FC2ブログ

ピアノの生産台数の推移

はじめに


・これほど急峻な減少だったとは…

一部引用




20190611_piano.jpg



ref: 日本におけるピアノ所有の社会的意味の変容に関する分析
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/2015SSM-PJ/04_05.pdf


(2019-06-11)

Martin Armstrong : 2032年以降、中国が世界金融の中心地となる。

はじめに


・去年、Martin Armstrong は次のような首をかしげる予測を公表した。

Martin Armstrong : 中国の債務危機は短期的だから、2032年にはアメリカを経済力で凌ぐ。 (2018-10-19)

Martin Armstrong : 米社会の亀裂は既に修復不能→米の衰退→中国が 2032年に優位に立つ。 (2018-10-10)

Martin Armstrong : 2020年のアメリカでは経済が大混乱し、通貨危機の可能性がある。 (2018-10-08)

Martin Armstrong : 2032年に中国がアメリカを凌ぐ理由 (2018-09-11)

・最近の Blog で Martin Armstrong は、自信たっぷりにこの予測を撤回するつもりが無いと述べている。

引用



QUESTION:

Marty,

You keep stating that the center of Finance will move to China. However, the world distrusts China, rightly so. How can they become the Financial Center if no one trusts them?

RLK

ANSWER: That will come only after 2032. Keep in mind, the West will be tested and the failed system of continually borrowing is why the confidence in the West will break. After that, it will become the lesser of two evils. The financial capital of the world always migrates. The British never saw how America could take their crown. Throw in a world war, and capital moves. I have dealt with this issue in detail. That report is available (see the Store for “China on the Rise”). It is available in printed form or in digital format.

ref: https://www.armstrongeconomics.com/international-news/china/chine-the-financial-capital-of-the-world-after-2032/


コメント


・私には全く理解できないが、どうやら Martin Armstrong は(中国にたいするおべっかとかではなく)本気でそう信じているようだ。

(2019-06-09)

Huawey がさらなる窮地に:Cadence/Synopsys の最新の論理合成ツールを止められた。

はじめに


・Huawey はすでに窮地にあるが、たぶんこれが最後のトドメになりそう。

・ハイテク電子装置の心臓部は LSI だが、その LSI を設計するのに必須なのが、Cadence 社や Synopsys 社の論理合成ツール。人間が Verilog 言語などで書き起こしたハードウェアの回路記述や動作仕様の記述を現実のウェハー上のトランジスタや配線として具現化させるのが、論理合成ツールで、Synopsys 社の Design Compiler が有名。この分野では実質的に、Cadence と Synopsys しか選択肢がない。


抜粋(デタラメ)


・今後、Huawey にはこの論理合成ツールの最新版の提供がなされないことになった。


"It would become very difficult for Huawei to design new chips if they could not have new updates of software, given that the whole chip production process has become so sophisticated and complicated," a chip industry executive familiar with the matter told the Nikkei Asian Review. "There may be updates every week to help chip developers synchronize with chip manufacturers and solve bugs."



・既に設計が完成しているチップ(LSI)には影響がないが、今後開発すべきチップでは影響が大きい。

Another industry source familiar with Huawei’s plan said designs had already been completed for the Kirin 985 and Kirin 990 chip lineups for premium handsets, as well as the Balong 5000 5G modem chips for smartphones, due to go into its device offerings this year. “But we are not very sure about chips for next year and beyond as it will take 12 to 18 months to design a new advanced chip,” the person said.


・Mentor 社はドイツ資本傘下に入ったので自由に使える可能性があるが、Mentor 社のツールでは不十分。

Mentor Graphics -- a smaller EDA tool provider acquired by Germany's Siemens in 2017 -- and China's homegrown counterpart Empyrean Software, a state-owned entity, could not provide complete alternatives to Synopsys and Cadence products.

"We would definitely want to help Huawei if we could, but we really do not have that capability," an Empyrean Software representative told Nikkei. "It would be like we sold cars, but Huawei came in and asked us to build airplanes or even rockets for them."


ref: https://asia.nikkei.com/Spotlight/Huawei-crackdown/Huawei-loses-access-to-vital-chip-design-updates-from-Synopsys

コメント


・以下、私のことなのか、私の知り合いのことなのか、単なる伝聞なのかは明言を避けるが…。その人物曰く…


ほんのちょっとだけだが、Verilog や Design Compiler を扱ったことがある。 Verilog は「まぁ、こんなもんだろう」程度の感想だったが、Design Compiler は「まるで魔法のようだ」と感じた。だから、LSI 設計において「最新の論理合成ツールが使えない」ことが何を意味するのかを理解できる。論理合成ツールが「最新」でないとクリティカルな箇所がネックになって期待する性能が達成できない。上の日経のソース記事が事実なら(たぶん事実だろう)、Huawei はベストケースでも 熾烈な性能競争で置き去りになる。このままだと、いずれ近い将来、投了となるのは避けられない。


(2019-06-05)

米中貿易戦争:中国のレア・アース資源の対米輸出禁止が切り札にならない理由

はじめに


・中国の Renmin 大学の教授が、米中貿易戦争では中国が勝利者になると "Global Times"(訳注:中国メディアらしい)で主張している。なぜなら、中国には次の 3つの切り札があるからだと。


According to an article in the Global Times by a professor at the Renmin University of China, the three trump cards are:

1) banning the export of rare earths to the US;

2) blocking US companies’ access to Chinese markets; and

3) using China’s portfolio of US Treasury bonds to bring down the US government debt market.


・この内、最初のレア・アース資源の対米輸出禁止について "Oriental Review" がタイトルの件について解説している。その核心部分は


If sanctions are only imposed on US companies, then they will still be able to purchase the necessary materials through Japanese or European straw buyers, making the embargo pointless. But if China imposes a total export ban, then it won’t just be US companies that suffer but European ones as well, leading to EU reprisals against Chinese exporters to Europe. This would be very painful for China, especially given the economic war with the US that is making access to European markets invaluable to the Chinese economy.


 というくだり。


一部引用



China, Editorial, Global Meltdown, Hybrid Wars, United States
China Holds Three Trump Cards In War Against US
Written by ORIENTAL REVIEW on 28/05/2019

...

Banning the export of rare earths to the US would actually be a pretty serious blow for US electronics manufacturers and, indeed, US high-tech manufacturers generally. This is because rare earths are a key raw material for the production of smartphones, various chips, and other high-value-added products that are the biggest cash cows of US companies such as Apple and Boeing.
Trump meets the Chinese Vice-president
President Donald Trump during a meeting with Chinese Vice Premier Liu He over trade talks in the Oval Office, February 22, 2019

Reuters, an agency one could hardly accuse of sympathising with Beijing, reports: “The United States has again decided not to impose tariffs on rare earths and other critical minerals from China, underscoring its reliance on the Asian nation for a group of materials used in everything from consumer electronics to military equipment.”

China does not exactly have a monopoly on such materials, but the market would definitely be in short supply without Chinese exports, with all the price implications that would bring. Moreover, it is likely that some deficit positions will be impossible to close no matter how much money is involved.

Not everything is that simple, however. Should such a ban be introduced, then Beijing will encounter certain technical difficulties. If sanctions are only imposed on US companies, then they will still be able to purchase the necessary materials through Japanese or European straw buyers, making the embargo pointless. But if China imposes a total export ban, then it won’t just be US companies that suffer but European ones as well, leading to EU reprisals against Chinese exporters to Europe. This would be very painful for China, especially given the economic war with the US that is making access to European markets invaluable to the Chinese economy.

It appears that a ban on rare earth exports is a powerful weapon, but its use will require the utmost delicacy and serious diplomatic efforts to avoid any extremely unpleasant side effects.

ref: https://orientalreview.org/2019/05/28/china-holds-three-trump-cards-in-war-against-us/


コメント


・この大学教授の主張は、中国国民向けの政治的慰撫宣伝が目的の筈。特に、米国債の投げ売りが3つ目の切り札として列挙されている時点で明らか。もしも、本気でこれらの 3項目が切り札として使えると考えているとすれば、この教授の愛国心が彼の IQ を著しく引き下げていることになる。

・この大学教授の挙げた2つ目の切り札

  "2) blocking US companies’ access to Chinese markets"

 の詳細が、以下の通り。


Second, China plays a key role in many production chains that end with sales in the US and other markets. A loss of access to Chinese production would therefore severely damage the competitiveness of American companies on the world (and even on the US) market, especially if their European and Japanese competitors retain complete access to China’s production facilities.

As a result, the profits of US companies and the future of the American stock market (which is a key political barometer given that many Americans have invested their savings in shares) would be at risk. It might be possible to offset these problems by transferring production to other Asian countries with cheap labour and favourable terms, but this couldn’t be done quickly and it would be risky, given that Trump is waging trade wars with everyone from the European Union to loyal US allies such as Japan and India. In light of this, US companies will have a huge incentive to prevent Trump from being elected for a second term, and the lobbying and political capabilities of that part of the US corporate sector that will suffer the most from this trump card could really play a key role in the political victory of Trump’s opponents.


・この2つ目の項目は案外、中国指導部も本気で「切り札として使える」と信じている可能性がある。もし中国指導部がそう信じているとなれば、アメリカ支配層の中国に対する空気がこの 1年で完全にひっくり返ったことを、中国指導部は全く理解できていないことになる。つまり、

US companies will have a huge incentive to prevent Trump from being elected for a second term, and the lobbying and political capabilities of that part of the US corporate sector that will suffer the most from this trump card could really play a key role in the political victory of Trump’s opponents.

 という認識は致命的にズレている。Trump の二期目はまず揺るがないだろうし、仮に Trump が再選に失敗しても対中国政策はさして変化しないだろう。既に、アメリカ支配層は貿易戦争による米経済の減速や企業利益の低下を受け入れる覚悟を決めている筈。

・中国指導部がこれを理解できていない場合、中国のボロ負けは確定となる。「将来の芽を残した名誉ある負け戦」の可能性は完全に消える。

(2019-05-29)

Kyle Bass : 中国は経済より共産党支配を優先するゆえに Trump の要求を受け入れないだろう。

はじめに


・米中貿易について、大勢の専門家や評論家連中が両論併記的なぬるい意見や予想を語っている中、Kyle Bass が明確でシビアな意見を述べている。

抜粋(デタラメ)


・中国共産党の本質からして Trump との貿易交渉に合意することは不可能だ。アメリカが求めている合意条件である中国国内での立法化による約束の明文化を受け入れるのは無理だろう。

・4:00 私は中国通貨のポジションは解消した。

・4:25 中国に投資している人はよく理解すべきだ。中国にはそもそも欧米的な意味での法は存在しないし、人権も存在しない…という事を。

・5:40 アメリカの目的は中国経済の弱体化ではなく、国家安全保障だ。

・かつて Xi Jinping が Obama と一対一で会談したときに例の人工島を軍事化しないと約束したが、それは嘘だった。このように中国の約束は信用できない。

・7:00 中国当局の第一目標は経済ではない。共産党の支配を維持することだ。

・8:00 米企業は中国に13億人市場という黄金郷の幻想を抱いているが、中国当局はいつ何時でも中国在住の米国企業に対する扱いを勝手気ままに変更するということを認識すべき。

・9:00 時が経てば、我々は悟るだろう。中国が我々の友人だったことなど無かった…と。

動画(9:06)


・'China Was Never Our Friend,' Says Kyle Bass


コメント


・Kyle Bass は Trump が大統領になる前から、中国には辛辣だったし、中国売りのポジションだったから上記のような発言は意外ではない。

・注目すべきは、「5:40 アメリカの目的は中国経済の弱体化ではなく、国家安全保障だ。」という Kyle Bass の言葉。これは「中国経済の弱体化」をアメリカは目指さない…という意味ではない筈。逆に、アメリカの国家安全保障(=覇権維持をオブラートに包んだ表現w)の重大な妨げになるから、「中国経済の弱体化」程度では済ませず中国共産党の支配体制それ自体の弱体化、さらには体制崩壊を目指す…そういう意味だろう。

・だとすれば、アメリカも経済(=株価や企業利益)より体制維持(=覇権維持)を優先するという意味では中国と共通している。

(2019-05-25)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR