
teach psychology and this is elderly
9:20
woman who had had one of these stir gay
9:23
marriages you know the the fourth kind
9:27
of Greek love which is you know the
9:29
three that we all know but actually the
9:31
Greeks had another category of stir gate
9:34
love where they had observed which still
9:36
happens in little towns that maybe two
9:40
kids on boy and a girl on adjacent farms
9:43
just grow up in a relationship and they
9:46
are playmates together and it sort of
9:49
naturally evolved into a marriage and as
9:54
my my experience as the grief counselor
9:57
makes me see that this is the very most
9:59
difficult to situation to deal with when
10:02
you have somebody grieving because that
10:04
kind of relationship is it creates a
10:07
bond which it in the cases I've seen
10:09
it's just very rare I think for somebody
10:12
who has you know lift a deck on decade
10:15
Lion decades long marriage with somebody
10:19
that they literally work friends with
10:22
from childhood is a very difficult
10:24
situation when one person and the couple
10:27
dies and this was a perfect example of
10:32
this this woman had literally hurt her
10:35
husband and this little town was the
10:38
neighbor and they grew up with each
10:40
other and then after a decades-long
10:42
marriage
10:46
she/he was diagnosed with a very rapid
10:48
acting lung cancer and so as he was on
10:53
his deathbed and in the process of path
10:57
passing away his entire life sprang up
11:02
around them in a vision and she says
11:05
incidentally she said she was talking
11:07
with her husband about this back and
11:10
forth and they were talking about these
11:12
different scenes some of it was stuff
11:15
that she had most of it was stuff that
11:18
she knew about because she had lived a
11:21
full life with him but she said there
11:22
were areas of this that she had not
11:25
known about him and she said this was
11:28
throughout this there was this presence
11:30
of complete love and compassion that she
11:32
being from small-town Georgia identified
11:35
as Christ and she said there was one
11:40
episode they had had they had never had
11:42
any children
11:43
as long as they were married but before
11:45
they got married there was a miscarriage
11:48
spontaneous miscarriage and she after
11:51
that never got pregnant again but she
11:56
said throughout their marriage you they
11:57
used to talk about this child that they
12:00
lost and they talked about the child as
12:03
though it were a he but she said in this
12:06
vision the the child that they had had
12:11
emerged she said from that area of this
12:14
panorama this child emerges this little
12:18
presence of light that came out and
12:20
identified herself to them as their
12:23
daughter and but my point being here
12:31
that you're going to be able to find
12:33
cases of this if you're interested that
12:34
there are cases in which the bystander
12:39
will actually empathically Co live the
12:43
life review of the person who passes
12:46
away now to me I don't see any means or
12:53
any clear means of distinct
12:56
wishing that from a near-death
12:59
experience if all the components are the
13:02
same it seems to me that the fact that
13:05
somebody is dying or being resuscitated
13:09
is just a contingent thing so that
13:13
really here we're dealing with something
13:15
here which does not necessarily have to
13:18
do with somebody physically almost dying
13:21
they can have the same kind of
13:23
experience when they are in the presence
13:25
of someone who is physically dying and
13:29
if you think about it I think basically
13:32
is once this kind of sinks in I think
13:34
it's a we're going to have to be in for
13:36
a major modification of the standard
13:40
format of debating about these things
13:42
because it's cast as a you know a debate
13:46
between the believers who look at this
13:48
and say prima facie that we'll visit
13:52
this is evidence of an afterlife and
13:55
then on the other hand the group who
13:59
call themselves the skeptics which is
14:01
sad because they are nothing of the sort
14:03
but what that group tells us is that oh
14:08
yeah this is just the chemistry of the
14:10
brain as the oxygen is deprived it
14:13
throws up this hallucinatory phenomenon
14:16
and that's what's reported as in your
14:18
death experience um so I think it's time
14:23
to kind of move beyond that category and
14:26
say well yeah this same phenomenon
14:30
occurs also to people around the bedside
14:33
as we just heard a beautiful case of it
14:35
this morning is and where you are Scott
14:40
and
14:43
so that's one thing I got a we think we
14:46
got to do is to sort of rework the
14:50
narrative format for this there's a lot
14:53
of other kind of narratives that we can
14:55
bring in not just stories of people who
14:59
almost died in get resuscitated but also
15:02
people who have the identical experience
15:05
when they are in the presence of someone
15:08
who passes away
15:16
you



DeepL 原文不完全




講演動画(15:20)


Raymond Moody on Shared Death Experiences


(2022-11-21)

Raymond Moody が提唱した「死の共有体験」

前置き


- Raymond Moody については過去記事で何度か取り上げた。例えば…

  Raymond Moody : 人生の危機→自殺願望→接神体験→現実がどれほど悲惨でも、結局のところ全ては OK だと悟った。(全体) (2021-03-27)

  Raymond Moody の接神体験 (途中1) (2021-03-19)

  故人の幽霊を明瞭に目撃した事例は「死後の生」の根拠にはならない。なぜなら… (2021-04-13)
精神世間

- その Raymond Moody が「死の共有体験」(*1)という新たなフレーズを提唱しているというので記録しておく。


(*1)




Shared Death Experience

Raymond Moody coined this term with Paul Perry in their book Glimpses of Eternity. The identification of this phenomenon convinced Raymond that an afterlife existed after almost five decades of extensive research. In the video below Dr. Jeff O'Driscoll and trauma patient Jeff Olsen discuss the shared death experience that convinced Raymond Moody that, indeed, consciousness survives death.


ref: Shared Death Experiences - https://www.lifeafterlife.com/shared-death-experiences


死の共有体験

レイモンド・ムーディは、ポール・ペリーとの共著『Glimpses of Eternity』の中で、この言葉を作り出しました。この現象が確認されたことで、レイモンドは50年近くにわたる広範な研究の末、死後の世界が存在することを確信したのです。以下のビデオでは、ジェフ・オドリスコル博士とトラウマ患者のジェフ・オルセンが、レイモンド・ムーディに意識は確かに死を生き抜くと確信させた、共有の死の体験について述べています。


手抜き


- 下の引用箇所の説明では意味不明なので、その具体例なるものを別記事で取り上げる。


音声書写(自動生成)


▼展開

20:00
are are put up online so it's it's nailed down that's great
20:09
share death experiences on the other hand um were just recently named uh they used
20:15
to be known as near-death like experiences not a terrible title
20:20
um share death experiences um were named by Raymond Moody the same
20:27
guy who named near-death experiences in a recent book of his and the first really big study on shared
20:36
death experiences came out just this February in 2022 a guy by the name of
20:42
William Peters interviewed 800 people which is really
20:48
significant that's a big number and um and so his book at Heaven's Door for
20:55
those of you that are geeky about this kind of stuff go buy it it's terrific it's an easy read and
21:02
um he lays out the case for what happens and why it's different and and how you
21:09
can um participate in one if you want and you know so
21:14
um so the short answer to your question Rex is we know of of 800
21:21
that have been studied and documented I've had a chance to talk to probably
21:27
20 more but um you know the numbers are considerably
21:32
less because we've just really defined um that experience relatively recently




DeepL 原文不完全


ネットにアップされてるので、釘付けにされてるんです。
一方、死の共有体験は......つい最近、名付けられました......以前は臨死体験と呼ばれていましたが
臨死体験のように知られていました ひどいタイトルではありませんね
共有死体験はレイモンド・ムーディによって命名されました。
臨死体験と名付けたレイモンド・ムーディが最近書いた本でそう名付けたのです。
今年の2月、2022年に発表されたばかりの、共有死体験に関する最初の大規模な研究です。
ウィリアム・ピーターズという人が800人にインタビューしたもので、これは本当に重要なことです。
これは非常に大きな数字です。
この手のことにうとい人は買ってみてください。
何が起きているのか、なぜ違うのか、そしてどうすれば参加できるのかを説明しています。
そして、もしあなたが参加したければ、どのように参加することができるのか。
レックスの質問に対する簡単な答えは、私たちが知っているのは800件です。
研究され、文書化されたものです。
20人以上と話す機会がありましたが、その数はかなり少ないと思います。
というのも、私たちは比較的最近、その経験を明確にしたところだからです。

動画(1:21:59)


Induced NDE's, Shared Death Experiences, OBE's & Astral Projection, Scott M. Taylor Ed.D.


(2022-11-21)

Scott Taylor :自身の「死の共有体験」を語る

前置き


- ひとつ前の記事に関連。

- Scott Taylor 博士(Ed.D.)が自身の「死の共有体験」を証言している。途中、何度か感極まり、涙声になりながら語っている。


手抜き


- 音声書写(自動生成)だけでは分かりづらいので簡単に状況を説明すると…

- 彼の愛人(or 恋人)W とその息子 S が事故にあって病院に運び込まれた。W はすぐに死去。S は意識を回復せず容態は徐々に悪化。身内や親戚が病院に詰めかけていた。Scott Taylor も交代で徹夜の看病にあたっていた。

- そうやって数日が過ぎたある日、彼が看病の番を終えたすぐ後に、S の臨終がせまってきた。彼は瞑想的な気分で窓の外を眺めていた。やがて S の心電図モニタがフラットになり警告音がなりだした。

- その時、W が出現し S を抱え上げる光景を彼は目撃した。さらに彼は W や S と一緒に光の世界に至り、至福に満たされた。やがて彼は W や S と別れ、自分の肉体に戻った。

音声書写(自動生成)


▼展開

9:09
Scott it's time it's time for us to say goodbye so we pulled up a couple of chairs next
9:16
to his head and we told him that he had been such a brave boy and that he had
9:25
um been fighting so hard for us to you know to stay with us
9:31
but if his mother remember she died six days before but if his mother should
9:38
come across the veil and ask him to go with her
9:44
that that would be the right thing to do that would be okay and that we would always love him and be
9:52
have him close to our hearts always so
9:58
our time was up and we left and the next shift came in well it wasn't 45 minutes later Rex when
10:05
we had um the charge nurse from the floor came in
10:10
and said it's close he's going to make his transition soon
10:16
so we all filed into this little hospital room and as luck would have it I'm one of the
10:24
last people to go into this room and when I get there it's you know four or five deep around the bed already
10:30
and so well that's silly so I just wound up sitting on the windowsill next to
10:36
Mary Fran's youngest brother Willie and
10:42
you know when you hold vigil at that last stage at least in Nolan's case it was very peaceful and really all there
10:49
was to do is to to be quiet and have our attention on Nolan
10:57
and you know just watch that heart monitor you know as it's doing its its
11:02
thing and it's you know getting softer and softer and finally it just flat lines
11:08
and when it made that ominous tone that Flatline tone
11:13
what I witnessed was Mary Fran coming across the veil and
11:20
she scooped Nolan up out of his physical body and it was the most Exquisite reunion
11:30
um well as you can only imagine between a mother and son and
11:36
the it surprised me because I I got to experience it I got to feel
11:43
what what they were feeling this this Joy of reunion and
11:49
um Mary Fran um wanting to be with her son and and
11:57
inviting him to go with her and
12:03
then the next thing really surprised me was the two of them turned to me
12:09
came over and embraced me and then the three of us left and went
12:14
to the light and entering the light was the most
12:19
extraordinary experience in in my life it is this place of profound love and
12:28
wisdom and joy and ecstasy and I felt connected to
12:36
Mary Fran and Nolan but I also felt connected to everyone else in the room
12:43
and everybody in the human race I mean there's this
12:48
when I left and entered into this non-physical Realm it was this this
12:56
sense of unity with with everything and so we had a chance to
13:04
acknowledge our we meaning Mary Fran Nolan and I
13:10
um we had a chance to express our love and affection for each other
13:16
we had a chance to say goodbye and and then we just had a chance to be
13:23
together and when that seemed complete
13:28
the two of them turned and left and went further into the light and then I came back to my physical body
13:36
um you know sitting there in the windowsill next to Willy so that's part A of the story




DeepL 原文不完全


スコット......そろそろお別れの時間なので、私たちは彼の頭の横に椅子を2つ並べました。
勇敢な少年だったことを告げました。
私たちのために懸命に戦ってきたと......私たちと一緒にいるために
でも、もし彼のお母さんが、6日前に亡くなったのを覚えていたら、でも、もしお母さんがベールの向こうで
"ベールを越えて""一緒に来てくれと頼むなら
それが正しいことならそれでいいのです私たちはいつも彼を愛し
いつも心のそばに置いておこうと思いました。
私たちの時間は終わり、私たちは去り、次のシフトが来た......45分も経たないうちに、レックスは
フロアの担当看護師が来て、「もうすぐです。
もうすぐ交代だと言っていました。
私たちは皆、この小さな病室に入りました。幸運なことに、私はこの病室に入る最後の一人です。
私がこの部屋に入った時には、すでにベッドの周りには4、5人の人がいました。
私は窓辺に座り、メアリー・フランの一番下の弟ウィルスの横に座りました。
メアリー・フランの一番下の弟のウィリーと
最後の晩餐をするとき、少なくともノーランの場合はとても安らかで、ただ静かにしているしかなかった。
静かにして、ノーランに集中することです。
心臓のモニターを見るだけです。
だんだん静かになっていって、最後には平坦な線になる。
そして不吉な音が鳴り響いた時フラットラインの音
私が目撃したのは メアリー・フランが ベールを越えてやってきて
彼女はノランを肉体からすくい上げました。それは最も絶妙な再会でした。
母と子の間で想像できるような、そして
私が驚いたのは、それを体験し、感じたからです。
彼らが何を感じていたのか、再会の喜びを、そして
メアリー・フランは息子と一緒にいたいと思っていました。
息子と一緒に行こうと誘ったんです。
次に私が驚いたのは、二人が私の方を向いて、私を抱きしめました。
そして、私たち3人は光に向かいました。
光に入りました。光に入ることは、私の人生で最も素晴らしい経験でした。
それは深い愛と知恵と喜びと恍惚の場所であり、私の人生の中で最も素晴らしい経験でした。
叡智と喜びと恍惚の場所です。
メアリー・フランとノーランとつながっているのを感じたけど、部屋にいる他のみんなともつながっているのを感じた。
この部屋にいるみんな、そして人類のみんなとつながっていると感じたんだ。
私がこの非物質的な領域に入ったとき、すべてのものと一体化する感覚がありました。
すべてのものと一体になっている感覚です。
私たち、つまりメアリー・フラン・ノーランと私は、そのことを認めました。
お互いの愛情を表現する機会がありました
別れを告げる機会もあり、そして、ただ一緒にいる機会もあった。
そしてそれが終わると
二人は去っていき、さらに光の中に入っていきました。そして、私は自分の肉体に戻ってきました。
窓辺でウィリーの隣に座っていました。これが物語のパートAです。


動画(1:21:59)


Induced NDE's, Shared Death Experiences, OBE's & Astral Projection, Scott M. Taylor Ed.D.


コメント


- 交代しながらとは言え、彼は徹夜で何日も S の看病を続けていた。この「W や S と一緒に光の世界に至った」という体験はその看病の番を終えた後に起きている。その体験の直前には瞑想的な気分だったとも別の箇所で述べている。

- したがって、彼のその「死の共有体験」なるものの実態は、強度の精神的ストレスと慢性的な睡眠不足が生み出した幻覚体験だと見なす方が無理がない。「死の共有」などという奇矯な概念を持ち出すのは性急すぎる。実際、同じ病室にいた病院スタッフや身内は出現した W の姿を目撃していない。

(2022-11-21)

John Ventre : 明晰夢で、最も邪悪な存在に出くわした

前置き


- この件は過去記事で取り上げた気がする。

手抜き


1973 there sure X is a scariest thing I
33:36
can't even look at that I mean that that picture used to stay in my mind every time I close my eyes and it was also I
33:43
want to talk about this UFO wave that took place in 73 but what happened in 73
33:48
is I played a doubleheader softball I laid down in my room I fell asleep I
33:54
always called it a lucid dream now I think I understand it was an altered state I'm in the backyard I open the
34:01
basement door instead of the other door being there it's a cave I go down a couple of levels
34:06
winding something is coming up I turn around I can see the light of the
34:12
doorway of course I'm running in slow motion what this is the most malevolent feeling you ever want it's behind you I
34:19
can sense it the hairs up I'm I can feel it breathing on me and I said to myself
34:26
in my mind do not turn around if you look at this you ain't waking up from this dream don't look move a finger I
34:33
was able to move a pinky I wake up I sit up in bed I am drenched in sweat my heart I used to run track my heart
34:41
was beating like I just ran the 660 I don't know what that was I always called it a lucid dream I think it was more
34:48
than that now


1973年 確かにXは一番怖いものです。
目を閉じるたびにその絵が脳裏に浮かんできて、見ることもできない。
73年に起こったUFOの波について話したいのですが、73年に起こったこと
私はソフトボールのダブルヘッダーをしていて、自分の部屋で横になり、眠りに落ちました。
明晰夢と呼んでいたのですが、今は変容した状態だと理解しています。
地下室のドアを開けるとそこは洞窟だった。
何かが近づいてくる 振り返ると 入り口の明かりが見える
もちろん、私はスローモーションで走っている これは、あなたが望む最も邪悪な感覚だ それはあなたの後ろにいる
毛が逆立っているのがわかる 息をしているのがわかる 私は心の中で言った
このままでは夢から覚めない、振り向くなと心の中で言った。
小指を動かすことができた 目を覚ますとベッドに座っていて汗びっしょり 陸上競技をやっていた頃の僕の心臓は
660kmを走ったように鼓動していた あれは何だったのだろう 私はいつも明晰夢と呼んでいたけれど
今はそれ以上だと思う


動画(1:15:10)


John Ventre Hanger one LHHV Bigfoot UFO event aug 16


コメント


- John Ventre のこの恐怖体験の証言には嘘も誇張もない。実際、明晰夢/OBE/魔術 の類の訓練を続けると少数の例外を除き、誰もがいずれ魂が芯から凍りつくような恐怖体験をすることになる。その恐怖体験を乗り越えて初めてそれが英雄神話の追体験だったことに気づく。いわゆるイニシエーションに似ている。逆に言えば、こういった恐怖体験の壁を何度か乗り越えない限り、あちら側の世界に通じる入り口は見えてこない。いわゆる OBE (*1)はその前の段階の予行練習のようなもの。

- そして大半がこのような恐怖体験で挫折し、断念・放棄するが、それは望ましいこと。なまじ恐怖体験を乗り越えると冥界(=制御された意識障害が生み出した 現実よりリアルに感じる別世界)を彷徨うことになる。言い換えると、そうやって別世界に至るのは、阿片窟の片隅でヤク漬けになるのと実質は変わらない。Monroe Inst. 関係者はその阿片窟への案内人役となって、街頭でビラ配りをしているようなもの。

- 要するに、オカルト/精神世界/宗教 業界は 明晰夢/OBE/魔術/アストラル世界/神秘体験/至福/魂の救済/無条件の愛/魂の本源への帰郷/悟り/究極の真理/衆生救済/解脱 …といった能書きで青少年の興味を惹いてアピールしているがその本質は阿片窟と変わらない。なので、そういった体験は結局のところ、有害無益だ…これが私の結論。

(*1)


- John Ventre はこの体験をする前に何度も不随意の OBE を体験しているという。たとえば、自宅周辺を上空から俯瞰するなどをしてきたと。

(2022-10-18)
プロフィール

横着者

Author:横着者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR