FC2ブログ

Alex Whitcombe : OBE にハマり頻繁に実行 → OBE の中にグレイが登場 → 現実世界に侵入してきた。 → たぶん捏造話

履歴


(2020-08-08) 追加
(2020-08-04) 作成


前置


・手抜きのメモ。






抜粋(デタラメ)


15:00 あたりから。

22:20 金縛りから逃れて、グレイの手に触れた。

28:00 夢のような状態。ET らしき看護婦に別室に連れて行かれ。髪を切ると。首の後ろに吸盤か何かを。奇妙だと思った時に失神。翌日、造園の仕事中に汗を拭こうとして首を拭くと後部に奇妙な感覚。夜、自宅で彼女に見てもらうと小さな穴が。

・32:00 寝室で座っていたら、ドアから大きなハエかハチが飛んできた。脚を刺され、気絶。翌日、なぜか調べなかった。

・翌日、自宅で浴室の窓を取り替える作業をしていた。1.5インチを超えるほどのハエが飛んできて、目の前 30cm を。目があって恐怖を覚えた。彼女とも別れ、人生がボロボロに。

・43:00 もう沢山だと決意。OBE して、台所へ。そこにグレイがいたので殴りつけた。微動だにせず。私の人生から手を引けと叫んだ。グレイはいつでもその選択ができたのに…と答えた。それがこの一連の体験(2週間の間)の終わり。2005年のこと。

・10年後?。身内の子供と一緒に化石を探していたら、2.5インチのハエが目の前に出現。子どもたちもそれを見た。

音声(1:31:27)


Shadow People, Time Slips, High Strangeness and more - Aug 2, 2020
2020-08-04


Alex Whitcombe comes on to talk about his lifetime of strange experiences, including Out of Body Experiences, Sleep Paralysis, Shadow People, Odd Insects, Alien Encounters, Time Slips, and much more.

コメント


・OBE にハマると、OBE の中の世界がこの現実世界にハミ出してきた…と感じるような出来事が生じることがある。幸い、OBE を試みる人の 99%はハマる以前に途中で挫折するからそういった奇妙(or 不気味)な体験をせずに済む。

・なお、このような不気味な出来事を防止するためのテクニックがいくつも開発されている。OBE の前に一種の精神的な防御シールドのイメージを構築するとか、霊的な庇護者をイメージするとか。だが、精神的に不安定な人は、こういったテクニックを用いても効果が薄い。OBE の類は避けるべき。

(2020-08-04)




・この証言はたぶん、捏造。詳しくは…

  Alex Whitcombe が証言した自身のオカルト体験はたぶん全て捏造 - http://news21c.blog.fc2.com/blog-entry-16519.html (2020-08-08)

(2020-08-08)

Randonauting : 思念→乱数発生器→自宅周辺を探検→奇妙な現象が発生

前置


・武漢肺炎パンデミックで暇になった連中が思いついた遊びのひとつがコレだと。

該当箇所


・12:40 から

音声(38:37)


COAST TO COAST AM - June 12, 2020 - Randonauting
2020-07-28


動画メモ


COAST TO COAST AM June 12, 2020. Randonauts are a group of explorers, like astronauts, but instead of the cosmos, they explore the random. This act of random exploration is what they call randonauting and it has become a worldwide phenomenon. Author and researcher Nick Hinton joined Richard Syrett (Twitter) to discuss randonauting. Randonauts utilize a quantum random number generator which detects fluctuations in the quantum field to produce truly random numbers, Hinton explained.


DeepL


COAST TO COAST AM 2020年6月12日。ランドナウティングとは、宇宙飛行士のような探検家の集団のことだが、宇宙の代わりにランダムに探検する。このランダムな探索行為をランドナウティングと呼び、世界的な現象となっている。作家であり研究者でもあるニック・ヒントン氏は、リチャード・サイレット氏(Twitter)と一緒にランドナウティングについて議論した。ランドナウティングは、量子場の揺らぎを検出して真に乱数を生成する量子乱数発生器を利用している、とヒントン氏は説明した。

関連



動画(1:43)
What is Randonauting?
2020-05-06



(2020-08-05)

Alex Whitcombe : OBE にハマり頻繁に実行 → OBE の中にグレイが登場 → 現実世界に侵入してきた。(途中:その1)

追記


たぶん捏造と判明。詳しくは…

  Alex Whitcombe が証言した自身のオカルト体験はたぶん全て捏造 - http://news21c.blog.fc2.com/blog-entry-16519.html (2020-08-08)

(2020-08-08)




前置


・手抜きのメモ。






抜粋(デタラメ)


15:00 あたりから。

22:20 金縛りから逃れて、グレイの手に触れた。

28:00 夢のような状態。ET らしき看護婦に別室に連れて行かれ。髪を切ると。首の後ろに吸盤か何かを。奇妙だと思った時に失神。翌日、造園の仕事中に汗を拭こうとして首を拭くと後部に奇妙な感覚。夜、自宅で彼女に見てもらうと小さな穴が。

・32:00 寝室で座っていたら、ドアから大きなハエかハチが飛んできた。脚を刺され、気絶。翌日、なぜか調べなかった。

・翌日、自宅で浴室の窓を取り替える作業をしていた。1.5インチを超えるほどのハエが飛んできて、目の前 30cm を。目があって恐怖を覚えた。彼女とも別れ、人生がボロボロに。

・43:00 もう沢山だと決意。OBE して、台所へ。そこにグレイがいたので殴りつけた。微動だにせず。私の人生から手を引けと叫んだ。グレイはいつでもその選択ができたのに…と答えた。それがこの一連の体験(2週間の間)の終わり。2005年のこと。

・10年後?。身内の子供と一緒に化石を探していたら、2.5インチのハエが目の前に出現。子どもたちもそれを見た。

音声(1:31:27)


Shadow People, Time Slips, High Strangeness and more - Aug 2, 2020
2020-08-04


Alex Whitcombe comes on to talk about his lifetime of strange experiences, including Out of Body Experiences, Sleep Paralysis, Shadow People, Odd Insects, Alien Encounters, Time Slips, and much more.

コメント


・OBE にハマると、OBE の中の世界がこの現実世界にハミ出してきた…と感じるような出来事が生じることがある。幸い、OBE を試みる人の 99%はハマる以前に途中で挫折するからそういった奇妙(or 不気味)な体験をせずに済む。

・なお、このような不気味な出来事を防止するためのテクニックがいくつも開発されている。OBE の前に一種の精神的な防御シールドのイメージを構築するとか、霊的な庇護者をイメージするとか。だが、精神的に不安定な人は、こういったテクニックを用いても効果が薄い。OBE の類は避けるべき。

(2020-08-04)

2015-09 : DMT 摂取時に対面する謎の存在を専門家が議論

前置


・Tyringham Hall Symposium on Entheogenic Plant Sentience : 2015-09

・DMT 討論会(+ DMT 摂取儀式を含む):1週間

・DMT 摂取時に対面する謎の存在を専門家が議論


20200803_DMT_fig.jpg

20200803_DMT_boo.jpg

20200803_DMT_exp.jpg

20200803_DMT_exp2.jpg

20200803_DMT_exp3.jpg

20200803_DMT_book2.jpg

主要参加者


Dr. David Luke : Psycologist
Anton Bilton : host
Dr. Dennis J. Mckenna : Ethnopharmacologist(Terence McKenna の弟)
Dr. Rupert Sheldrake : Biologist
Graham Hancock : 作家
Dr. Erik Davis : Cultural Historian
Dr. Graham St John : Cultural Anthropologist
Dr. Dndrew Gallimore : Neurobilogist
Tony Wright : Consciousness Researcher
Peter Meyer : 計算物理学者
Dr. Jeremy Narby : Social Anthropologist
Ede Freeska : 心理学者
Vimal Darpan : 民間治療業者, 音楽芸人
Bernard Carr : 数学者、天文学者
Dr Rick Strassman (ネット経由)


切り出し静止画



20200803_DMT_smy.jpg

20200803_DMT_smy_2.jpg

20200803_DMT_smy0.jpg

20200803_DMT_smy1.jpg

20200803_DMT_smy3.jpg

20200803_DMT_smy_a.jpg

20200803_DMT_smy_4.jpg

20200803_DMT_smy_5.jpg

20200803_DMT_smy_6.jpg

20200803_DMT_smy_7.jpg

20200803_DMT_smy_8.jpg

20200803_DMT_smy_9.jpg

20200803_DMT_smy_10.jpg

20200803_DMT_smy_11.jpg

20200803_DMT_smy_12.jpg

20200803_DMT_smy_13.jpg

20200803_DMT_smy_14.jpg

20200803_DMT_smy_15.jpg

20200803_DMT_smy_16.jpg

20200803_DMT_smy_17.jpg


講演動画(32:40)


David Luke - Hyperspatial journeys with your goods'elf: Experimental DMT field research
2020-02-18


動画付属メモ



This presentation reports on an ongoing experimental DMT field research project exploring intuition, entity encounters, shared visions, telepathy and precognition among seasoned psychonauts (N = 20+) having breakthrough vaporised DMT experiences under supervision.

Dr David Luke is Senior Lecturer in Psychology at the University of Greenwich. His research focuses on transpersonal experiences, anomalous phenomena and altered states of consciousness, especially via psychedelics, having published more than 100 academic papers in this area, including ten books, most recently Psychedelic Mysteries of the Feminine (2019). When he is not running clinical drug trials with LSD, doing DMT field experiments or observing apparent weather control with Mexican shamans he directs the Ecology, Cosmos and Consciousness salon and is a co-founder and director and the current chair of Breaking Convention: International Conference on Psychedelic Consciousness.


(2020-08-03)

Dr. David Luke : DMT 摂取した二人が同時に同じ生物に対面した事例

前置


・ひとつ前の記事に関連。

・Tyringham Hall Symposium on Entheogenic Plant Sentience : 2015-09

・DMT 討論会(+ DMT 摂取儀式を含む):1週間

・DMT 摂取時に対面する謎の存在を専門家が議論

注目


・20:15 精神的に強く結ばれた二人が、DMT 摂取で同時に同じ体験(同じ存在を見た、同じ存在と対話など)を報告。

講演動画(32:40)


David Luke - Hyperspatial journeys with your goods'elf: Experimental DMT field research
2020-02-18


動画付属メモ



This presentation reports on an ongoing experimental DMT field research project exploring intuition, entity encounters, shared visions, telepathy and precognition among seasoned psychonauts (N = 20+) having breakthrough vaporised DMT experiences under supervision.

Dr David Luke is Senior Lecturer in Psychology at the University of Greenwich. His research focuses on transpersonal experiences, anomalous phenomena and altered states of consciousness, especially via psychedelics, having published more than 100 academic papers in this area, including ten books, most recently Psychedelic Mysteries of the Feminine (2019). When he is not running clinical drug trials with LSD, doing DMT field experiments or observing apparent weather control with Mexican shamans he directs the Ecology, Cosmos and Consciousness salon and is a co-founder and director and the current chair of Breaking Convention: International Conference on Psychedelic Consciousness.


コメント


・DMT 摂取で同時に同じ生物と対面したり、対話したという報告が事実だとしても、その生物が客観的な実在だとは言えない。なぜなら、ESP が関与している可能性がある。

・ESP により共通の夢を体験できた(or 他人の夢に干渉できた)…という報告は以前からなされている。ならば、DMT 摂取時の幻覚体験においても夢と同様に ESP が関与している可能性は否定できない。

(2020-08-03)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR