Michio Kaku:人生に意味はあるのか?

はじめに


・動画のタイトルは「死後の生はあるか?」だが、実質は「人生に意味はあるのか?」という内容。

・下の抜粋は訳がヘボ過ぎて、Michio Kaku の感動的な発言の真意が全く伝わらない。下のリンク先で動画を視ることを勧める。(動画の埋め込みはできない設定になっている)

抜粋(デタラメ)


20170429_michio.jpg


・2:50 「人生の意味」は所与のものとしてどこかに存在するのでもないし、神が命じるものでもない。人間が自ら人生に意味を与えるのだ。

・6:40 それに対してインタビューア(彼も科学者らしい)が興味深い反論(内容は省略)をしている。

・7:10 その反論に対する Michio Kaku の論駁が実に興味深い。

  ・人間は「勤め励み "work"」そして「愛 "love"」さねばならない。そうしなければ人生の意義が失われて人間は正気を保てなくなる。

インタビュー動画(8:33)


・MICHIO KAKU ~ IS THERE AN AFTER LIFE?
https://www.youtube.com/watch?v=cFq6LNGe7H8


コメント


・「人間が自ら人生に意味を与えるのだ」という主張も、「人間は「勤め励み "work"」そして「愛 "love"」さねばならない」という主張も、特に目新しい内容ではない。その陳腐とも言える発言にどこまで真実味や重みを与えられるか…(まるで役者の演技力みたいな話だがw)それが問われる。Michio Kaku は見事にそれをこなしている。

・…と Michio Kaku の発言を賞賛したが、私は「人間が自ら人生に意味を与えるのだ」という主張も、「人間は「勤め励み "work"」そして「愛 "love"」さねばならない」という主張も結局のところ、蛇足であり無用だ…と思っている。

・「人生に意味はない」…これだけで既に完全に充足している。何の不足もない。わざわざ意味を捏ね上げて付け足すには及ばない。意味がないからこそ、充足しており、自由なのだと。

(2017-04-29)

立花 隆:いわゆる哲学者がやっていることは<「哲学」学>にすぎない

はじめに


・立花 隆のタイトルの趣旨の発言が目を惹いたので記録しておく。

引用


20161222_p48.jpg

出典


20161222_book.jpg
立花 隆、『脳を鍛える (東大講義 人間の現在1)』、新潮社、2000年、48頁

コメント


・彼らがやっていることが<「哲学」学>ならまだマシだが、実際は哲学オタクどうしが狭いサークルの中でしか通用しないような独特の知識や符牒、趣向を競い合っているだけなのでは?…という密かな疑念を持っている。

  ・喩えが下品になるが…。世間には理解されない特殊な性癖の AV マニアたちが内輪のサークルで互いに性癖・趣向を競っている…といったイメージ。

  ・この比喩で何が言いたいのかと言うと…。哲学者は「世」の「真理」の類を追求しているのではなく、「己」の「趣向・性癖」を追求しているだけなのでは…という疑念。(分かりやすい例が Nietzsche )

・私は頭が鈍く、彼らの高度な哲学議論は全く理解できないし、彼らが堪能し、シビレている筈の哲学の凄さや深淵にも全く鈍感。例えば McTaggart の時間論とか、Husserl の現象学とかが全く理解できない。その反動で先のような傲慢な疑念を持っているだけだとは思うが…

(2016-12-22)

Peter Russell:唯心的物理学にパラダイム・シフトすることで「意識の難問」が解決する (途中:その1)

はじめに:

・Peter Russell については下の過去記事で取り上げたことがある。

  Peter Russell : 意識の難問(Hard problem)を「平凡、陳腐に」語る (2014-07-02)

・上の過去記事では酷評に近い評価をしていた。だが今回、彼の下の講演では内容が十分に練られており、スピーチも手際よく整理されていて、彼に対する評価が一変した。

・ただし、プレゼンテーションの技術が格段に上手くなっている…という意味での評価であり、彼の主張それ自体は本質的な意味では「平凡、陳腐」。というか、「意識の難問」について「平凡、陳腐」ではない 説得力のある仮説を提案する…なんてことは余程の天才でもまず無理。

・これまで無数の哲学者、思想家、科学者が「意識の難問」に挑み、それぞれの自説を唱えてきたが、 「平凡、陳腐」でない 一定の説得力をもつ説を唱えた人物は片手で数えられるほどしかいない。もちろん、哲学者は全滅… (極論すれば、哲学者は観念を操り言葉を弄り回すワザだけが取り柄なので全滅することに何の驚きもない)。



抜粋(デタラメ):

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……

20161023_hard_prob.jpg

20161023_2530.jpg

20161023_2prob.jpg





・The Reality of Consciousness, Peter Russell




おまけ:

・32:00 あたり。講演の後の質疑応答に登場した女性(下)の質問が予想外で面白い。またその質問に対する Peter Russell の回答もなかなか見事。

20161025_3244.jpg

(2016-10-25)

Jacque Fresco:人間には独創的なアイデアを生みだす知的能力などない (途中:その1)

はじめに:

・人間には独創的なアイデアを生みだす知的能力が備わっている…と誰もが信じているはず。たとえ、凡人に過ぎない自分には無理でも、歴史に名を残すような天才には備わっていた、と。

・だが、それを全否定する人物、Jacque Fresco の面白い講演を紹介する。

・弓矢、カメラ、映画、飛行機…などの独創的な発明ですら、天才的な人間の独創的なアイデアによるものではないことを具体的に例証している。Jacque Fresco の主張にはそれなりの説得力がある。

・以下、一例として弓矢の発明がどのようにしてなされたのか…それに絞って紹介する。このストーリーを知っている人はほとんど居ないはず。



抜粋(デタラメ):

・14:05 から。弓矢の発明が実際はどのようにしてなされたのか…それを彼が大勢のアメリカ・インディアンから聞き出した話に基づいて語っている。

20161009_think.jpg


……途中……
……途中……
……途中……
……途中……



・Think - Jacque Fresco




おまけ:

・Jacque Fresco が「愛なんて言葉はタワゴトでしかない」と語っている短い動画が下。

・0:12 ~ 0:40 の発言がソレ。「御尤も…」と言うしかないw

・Love is Bullshit - Jacque Fresco | London Real




コメント:

・Jacque Fresco の「人間には独創的なアイデアを生みだす知的能力などない」という過激な主張それ自体が、皮肉なことに「独創的なアイデア」の一例になっているような…w

・Jacque Fresco の主張は一見すると過激だが、一面の真理を突いている。

(2016-10-09)

John Searle による Wittgenstein 哲学の分かりやすい解説 (途中:その1)

はじめに:

・John Searle が Ludwig Wittgenstein の言語哲学を解説している動画を紹介する。ほぼ 30年前(1987年)の動画だが、これほどわかりやすい解説は入門書の類でも見かけたことがない。

・日本語で書かれた Wittgenstein 哲学の入門書(数冊しか読んでないが)より、下の英語のインタビュー番組の方が遥かに分かりやすいなんて…どういうこと? 日本語の入門書では難しく説明することしかできないの?

・まさかとは思うが「素人や凡人たちに簡単に Wittgenstein を理解されてたまるか!」という(無意識の?)意気込みで入門書を書いていないか?(w)

・John Searle は Wittgenstein の主張のどこがどのように革新的だったのか…これをインタビューのあちこちで語っている。これは私が読んだ日本語の入門書では見かけた記憶がない。『論理哲学論考』があのような風変わりな記述方法を採用した理由も見かけた記憶がないが、下の動画では説明がある。(日本語の入門書にもこれらは記載されていたのかも知れないが、そうだとしても印象に乏しく記憶には全く残らなかった)



抜粋(デタラメ):

・10:00 あたりからが面白くなる。しかも分かりやすい。

・19:00 あたり。Wittgenstein の主張のどこが革新的なのか…これを分かりやすく説明している箇所の一つ。

・24:00 あたり。私的言語に関する込み入った話を説明。このあたりはさすがに分かりやすいとは言えない。

……途中……
……途中……
……途中……
……途中……



インタビュー動画(42:51):
・John Searle on Ludwig Wittgenstein (1987)


(2016-06-14)

蛇足:以下、FC2 のサイトにもこの Blog の記事にも、まして広告には全然、関係ないことだがあくまで一般論として…。楽して簡単にカネが手に入る…といった類の儲け話は詐欺まがいが多い、と警察のヒトが言っていた。ところで騙されやすいカモのリストは高額で売れるが、そのリストを作るとしたら、どんな釣り餌を垂らせばカモが喰いつくだろうか?
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR