FC2ブログ

ロシアの有力者が勝手に創設した「宇宙市民国家 Asgardia」の初代大統領に就任、その就任儀式の動画

20190826_asg_2.jpg


はじめに


・昨日の Asgardia の記事に関連。

・動画の中では "space nation of Asgardia" と称されているが、Wikipedia によると公式には "Space Kingdom of Asgardia"(宇宙王国 Asgardia)と称するらしい。

抜粋(デタラメ)


・McDonald の店頭人形みたいな人物がロシアの有力者、Igor Raufovich Ashurbeyli (中央)。
20190826_asg_3.jpg


・ISS から宇宙飛行士(Oleg Artemiev)がこの式典に向けてお祝いの演説。
20190826_asg_1.jpg


・「宇宙市民国家、Asgardia の大統領(or 代表 or 書記長 or 王?)」(The head of the first space nation of Asgardia)の就任儀式の開始。彼の登場とともに全員起立せよという指示がなされているので、王にでもなったつもりらしい。

・香港大学の法律学教授が首飾りを授与。(目つきが…w。頭を下げる姿勢を拒絶しているように見える)
20190826_asg_4.jpg


・既に国旗も国歌もあり、20万人の国民もいる。独自のカレンダーもあるし、議会もあり、議長も首相もいる。近く、独自の通貨も発行する。

・国歌斉唱のシーン。

・子供をダシに使うのはナチスの昔からの伝統。
20190826_asg_5.jpg


動画(24:03)


・Inauguration of Asgardia’s First Head of Nation from Hofburg Vienna


コメント


・Asgardia は人工衛星を一つ、保有しておりそれを領土と見なして、宇宙王国を設立したようだ。Igor Raufovich Ashurbeyli は有力者だけあって国連にも顔が利くらしく、何らかの形で国連の承認が得られる見通しがあるらしい。

・イカれた金持ちの名誉欲に駆られた酔狂かと思いきや、Igor Raufovich Ashurbeyli は切れ者の実力者だというので、綺麗事で飾り立てた Asgardia の裏には、我々のあずかり知らぬ事情があるのかも。

(2019-08-26)

Asgardia : 妖しげな大規模宇宙開発計画プロジェクト

はじめに


・一つ前の記事に関連。

・Published on Aug 2, 2018 の動画で、すでに 34万回再生されている。Youtube の検索入力領域に asgardia とタイプするといくつも詳しい動画がヒットする。

・新手の詐欺(or 税金対策)ではないのか?…というのが私の感想。

動画(7:25)


・Asgardia: The Real Space Nation | August 1, 2018 Act 3 | Full Frontal on TBS


(2019-08-25)

典型的な陰謀論:Serge Monast の "Project Blue Beam" を要約した動画

はじめに


・"Project Blue Beam" は陰謀論界隈では有名。その "Project Blue Beam" の概要を手際よくまとめた短い動画が下。

・一言で言うと…

In 1994, he published Project Blue Beam (NASA), in which he detailed his claim that NASA, with the help of the United Nations, was attempting to implement a New Age religion with the Antichrist at its head and start a New World Order, via a technologically simulated Second Coming of Christ.

ref: Serge Monast - Wikipedia - https://en.wikipedia.org/wiki/Serge_Monast


動画(7:58)


・New World Order or Complete Hoax: Project Blue Beam


参考



Serge Monast (1945 ? December 5, 1996) was a Quebecois investigative journalist, poet, essayist and conspiracy theorist. He is known to English-speaking readers mainly for Project Blue Beam (NASA) and associated conspiracy tropes.[1] His works on Masonic conspiracy theories and the New World Order also remain popular with French-speaking conspiracy theorists and enthusiasts.

ref: Serge Monast - Wikipedia - https://en.wikipedia.org/wiki/Serge_Monast


やや詳しい記事



What Exactly is Project Blue Beam (Serge Monast’s Conspiracy Theory)? - https://answersafrica.com/project-blue-beam-serge-monasts-theory.html

(2019-07-15)

火星表面に、穴の開いた金属板破片? (→ その正体は…)

切り出し静止画


20190313_mars1.jpg

20190313_mars2.jpg


動画(5:08)


・Manufactured Item On Mars?!


コメント


・穴の開いた金属版なら、こういう破片の裂け方はありえない。亀裂が穴を迂回するなんてことは応力的に無理。穴の箇所が一番弱いので、そこに応力が集中し、穴の箇所から亀裂が生じる。

・よってこれは穴の開いた金属版の破片ではない。灰色の石の上に、楕円形の黒石が乗っているだけ…w

20190313_mars1_ret.jpg


(2019-03-13)

Martin Armstrong : Mayer Rothschild の「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうなれば…」という発言は、明白な捏造だ。

はじめに


・陰謀論界隈では、Mayer Amschel Rothschild のものとされる

  「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうなれば誰が法律を制定しようが構わぬ」
  “Let me issue and control a nation’s money and I care not who writes the laws.”

 という言葉が定番のネタとなっている。

・このネタについては、ざっと検索しただけで有象無象含め無数にヒットする。検索上位ランクにはたとえば以下のような記事(*1)がある。

  ・「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い。byロス、チャイルド ( 銀行 ) - 情報収集中&放電中 - Yahoo!ブログ - https://blogs.yahoo.co.jp/honjyofag/65675762.html

  ・独裁権力の作り方 - https://sites.google.com/site/issuecurrency/

  ・世界の通貨発行権はロスチャイルドにある?その陰謀論とは? | オルタナティブ投資の大学 - http://a-i-u.jp/aiu0000877-post/

  ・お金の教育~お金の歴史③~通貨発行権を握るのは政府ではなくただの民間人 | 高寺徹公式ブログ - https://xn--n8jaeuay5n4a6soce4105gh6zcnqau61u3l8b.com/2015/08/13/%E3%81%8A%E9%87%91%E3%81%AE%E6%95%99%E8%82%B2%EF%BD%9E%E3%81%8A%E9%87%91%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E2%91%A2%EF%BD%9E%E9%80%9A%E8%B2%A8%E7%99%BA%E8%A1%8C%E6%A8%A9%E3%82%92%E6%8F%A1%E3%82%8B%E3%81%AE/


・だが、Mayer Rothschild の「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうなれば…」という言葉は、全くの捏造でしかない。その明白な証拠がコレだ…と Martin Armstrong が述べているので紹介する。

・この件は過去記事でも同様の趣旨でチラリと取り上げた(*1)が、今回の Martin Armstrong のソース記事はより明確かつ詳細。なので、陰謀論者(*2)各位におかれましては、以下をご高覧賜りますようお願い申し上げつかまつり候…w

抜粋(デタラメ)


・捏造である証拠に…。


20190217_tothschild.jpg


The quote claims that Mayer Rothschild once said:

“Let me issue and control a nation’s money and I care not who writes the laws.”

The reason why this quote is fake is rather clear. The US did not begin to issue paper money until 1861, nearly 50 years after his death. It wasn’t until 1921 when the Bank of England gained a legal monopoly on the issue of banknotes in England and Wales. The entire authority to issue banknotes started with the Bank Charter Act of 1844 when the ability of other banks to issue notes was restricted. The first banknotes were originally hand-written and were merely like checks. It was not until 1725 when cashiers had to sign each note and make them payable to someone. Actually, printed banknotes at the Bank of England began in 1855, which was about 40 years after Mayer was dead.


・この捏造話の元ネタは…






The Bible of the Rothschild conspiracy comes from “The Creature from Jekyll Island.” This popular book is probably the most distorted review of history I have ever encountered. It contains a quote that is often attributed to Mayer Rothschild, and I dare to find anyone who can come up with this quote that preexisted the publication of this book. I believe it was just made up.



ref: https://www.armstrongeconomics.com/world-news/conspiracy/the-great-myths-that-never-die-rothschilds-petrodollar/

脚注


・(*1) 当然ながら、これらのリンク先の記事の内容の全てがデタラメだとは、私は主張しない。リンク先の記事は捏造ネタに踊らされていると指摘しているだけ。

・(*2) 下の過去記事。
Martin Armstrong:Rothschild の「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば…」発言は完全な捏造話だ。なぜなら… (2018-03-19)

・(*3) まぁ、Martin Armstrong のこの主張をここで紹介しても無駄だ、ということくらいは重々承知しているんだけどね。陰謀論者は宗教原理主義者や疑似科学批判者と同様、自らの信奉する信念を絶対視ししているから、それを見直すなんてことはほぼ皆無だし、そもそも読み手がせいぜ数十人の Blog で何を書こうが彼らに対する影響力なんてゼロだし…w

(2019-02-17)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR