Joyce Hatto:クラシック曲のピアノ演奏で大胆な捏造

はじめに


・UFO に捏造はつきものだが、クラシックのピアノ演奏でも唖然とするような捏造がなされていた…という話を紹介する。

・批評家がこぞって絶賛したピアニスト(Joyce Hatto)の演奏(CD 版)がどれも大胆な捏造(他人の演奏の録音データの大幅な編集)だった。

・事件の詳しい内容は下のリンク先の Wikipedia (英語版)を参照。(この件については Wikipedia 日本語版はまるで役に立たない)


20170624_pian.jpg

Joyce Hila Hatto[1] (5 September 1928 - 29 June 2006) was an English concert pianist and piano teacher. Married in 1956 to William Barrington-Coupe, a record producer convicted of fraud in 1966, Hatto became famous very late in life when unauthorised copies of commercial recordings made by other pianists were released under her name, earning her high praise from critics. The fraud did not come to light until a few months after her death.

Ref: https://en.wikipedia.org/wiki/Joyce_Hatto


抜粋(デタラメ)


・16:00 音響エンジニア兼プロデューサーで、かつ夫( William Barrington-Coupe:下)が捏造の首謀者。彼の言い訳は巧妙。

20170624_piano.jpg


・だが…。18:00 あたりからの質問に対する返事が苦しすぎる。

動画(23:38)


・The Great Piano Scam



コメント


・この事件が皮肉なのは…。他人の演奏データを音響エンジニア兼プロデューサーが切り貼りと編集技術によって、批評家がこぞって絶賛するレベルの「芸術」に仕上げることが可能なことが実証されてしまった。

・しかも、演奏データを盗まれたピアニスト本人ですら(オリジナルが自分の演奏である事に気づかず)、編集で捏造された演奏を賞賛していた(上の動画参照)。

・現代美術のように堕落とデタラメが蔓延している業界(日本で言えば東京オリンピックがらみの美大教授のデザイン盗用事件を見よw)ならこの手の捏造は何の不思議もないが、由緒あるクラシック ピアノ演奏の業界での捏造だったことに驚く。

・話はガラリと変わるが…。一番上の写真を見て思うのは、演奏者の容姿(見てくれ)と演奏レベルの評価の相関関係。特に女性が演奏者だった場合。演奏するのが美人かどうかで観客動員数が大きく違うし、同じ演奏技量でも違って聴こえる。

・皿も料理の質を左右する大きな要素だというから、演奏者の容姿も演奏レベルの「本質的な構成要素」だと見るべきでは? 見てくれや容姿抜きで純粋な演奏内容(音)だけが「音楽の本質」だというのであれば、演奏時の服装や身なりに拘らなくてもよいはず。T シャツとジーンズを身につけ、髪は金髪に染め、大胆な入れ墨を見せびらかしながら演奏してもよいのでは。イカれたパンク・ロックのようないでたちでも一向に構わないはず。

(捏造する前の)Joyce Hatto 自身の演奏(33:20)


・Joyce Hatto plays Rachmaninov Piano Concerto No.2.


(2017-06-24)

口直しのピアノ演奏

はじめに


・一つ前の記事(ピアノ演奏の捏造事件)の口直しとして…。

演奏動画


・Bach: Partita 2 in C Minor BWV 826 | Tzvi Erez


(2017-06-24)

小粋なバイオリン演奏

演奏動画(3:18)


・KATICA & ANIKO ILLENYI - El Choclo


(2017-06-13)

朝に最適な音楽:Glenn Gould の Bach (+追加)

What's New


・(2017-03-24)この動画の全編バージョンを見かけたので追加。

はじめに


・時々、聴きたく(観たく)なる音楽動画を埋め込んでおく。あくまで自分用。

・冒頭の 5分間、Leonard Bernstein が解説しているが、それも面白い(がその解説は一度視れば十分)。

動画(14:13)


・Glenn Gould and Leonard Bernstein: Bach's Keyboard Concerto No 1 in D minor (BWV 1052)


コメント


・Leonard Bernstein の下の冒頭部分の解説も面白い。Leonard Bernstein が「誰が(オレと Glenn Gould のどっちが)ボスなのか?」と語った有名なシーンの動画(音声のみ)が下(1:50 あたり)。

動画(1:01:25)


・Brahms: Piano Concerto No. 1 - Gould/Bernstein - Bernstein's Speech included


(2017-03-17)



はじめに


・上の最初の動画は(本来ある筈の前後がカットされ)一部だけが切り出されたものだった。カットされていない全編バージョンの動画を見かけた。それが下。ただし Glenn Gould の演奏シーンそれ自体は同一(残りの楽章の演奏はなし)。

・後半、楽団員が妙にざわついているな…と思っていたら 40:00 から巨匠 "Igor Stravinsky" が登場し、彼の曲(『火の鳥』)の一部を指揮している。これにはびっくり。

・この動画は 1960-01-31 (57年前!)に放映された TV 番組で、スポンサーは Ford 自動車。

動画(52:24)


・Glenn Gould's U.S. Television Debut: Bernstein Conducting Bach's Keyboard Concerto No. 1 in D minor



動画の備考



Published on Jan 20, 2016
Performing the first movement of Bach's Keyboard Concerto No. 1 in D minor, BWV 1052, with Leonard Bernstein conducting the New York Philharmonic. Gould's performance begins at 18:03.

Originally aired on January 31, 1960 on CBS Television as part of its Ford Presents series, this program was entitled "The Creative Performer." The entire show is actually three performances ? by Gould, the soprano Eileen Farrell (singing the "Suicidio!" aria from *La Gioconda*), & Igor Stravinsky (conducting the last three scenes of his ballet *The Firebird*) ? punctuated with scintillating musicological lectures by Maestro-Professor Bernstein, who is arguably the star of the show.

Though I recommend watching the program in its entirety, here's a time-stamped playlist, in case you'd like to jump to any given section:

1. Leonard Bernstein, on the vagaries of score notations: 0:00 - 12:56
2. Leonard Bernstein, intro to Gould: 12:57 - 18:02
3. Glenn Gould: 18:03 - 27:08
4. Leonard Bernstein, intro to Farrell: 27:09 - 33:46
5. Eileen Farrell: 33:47 - 38:24
6. Leonard Bernstein, intro to Stravinsky: 38:25 - 40:05
7. Igor Stravinsky: 40:06 - 51:06
8. Closing Credits: 51:07 - 52:24

Thanks go to two intrepid Gouldians who did the heavy lifting to track down, acquire, & beautifully digitize this rare masterpiece. Without them, we wouldn't be here enjoying it.

Ref: https://www.youtube.com/watch?v=9Nx09pigZRI


(2017-03-24)

満開の桜の情景にピッタリな筝演奏

はじめに


・桜の季節に相応しい中国と日本の筝演奏動画。

・見てくれ では日本のソレが優っており、演奏の中身では中国のソレが優っている。

動画(7:36)


・Guzheng: "Spring River Flower Moon Night" 古筝 - 春江花月夜


動画(4:16)


・さくら(Sakura) 25絃箏 (25 strings koto)


(2017-03-18)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR