Simply disproves the popular belief that "humans cannot think without language."

Update


・(2017-08-06) added

Preface


- I have come up with a simple and radical rebuttal, which I will record here.

- I think it is probably one of the following, but I can't judge it because I'm a novice.

  - (a) It is already common knowledge among language professionals.
  - (b) Contains fundamental errors common to laypeople


- If (a) above is the case, I think Wittgenstein and others have already taken care of it by now.

- The core of the rebuttal should be stated first. It should be easy to understand because the details of the argument have been greatly omitted and the subtleties (especially the No's) have been cut to the bare bones and simplified.


The core of the rebuttal


- Is "using language (i.e., assembling language that is not bullshit and conforms to grammar) itself" a thinking process? We will consider two possible Yes/No answers to this question.

- Yes → "Assembling language(1) into a grammatical form" itself must use language(2). The language(2) should use language(3) in the same way. In the same way... An infinite regress occurs. This is a contradiction, so it collapses.

- No → The claim is that "using language per se" is not thinking.... This is a clear self-contradiction.

- ...Thus, either Yes or No would lead to a contradiction. Thus, the myth of the title is disproved.


Possible counterargument: The theory that "language as it is is thought itself"



- The counterargument that the above Yes case does not contradict infinite regress can be assumed.... The counterargument would take the following form.


- The use of language (i.e., composing language that conforms to grammar, not bullshit) itself is the content of thought itself. In other words,
it is wrong to consider that there are two different things (x, y):

  (x) the content of thought, and
  (y) the verbal expression of the thought

- These two are identical and have no difference.

- Therefore, there is no contradiction of infinite regress in the case of Yes.


- Such objections are fragilely destroyed by medical research that has investigated a large number of aphasic patients.



Article History


(2017-07-26) Created
(2017-08-06) Added

First published article (Japanese)


「人間は言語を使わなければ思考できない」という俗説をシンプルに反証する (途中:その2) (2017-08-06)




Relevance



- I would like to add that I have noticed that a well-known medical fact (below) clearly shows that "language is not essential for thinking."

Medical Facts



Split-brain is a general term for a condition in the brain in which the corpus callosum, which connects the two cerebral hemispheres, has been severed to some degree. The surgical procedure that produces this condition is called a splanchnotomy. Although this surgery is rarely performed, it is usually done as a treatment for refractory epilepsy, usually to prevent physical damage by reducing the ferocity of epileptic seizures.

When a patient with a separated brain is presented with an image in his or her left visual field (i.e., the left half of the visual field of both eyes), he or she is unable to answer what the image is. Because of the disconnect between the two hemispheres, the patient could not tell what the right hemisphere was seeing. However, the patient can grasp and recognize objects in the left visual field with his left hand. This is because the left hand is controlled by the right cerebral hemisphere.

Early studies of the isolated brain were conducted by Roger Sperry and continued by Michael Gazzaniga. The results of this work led to an important theory of functional brain localization.

Patients with disjunctive brains sometimes produce speech as a rational explanation for their behavior. This is because the true motivation is unexplainable, since it is generated in the right cerebral hemisphere, which is linguistically inaccessible.
ref: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E9%9B%A2%E8%84%B3



What we can say from the medical facts above


- Fact: The right brain of a patient with a separated brain cannot use language.

- If the popular belief (proclaimed by analytic philosophers and others) that "language is necessary for thought" is true, then the patient's right brain is not thinking. However, the actual results of medical experiments (see above) clearly deny this.

My view


- The experiments on patients with separated brains are the subject of the Nobel Prize in Medicine and have been well known for a long time. However, I have never noticed that the results of the experiments on the patients clearly prove that language is not essential for thinking. I am either too careless or too slow.

- It has taken me three years since my first article, but I think I have finally proved that "language is not essential for thinking" based on solid medical evidence.

- I think my common sense is just old-fashioned, and it seems to be common knowledge that "language is not essential for thinking."



ref: Language is not essential to thinking. There are multiple data evidences that show this. (2020-10-25)

Thanks


- Translated with www.DeepL.com

(2022-09-04 translation)

(2022-09-17)

【編】無数の人間がいるのに、なぜたったひとりのこの俺が――俺なんだ? (途中1)

前置き


- 意味不明のタイトルだが、その意味は…



20220125_sf_mk.jpg


出典 : 渡辺恒夫、『<私の死>の謎』、99頁


- 渡辺恒夫によれば、この疑問は長らく超難問とされてきたという。

- この超難問の答えとして超一流の物理学者だった Schrödinger は梵我一如を、作家の稲垣足穂は輪廻転生を持ち出していると(*1)。

- 私も上の引用部分のような疑問を長らく抱いてきた。凡庸な私にはこの難問に正面から取り組む能力はないので、あくまで私の手の届く範囲内で、自分がある程度まで納得できそうな「手頃な答え」を探していた。

- 先ごろから UFO/ET/missing-time/abduction/missing-411 の謎を解く足がかりが見えかけてきた気がするが、それと並行するようにしてこの疑問の手頃な答えもぼんやりとだが、見えてきた気がする。その手頃な答えを記録しておく。

(*1)



20220125_sf_mk2.jpg


出典 : 渡辺恒夫、『<私の死>の謎』、98頁



「手頃な答え」の粗筋


- 結論を先に言えば…。タイトルの疑問は、ある先入観を暗黙の前提としている。ところがその先入観は根深い錯覚(*2)でしかない。その錯覚はあまりに根深いため、取り除くのはほぼ不可能。だが錯覚であるという了解はかろうじて、ぎりぎり可能。その了解にたてば、タイトルの疑問はもう疑問として成立しなくなる。疑問の土台が崩れるゆえに。それが私の「手頃な答え」の粗筋。

(*2)


- 根深い錯覚…

- 私という自我意識そのものが、この根深い錯覚の上に成立している。ゆえに意識がそれを取り除くのはほぼ不可能。実際、その錯覚の延長線上に梵我一如だの輪廻転生、カルマといったありがちな「解答」が生まれてきた。この点から言えば、 Schrödinger が期待をかけた古代インド思想は全体がその錯覚の上に構築されている。釈尊の仏教も例外ではない。






(2022-01-25)

なぜ世界が(全くの無ではなく)存在するのか? → 疑問自体が矛盾 (途中1)

前置き


・直前の記事で George Knapp がタイトルの質問をし、Michio Kaku が物理学者の立場から答えていた。

・この質問は近年、哲学者の間で流行していたものらしい。なので哲学的にも深い意味があるとみなされている筈。

・George Knapp と Michio Kaku のやり取りを聞いていて、ふと以下のように思ったので記録しておく。

この疑問自体が二重に矛盾している?



ひとつ目の矛盾


・ひとつ目の矛盾は、誰もが思いつくことなので大幅に端折って言えば…。この疑問は

  ・(無には理由は不要だが)存在には理由がなければならない

 という暗黙の前提(G)をもとにしている。昔は、その理由は神が創造したからだ…とされてきた。今ならビッグバンによって生じたのだ…とか。当然、その理由は際限なく追求できる。ビッグバンはなぜ生じたのか、なぜ神が存在するのか…等々。

・ゆえにどこかで理由の追求を停止させなければならないが、今度は停止する理由(R)が必要となる。R を案出しても、その R による停止の理由の理由が追求される。よって最後は理由がないことが理由となる(無根拠が根拠だ、神に理由は不要だ…の類)。つまり当初の G を否定することになり、矛盾に行き着く。

ふたつ目の矛盾


・次に説明するふたつ目の矛盾は目新しい筈。たぶん。

・「なぜ世界が(全くの無ではなく)存在するのか?」(=Q)という疑問自体が ある意味、メタなレベルで矛盾している。



(2021-05-01)

Bob Davis 博士:意識が意識作用を解明できる…なんてのは矛盾めいている。

前置


・Robert Davis は "Life After Deth:An Analysis of the Evidence" の著者で、FREE の役員でもある。

Dr. Davis sits on the board of the FREE foundation? The Dr. Edgar Mitchell Foundation for Research Into Extraterrestrial Encounters.



Dr. Robert Davis, an internationally recognized scientist, graduated with a PhD in sensory neurosciences from Ohio State University and served as a professor for over thirty years. He has published over forty articles in scholarly journals and lectured at national and international conferences.


Biography
Dr. Robert Davis, is an internationally recognized scientist in his field, and served as a professor at the State University of New York for over 30 years. Bob graduated with a B.A. and M.A. from the City University of New York and with a Ph.D. in Sensory Neuroscience from The Ohio State University. He wrote three books entitled: the UFO phenomenon, entitled The UFO Phenomenon: Should I Believe?; Life after Death: An Analysis of the Evidence, and Unseen Forces: The Integration of Science, Reality and You.


抜粋(デタラメ)


・17:10 意識が意識作用を解明できる…なんてのは矛盾だ。そういうニュアンスの発言。

コメント1


・タイトルの話題にやや近いのが

  ・眼はそれ自身を見ることはできない。

 という古代からある比喩(ウパニシャッド)。

・だが、例外もある。

  ・オシロスコープは、電子回路の電圧波形を計測する装置。オシロスコープは自身の内部の電圧波形を計測できる(*1)。

  ・人間が作成したプログラムを機械語に翻訳するコンパイラ(高級言語で書かれた初期バージョンのコンパイラ)は、それ自身もプログラムなので、自分自身をコンパイル(機械語に翻訳)できる。そうやって機械語バージョンのコンパイラが出来上がる。

・それに「眼はそれ自身を見ることはできない」という主張も実は正しくない。なぜなら…

  ・瞬きをゆっくりにすれば、まぶたが「見える」。まぶたは眼の一部。
  ・程度の差はあれど、ほぼ全員が軽微な飛蚊症。つまり誰でも眼の中の水晶体の濁りが見える。

  ・眼の中の盲点を「見る」ことができる。下の盲点の実験を参照。

    ref: 複雑なヒトの眼 - 盲点および黄斑、中心視野と周辺視野について - https://www.zeiss.co.jp/vision-care/better-vision/understanding-vision/the-complexities-of-the-human-eye-from-the-blind-spot-and-macul.html

コメント2


・ふと、これは夢だ…と気づくことがあるが、夢の中で自分が夢を見ていることに気づくのは矛盾ではない。

・自分の意識が正常ではない(=異常である)ことを、正常に自覚できても矛盾はない。(車の自己診断機能がわかりやすい例)


コメント3


・シャーマニズム、呪術、祈祷、瞑想、西洋魔術、自己催眠、明晰夢・OBE 訓練なども、自分自身の意識作用をハッキングしようという企ての一種。

・当人は自分の意識を巧みにハッキングすることで「意識の深奥を探求した」、「隠された真理を掴んだ」と思い込んでいるが、実際は逆に意識がハッキングされており、偽物を掴まされている。

コメント4


・意識が意識作用を解明できるかどうか…これがタイトルに含まれている問題だが、この問題には暗黙の前提がある。それは…

  ・人間の意識はそれ自体を(幾分なりとも)意識している。

 というもの。

・だが、この前提がそもそも成立していなかったとしたら? つまり意識がそれ自身を意識している…という前提が錯誤だったら?


(*1)


・電子回路に疎い人は、計測装置が計測中の自分自身の内部を計測できることに矛盾を感じるかも知れない。矛盾を招く再帰的なループが発生していると。

・だが、実際のところ、話は至って簡単。オシロスコープの計測端子は入力インピーダンスが高いため、被測定対象に影響を与えない。つまり、測定することで擾乱を引き起こさない。なので、矛盾を招くような類の再帰的なループは生じない。

・ただし、計測箇所によっては正帰還や負帰還のループが生じるが、それ自体は矛盾でも異常でもない(発振回路の原理)。

音声書写(自動生成)



we got hints from the free
16:04
research that consciousness is critical
16:07
to understanding as best as possible
16:09
because we never will
16:11
we're not gonna understand it until it
16:14
is little revealed to us by the
16:15
intelligence or intelligences if we were
16:20
to know they'd let us know and if we
16:22
were to know truly what consciousness is
16:24
we'd figure it out already because
16:27
there's been thousands of Papers written
16:29
by thousands of scholars far smarter
16:32
than I over the over the centuries on
16:34
consciousness and we're still trying to
16:37
figure out what it is no one knows what
16:40
consciousness is there's different ways
16:41
to exploring a different criteria
16:43
depending upon the discipline what did
16:45
Dean Radin say the other day he's an
16:47
adviser by the way to CCRI consciousness
16:50
in contact Research Institute he's not
16:55
beating us with consciousness and I have
16:57
such respect to Dean and if he says that
16:59
yeah I agree you know what you know what
17:01
I look at it like this it's like we're
17:03
using our consciousness to explain what
17:05
consciousness is how we gonna figure it
17:08
out then it's judgement paradox


動画(1:32:40)


GRANT CAMERON with Neurologist Dr. Bob Davis on Experiencers, Consciousness, NDEs, OBEs
2020-12-16


(2020-12-16)

思考に言語は必須ではない。それを示す複数の証拠データがある。 (途中:その2)

履歴


(2020-10-25) 追加。医学データを追加。たぶんこれが決定版。
(2019-08-12) 作成


はじめに


・思考に言語は必須だ…という俗説を過去記事で何度か批判した。たとえば…

  「人間は言語を使わなければ思考できない」という俗説をシンプルに反証する (途中:その2) (2017-08-06)

  思考するには言語が必須か? → No (+追加2) (2017-07-17)

・「思考に言語は必須ではない」ことを示す複数の証拠データを見かけたので記録しておく。

一部引用


20190812_oct_pp173.jpg




20190812_oct_pp173_ret.jpg

出典



20190808_book.jpg

ピーター・ゴドフリー=スミス (著)、夏目 大 (翻訳) 、『タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源』、みすず書房、2018-11-17、173-174頁

コメント







(2019-08-12)




(以下、2020-10-25 追加分)

前置


・世間によく知られた医学的事実(下)が、「思考に言語は必須ではない」ことを明瞭に示していることに気づいたので追加しておく。

医学的事実



分離脳(ぶんりのう、英: Split-brain)は、脳にある2つの大脳半球を接続している脳梁が、ある程度切断された状態を示す一般用語である。この状態を生み出す外科手術のことを脳梁離断術と呼ぶ。この手術が行われることはまれではあるが、大抵の場合は難治性のてんかんの治療として、てんかん発作の猛威を減らすことにより、物理的な損傷を防ぐために行われる。

分離脳となった患者は、その患者の左視野 (つまり両目の視野の左半分) に画像を呈示された際、それが何の画像なのかを答えることが出来ない。この理由は、多くの人々において言語優位性半球は左半球なのだが、左視野にある画像は脳の右半球にのみ伝えられるためと考えられる。2つの大脳半球の連絡が切断されているため、患者は右半球が見ているものを答えることが出来なかったのだ。しかし、患者は左視野にある物体を左手で掴んだり、認知したりすることが出来る。これは左手が右大脳半球によりコントロールされているためである。

初期の分離脳の研究はロジャー・スペリーによって行われ、マイケル・ガッツァニーガ (Michael Gazzaniga) によって続けられた。この研究成果により、脳機能局在論の重要な理論が生まれることとなった。

分離脳の患者は時々、自らの行動に対する合理的な説明として作話を行うことがある。それは本当の動機が、言語的にアクセスできない右大脳半球で生み出されたため、説明不可能であるからといえる。

ref: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E9%9B%A2%E8%84%B3


上の医学的事実から言えること


・事実:分離脳患者の右脳は言語を使えない。

・「思考に言語は必須だ」という(分析哲学者などが宣う)俗説が正しければ、その患者の右脳は思考していないことになる。だが、実際の医学実験結果(上)はそれを明白に否定している。

コメント1


・分離脳患者の実験はノーベル医学賞の対象でもあるし、昔からよく知られている。だが、私は今までこの分離脳患者の実験結果が「思考に言語は必須ではない」ことを明瞭に立証していることには気づかなかった。迂闊というか鈍いというか。

・最初の記事から 3年を要したが、ようやく確実な医学的根拠に基づいて「思考に言語は必須ではない」事を論証できたと思う。

・たぶん、私の常識が古いだけで、世間では「思考に言語は必須ではない」ことくらいは常識化しているような気もする。

コメント2


・9年ほど前の過去記事(下)で Ludwig Wittgenstein(ウィトゲンシュタイン)などの言語分析哲学を、イメージ能力の枯渇だと批判したが、まさにそのイメージ能力の源泉(=右脳)が Ludwig Wittgenstein 流の哲学の抱える根本的欠陥を暴いた。


・ウィトゲンシュタインにのめりこむような哲学者にありがちなことだが、言語の過大評価とイメージ能力の枯渇が夢に関する彼の戯論の背景にある。

ref: メモ:明晰夢:スティーヴン・ラバージの実験と分析哲学者の戯論 (2012-01-23)


関連


  メモ:明晰夢:スティーヴン・ラバージの実験と分析哲学者の戯論 (+追加) (2018-08-10)

  メモ:眼の左右の視野と左脳・右脳への視神経の配線 (2011-11-26)


(2020-10-25)
プロフィール

横着者

Author:横着者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR