FC2ブログ

Keith Basterfield : Hans-Adam II と Bigelow が abductee 集会の資金を援助

抜粋(デタラメ)


・9:00 abductee が事例を報告しあった 9日間の集会(90年代)は Bigelow と リヒテンシュタインの王子(crown prince of liechtenstein : Hans-Adam II )の資金援助だった。

・12:00 John E. Mack の海外調査(*1)は Bigellow に資金援助されていた。

音声(1:45:56)


05 May 22 2020 Keith Basterfield
2020-05-23



(*1)


・下の事件の調査の事か。

  1994年ジンバブエの小学校児童62人が UFO から降り立った宇宙人を目撃 (2011-08-29)

(2020-08-10)

1994年10月、スロバキア:洞窟の奥に、6000年前の UFO らしき金属物体

前置


・下の過去記事の事件に関連。

  Ted Phillips:山中の洞窟に ET の宇宙船?が埋まっている (途中:その2) (2018-01-05)

  1994年10月、スロバキア:洞窟の奥に、6000年前の UFO らしき金属物体が埋まっていた (途中:その1) (2017-06-10)

・Brent Swancer の記事。

要旨


・既に何度も探検がなされたが、この洞窟の発見には全て失敗したと。

一部引用



The Mysterious UFO Moon Cave of Slovakia

...

One of the problems with going in to actually check out if any of it was true or not is that the political climate in the former Czechoslovakia was not exactly conducive to exploration expeditions, and the area was considered mostly off-limits. In the meantime, Horak, who had since emigrated from Czechoslovakia to the United States, was interviewed by numerous researchers and even Dr. J. Allen Hynek, of Project Blue Book fame. However, it would not be until by Czech explorers Ivan Mackerle and Michal Brumlik ventured into the region in 1980 that any actual follow up field work would be done on the matter. Other expeditions would trickle in, but none of them were able to locate the mysterious cave. One of the main problems is that Horak’s diary is very vague about the actual location, merely mentioning that it is in the Tatra Mountains and in the vicinity of the villages of ?diar, Luboch?a and Plave?, but considering the sprawling, isolated wilderness of the region that could be anywhere. To this day there are occasional claims that the cave has been found, but no proof offered, leaving us to speculate about what it could all mean.

ref: The Mysterious UFO Moon Cave of Slovakia | Mysterious Universe - https://mysteriousuniverse.org/2020/08/the-mysterious-ufo-moon-cave-of-slovakia/


DeepL



スロバキアの神秘的なUFO月の洞窟

...

それらが本当かどうかを実際に調べに行くことの問題の一つは、旧チェコスロバキアの政治情勢が探検のために正確に助長するものではなく、その地域はほとんど立入禁止と考えられていたということである。その間、チェコスロバキアからアメリカに移住してきたホルテックは、多くの研究者やプロジェクト・ブルーブックで有名なJ・アレン・ハイネック博士にインタビューを受けました。しかし、1980年にチェコの探検家イヴァン・マッカーレとミハエル・ブルムルテュックがこの地域に進出するまでは、この問題に関する実際の追跡調査は行われませんでした。他の探検隊が続々と現れましたが、どれも神秘的な洞窟を見つけることができませんでした。主な問題の一つは、ホルテ。ホルテ日記が実際の場所について非常に曖昧で、タトラ山脈の中にあり、ナスディアール、ルボチ・ナ・プラベト・の村の近くにあることに言及しているだけで、この地域の広大で孤立した荒野を考えると、どこにでもあるかもしれないということです。今日に至るまで、洞窟が発見されたという主張は時折ありますが、証拠はなく、それが何を意味しているのかは推測の域を出ません。



コメント


・既に過去記事の細部を忘却しているが、雑な推測を試みた。それが下。

・この洞窟の奥には幻覚性のカビの類(or ガス)が満ちていたのではないか? その影響で彼は洞窟の奥に金属の壁を見たのではなかろうか。

・この憶測の根拠となりうる材料がひとつある。洞窟に匿ってくれた村人が、幽霊がでるから洞窟の奥には行かぬようにと忠告してくれた…といかいう話がソレ。彼はこの話を信用せず、洞窟の奥に向かった。だが、実際に村人たちも洞窟の奥で幻覚による幽霊を見ていたとすれば、一応の辻褄は合う。

(2020-08-09)

Jason Colavito : TTSA が「UFO の金属破片を所有」と宣伝する理由は…

一部引用とコメント



That there is something fishy in all of this can be seen in the fact that the magnesium-bismuth layering is not a new discovery but is widely discussed in fringe literature for decades. Linda Moulton Howe has been promoting it since the 1990s, and it appears routinely in twenty-first century books about anti-gravity technology and UFOs, going back at least to the early 2000s. I am torn between thinking that the Bigelow group are blindly pursuing what they think is real U.S. government research into magnesium-bismuth layering and thinking that they are cynically pulling bizarre claims from UFO literature to excite ufologists and UFO believers into thinking that they have real pieces of a flying saucer.


・たぶん、後者だろう。




Bottom line: The Bigelow-adjacent men may well be testing industrial waste and imagining they have found alien technology, or know better and are lying about it. A photo of the apparent industrial waste makes visible how decidedly unlike a flying saucer’s smooth, sleek, and fictitious finish it appears:

・これも後者だろう。




If I understand the science correctly, the unusual isotope ratios may also be a result of the industrial process, since the resulting metal is artificial and not a natural occurrence.

・この箇所で Jason Colavito の主張に大きな疑問符がつく。

・Jacques Vallee が示した自然界には存在しない異常な同位体比が(核反応を引き起こすような特殊な実験ではなく、普通の)工業生産の過程で生じるというデータが示されない限り、"the unusual isotope ratios may also be a result of the industrial process" には説得力がない。


ソース


A Potential Solution to the Mystery of the "Alien" Metal Promoted by "To the Stars" - Jason Colavito - http://www.jasoncolavito.com/blog/a-potential-solution-to-the-mystery-of-the-alien-metal-promoted-by-to-the-stars#

(2020-08-09)

TTSA が公開した UFO 金属破片の正体 (途中:その1)

前置


・FC2Blog の画像サイズの制約があるので gif 画像が貼れない。ソース記事のサイトで gif 画像を確認することを勧める。

切り出し静止画



Sep 6, 2019
#13
Just remembered I made this back in July and forgot to post it here.

TTSA used a stock image of malachite while obviously intimating it's a photo of material from advanced aerospace vehicle.

20200808_comp.jpg


ref: TTSA's Metamaterials | Metabunk - https://www.metabunk.org/threads/ttsas-metamaterials.10840/



コメント


・なぜ TTSA はこんなあからさまに杜撰なマネをしたのか、それが妙に引っかかる。別に裏などなくて、単にバレないとたかをくくっていただけなのか?

(2020-08-08)

Mexico City で撮影された大量の UFO 群(光点群)の正体を示す動画シーン (途中:その1)

前置


・Steve Mera の UFO 解説を見ていたら、Mexico City で撮影された大量の UFO 群(光点群)動画が取り上げられていた。

・Steve Mera は全く気づいていないが、問題の動画シーンはこの UFO 群の正体(=たぶん自然現象)を明らかにしているという点で極めて貴重。

抜粋(デタラメ)


・13:40 あたりから。Mexco City での動画。

20200807_ufo_1952_0.jpg

20200807_ufo_1952_1.jpg

20200807_ufo_1952_2.jpg

20200807_ufo_1952_3.jpg

20200807_ufo_1952_4.jpg



動画(14:28)


The Most Authentic Historical UFO Incidents Caught On Film... Part 1
2020-08-05





コメント1


・右端の光点に注目。上の切り出し静止画では分かりづらいが、該当部分の動画を見れば一目瞭然。下の赤丸部分に注目。

20200807_ufo_1952_2_add.jpg


・この赤丸部分は、下の過去記事で取り上げた「空の球体が分離して多数の小球体が直線上に延びる」現象そのもの。

  2009年5月22日、メキシコ:白昼、空の球体が分離して多数の小球体が直線上に延びる(途中:その5) (2019-01-31)

・後日、上の過去記事に本事例を追加する予定。

コメント2


・上の切り出し静止画を見てもう一つ、別の事に気づく筈。この光点群の形で何かを連想できるはず。そう、この光点群が自然現象なら、有名なあの UFO 事件(あの事件の正体についてはあれこれヒントを記事にしてきたが総括するのは面倒で放置)も…

(2020-08-07)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR