2008年1月8日、テキサス州:低空飛行する巨大 UFO を 3名の警官を含む複数人が目撃 (途中:その1)

はじめに


・この事件は過去記事で紹介した。

  2008年1月8日、テキサス州:巨大 UFO を大勢が目撃(途中:その1)

  2008年1月8日、テキサス州:巨大 UFO が出現し多数が目撃、F-16戦闘機が追跡 (2013.10.08)

・この UFO の目撃者が

  ・全国規模の TV のニュース番組で証言している動画と、
  ・Podcast の中で証言している音声動画

 そして、

  ・事件を取材した Linda Moulton Howe の解説

 を紹介する。


抜粋(デタラメ)







20170625_ricky_UFO.jpg

20170625_texas_ufo_sorrell_sketch.jpg

20170625_texas_ufo_sorrell_sketch2.jpg

20170625_texas_ufo_sorrell_sketch3.jpg

Podcast(1:15:09)


・UFO Coverups Then and Now x264




CNN ニュース動画(5:44)


・Ricky Sorrells & Mile Long UFO


関連




pic

movie

http://blog.ufo-blog.com/2008/01/stephenville-texas-ufo-sightings-ufo.html

http://www.noufors.com/dozens_in_Stephenville_and_Dublin_Texas_report_seeing_large_UFO.html

http://www.mercuryrapids.co.uk/articles6.htm

http://www.ufoevidence.org/Cases/CaseSubarticle.asp?ID=1169

http://ufogrid.com/ufo/articles/one-january-night-and-one-very-big-ufo-puts-stephenville-texas-paranormal-map

http://www.abovetopsecret.com/forum/thread332180/pg1

http://www.ufocasebook.com/2008/joinersilenced.html

http://www.popularmechanics.com/space/a4018/4304170/

(2017-06-25)

Oliver Sacks:様々な幻覚事例

はじめに


・幻覚に関する Oliver Sacks の講演は過去記事で取り上げたことがあるが、より具体的な事例を語っている動画を紹介する。

・下の講演で取り上げている幻覚事例(どれも Oliver Sacks の著書(過去記事で紹介済み)に記述されていた)は、UFO/ET の目撃証言とかなり共通するものを感じる。

・また、11:03 あたりで語っている幻覚は走馬灯体験の一部を連想させる。

抜粋(デタラメ)


・一瞬で出現し、一瞬で消え去る。

・垂直に素早く上昇して消失。

講演動画(18:45)


・What hallucination reveals about our minds | Oliver Sacks


(2017-06-25)

回収した UFO に関する 1989年の政府の極秘資料 (+追加4)

What's New


・(2017-06-24 追加)
   ・Kevn Randle が捏造と断定した根拠を追加。
   ・この文書に対する Stan Friedman の評価が変化した件を追加。

・(2017-06-22 追加)この資料について Kevn Randle が詳しく吟味し、捏造だと断定したインタビュー動画を追加。

・(2017-06-19 追加)機密資料作成の専門家がこの資料を捏造だと断定した話を追加。

・(2017-06-17 追加)この資料が全くの捏造である証拠を追加。

はじめに


・昨日、Linda Moulton Howe のサイトにタイトルの記事が掲載された。

・この資料は退役軍人から入手したもので、この資料を調査中の Stanton Friedman は「いまのところ捏造の痕跡が見当たらず、現代版の MJ-12 資料だ」と述べていると。

抜粋



June 15, 2017 Albuquerque, New Mexico - On June 13, 2017, Heather Wade, host of Midnight in the Desert, says she received 47 pages of a leaked Defense Intelligence Agency document dated January 8, 1989, from two alleged retired military sources. Heather says she knows the two men, will protect their anonymity, but wants the document content shared for all to read and analyze. Here is the email I received with the document link included and a hot link in Websites below.

This leaked document describes four different types of non-humans interacting with Earth and describes in great detail the technologies studied by scientists such as Dr. Robert Oppenheimer and Dr. Vannevar Bush at the large disc crash in Hart Canyon near Aztec, New Mexico, on March 25, 1948. This leaked document also describes the Roswell crashes in the first week of July 1947, and the UFO Control Panel symbol icons, the Concept Icons, and the Numerical Language of lines and dots found on the leaked document's sequential page 46.

20170616_ultra_secret.jpg


Ref: https://www.earthfiles.com/news.php?ID=2534&category=Science


コメント


・この新たな資料は MJ-12 資料が本物であることを前提にしている。よって、この新たな資料もほぼ確実に捏造。


(2017-06-16)




(以下、2017-06-17 追加分)

はじめに


・この資料について簡単に説明した2つの動画を下に埋め込んだ。

・下の動画によると、この資料の中には「Nikola Tesla の開発した超光速通信技術」というネタが記述されているという。

Podcast(17:17)


・New Majestic Document Reveals US Diplomatic Relations with Extraterrestrials



Podcast(17:42)


・UFO Disclosure ? New Majestic 12 Document Reveals Extraterrestrial Close Encounters with Humanity


コメント


・言うまでもないが、「Nikola Tesla の開発した超光速通信技術」は全くのデタラメ。電磁気と数学の初歩を理解していればこんなヨタ話を真に受けることはあり得ない。Stanton Friedman は科学者(核物理学)だと自称しているが、上の動画の話が事実なら、彼はそう自称する資格がない(Stanton Friedman の学位がどうこうという否定派の冷笑とは無関係に)。

・"Nikola Tesla" という言葉が UFO 業界や精神世界業界で語られる場合、それはほぼ 100% ヨタ話だと判断できる。



(以下、2017-06-19 追加分)

はじめに


・Linda Moulton Howe のサイトにこの件に関する追加レポートが掲載されていた。

・ざっとこんな内容。今は退役したが、長らく海軍で機密資料に携わってきた専門家が、この資料を分析し粗雑な捏造だと断定した。資料の書式などから捏造であることがバレバレだと。その専門家は名前( Peter Thomas )を公開し、かつ経歴が事実であること示す公文書も提示している。

・以下、その専門家のメールの一部を下に引用しておく。

引用



From: Peter Thomas
To: Linda Moulton Howe
Re: Heather Wade-Leaked Document Appraisal
Date: June 16, 2017

Linda,

I worked for the Navy at a SECRET level, not the DIA, but the classification markings don't make sense in a general way. In a properly marked document, every paragraph begins with a letter denoting the highest classification of the material in that paragraph, like (S-NF,) which means Secret-No Foreigner can read or (TS, Top Secret). Every page is carefully marked top and bottom with the highest classification of the document as a whole and each page is clearly numbered (e.g. 2 of 5). That includes blank pages which are typically marked "This page intentionally blank." Also, I have never seen the word "classified" used in any document (like this fake alleged DIA document from Heather Wade that has "classified" stamped in the author section on Page 2. It has no meaning and there is no reason, for example, the authors should not be named. The briefer always has to know who wrote the materials so that he can get answers to questions that might arise in the brief. Also, if this doc is the sole copy ("read and destroy") why did they spend time talking about how other agencies might mark it? And for that matter as far as I can tell, the Navy would not have used the markings indicated. I've never seen "read-and-destroy" on any classified document I ever handled because generally no one has permission to destroy documents!

Cover Page = “Ludicrous and amateurish” fake.


See Websites at end of this report for hot link to original "leaked DIA document."

Other oddities: In 1989, William Webster was already CIA Director, so in theory he was briefing someone higher. But that was not a Presidential election year, so who was he briefing?

Also the claim that no vehicles were retrieved after 1957 is just not right. The Kecksburg, PA crash in 1965 is just one good example. And of course, exclamation marks on Page 5 at the bottom left after "WHITE HOUSE!!" are just plain silly.

Further, the appearance of a very badly copied fax or other original is a technique that has been used so many times by hoaxers that I consider it evidence of a ruse.

Finally, the pages you have reprinted so far from Heather Wade's link to the website where she placed the alleged DIA document from her two male sources on June 13, 2017, would never pass the scrutiny of the Chain of Command. I have briefed the Assistant Secretary of the Navy for Research, Development, and Acquisition and I can say with certainty that what I've seen of this alleged "Ultra Top Secret" memo, it would be considered the shoddiest of work and never allowed to get anywhere near the Director of the CIA, DIA or NSA.

Regards,
Peter

Ref: https://www.earthfiles.com/news.php?ID=2536&category=Science


(2017-06-19)




(以下、2017-06-22 追加分)

はじめに


・この資料について Kevn Randle が詳しく吟味し、捏造だと断定したインタビュー動画を紹介する。

・Kevn Randle は軍の経歴(士官)がある。なので軍に関係する内容を素人がそれっぽく捏造しても彼の目はごまかせない。たとえば彼は軍服や襟章のゴマカシを見抜き、UFO 捏造話を暴いた実績がある(過去記事で紹介済み)。

抜粋(デタラメ)


・4:00 あたりから。

・5:40 読んだ後は破棄せよ…という指示書きが極めて不自然。機密文書を破棄するなら、正しく破棄されたことを示す証拠を必ず残さねばならない。

・機密クラスの印は上下にあるべき。

・著者の名前がない。

・日付のフォーマットが当時の軍のソレではない。

・Roswell 事件に関する記述内容に幾つもの不正確な点(当事者の証言と不一致)。

・Aztec 事件に関する記述も一致しない。

・ET に対するインタビューの箇所も納得できない。

・26:30 過去の UFO 墜落事件などを列挙しているのは、この資料の性格がブリーフィング用であることを想定している。だがそうすると 7件の事件しか言及されていないのはおかしい。たとえば有名な Shag Harbour 事件(過去記事で紹介済み)が漏れているのは不自然。

・以上を総合すると…。この資料は捏造だ。

インタビュー動画(1:59:45)


・Kevin Randle, Perspective on Ultra-Top Secret Documents, 06-20-2017


(2017-06-22)

おまけ


・33:00 Stan Friedman のこの文書に対する見解が大きく変化した。

・彼は当初、この資料のリークに興奮していた。だが、その 2日後に Kevin Randle が出会った時にはより中立な立場に変化していた。


履歴


(2017-06-16) 作成
(2017-06-17) 追加
(2017-06-19) 追加
(2017-06-22) 追加
(2017-06-24) 追加

Todd Jumper:グレイを殺した (途中:その1)

抜粋(デタラメ)


・33:00





Podcast(41:48)


・My Close Encounters - Radio Interview by Jeff Rense - 1999 HD


(2017-06-24)

Linda Zimmerman:機体を背景の夜空でカムフラージュした UFO

抜粋(デタラメ)


・背後の夜空を機体に投影した UFO の目撃報告。

・投影の仕方が不自然だったので UFO の存在がバレたと。

インタビュー動画(1:59:26)

・06-12-17 Linda Zimmerman, More Hudson Valley UFOs (2017-06-24)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR