Mitch Horowitz : Wikipedia は UFO/超常現象 についても偏向が著しく、編集が不透明で腐敗している

手抜き


- 1:10:30-- (彼自身が関与したイベントでの発言に関連した)ある ESP 実験について Wikipedia (に巣食う偏執的編集者たち)が酷い偏向記事を掲載。そこで彼が「その記事の主張には出典が皆無だ」と番組で批判したところ、その Wikipedia の記事には数件の偏向した雑誌や書籍が出典として後から忽然と追加されていた…という話。

音声書写(自動生成)


▼展開

Q)
I'm going to finish off with a question from Jeff and I'm going to live paraphrase and edit this as I see it
1:10:34
because Jeff gave me a lot of context and funny you mentioned Wikipedia earlier and this talks about uh the the
1:10:41
group gorilla skepticism on Wikipedia who are an organized group who distort the world's understanding as Jeff says
1:10:47
including uh the UFOs and alternative medicine crop circles dowsing mediums
1:10:53
remote viewing and such um does Mitch see any hope that this pernicious influence can be turned
1:10:58
around given that Wikipedia is the world's go-to place to make a first inquiry about some new topic and is
1:11:05
there anything individuals can do about this to started coverage in Wikipedia of any topic that's not endorsed by
1:11:12
mainstream science
---
---
A)
that's a a wonderful question that's well framed that's well put
1:11:19
I think that Wikipedia
1:11:25
is as I alluded earlier
1:11:31
um understaffed uh lacking in appropriate editorial
1:11:36
supervision and that group is uh so
1:11:41
activist oriented uh so large so energetic so well organized and I would
1:11:51
say so corrupt in a single-minded polemical
1:11:57
dedication to dispelling diffuse topics
1:12:03
uh of which its members have only the most cursory understanding that no
1:12:10
change will occur uh within the ordinary
1:12:15
functioning of crowdsourcing that prevails on Wikipedia the only change
1:12:21
that will occur will have to emerge from within Wikipedia itself if there is an
1:12:28
editor who makes the determination that one group waging a kind of activist
1:12:36
campaign ought not be able to write reference history I'll give you a funny example I
1:12:44
gave a talk in January of 2022 on ESP at
1:12:50
a conference in Miami and in that talk I mentioned that as of this presentation a
1:12:58
series of experiments within UF within ESP research called the gansfeld experiments a very highly respected
1:13:05
series of experiments that went on in the 70s and 80s testing for mental
1:13:10
telepathy are described on Wikipedia as pseudoscience without sourcing and I
1:13:17
said if if if if after all the evidence I've provided that can be described as pseudoscience then that term itself has
1:13:24
lost all meaning well lo and behold if you go upon if you go on Wikipedia right now go to the gansfeld experiments
1:13:31
article again this is crowdsourcing so I have to say as of this presentation it
1:13:36
may change by the time you know we're done with this podcast but as of this presentation
1:13:44
uh you'll find some four or five odd uh reference notes suddenly magically
1:13:50
appended to the reference that I called out the notes all go to sources uh
1:13:57
magazines books articles published by um a arch skeptical a professionally
1:14:04
skeptical press called Prometheus books in the town of Buffalo New York which has been around for a long time and
1:14:10
their basic mission is to publish works of polemical skepticism so it would be
1:14:16
as if you were writing an article and all your reference notes went back to
1:14:22
one widely known partisan Source or the output of that Source sometimes in the
1:14:27
form of an article a pamphlet a magazine an online piece a book what have you but they all go back to these sources and I
1:14:33
would venture that the at least the plurality of sources uh that seek to
1:14:39
render skeptical arguments in opposition to many of these widely diffused topics or our reference to Prometheus or the
1:14:46
output from Prometheus so for example if an ethical editor at Wikipedia were to
1:14:53
stroke his or her chin and say well yeah that is the case I think we're going to have to start to you know look at some
1:15:00
of these articles identify you know some of the kind of repeat players who are revising these things identify the
1:15:06
sources it would be a very time consuming exercise and not an easy exercise but that kind of editorial
1:15:13
supervision is the only thing I can see in the short term that is going to help fix this problem which is why by the way
1:15:21
it behooves those of us in the seeking Community to speak very clearly maturely
1:15:26
and intelligently about this problem because we're not going to win any friends uh among the gorilla Skeptics
1:15:33
they have their mission and they are going to continue at it in a very one-track fashion but whether there are
1:15:42
supervisors editors intellects at Wikipedia and it's
1:15:48
very opaque uh but whether there are um they might hear this and and and and
1:15:54
elect to um to bring greater scrutiny and supervision some of these articles as it
1:16:01
currently stands I don't contribute to Wikipedia at all it's a waste of time because the crowdsourcing model is just
1:16:08
too heavily uh bent against us there's just only so many hours in a day and
1:16:14
um some of these people seem to have Limitless amounts of time to spend on this




DeepL 原文不完全


▼展開

Q)
最後にジェフからの質問で締めくくりますが、これは私が見たままを言い換えたり編集したりするつもりです。
というのも、ジェフは私に多くの文脈を与えてくれたのですが、面白いことに、あなたは先ほどウィキペディアについて触れました。
ウィキペディアにあるゴリラ懐疑論というグループは、ジェフが言うように、世界の理解を歪曲する組織的なグループです。
UFOや代替医療のミステリーサークル、ダウジング、霊媒、リモートビューイングなどです。
リモートビューイングなど......ミッチは、この悪質な影響力を覆すことができると思いますか?
ウィキペディアは新しいトピックについて最初に問い合わせる場所として世界で最も利用されています。
ウィキペディアで、主流派科学に支持されていないトピックの報道を始めるために、個人ができることはあるでしょうか?
主流派科学
---
---
A)
素晴らしい質問ですね。
私は、ウィキペディアが
は、先ほど申し上げたように
適切な編集監督を欠いています。
そしてそのグループは
活動家志向で、とても大きく、とてもエネルギッシュで、とてもよく組織されていて
堕落していると言えるでしょう。
漠然とした話題を払拭することに専念している
そのメンバーが最もざっくりとした理解しか持っていないような話題を払拭するために、一心不乱に極論に傾倒しているのです。
通常のクラウドソーシングの機能では、何の変化も起きないということを
ウィキペディアに蔓延するクラウドソーシングの通常の機能では、変化は起こらない。
ウィキペディアのクラウドソーシングの通常の機能では、変化は起こりません。
ある種の活動家キャンペーンを展開しているグループが
もし編集者が、ある種の活動家的なキャンペーンを行うグループには参考文献を書かせてはいけないと判断した場合、ウィキペディア自体に変化が起こるはずです。
2022年1月、マイアミで開催されたESPに関する会議で講演を行いました。
その中で私は、この発表の時点で、フロリダ大学の超能力研究所の一連の実験が
UFのESP研究の中で、ガンスフェルド実験と呼ばれる一連の実験が、このプレゼンテーションの時点で、非常に高く評価されていることを述べました。
70年代から80年代にかけて行われた、精神的なテレパシーを調べる実験シリーズです。
ウィキペディアには、出典のない疑似科学と書かれています。
「もし、私が提供した全ての証拠が疑似科学と言えるのなら、その言葉自体が意味を失うでしょう」と言いました。
もし、私が提供した証拠が全て疑似科学と言えるのであれば、その言葉自体が意味を失ってしまう、と言いました。
クラウドソーシングの記事です。
このポッドキャストが終わるころには変わっているかもしれませんが、このプレゼンテーションの時点では
このポッドキャストが終わる頃には変わっているかもしれませんが、このプレゼンテーションの時点では、4つか5つの奇妙な参考文献が突然魔法のように追加されているのがわかると思います。
私が呼び出した参考文献に突然魔法のように付け加えられた注釈があります。
雑誌、書籍、記事......プロメテウスという懐疑的な出版社から出版されたものです。
プロメテウス・ブックスという、ニューヨークのバッファローにある懐疑的な出版社で、長い間存在していた。
彼らの基本的な使命は、極論的な懐疑論の作品を出版することです。
というわけで、まるであなたが記事を書いていて、参考文献をすべて
ある広く知られた党派的な情報源、あるいはその情報源のアウトプット、時には論文やパンフレットの形で。
記事、パンフレット、雑誌、オンライン作品、本など、さまざまな形で、これらのソースにさかのぼることができます。
少なくとも、複数の情報源は......反対する懐疑的な議論をしようとする。
プロメテウスへの言及や、プロメテウスからの成果物など、広く普及したトピックの多くに反対して懐疑的な議論を展開しようとする、少なくとも複数の情報源があることをあえて指摘したい。
例えば、ウィキペディアの倫理的な編集者が、あごを撫でて、「よくできました」と言ったとしましょう。
ウィキペディアの倫理的な編集者が顎を撫でて、そうですね、そうですねと言ったとしたら、私たちはこれらの記事のいくつかを見始めなければならないと思います。
これらの記事から、これらの記事を改訂しているリピーターを特定し、出典を特定する必要があります。
それは非常に時間のかかる作業で、簡単なことではありません。
この問題を解決するために、短期的にはこのような編集上の監督しかないと思います。
この問題を解決するために、私たち求道者は、成熟した目ではっきりと話す必要があります。
ゴリラ懐疑論者の間で友人を獲得することはできないからです。
彼らは自分たちの使命を持っており、非常に一本調子でそれを続けるつもりです。
ウィキペディアにスーパーバイザー、エディター、インテレクトがいるのかどうか、それは非常に不透明です。
しかし、そのような人がいるかどうか......彼らはこれを聞いて......そして......そして......。
このような記事をより精査し、監督することを選択するのでしょうか。
私はウィキペディアに全く投稿していません。
クラウドソーシングモデルがあまりにも大きく、私たちに不利に曲がっているからです。
このような人たちは、この問題に費やす時間が無限にあるように見えます。




動画(1:21:15)


Mitch Horowitz - UFOs, ESP, & the occult || That UFO Podcast


コメント


- Mitch Horowitz のこの動画での発言は概ね精神世界のヨタ話でしかないが、タイトルの件だけは同意できる。

- 検閲好きな Google は Youtube で、意に沿わない投稿者の主張を否定する「サジェスト表示」をデカデカと挿入している(*1)。そして、その「サジェスト表示」の参照先が投稿テーマを否定する Wikipedia の記事である事例を頻繁に目にしてきた。これは現在話題の

  ・一部左翼系偏向メディアと Twitter(日本支社) がグルになってトレンド操作していた

事件と同様の構図となっている。つまり、Wikipedia に巣食う偏執的編集者たちと Google の性向がよく似ているか、あるいは互いにシンパになっているのだと容易に推測できる。

- 本日見かけた Google の Evil な振る舞いの報道が下。


ネブラスカ州の司法長官とともに和解条件の交渉を主導したローゼンブラム司法長官は、「Googleは長年にわたりユーザーのプライバシーよりも利益を追求してきました。彼らは悪賢く欺まん的で、Googleの位置情報追跡機能をオフにしたつもりでいた消費者の行動をひそかに記録し続けて、その情報を広告主のために使っていたのです」と非難しました。

ref: Googleが「位置情報をオフにした後も追跡を続けていた問題」で約550億円の支払いに同意 - GIGAZINE - https://gigazine.net/news/20221115-google-android-location-tracking-lawsuit/



(*1)


- その具体例

  John Yost: 夜中目覚めてトイレに → Ultraman (TV 番組の主人公)と対面 (2022-07-08)

  何様のつもりだ? Google! (2022-01-27)

  医学者のまっとうな解説に CIA 御用達の Google が(毎度の)恣意的な検閲 (2022-09-23)


(2022-11-14)

Bradshaw Ranch : 風車付近で小便を済ませたカメラマンが missing-time を体験。仲間が 1時間も捜索していた

前置き


- この件は過去記事でも取り上げた筈。

手抜き


45:32
a film crew came out here and their cameraman had to take a piss
45:37
and he walked over the tee by the windmill and he was missing for an hour
45:45
like he thought he just went to pee and we walked back to the house everyone had been looking for him for an hour

ある撮影隊がここに来て、カメラマンが小便に行きたくなった。
風車のそばのティーグラウンドを歩き、1時間ほど行方不明になった。
カメラマンが小便に行ったと思い、家に戻ると、みんなが1時間も探していた。

動画(3:39:21)


HOODOO TALL - Full Documentary about the Bradshaw Ranch, Bigfoot, UFOS, and paranormal activity



(2022-10-17)

Les Velez : 幽霊に取り憑かれた家はレイ・ラインに沿っていたからかも

手抜き


- 取り憑かれた家。レイラインに該当。転売したがその買い主もまた結局、手放すことに。

音声書写(自動生成)


展開

we not only had a uh
71:09
a ghost that was uh haunting this house
71:12
uh it was a a kid that committed suicide
71:15
in the house but then there was also a
71:17
demon
71:18
involved and a real scary looking demon
71:22
and they they brought in this person
71:24
that said well the reason why this is
71:26
going on
71:27
uh is because there's a ley line
71:30
that runs through the house
71:32
and they're coming out of this lay line
71:35
and and and so
71:37
they were able to get rid of the
71:39
the person uh the kid that committed
71:41
suicide uh sent him on his way
71:45
but they were never able to get rid of
71:47
the demon and they eventually sold a
71:49
house
71:50
people bought the house and shortly
71:51
thereafter sold it again and evidently
71:55
that neighborhood where this line went
71:57
leyline went through had multiple issues
72:00
with the houses where these these demons
72:02
were showing up and they were putting
72:03
large scratches on people's backs
72:06
and and uh you know just basically uh
72:09
being nasty



動画(1:24:33)


GRANT CAMERON les velez


コメント


- たぶん、その家は局所的に EMF 異常が発生しやすい場所だっただけでは? 幽霊屋敷で多発するといわれる EVP も EMF 異常で説明がつく。

- そういう場所だから意識障害によって住人が自殺したり、殺害事件が起きやすいのだろう。それが霊に取り憑かれて自殺した、殺害事件を招いたと噂されるようになったと。

(2022-04-04)

電子貨幣、ビットコイン(Bitcoin)の創設者 (+追加2)

履歴


(2022-02-13) 追加
(2015-12-10) 追加
(2013-01-28) 作成


What's New


・(2015-12-10 追加)Bitcoin の創設者(創案者)が 44歳になるオーストラリア人男性だと(ほぼ)判明したという記事を紹介する。オーストラリア当局がこの人物の自宅を税金逃れとして急襲したことからかなり確実な話らしい。



・Bitcoin の「貨幣鋳造」の仕組みはかなり興味深いが、以下ではその仕組みを発案した創設者に注目してざっと調べてみた。

・Bitcoin(ビットコイン)とは何か、というのは下の URL(日本語)を参照してクレヨン。
 http://www.bitcoin.co.jp/

・Bitcoin は Satoshi Nakamoto(中本哲史)が 2007(or 2008)年に発表した次の論文が元になっている。

  ・英語:http://bitcoin.org/bitcoin.pdf
  ・日本語:http://www.bitcoin.co.jp/docs/SatoshiWhitepaper.pdf

・この論文に基づいて Satoshi Nakamoto 自身が 2010年に実装した Bitcoin のソースコード(一部)が下のリンク。
 http://code.google.com/codesearch#FhoIiFdSo1U/trunk/bitcoin/src/main.cpp&type=cs

  ・ソフトウェアについてはよく知らないが、STL や Boost, template を駆使したこの C++ のソースコードの上っ面だけを見ても一流プログラマの技量が伺える。
  ・GUI が Qt ではなく wxWidgets なのはライセンスの絡みだろうか。


・創設者の Satoshi Nakamoto はペンネームで、37歳の日本出身の男性だとされてきた。だが、彼の書いた文章やソースコードからは日本の出身ではなく、イギリスの出身だと推定されている。おそらくは何人かの欧米人グループが共同のペンネームとして使っているようだ。

・たとえば Michael Clear という 23歳の男性もそのグループの一員だと見られている。

・Michael Clear は C++ のプログラミング経験が豊かで、為替取引用ソフトウェア、P2P ネットワーク、コンピュータサイエンス、暗号理論に詳しく、電子貨幣に関するメーリングリストにも参加していた。彼は現在、銀行に勤めている。

・ペンネーム、それも日本人の名前を使っている理由は、政府機関からの法的な制裁を受けるリスクを回避するためのようだ。日本の(元総理の身内の犯罪には大甘で、権益にはガメつく、冤罪づくりだけは巧みな)捜査当局がロシアに住むプログラマの実装に法的に制裁を加えるのは難いように、欧州の捜査当局も極東のプログラマの実装に法的制裁をするのは厄介…というような話。

---
It is also suspected that Satoshi may be a pseudonym for any of a number of people involved in the original development - a mask used for safety and protection against legal persecution for the creation of such a potentially disruptive product. To that end, Satoshi may still be involved in bitcoin, although as you stated, not publicly. As with everything else about Satoshi, the reason for his lack of current involvement is unknown.
--- http://bitcoin.stackexchange.com/questions/229/who-is-satoshi-nakamoto

参考


http://betabeat.com/2011/10/did-the-new-yorkers-joshua-davis-nail-the-identity-of-bitcoin-creator-satoshi-nakamoto/

http://www.quora.com/Bitcoin/What-is-Satoshi-Nakamotos-background

(2013-01-28)



--- (以下、2015-12-10 追加分)---

・Satoshi Nakamoto の正体は、ほぼ確実にオーストラリア人の Craig Steven Wright (44歳、下)。

・最近(2015-12-09)、オーストラリアの警察当局が大挙して彼の自宅などを急襲し、関係資料を押収した。Bitcoin を大量に保有していると見て、税金逃れの容疑で資料を押収した模様。

20151210_Wright.jpg


ソース


http://www.zerohedge.com/news/2015-12-09/australian-police-storm-home-outed-bitcoin-founder

http://www.theguardian.com/technology/2015/dec/09/bitcoin-founder-craig-wrights-home-raided-by-australian-police

http://www.reuters.com/article/us-australia-bitcoin-exclusive-idUSKBN0TS0AB20151209?utm_source=twitter#czif6BPEUwzJUkXs.97

(2015-12-10)





前置き


- あれから Satoshi Nakamoto に関する情報を全く調べていないが、 最近購入した本を読んでいたら Satoshi Nakamoto とされる人物の写真が掲載されていた。まともな本だし、原書は 2020-10 の出版なので、この情報はそれほど古くはない筈。

- ネットで真偽を確認するほどまでの興味はないが、過去記事を更新しておく。


20220213_bc_pp205.jpg

デイヴィッド・オレル 著、 角 敦子 訳、『貨幣の歴史』、原書房、2021-06、205頁

20220213_book.jpg



(2022-02-13)

John Ramirez(元・CIA 高級職員): CIA が Google の誕生を強力に支援した。

予備知識


John Ramirez(元・CIA 高級職員)による UFO/UAP 関連のレクチャー動画 (2021-11-03)

暫定メモ:John Ramirez(元・CIA 高級職員) (2021-11-19)

John Ramirez(元・CIA 高級職員): 1977-09-20, ロシア:空に出現したクラゲ状の光球の正体 (途中1) (2021-11-04)


John Ramirez(元・CIA 高級職員): Bob Dean の "cosmic top secret" 資格を否定 (途中1) (2021-11-04)


手抜き


- 1:30:30-- CIA が Google の創設を強力に支援した。これは調べればわかることだ。私自身、まだ卒業生だった当時の Google 設立メンバーに会って、彼らが開発中だった検索エンジンを目にしている。

- Google map や Google earth のデータは別の会社から買い取ったもの。その会社は情報機関と関わりがある。


音声書写(自動生成)


展開

88:45
this this relationship between the cia
88:47
and google i i wasn't familiar with uh
88:49
with some of the things that you were
88:51
you were talking about with that right
88:53
and it's all um discoverable i mean you
88:56
can google it
88:58
learn how google was
89:03
wasn't
89:04
how google received the earth viewer
89:06
program it was through another company
89:07
called
89:08
i think it was called keyhole but it was
89:10
cia program called earthviewer
89:12
and we were able to transfer to google
89:16
but the relationship occurred much
89:18
earlier than that because there were
89:20
graduate students who founded google
89:22
and there was a funding through a
89:24
national science foundation vehicle
89:28
to have these graduate students
89:33
do their work
89:34
and it was through a grant
89:36
to stanford university at stanford
89:38
university can then provide to these
89:40
graduate students
89:42
and so there were a few that caught the
89:44
national science foundation attention
89:47
and by extension the intelligence
89:50
community
89:51
learned about
89:53
uh one of the found i think his name was
89:56
sergey i think it was sergey
89:58
i think he was the one that's his first
90:00
name one of the founders of google
90:02
and so
90:03
they it cultivated a relationship with
90:05
this company
90:07
now there were still students at the
90:08
point at that time the later google on
90:11
september of i think it was 1998.
90:15
um
90:17
i'm thinking september 2nd 1998 and i
90:19
don't know if that's the correct date
90:21
for the founding of google
90:22
but at that time when google was founded
90:25
before that occurred
90:27
i remember walking down to the lab
90:30
and at that time i was upstairs
90:33
working for oswr and walked down to the
90:36
lab before google was founded and i was
90:38
shown this the search engine
90:41
before that we used something called
90:42
alta vista
90:43
altavista was the search engine we used
90:46
i think it came from a digital equipment
90:48
corporation alta vista
90:50
uh but then i saw google that's a funny
90:53
name so yeah we're we're testing out
90:55
this search engine called google so oh
90:57
that's interesting and i don't think
90:58
google was formed back then
91:01
when i was shown this or they were just
91:02
formed
91:03
the cia got the search engine testing it
91:06
out
91:07
um so there was some relationship
91:09
between the central intelligence agency
91:11
and google
91:13
and and whether google was aware of it
91:15
or not
91:16
and they may deny it today that there
91:18
was such a thing but you can document
91:21
the fact that there was a program at cia
91:24
called earth viewer which we used to
91:26
look at nro imagery yeah and then there
91:29
was a company called
91:31
keyhole i believe
91:33
and that company
91:35
then was able to market
91:39
earthviewer to google and google became
91:41
google earth
91:43
to the point that you know they need
91:44
data right
91:46
what's good of a of a way to look at
91:48
data on the earth if you don't have
91:49
satellite data
91:51
and that was the point where
91:53
some officers in the national
91:57
interpretation center
91:59
um
92:01
decided to leave
92:03
npic
92:04
and work with a fledging company for
92:07
commercial imagery
92:09
and along with that came
92:11
a few nro satellites that were older
92:14
satellites and so now you have this
92:16
company that eventually became a
92:20
digital globe now called maxar but when
92:22
they were digital globe here these two
92:24
satellites from nro with nro technology
92:27
in them
92:28
with uh retirees of cia
92:32
impecc working with them
92:34
and they're you know you start shooting
92:36
pictures and
92:38
google start buying pictures
92:40
so everything google has to show you as
92:42
google maps google earth
92:44
um they're not from google they actually
92:46
buy the imagery
92:48
mostly from maxar technologies which has
92:51
roots
92:52
going back to the intelligence community
92:54
again
92:55
but they are a legitimate company
92:56
they're not like a front company let me



動画(1:50:30)


John Ramirez | CIA Officers Experiences with 'The Phenomenon'


コメント


- 私は過去記事で、


・Google がまだ、"Don't be evil" と無邪気に唱えていた初期の頃に、Google/Facebook/Youtube などの民間企業を手懐けて、ほぼ完全なネット支配の実現を企んだ CIA 幹部の慧眼には恐怖を覚える。

ref: Facebook と Google は、現代版の植民地支配勢力 (2017-09-19)


 と述べてきたが、Google が創設される前の段階からすでに CIA が支援してきたとは知らなかった。

- この動画での John Ramirez の話を聞いて、CIA は将来のネット支配を目的として Google の誕生を支援した訳ではないことを理解した。CIA が衛星から観測した写真や地図データを利用するついでに、優れた検索エンジンを開発中の大学卒業生たちに資金援助したのがきっかけだったに過ぎないようだ。

- つまり、ネット支配による全国民のデータ収集と民衆誘導工作はその後で CIA が Google や Facebook の利用価値に気づいて推し進めてきた、いわば後出し政策だろう。先見の明ではない筈。

関連


Google(=真理省&思想警察) は CIA や NSA が育て上げた (+追加) (2017-08-30)

人々が Google(=思想警察) をとても恐れるようになった理由 (2017-08-31)

元・CIA 幹部が、Google(=思想警察)と CIA の共同事業を暴露 (2017-09-16)

(2021-12-25)
プロフィール

横着者

Author:横着者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR