FC2ブログ

ロシアの Poseidon(無人長距離核魚雷)の解説動画

前置


・米空母を追跡して攻撃する機能も考えられはするが、たぶんロシアが全面核攻撃を受けた後の報復攻撃用だろう…といった解説。

切り出し静止画



20200807_poseidon.jpg




20200807_poseidon2.jpg




20200807_poseidon3.jpg

動画(1:07:25)


SUT Public Webinar 13th July 2020 - The Russian Poseidon nuclear AUV
2020-07-14



(2020-08-07)

世界を全面核戦争から救った男:Vasili Alexandrovich Arkhipov と Stanislav Yevgrafovich Petrov

前置


・Brent Swancer がソース記事の著者。

関連


・Vasili Alexandrovich Arkhipov については下の過去記事で取り上げた。

  1962年10月27日、世界を全面核戦争から救った男(+追加、修正) (2015-02-08)


・Stanislav Yevgrafovich Petrov については下の過去記事で取り上げた。

  1983年、ソ連軍将校の判断で核戦争の危機が回避されていた (途中:その1) (2015-04-17)

  1983年9月26日、早期警戒システムの誤動作で核戦争勃発寸前に至った (2017-04-21)

・以下では Stanislav Yevgrafovich Petrov の事例がやや詳しく書かれているので引用しておく。日本語が必要な方はご自分で機械翻訳を。

コメント1


・このような重大な歴史的事実を、なぜか歴史学者の Yuval Harari は完全に無視して愚劣な発言をしている。

  Yuval Harari のダメな面が露呈した最近のインタビュー (2020-03-20)


コメント2


・ET が核戦争には介入し、防止してくれる…そう信じ込んでいる 民間 UFO 研究者や UFO ファンが少なからずいる。例えば下の Kathleen Marden など。だが、そのような ET の発言など全く信じるに値しないことがタイトルの事例からも明瞭。


・Kathleen Marden も、他の UFO 研究者と同じように「ET は核戦争には介入し、防止する」と信じている。なぜなら、ET がそう伝えてきたからだと。

・だが、その ET のメッセージを信じるのは愚か過ぎる。

・広島、長崎の原爆投下に介入せず、無数に行われた大規模な核爆発実験を放置し続け、チェルノブイリ、福島での重大原発事故にも介入しなかった彼らに何が期待できよう。

ref: Kathleen Marden:ET とテレパシーで交信、ET から情報を download した。(途中:その1) (2018-04-14)



一部引用



20200711_Stanislav-Petrov.jpg


In 1983, the Cold War was in full effect and the Americans and Soviets still had obscene numbers of nuclear missiles aimed at each other, manned by those with itchy trigger fingers. On 26 September 1983 in the early morning hours, a Soviet lieutenant colonel by the name of Stanislav Yevgrafovich Petrov was alone on duty during an overnight shift, monitoring the Soviet Union’s early-warning missile system, which was designed to track and warn of incoming nuclear warheads. It would have been a pretty boring detail typically, and he was tired from the long shift, his thoughts drifting and daydreaming, but on this morning, he was snapped out of his stupor by an alarm registered on the system. Blinking the drowsiness from his eyes he focused on the display and saw that everyone’s worst fear had happened. The Americans had launched against them. He would later say:



The siren howled, but I just sat there for a few seconds, staring at the big, back-lit, red screen with the word ‘launch’ on it. A minute later the siren went off again. The second missile was launched. Then the third, and the fourth, and the fifth. Computers changed their alerts from ‘launch’ to ‘missile strike.’ I had all the data [to suggest there was an ongoing missile attack]. If I had sent my report up the chain of command, nobody would have said a word against it. There was no rule about how long we were allowed to think before we reported a strike. But we knew that every second of procrastination took away valuable time; that the Soviet Union’s military and political leadership needed to be informed without delay. All I had to do was to reach for the phone; to raise the direct line to our top commanders ? but I couldn’t move. I felt like I was sitting on a hot frying pan.


Indeed, he had full computer readouts to this effect, all undeniably showing that a nuclear attack was in progress, and the protocol for the situation called for him to report to his superiors immediately so that they could initiate a retaliatory strike, but he did not do this. It was a flagrant dereliction of duty, and the longer he waited the less effective a counterstrike would be, but he hesitated out of doubt and knowing that his next action would mean the fate of the world. He would say, “’I knew perfectly well that nobody would be able to correct my mistake if I had made one.” And so he waited there in the dim glow of the computer screen as it told him nuclear war had broken out and that missiles were already coming down. Something about it didn’t feel right to him, and he would explain:


There were 28 or 29 security levels. After the target was identified, it had to pass all of those ‘checkpoints’. I was not quite sure it was possible, under those circumstances. Twenty-three minutes later I realized that nothing had happened. If there had been a real strike, then I would already know about it. It was such a relief.


He also felt that just five missiles didn’t make sense, as the U.S. attack would have been more decisive, an all-out onslaught. It would turn out that the whole thing had been a malfunction. Sunlight reflecting off of high-altitude clouds had confused the satellite system, which had made it malfunction and misread the data as incoming missiles. Although Petrov was not authorized to launch missiles himself, it is widely believed that with the strong data he had and time being of the essence, his report would have most certainly led to a nuclear strike against the United States, triggering World War III, and he has been recognized as having single-handedly averted catastrophe by disobeying his orders. Nuclear security expert Bruce G. Blair has said of the incident:


The Soviet Union as a system?not just the Kremlin, not just Andropov, not just the KGB?but as a system, was geared to expect an attack and to retaliate very quickly to it. It was on hair-trigger alert. It was very nervous and prone to mistakes and accidents. The false alarm that happened on Petrov’s watch could not have come at a more dangerous, intense phase in US?Soviet relations.


Petrov had even admitted that if it had been anyone else on duty that day the nuclear Armageddon would have certainly begun. Despite this, he received no award from the Soviet military, and he would retire early, but he would receive commendations and the World Citizen Award, and Dresden Peace Prize by other countries for the part he played in averting a catastrophe. These are very worrying instances that a lot of people are blissfully aware even happened at all, and they have amazingly been lost to history and sort of swept under the carpet. Yet, rest assured that the only reason the world hasn’t been destroyed can likely be attributed to these two guys who the whole thing just happened to catch on a good day.


ref: The Times When A Single Person Averted a Nuclear War | Mysterious Universe - https://mysteriousuniverse.org/2020/07/the-times-when-a-single-person-averted-a-nuclear-war/


(2020-07-11)

真珠湾攻撃時に宣戦布告が遅れたのは、外務省の怠慢ではなく、国の故意だったのでは?

前置


・先日、Trump が武漢肺炎がらみで中国政府を厳しく糾弾したとき、真珠湾攻撃や 9.11 事件を引き合いに出した。それを聞いていてふと、タイトルの件に思い至った。

・こんなことは大人の常識で、あえて口に出すまでもないことのような気がするが、正直、私はいままで全く気づかなかった。

疑惑


・下の過去記事(*1)で、真珠湾攻撃時に宣戦布告が遅れたのは「全て外務省の責任」だと批判したことがある。

・だが、本当は外務省の怠慢が理由で宣戦布告が遅れたのではなく、意図して宣戦布告を遅らせたのではないか? つまり当時の日本国家の最高機関の意思決定として故意に宣戦布告を遅らせたのではないか?

・私は歴史に疎いので、きちんとした裏付けのある論拠を提示できないが(後述の理由で論拠となる文書や証言はもう存在しない筈)、常識で考えても故意だったように思える。

常識で考えて…


・当時の大使館がいくら無能で無責任だったとしても、

  開戦直前の緊迫した情勢下で、送別会だのカード遊びに興じて最も重要な外交文書を放置していた

 なんて話は無理がありすぎる。

・外務省だって、宣戦布告の発布にあたって事前に大使館と念入りな調整を済ませていない筈がない。何の事前調整もなく、突然に宣戦布告の電文を大使館に送りつける…そこまで馬鹿者ぞろいではないだろう。

なぜ故意に宣戦布告を遅らせたのか?


・たぶん、その理由は

  ・短期的な戦益に目が眩んで、自ら汚名を被る長期的な外交損失を過小評価した。
  ・対米戦争に勝てる、もしくは有利な条件で停戦できると予想していた。
  ・負けさえしなければ、宣戦布告の遅れの糾弾を受けても影響は軽微だと判断した。

 からではなかろうか。

・ところが目論見は崩れ、敗戦したので、責任をすべて大使館の怠慢として片付けようとした…こういう筋書きかと。

蛇足


・大方のひとにとっては、このようなことは言わずと知れたこと、言うのは野暮なことなのではないか。この事にこれまで気づかなかったのは、私が根が素直でお人好し(=ウブで鈍い人間)だからであって。

・このことは、アメリカ側だって十分承知(ゆえに絶対に許す気にならない)、日本政府もすっとぼけているが、敗戦時に証拠をすべて焼き去ったので誰も論証はできないと。あとは 1994年に調査委員会のおざなりな調査結果を発表して幕引き…w

(*1)



・それにしても…。Scott Adams もそうだが、アメリカ人が WWII 参戦時の日本を語る時、枕詞のように「卑劣な闇討ち(真珠湾攻撃)」を持ち出す(目の前に日本人がいれば口にするのは避けるだろうが)。当然、Trump もハワイでの演説で真珠湾攻撃の件を持ち出した。

・全て外務省の責任(下記)なのだが誰一人責任を取っていない。誰も責任を取っていないということは、また同じような大失策を繰り返す下地が外務省には残されたままで、国家として大きなリスクを抱えているということを意味する。


・James Rickards のソース記事のタイトルは The Currency Wars’ “Pearl Harbor”(通貨戦争における真珠湾攻撃)となっており、次の文章から始まっている。

The most dramatic battle yet in the currency wars took place last Thursday. It was the financial equivalent of a Pearl Harbor sneak attack…


・日本人はアメリカによる原爆投下を心底では憎悪しているが、アメリカ人は日本の真珠湾攻撃をこのソース記事のように事ある毎に話題し決して忘れない。真珠湾攻撃は日本の卑劣さの象徴となっている。このような卑劣な行いをした日本には戦争の大義はなく、こんな卑劣な国が対戦相手だから原爆投下もやむを得ないものだった…こういった暗黙の認識がアメリカ人の心底にはあるように思う(むろん、公に口にすることはないだろうが)。

・本来、真珠湾攻撃の直前に宣戦布告がなされる計画だったが、宣戦布告が真珠湾攻撃の後になってしまった。遅れた理由は外務省の重大な過失(怠慢)で、この宣戦布告の遅延問題は Wikipedia の下の記事などでも詳しい。これほどの大失策を引き起こし、後々まで国益に破壊的損害をもたらしたにも関わらず、誰も責任を取っていない。このように昭和初期から現代に至るまで外務省は無責任、無能役人の巣窟となっている。


1994年11月20日に外務省は当時の調査委員会による調査記録「昭和16年12月7日対米覚書伝達遅延事情に関する記録」を公開した。現在この資料は外交史料館報第8号で閲覧可能である。この調査などに基づく通説では、6日夜に大使館員が南アメリカへ転勤する寺崎英成の送別会をメイフラワー・ホテルの中国料理店で行っていたこと、奥村が送別会後も大使館に戻って浄書を行わず知人の家にトランプをしに行っていたこと、奥村の英訳親書の浄書・タイプが遅れたこと、14分割目に「大至急」の指示が付されておらず覚書本文の続きであることがわからなかったことなどが原因であるとされている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%B9%BE%E6%94%BB%E6%92%83


Ref: James Rickards : SNB の転換がポーランドやハンガリーで住宅債務危機を引き起こす (2015.01.24)


ref: Scott Adams:イスラエルとパレスチナ和平交渉を日本で…という提案を高く評価 (2017-12-28)



(2020-05-26)

Noam Chomsky : これまで数百回も全面核戦争開始の瀬戸際まで至り、その都度 辛くも回避してきた。(途中:その1)

抜粋(デタラメ)


・2:00 広島に原爆が投下されたニュースを聞いた時。衝撃を受け、恐怖を覚え、2時間ほど森の中へ。他の人々はこのニュースを聞いて、さして影響を受けず、すぐに日常の行動パターンに戻った。

・4:00 核戦略を指揮する軍のトップだった人物が後悔を綴った回顧録。

・6:30 1960? 人類絶命の寸前だった具体例。ソ連から飛来する ICBM を検知。99.9% の確度だとされた。ところが、後の調査で月で反射したレーダー信号をソ連からの核ミサイル攻撃だと誤認識していたことが判明。

・7:50 1962? キューバ危機の時。キューバ付近の海。米の対潜攻撃によってロシアの潜水艦が米本土へ核ミサイルを発射寸前に至った。 核ミサイル発射を指令する 3人の指揮官の内 2人が核ミサイル発射を決意、残りひとりの強硬な反対で辛くも発射は回避された(過去記事 *1)。

・11:35 このような核戦争直前に至った事例が文字通り、これまで数百件もあった。

・11:57 Doomsday Clock (*2)の件。

講演動画(1:19:11)


・827,500 views,May 20, 2018
・Noam Chomsky - Best Speech In 2018


コメント


・核兵器に対する評価が Noam Chomsky と Yuval Harari では真逆になっていることに注目。たとえば…

  Yuval Harari:広島、長崎への原爆投下は日本人の命を救った。原爆開発者はノーベル平和賞に値する (全体) (2018-01-28)

Yuval Harari : 過去 20-30年間は人類史上、最も平和な時代だった。その平和は核兵器によってもたらされた。 (2019-10-14)

・先日、中国の人権弾圧に関連して Yuval Harari を批判した(*3)が、核兵器の評価についても Yuval Harari は呆れるほどの愚者に成り下がっている。







脚注





・(*2)Doomsday Clock …

  ・Noam Chomskey は高く評価しているが、真夜中の何分前という公表は、胡散臭い印象がある。なぜなら…







(2019-11-13)

ロシアで不可解な放射線量の増加が観測された?

はじめに


・他のソースで報道されていないので、ガセネタっぽいが、一応記録しておく。

一部引用



authorities in the nearby city of Severodvinsk reported what they described as a brief spike in radiation. No official explanation has been given for why such an accident would cause radiation to spike.

...


The radiation levels were 20 times higher than normal, according to Greenpeace, which prompted the environmental group to call on federal authorities to identify exactly what kind of radiation had been released and if it was any danger to nearby residents.

ref: A Chernobyl like Nuclear Accident reported today in Northern Russia !! | THE FINANCIAL ARMAGEDDON BLOG - https://financearmageddon.blogspot.com/2019/08/a-chernobyl-like-nuclear-accident.html



関連


・Published on Aug 10, 2019

動画(3:10)


・A Chernobyl like Nuclear Accident reported today in Northern Russia !!


(2019-08-11)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR