FC2ブログ

「醜悪な画像で印象を押し付ける広告」は閲覧者を愚弄している。 AdBlock で排除すべき。

・一時期の Youtube も酷かったが、この FC2 Blog も(投稿画面だけかも知れぬが)、醜悪な画像で閲覧者に強烈な印象を押し付ける広告(醜悪広告)を頻繁に掲載している。

・このような醜悪広告は閲覧者を愚弄するものだ。故意に嫌がらせをしてまで売り込もうという根性がいやらしい。常人の美意識を激しく逆なでる。食事中に汚物を見せびらかすようなものだ。

・私は AdBlock の積極的擁護者ではない。なので AdBlock を ON にすることは稀。だが、醜悪広告だけは、いささかでも美的センスのある人間には耐え難い。音痴の歌を強制的に聞かされるより酷い。

・こういった閲覧者を愚弄する広告を排除する意味で、醜悪広告はドシドシ AdBlock で排除すべき。

(2018-10-01)

仮想現実(VR)の発明者:ソーシャル・メディアは人間を不幸にする。直ちにアカウントを閉鎖せよ。

はじめに


・仮想現実(VR)の発明者である Jaron Lanier が以下のような批判をしてるので記録しておく。

一部引用



1) You are losing your free will.

2) Quitting social media is the most finely targeted way to resist the insanity of our times.

3) Social media is making you an asshole.

4) Social media is underming truth.

5) Social media is making what you say meaningless.

6) Social media is destroying your capacity for empathy.

7) Social media is making you unhappy.

8) Social media doesn't want you to have economic dignity.

9) Social media is making politics impossible.

10) Social media hates your soul.

ref: https://www.zerohedge.com/news/2018-06-18/delete-your-account-warns-virtual-reality-founding-father


コメント


・意外なことに zerohedge の読者コメント欄が Jaron Lanier の主張に対する批判で溢れている。zerohedge の読者はもう少し賢いものと思っていたが、条件反射的な批判が目につく。

(2018-06-20)

仮想現実(VR)の発明者によるソーシャルメディア批判動画

はじめに


・一つ前の記事に関連して、その Jaron Lanier がインタビューでソーシャルメディア批判を繰り広げている動画が下。

動画(21:00)


・Jaron Lanier interview on how social media ruins your life


コメント


・Jaron Lanier の主張は若干、極端に聞こえるかも知れない。だが、深刻な害悪が発生する可能性を警告するときは若干、大げさな位でないと効果がない。

・過去記事でも述べたが、私はソーシャル・メディアは弊害の方が大きいと判断している。

(2018-06-20)

Richard Dolan:インターネットの fake news は違法化されるだろう。

抜粋(デタラメ)


・8:40 あたり。

・インターネットの fake news は違法化されるだろう。その理由は…

・Deep States にとって主流派メディアはカネさえ渡せば、言うことをよく聞く子分。

・だが、インターネットの代替メディアは Deep States のカネによる支配が効かない。

・そこで代替メディアを fake news として扱うことで締め出そうとする。すでにインドネシアは fake news は違法化され、イギリスもその方向に向かっている。

動画(27:57)


・UFOs and the Media: Disinformation or Disclosure?


(2018-05-22)

定期的に再掲:当サイトの Blog 記事作成の方針

はじめに


・今になって or いまさら…という気もするが、この Blog の記事作成に関する方針を説明しておきたい。後に妙な誤解が生じるといけないので、予防策というか釈明というか。

・この記事は内容の微調整を行いつつ、定期的に掲載する。

英語力が無いため内容はデタラメ


・私は哀れなほど低い英語力で海外の UFO や超常現象に関する情報を漁っている。そうやって拾い上げたネタの一部が、当サイトの Blog 記事となっている。

・英文法も知らず、英文読解力も、英会話の聞き取り能力もないので、当然ながら私が作成した翻訳記事の内容は全てデタラメでしかない。

・なのでソース記事へのリンクに最も価値がある。つまり基本的にソース記事へのポインタとしての価値しかない。

・この理由で長々とした記事翻訳は自粛する。メモ書き or キーワードの羅列 レベルに留める方がデタラメ記事による弊害が少ないし、記事作成の手間も軽減できる。

修正に関する方針


・マトモな Blog ならば充分な推敲を重ねた上で決定稿の記事を up するのが筋だろうが、あいにく私の Blog は外道の Blog なので、デタラメな内容の上に文章の推敲すらしない。時間が来たら記事が途中半端であってもお構いなしに up することにしている。

記事を投稿直後から 12時間以内の間の修正は特に断らない方針


・当然、誤記や記憶の誤りに基づく錯誤が大量に混入する。なので up してから見直し、気づいた範囲かつ、時間が許す範囲で事後処理としてある程度、訂正している。そのため、 up した直後から 12時間程度の修正は私の意識の中では依然として記事の編集、推敲の最中。

・なのでその時点での修正は特に断らない方針でいる。さすがに up してから 12時間以上経過した記事を修正した場合は記載するつもり。

・そのような事をいちいち気にする読み手がいるとは思わないが、一応。

記事の方針に関する他のメモ


  当面、溜まったネタを消化する事を優先し、記事の質を大幅に下げる方針 (+さらに後退) (2017-06-01)

  途中で放置の記事が多い理由(途中:その1…ω) (2014-10-03)

ソーシャル・メディアとの連携について


・ソーシャル・メディアは弊害の方が大きいと判断したので、当サイトの Blog 記事とソーシャル・メディアとの連携は行わない方針。

ネタ消化を優先する試みの評価


・ここしばらく質より量を優先する方針を試してみた。その結果、

  ・(1) (私にとっては)弊害よりも、有益性が大きく上回っている。
  ・(2) Blog 記事作成に時間をかけすぎている。

 という(主観的)評価となった。(2) は看過できないので当面、次の方針を試すことにする。

・ネタ消化の量を維持したまま、記事作成に要する時間を大幅カットする…これを達成するために今後は「短期的な記事の質」にはもう拘らない。

・さらに…。記事作成の段階で動画の該当箇所を視聴しなおしたり、ソーステキストの該当箇所を読み直すのをできる限り止めて、朧気な記憶だけで記事を書くことにする。

・つまり…。

  ・とりあえず、質の低い、中途半端な、不完全でミスだらけの記事を up する。
  ・動画を見直すのは省き、曖昧な記憶のまま記事を書く。
  ・それが時間的に可能なら…後日、少しずつバージョン・アップすることで質を上げる。
  ・それが時間的に無理なら…放置。

お願い


・RSS リーダーは上述の記事修正を全く反映しないものが多いので(例:Feedly)、RSS リーダーで直接、この Blog 記事を読むのは全く勧められません。未修正の情報を読む事になります。

・この Blog 開設時のメール・アカウントにアクセスしないため、コメントは公開でお願いします。同じ理由で削除依頼などの連絡もコメントでお願いします。


履歴


(2016-07-17) 作成
(2017-04-18) 再掲
(2017-07-11) 内容追加、再掲
(2017-10-28) 再掲、内容追加。
(2018-01-24) 再掲、内容変更、追加。
(2018-04-20) 再掲、内容変更、追加。
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR