Richard Dolan : 「Wilson/Davis メモ」捏造説に関してインタビューで語った。明日公開される予定だ。

予備知識


【編】John Greenewald : 「Wilson/Davis メモ」は捏造だ。その動かぬ証拠を見つけた。 +追加) (2021-09-09)

【編】John Greenewald の主張(「NRO 文書」は Steven Greer の捏造だ)は誤りだろう。(途中1) (2021-09-13)


前置き


- 昨日 up された Richard Dolan のひとり語り動画から。

手抜き


- 冒頭。

- 最近、話題の「Wilson/Davis メモ」に関する捏造説に対して、明日の夜に公開される Jimmy Church の番組 "Fade to Black" で詳しく意見を述べた。期待してくれ。

動画(52:41)


- We are in a Global Revolution | The Richard Dolan Show


コメント


- Richard Dolan の反論の骨子を予想すると…

  ・(a) Edgar Mitchell の TV などでの証言から「Wilson/Davis メモ」が裏付けられている。

  ・(b) よって「Wilson/Davis メモ」は本物だ。

  ・(c) 「NRO 文書」の骨子は本物だが、(逃げ道の確保用に)その字面には意図的なミスを混入させている。MJ-12 文書もそうだった。

  ・(d) しかも「NRO 文書」は「Wilson/Davis メモ」の発端となった様々な要因の中の一要素ではあるが、支配的要因ではない。

  ・(e) 「NRO 文書」の字面の仕掛けに眩惑されるから「Wilson/Davis メモ」までが偽物だと主張することになるのだ。

 …となりそうだ。

- John Greenewald は (a) の重みを軽視しているが、それを Richard Dolan は突くだろう。また (c) の一歩引いた主張はズルいが守備が堅固で完全な論駁は難しい。

- よって視聴者には、論旨のロジックだけでは明瞭に白黒判定がつかない筈。そうなると、視聴者の印象に訴える論戦となる。

- 大半の UFO ファンは Richard Dolan の主張の方に説得力を感じるだろう。大半の UFO ファンは、MJ-12 や Roswwell 事件を本物だと信じており、Richard Dolan の主張はその延長線上にある。なので辻褄が合っていると感じる筈。

- 対して John Greenewald の主張は書類の字面の細部のみに拘泥して、本質や大局を見失っているウザい小役人のような奴だと思われる筈。

- よって、John Greenewald 派(=少数派)の UFO ファンは、これまで通り John Greenewald の主張に説得力を感じるだろうし、 Richard Dolan 派の UFO ファン(=多数派)もこれまで通り Richard Dolan の主張に説得力を感じるだろう。

- 結局、何も変わらない。

(2021-09-17)

Jimmy Church : Angelia Schultz の ET 遭遇体験の記憶はとても曖昧

手抜き


- 34:00

- 彼女にインタビューし、詳しく ET に遭遇した時の状況を尋ねた。なぜか彼女の記憶は曖昧だった。

- 私は何十年も前に交通事故を目撃した事があるが、その時の状況は今でも詳細に語ることができる。なぜ、彼女は状況を詳しく語ることができないのか、それが不可解だ。

動画(57:15)


Hard-Hitting Interview with Fade to Black's Jimmy Church


(2021-09-15)

Whitley Strieber : ET と対面した時の記憶は曖昧で、日常生活時の記憶とは大きく異る。

前置き


- ひとつ前の記事に関連して Whitley Strieber が自らの体験を語っている。

- Whitley Strieber のこのような不利な証言は珍しい。その意味で貴重。

手抜き


- 私は ET に遭遇したことが何度もあるが、日常体験に関する記憶とは異なり、そのときの記憶はどれも明瞭ではない。

- ET は人間の記憶をどうやってか操る能力があるから曖昧になるのだろう。

動画(57:15)


Hard-Hitting Interview with Fade to Black's Jimmy Church


コメント1


- ET が人間の脳を操作するから記憶が曖昧になるのだ…これが Whitley Strieber の説だだが、同様の説は UFO 業界に蔓延している。

- たとえば…。UFO/ET に遭遇した直後にその記憶を瞬時にスッパリと忘れて、後日になって不意に思い出したという証言は過去記事でも多数、取り上げた。

- ET に「そのドアから出た瞬間に忘れることになる」と言われ、実際に部屋を出た途端、瞬時にそこで起きたことを忘れていた…という Steve Boucher の証言もある(*1)。同様に Tony Rodrigues の ET による記憶消去の証言も無縁ではない筈。

(*1)


- たぶん記事にはしてない筈。若い頃(の彼の写真を見かけたが、いかにも当時のロックバンド演奏者らしい長髪の優男だった)、女ともだちを無人の家に連れ込んみ、そこで性交渉しようとしたら、そこに ET がいて…というような話。

コメント2


- これらの「ET によって記憶を操作された」という証言を私は次のように解釈したい。

  ・ET によって意識や記憶を操られたから、曖昧になったり、すり替えられたり(screen memory、例:実在しえない巨大なフクロウに遭遇)、忘却したりする

 のではなく、

  ・(1) 体験者は日常生活から著しく乖離した意識モード(UCM)に一時的に移行した
  ・(2) その UCM 状態下での意識経験の記憶は、後の日常的意識からは容易にアスセスできず、想起に困難が伴う(*2)。

 という事ではないか。DMT 接種実験で、多くの被験者がグレイやカマキリ型 ET に遭遇し、abduction も経験した(*3)のも DMT 摂取が UCM 状態を引き起こすからだと。

- つまり因果関係が逆で、

  ・ET に操作されたから意識や記憶が曖昧

 になったのではなく、

  ・意識が曖昧だから ET との遭遇体験を生じた

 のではないか。奇妙なことにその状態では周囲の人間の意識もある程度、同調する現象がおきると。だから、CE-5 で召喚した UFO/orb をその家族も目撃する。


- さらに

  ・(3) UCM が missing-time や UFO/ET/幽霊/Missing-411/Bigfoot などのオカルト現象一般の入り口だ

 となれば、話は簡単なのだが…。

(*2)


- そのわかりやすい具体例。目覚めたばかりの時は、まだ直前に見ていた夢の内容を覚えている。だが起きたとたん、その夢の内容をすっかり忘れてしまうことは誰もが体験している筈。

(*3)


Rick Strassman:DMT 摂取時の体験と abductee の体験が極めて類似している (2017-06-05)

「Strassman の DMT 実験」で被験者の半数が abduction に酷似した体験 (2018-03-26)
UFO

Grant Cameron :アヤワスカを摂取した女性が直後に UFO/abduction を体験 (2020-12-21)

Rick Strassman:DMT で体験する世界は(脳の産物ではなく)実在するようだ (+追加2) (2017-06-09)

Whitley Strieber:ET との遭遇で、誕生の瞬間の記憶が生々しく蘇った (2017-06-05)

Terence Mckenna 本人が語る「機械の妖精」に遭遇した DMT 体験 (2014-10-18)

DMT は脳内での量子論的並行宇宙間の干渉のための触媒だ…という説の動画 (2014-10-17)

UFO/ET/アブダクション/DMT/シンクロニシティ…を扱った動画(途中:その1) (2014-09-15)


(2021-09-15)

Jimmy Church : Luis Elizondo や TTSA は信用できない。

前置き


- Jimmy Church が彼の持論(*1)を述べている。このインタビューで、彼のこの主張は現在も変わっていないことが確認できる。

- UFO 業界には多数の著名人がいるが、明確にタイトルのような主張を公言している人物はほんの数人に限られる。大半は「Luis Elizondo は我々のヒーローだ」と持ち上げている。

手抜き


- 50:00-- Ruis Elizondo を含め、TTSA のチームはペンタゴンと結託して運動しているはずだ。ペンタゴンは何十年も前から UFO に関する策謀を繰り広げてきた実績がある。

動画(57:15)


Hard-Hitting Interview with Fade to Black's Jimmy Church


(*1)


Jimmy Church : TTSA の話は信用できない。なぜなら… (2019-11-28)

(2021-09-15)

Jay : 「Wilson/Davis メモ」: Edgar Mitchell の TV インタビューでの証言

前置き


- 重要なので記録。音声書写(自動生成)を参照。

手抜き


- 56:35--

- Edgar Mitchell が Larry King による TV インタビューで…、 ペンタゴン、

音声書写(自動生成)


展開

In fact,
56:30
you know, I've got the quote here from when Edgar Mitchell
56:32
was on CNN with Larry King. And he said, I eventually went to
56:37
the Pentagon and asked for a meeting with the Intelligence
56:40
Committee of the Joint Chiefs of Staff, which I got with another
56:43
naval officer who had many similar experiences. And we told
56:47
our story. Now, I just want to break from the quote, so just
56:49
mentioned, for those that aren't aware that Edgar Mitchell's
56:51
referring to this Pentagon meeting, this initial meeting
56:54
that had been confirmed to have taken base, even by Admiral
56:56
Wilson, Admiral Wilson confirmed this meeting took place. And
56:59
this was the one with Edgar Mitchell, Commander Miller, Dr.
57:02
Steven Greer, where they presented, you know, lots of
57:05
different information, including a National Reconnaissance Office
57:08
document with listed code names and programs. So just to
57:11
continue with the quote, he said, I went with another naval
57:14
officer who had many similar experiences. And we told our
57:16
story. And this gentleman, a vice admiral said to us, well, I
57:21
don't know about that. But I'm going to find out and called a
57:24
few weeks later, and said he had found the source of the black
57:27
budget funding for this project, and that he was going to
57:30
subsequently investigate because if it was real, he should know
57:33
about it. As a matter of fact, he should be in charge, those
57:36
will come in sometime later. And a report much later than that.
57:41
They had found the people responsible for the cover up and
57:44
the people in the know, and was told, I'm sorry, you do not have
57:47
a need to know here. And so goodbye. And this is also in the
57:49
notes where Admiral Wilson expresses his aggravation
57:53
towards commander Miller for actually telling Steven Greer
57:58
that this phone call took place when Admiral Wilson called up to
58:01
basically after this initial brief briefing took place.
58:03
Admiral Wilson calls up a few weeks later tells commander
58:06
Miller Yeah, this is real, I found this organization, I think
58:10
he even mentions mj 12. And some other things. And and then then
58:15
this was laid down the grapevine from commander Miller to Edgar
58:18
Mitchell and to Steven Greer. And so Edgar Mitchell's telling
58:22
us about the phone calls, and the latest report being
58:25
generated before this document comes out back in the 90s. Back
58:28
on Steven on Larry King. So it's just like, there's so many
58:32
different like, kind of chronological areas to go with
58:35
this where it's not just we're not just relying on Eric
58:38
statements or house statements, or, you know, we've got quite a
58:41
few different people and a long stretch of history where this is
58:45
being addressed before it even becomes public knowledge. So I
58:48
just think that there's there's a lot of converging points,
58:52
which seemed to push it towards being legitimate in my opinion.
58:55
John Greenewald: So you said the 90s just a quick point of
58:58
clarification. So the Edgar Mitchell thing on CNN was July
59:00
4 2008, Mother's Day Sorry, no, no, that's, that's okay. It. I
59:05
wasn't trying to call you out on it. But but it leads into the
59:08
chronology of my next question, which that was July 4 2008. In
59:13
2006, going backwards, Steven Greer had talked about this as
59:19
well. And I can read just just the last passage of it.
59:24
Essentially, everything's the same. So for time purposes, I'm
59:26
not going to read you know, everything here. But in 2006,




動画(2:42:09)


Jay from Project Unity on the Wilson/Davis Leak


(2021-09-15)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR