FC2ブログ

Bill Gertz : 「中国の夢」の実態は(領土)「拡張政策の悪夢」だ。

前置


・昨日の記事、


Washington Times national security reporter Bill Gertz has excellent connections inside the U.S. intelligence community and a long track record of accurate geopolitical predictions far in advance of events.

Gertz now reports that China is going on red alert.

ref: James Rickards : 中国の地政学的衝撃(軍事行動 or クーデター)に備えよ - http://news21c.blog.fc2.com/blog-entry-16504.html (2020-08-06)


 でJames Richards による Bill Gertz の指摘を取り上げた。

・その Bill Gertz 本人のインタビュー発言を見かけた。

抜粋(デタラメ)


・21:00 Xi Jinping の「中国の夢」の実態は(領土)「拡張政策の悪夢」だ。
20200807_gertz.jpg



動画(23:50)


China Challenges US GPS System; CCP's Secret Map; Typhoon Slams into Shanghai
2020-08-07


コメント


・中国は他国の領土を侵略する意思などない…自信たっぷりにそう言い切る政治家、評論家、経済専門家、ジャーナリスト、著名ブロガー(w) が数年前には日本にもワンサカいた。いまだに彼らは未練がましくその見解にしがみついている筈。その見解が間違いだったと認めることは彼らの自己否定に繋がるゆえに、言を左右して決して認めない。

(2020-08-07)

James Rickards : 中国の地政学的衝撃(軍事行動 or クーデター)に備えよ

一部引用



Washington Times national security reporter Bill Gertz has excellent connections inside the U.S. intelligence community and a long track record of accurate geopolitical predictions far in advance of events.

Gertz now reports that China is going on red alert.

It’s putting up signs telling citizens how to get to bomb shelters. Military factories are being moved away from factories that produce civilian products. Ham radio operators report rumors of an impending attack on some remote islands technically controlled by Taiwan.

These activities suggest China may be preparing military action of some kind.

More importantly, rumors persist of an internal power struggle between Chairman Xi and what is known as the Shanghai political faction led by Zeng Qinghong.

...

It’s often difficult to sort fact from fiction in China, but investors should be braced for some kind of geopolitical shock emerging from China in the next few months.

It could be military action or what could essentially be a coup.

The rumors may amount to nothing, but they may indicate a major shock. And I should point out that Bill Gertz has a great track record for accurate forecasting.

Treasuries, gold and cash would benefit from a Chinese shock, while Chinese stocks and emerging markets would be badly damaged.

Investors should prepare accordingly.

Below, I show you why the Chinese economy is basically a house of cards, and why it’s mired in the “middle income” trap.

ref: The China Myth, Exposed - The Daily Reckoning - https://dailyreckoning.com/the-china-myth-exposed/







DeepL



ワシントン・タイムズの国家安全保障記者ビル・ガーツは、米国の諜報機関内に優れたコネクションを持ち、地政学的な予測をはるかに先回りして正確に行ってきた長い実績がある。

ガーツ氏は、中国が厳戒態勢に入ったと報告しています。

防空壕への行き方を市民に伝える看板を設置しています。軍の工場は、民間製品を生産する工場から移動させられています。ハムラジオのオペレーターは、台湾が技術的にコントロールしているいくつかの離島への攻撃が差し迫っているという噂を報告しています。

これらの活動は、中国が何らかの軍事行動を準備している可能性を示唆している。

さらに重要なのは、習近平国家主席と曾慶紅が率いる上海政治派との間で、内部での権力闘争の噂が絶えないことである。

...

中国ではフィクションから事実を選別するのは難しいことが多いが、投資家は今後数ヶ月の間に中国から出てくるある種の地政学的ショックに備えておくべきだ。

それは軍事行動かもしれないし、本質的にはクーデターかもしれない。

噂は大したことはないかもしれませんが、大きなショックが起きる可能性があります。そして、ビル・ガーツは正確な予測のための素晴らしい実績を持っていることを指摘しておきます。

中国ショックで国債、金、現金は恩恵を受け、中国株や新興国市場は大きなダメージを受けるだろう。

投資家はそれに応じて準備をする必要があります。

以下に、なぜ中国経済は基本的にトランプの家なのか、なぜ「中間所得」の罠にはまっているのかを紹介します。



(2020-08-06)

Danielle DiMartino : 航空機での出張需要が以前のレベルに回復するのは 30年後だろう。

前置


・Danielle DiMartino は "former adviser to the president of the Dallas Fed" だけあって経済に詳しく、マス・メディアにも頻繁に登場してコメントしている。

・Danielle DiMartino とは…


Danielle DiMartino Booth, a former adviser to the president of the Dallas Fed, is the author of "Fed Up: An Insider's Take on Why the Federal Reserve Is Bad for America," and founder of Quill Intelligence.

ref: Danielle DiMartino Booth - Bloomberg - https://www.bloomberg.com/opinion/authors/ATF5r90MXKw/danielle-dimartino-booth


抜粋(デタラメ)


・35:50 航空機での出張旅行が以前のレベルに回復するには一世代かかるだろう。今は zoom などの技術もあるし。

動画(1:25:14)


Alarming Predictions Made About China & US Economy
2020-07-31


コメント


・日本には彼女に匹敵するような人物は見当たらない。経済に関してもそうだが、日本のマス・メディアに頻繁に登場するコメンテーターには「なんでこんなのを連れて来たのだ?」と問い詰めたいレベルが多い。

(2020-08-04)

Jim Rickards と Peter Schiff がインフレ、デフレの定義で対立…w

前置


・これまでの part 1/3, 2/3 は既に紹介済みだが、それらの動画では Jim Rickards と Peter Schiff の見解は概ね一致していた。だが、この 3/3 では意見が完全に対立し口論になっている。

動画(7:19)


Jim Rickards and Peter Schiff debate deflation vs inflation (Part 3/3)
2020-08-04


コメント


・Jim Rickards の主張の方がまとも。Peter Schiff は経済学の学識に乏しい面があって、それを取り繕うために一般受けする極論を押し出してアピールしているのだろう。

(2020-08-04)

Jim Rickards + Peter Schiff : MMT は新しい経済理論ではない。古くからある失敗ずみの理論だ。

前置


・MMT は決して新しい理論ではない、20世紀初頭にすでに存在し、実施して失敗が確認されている…という指摘が目新しい。

動画(9:15)


Rickards and Schiff warn about the coming monetary collapse (Part 2/3)
2020-07-31


(2020-08-01)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR