FC2ブログ

中国軍が開発した市街戦用兵器:建物の角に隠れたまま射撃するための小銃

一部引用



20190113_china.jpeg


The corner shot pistol system can be used so that the muzzle points to a different direction across a wall, while the soldier aims the weapon behind the wall with the help of a monitor. In dangerous urban warfare, the system allows the operator to accurately shoot targets without exposing himself to hostile attackers, the report said.

ref: http://www.globaltimes.cn/content/1135015.shtml



コメント


・面白いアイデアだが、実戦での使用にたえるかどうかはかなり疑問。この銃の欠陥が直ちに幾つも思いつく。第一、これが本当に実用になるのであれば、既に広く使われている筈。

(2019-01-13)

Michael Pillsburry 博士: 中国は米ソ冷戦時代にアメリカを大いに援助してくれた。

はじめに


・これまで、中国はアメリカの覇権を奪い取る気満々で派手に動いていた。なのになぜ、アメリカはつい最近の Obama 政権に至るまで、中国のやりたい放題を放任してきたのか?

・この疑問に対するかなり納得のゆく答えが、下の動画で語られているので取り上げる。

・Michael Pillsburry はアメリカの対中国外交政策の策定に絶大な影響を及ぼしてきた国際政治に関する指導的専門家で、今現在 Trump が中国政策に関して最も信頼を置いている人物。


Michael Pillsbury (born February 8, 1945) is the American Director of the Center on Chinese Strategy, Hudson Institute, Washington, D.C., from 2014. He is the author of three books on China. The most recent one, The Hundred-Year Marathon, is an international bestseller[citation needed] and was number one on the Washington Post list,[1] and a selection of the Commander, U.S. Special Operations Command, Commanders Reading List, in 2017,[citation needed] with Korean, Japanese, Taiwan-Chinese, PRC-Chinese, Hindi, and Mongolian editions also published.[citation needed] On September 26, 2018 U.S. President Donald Trump described Michael Pillsbury as "the leading authority on China.”[2] On November 30, 2018 The New York Times, Politico and Bloomberg articles asserted Michael Pillsbury's importance of being one of Trump's top advisers on China.”[3],[4],[5] According to The New York Times, "Ubiquitous on Fox News in recent months, Mr. Pillsbury’s book “The Hundred-Year Marathon: China’s Secret Strategy to Replace America as the Global Superpower” has become a lodestar for those in the West Wing pushing for a more forceful response to the threat that China’s rise poses to the United States."

ref: https://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Pillsbury


・その彼が、半年ほど前に全国放送の TV インタビューの中で興味深いことをいくつも語っている。その中から、以下ではタイトルの件に絞って取り上げる。

20190104_FinalWarning.jpg

抜粋(デタラメ)


・16:00 中国は対ソ冷戦時代にアメリカに甚大な援助をしてくれた。特に Reagan 大統領の時代、アメリカがアフガニスタンでロシアに対抗する計画に援助してくれた。中国は $2B 相当の武器を秘密裏に売却してくれた。アメリカはその武器をアフガニスタンの反乱勢力に提供した。これによってソ連はアフガニスタンから撤退することになった。

  ・この話を聞いてホストが驚いている。その話は全く知らなかったと。Michael Pillsburry 自身がこの計画に関与していたと。当時、中国はソ連に敵対していた。

・17:40 アフガニスタン以外に、カンボジアでも中国はアメリカに協力、援助してくれた。

・18:00 こういった歴史的経緯があるから、中国は反共産主義で親米主義だと我々(アメリカの支配層)は見なしてきた。だが、振り返って考えると、当時の中国はソ連を敵対視していたからにすぎないと分かる。

動画(39:51)


・Final Warning About China | Must Watch Interview


コメント


・一般論としてなら、米ソ冷戦時代に、中国がアメリカに協力的だったという話は誰もが知っているはず。だが、ここまで具体的な話($2B の武器など)は初耳。

(2019-01-04)

Michael Pillsburry 博士: 米中戦争が起きれば、戦略次第では中国が勝つ。

はじめに


・Michael Pillsburry はアメリカの対中国外交政策の策定に絶大な影響を及ぼしてきた国際政治に関する指導的専門家で、今現在 Trump が中国政策に関して最も信頼を置いている人物。


Michael Pillsbury (born February 8, 1945) is the American Director of the Center on Chinese Strategy, Hudson Institute, Washington, D.C., from 2014. He is the author of three books on China. The most recent one, The Hundred-Year Marathon, is an international bestseller[citation needed] and was number one on the Washington Post list,[1] and a selection of the Commander, U.S. Special Operations Command, Commanders Reading List, in 2017,[citation needed] with Korean, Japanese, Taiwan-Chinese, PRC-Chinese, Hindi, and Mongolian editions also published.[citation needed] On September 26, 2018 U.S. President Donald Trump described Michael Pillsbury as "the leading authority on China.”[2] On November 30, 2018 The New York Times, Politico and Bloomberg articles asserted Michael Pillsbury's importance of being one of Trump's top advisers on China.”[3],[4],[5] According to The New York Times, "Ubiquitous on Fox News in recent months, Mr. Pillsbury’s book “The Hundred-Year Marathon: China’s Secret Strategy to Replace America as the Global Superpower” has become a lodestar for those in the West Wing pushing for a more forceful response to the threat that China’s rise poses to the United States."

ref: https://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Pillsbury


・その彼が、半年ほど前に全国放送の TV インタビューの中で興味深いことをいくつも語っている。その中から、以下ではタイトルの件に絞って取り上げる。

20190104_FinalWarning.jpg

抜粋(デタラメ)


・30:30 あたり。

・米中が戦争したらどちらが勝つか? 純軍事的な面ではアメリカは中国より 10倍優っている。

・だが…。私は(政府が実施した)「戦争ゲーム」に参加して中国側の役割を果たしたことがある。アメリカ式戦略に基づいて米中が共に戦争すればアメリカの勝ちだが、中国式の戦略(開戦時に通信衛星を破壊する、アメリカの中枢神経系(=指揮系統)を破壊する…など、中国が公開している戦略)で戦争すれば中国の勝ちだ。


・33:00 アメリカは宇宙計画について空軍と NASA という二つの組織(軍と民間)を運営している。中国は一つだ。経済性も効率も違う。

動画(39:51)


・Final Warning About China | Must Watch Interview


コメント


・動画の中で Michael Pillsburry も語っているが、アメリカはマス・メディアや民主党が Trump 政権を引き摺り降ろそうと躍起となっている。対して中国は共産党指導部の方針で固まっている。

・さらに国内の反対が無いから中国はいくらでもエゲツない手が打てる(カナダ人拘束を見よ)。Trump はマス・メディアによって手を封じられている。

・つまり、対中国戦略において、アメリカの最大の敵は中国ではなくアメリカのマス・メディアだと言える。そしてそのマス・メディアを支配しているのが CIA であり、Deep States 。

・Deep States は中国に協力して大儲けしてきたし、今後もまだまだ中国で儲け続けたい。それゆえ、中国は放置しておいても軍事面で劣るし、バブルで崩壊するから問題はない…と言い続けている。

(2019-01-04)

Eric Zuesse : 2014年にマレーシア航空の MH17 機を墜落させたのはウクライナだと判明した。

はじめに


・様々な説が唱えられているが、Eric Zuesse はタイトルの主張をしている。それが zerohedge に転載された。

・Eric Zuesse はウクライナの犯行であることに疑いの余地がない、なぜなら…(略)と自信たっぷりの様子。

一部引用



MH17 Turnabout: Ukraine's Guilt Now Proven



20190102_or-42003.jpg


Finally, a clear and convincing - and unrefuted - case can now be presented to the public, as to precisely whom the guilty party was, that downed the MH17 Malaysian airliner over Ukraine on 17 July 2014, and why it was done. The complete case, which will be fully documented here, displays unequivocally who needed the MH17 murders (of 298 persons) to be perpetrated. This mass-murder was done for one leader’s very pressing obsession. For him, it simply had to be done, and done at that precise time.

...

CONCLUSIONS:

By no means do we know every detail about how the MH17 was shot down, but what we do now know for certain is that the narrative for that event which was supplied by Ukraine’s team on May 24th - the official account of how it happened - isn’t just false; it is outright fraudulent. Ukraine’s team supplied evidence which, if it is authentic, actually convicts Ukraine. And Western ‘news’-media hide this crucial fact.

So, now, we know why Western governments have hidden, instead of making available to the public, the black-box data and the other evidence that they still refuse to provide to the public. They are aiming to scam the public, not to inform it. Lying is their game. They might call it ‘patriotism.’ Traitors would likely do that. Traitors to any country could do it. And, so, they do. Their believers constitute their political base.

Unfortunately, anyone they fool becomes their tool, and everyone else is purely their victim - helpless to oust (much less, to replace) the tyrants who make things bad for everyone but themselves and their colleagues, the insiders at the very top.


ref: https://www.zerohedge.com/news/2019-01-01/mh17-turnabout-ukraines-guilt-now-proven


(2019-01-02)

ロシアの極超音速ミサイルのテスト成功でペンタゴンがパニック

はじめに


・この新型ミサイルを防ぐ手段は何もない。いずれ核弾頭も搭載される。速度が早いだけではなく、軌道を変幻自在に変化させられるので、落下地点が全く予測できない。それが来年、実戦配備されると。

一部引用



Pentagon "Panicking" After Successful Russian Hypersonic Missile Test: Die Welt


...
Although the glider, able to carry megaton-class nuclear weapon, was presented along with SARMAT missile system tests, super-fast drone torpedoes, cruise missiles with nuclear power plants, the air missile system "Kinzhal" as well as laser and hyper-sonic weapons as one of the newest additions to the Russian arms complex in March, the newspaper claims it to be proof of sabre-rattling by the great powers in the wake of US President Donald Trump announcing his country's withdrawal from the 1987 INF Treaty in October.

What makes Avangard unique is its manoeuverability as the vehicle constantly changes its course and altitude while it flies through the atmosphere, zigzagging on its path to its target, making it impossible to predict the weapon's location, as former Russian Defence Minister Sergei Ivanov revealed. This characteristic ensures that the target this hypersonic missile is actually heading to remains virtually secret, according to the US think tank Rand Corporation.

...

"You have to cover thousands of miles, not hundreds”, chief engineer of the Pentagon and ex-chief of NASA Michael Griffin told an expert panel shortly before the test launch, pointing out at the curvature of the globe, limiting the coverage of radars, taking the vastness of the western Pacific Ocean and the lack of islands for radar.

"There are not many places where radars can be parked. And if you find them, they'll probably become targets," Griffin said.


ref: https://www.zerohedge.com/news/2018-12-29/russia-officially-restarts-arms-race-first-successful-test-hypersonic-missile


(2018-12-30)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR