FC2ブログ

Ray Dalio が四半世紀をかけて編み出した「正しい経営判断を下す合理的な方法」

はじめに


・Ray Dalio はヘッジファンド界の超大物。

・その彼がタイトルの件を講演で語っている。

・彼はかつてヘッジファンドを立ち上げて成功し TV に出演するほどとなったが、後に大損して全てを失った…という大失敗の経験がある。その経験を元に四半世紀をかけて編み出した「正しい経営判断を下す合理的な方法」を詳しく説明している。

・世にあふれる「私はこうやって成功した。君たちにも成功のコツを伝授しよう」…的な、逸話主体のありがたい訓話とは全く次元が異なる。

・その方法を一言で言えば、

  ・優れた才能をもつ人材を集め、
  ・誰もが地位や立場から完全に自由な議論ができる仕組みを用意し、
  ・議論参加者が他の意見を評価し、それを機械的にクロス集計した表生成し、
  ・個々人の信憑度の尺度に基づいて俯瞰的な経営判断を下す。
  ・そのためのツール群とアルゴリズムを開発した。トップ個人の直感に頼らず、偏見にも影響されない。

 というようなものらしい。この方法により、組織にありがちな不透明かつ非合理な因習的欠陥から解放されるのだと。

該当箇所


・15:40から19:00 あたりまで

・独裁でも多数意見でもなく、個々人の信憑度評価を元にしたアルゴリズムで俯瞰的な経営判断を下す。

・31:35 この方法は「超エリート戦闘部隊向け訓練」の知性版("intellectual Navy Seals")だ。

・33:00 この方法を身につけた人間は他の会社に移ろうとは思わなくなる。なぜなら他社では、社内政治や関係者に対する厄介な対人折衝などの不透明かつ非合理な行動パターンを要求されるから。

20191117_rd_2.jpg


20191117_rd_1.jpg

20191117_rd_3.jpg

20191117_rd_4.jpg


講演動画(1:06:15)


・244,526 views,Jan 8, 2019
・Principles for Success from Ray Dalio: Founder of the World’s Largest Hedge Fund


コメント


・つまり、この方法は

  ・(a) 多くの優秀な人材の才知を集め、
  ・(b) 彼らの多種多様な意見を(互いに潰し合うことなしに)系統的に結集し、
  ・(b) 効果的な評価システムに基づいて正しい判断を引き出す

 ように工夫された仕組みらしい。

・だが、たいがいの組織は出だしの (a) の時点、つまり「多数の」優秀な人材を集める時点でもう躓く。烏合の衆の衆知をどれほど集めたところで凡庸な判断しか出てこない。

・さらにこの方法はヘッジファンドのような、リスク評価が経営判断の生命線を握る組織には適合しているが、技術開発志向の企業や製造業などの普通の企業にはそれほど必須ではない筈。後者の場合、経営判断でリスク評価を過大視すること自体がリスクになりうる。

(2019-11-17)

Ray Dalio が編み出した「成功のための原則」を 30分で語る。

はじめに


・一つ前の記事に関連。

・イラスト動画でわかりやすく解説。Ray Dalio 自身が話者。

動画(28:46)


・3,840,493 views,May 21, 2018
・Principles For Success by Ray Dalio (In 30 Minutes)


(2019-11-17)

John Bricker, John Ibbitson : 人類の総人口は今世紀中頃をピークに減少する。

はじめに


・今年の 2月に出版された、タイトルの趣旨の主張を綴った本、

20191113_book_emp.jpg

John Bricker, John Ibbitson, "Empty Planet: The Shock of Global Population Decline", 2019-02-05

 の概要を著者自ら、インタビューで語っている。

抜粋(デタラメ)


・我々は世界各地の現地を実際に訪れ、詳しく調査した。

・今世紀中頃に 90億人になるだろうが、その後は減少するだろう。国連の人口予測は正確ではない。国連もいずれ減少する方向で改訂版を出すだろう。

・5:30 世界人口の 40% を占める国家は中国とインドだが、中国の(合計特殊)出生率は 1.5 、インドでも 2.1 に低下している。

20191113_fertilityrate.jpg


・6:20 都市化が最大要因だ。人間の 55% は街中に住んでいる。

・7:20 田舎から街中に移動すると、女性は教育を受ける機会が増え、多くの情報にも触れる。そうすると女性は出産コントロールを意識しだす。

・9:20 更に、都市化は(出生率を上げる大きな要因となる)宗教の影響力を削ぐ。

・12:30 日本の現状。1.4
  ・日本の高齢化も影響。高齢者は若者より消費しない。→ 経済縮小
  ・高齢者のための社会保障費(医療費、年金)も増加。→ 国家の経済負担増大。

・17:00 インドの出生率は国連統計で言われている数値の 2.4 ではなく、実際は 2.1 だ。Bill Gates 基金によるより正確な調査結果だ。

・20:20 ブラジルでは 1.8 まで低下。なぜ? 大きな要因のひとつが、女性の不妊手術。

・23:10 今世紀末にはアメリカは 5億人、中国は 6-7億人だと予想されている。

・23:50 中国の一人っ子政策に匹敵する人口統計学的自殺行為はアメリカの場合、Trump の移民阻止政策だ。

・29:00 今後、国家が移民を受け入れたくとも、十分な移民の供給がなされなくなる。

動画(32:33)


・198,100 views,Feb 13, 2019
・The World's Shrinking Population


コメント


・John Bricker らは経済成長と国家の競争力維持のために、国家の人口減少は何としても避けるべき事態だと見なしている。人口増加に伴う環境負担はやむ無しだと。

・だが、生物の世界に無限の成長などありえない。資源の制約があるゆえに。人類の人口だっていずれ頭打ちになる。先進諸国はすでに頭打ちになっている(既に出生率が 2.1 を下回っている)。その減少の潮流を政策で無理矢理逆転させようとしてもさして成果は上がらない筈。

・人口減少の潮流に徹底抗戦して無残に玉砕するよりも、さっさと降伏してやり直す方が被害が少ないような気もする。辛く苦しいだろうが損切りは早めに…というわけで。

(2019-11-13)

John Bricker, John Ibbitson : 人類の総人口減少の時代がやってくる。

はじめに


・ひとつ前の記事に関連。

抜粋(デタラメ)


・冒頭から 37:00 までが講演。

・12:10 フィリピンで起きたこと。都市化に伴ってカトリック教会のミサ参加者の大幅減少と、出生率の低下が同時に起きた。

・20:00 ブラジル 1.8 で体験した逸話。若い女性が大勢の子供を望まなくなり、医者に要求…卵管結紮術(tubal ligation)。ブラジルでは最も一般的な産児制限の方法となっている。

・24:10 中国は十分に豊かな国家になる前に高齢化社会を迎える…というのが経済学者の見通し。

・26:00 今後、人口面で強国となるのはインドとアメリカだ。

講演動画(1:32:05)


・80,600 views,Apr 4, 2019
・Empty Planet: Preparing for the Global Population Decline



参考: 卵管結紮術とは…




20191113_op.jpg


ref: 不妊手術 - 22. 女性の健康上の問題 - MSDマニュアル家庭版 - https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/22-%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E5%AE%B6%E6%97%8F%E8%A8%88%E7%94%BB/%E4%B8%8D%E5%A6%8A%E6%89%8B%E8%A1%93


(2019-11-13)

榊 淳司 : この 20年で、日本の不動産の 90% はタダでも買い手がいなくなった。

はじめに


・23,700 views,Oct 9, 2019 の動画。

・メディアではほとんど報じられていない、かなり衝撃的な話。

動画(11:03)


・実はすでに大暴落している日本の不動産価格 by榊淳司


(2019-10-26)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR