ドキュメンタリー動画:北朝鮮の国民意識に変化の兆し

はじめに


・最近 放映されたと思しきドキュメンタリー動画を紹介する。珍しい北朝鮮の一般国民の様子を盗撮した映像が含まれている。そして動画の末尾付近で、北朝鮮の国民意識に変化の兆し(洗脳が以前より効かなくなったり、当局に公然と歯向かう風潮)が生じていることを示す映像が登場している。

・一部、日本語のシーンが含まれているので、その部分は日本の TV でも放映されたかも知れない。

抜粋(デタラメ)


・現地の情勢に詳しいジャーナリスト(石丸次郎)が登場。
20170508_n_c.jpg


・21:30 北朝鮮の収容所で長期間の拷問を受けた人物の証言シーン。

・北朝鮮に向けてラジオ放送をしているシーン。

・噂によって処刑されたダンサーたち。たしかにエロいw
20170508_n_c2.jpg


・35:40 脱北者の証言。彼女の兄弟が当局に捉えられ、酷い拷問を受け血だらけになった。そのシーンを一家が見せられた…と。思い出して涙を流している。
20170508_n_c3.jpg


・38:50 金正恩が 11歳のときの写真(訳注:日本語が見えるので朝鮮総連経由か?)。
20170508_n_c4.jpg


・45:00 あたりのシーンには驚く。トラックで人々を運送する民間サービスを営む女性が当局に歯向かっている(そして黙認を勝ち取っているようだ)。
20170508_n_c5.jpg


動画(51:58)


・North Korea's Darkest Secrets Documentary 2017


(2017-05-08)

ISIS とイスラエルの親密な関係を、イスラエル元国防相がうっかり喋った

はじめに


・ISIS は誰によって創設され、誰が ISIS のボスなのか?

・それをイスラエルの元国防相が図らずしも喋ってしまった…という話を紹介する。

引用



ISIS Apologized To Israel For Attacking IDF Soldiers



...
Discussing the wider Israeli policy of “neutrality” in Syria, former defense minister Moshe Ya’alon accidentally admitted that Israel has an open communications channel with an Islamic State cell which operates in Gollan Heights.

“There was one case recently where Daesh opened fire and apologized,” Ya’alon said on Saturday, quoted by the Times of Israel.

...

Ref : http://www.zerohedge.com/news/2017-04-28/isis-apologized-israel-attacking-idf-soldiers


コメント


・うっかり喋ってしまった、という証拠に…。

Asked to expand on his controversial statement, Ya’alon’s office refused to elaborate. The IDF also declined to comment. Under Israeli law, any communication with terrorists is considered illegal, unless of course the Israel state covertly does not consider ISIS terrorists.


(2017-04-29)

Alex Jones の警告:WW3 が始まる

動画(17:21)


・World war 3 America vs. Russia and China, is amazing


(2017-04-27)

Steve Cioccolanti :万一に備えてソウルからは離れていろ

はじめに


・Steve Cioccolanti がタイトルの趣旨の警告をしているので紹介する。

・いつもならこの手の恐怖心を煽るような無責任な預言を紹介することは避けるのだが、タイトルの警告は常識にも合致するので紹介することにした。

・キーワードの羅列レベルの紹介にとどめているのは手抜きもあるが、慎重を期して無用な流布を抑えよう…という意図もある。

抜粋(デタラメ)


・5:10 万一に備えて 5月の間はソウルを離れていろ。

・35:39 あるカバリストの死去の直前(1994年)の預言。彼の戦争に関する預言はこれまで幾つも当たった実績がある。

  ・ホロコーストより悲惨な戦争が。韓国の首都。核。

  ・36:10 核心部分。

動画(1:07:06)


・North KOREA Situation RED ALERT | 2017 WARNING to Korea, Japan, Turkey, Greece by Steve Cioccolanti


コメント


・現在の情勢下で韓国、ましてソウルに自分の意思で滞在する…なんて無謀というより自殺行為に近い。それは上の預言とは無関係に、常識で判断できること。

(2017-04-27)

米がシリアに発射したトマホーク:ハズレた 23発はロシアが無効化したのかも…

はじめに


・軍事専門家の Karasik 博士がタイトルの可能性を語っているので紹介する。

抜粋(デタラメ)


・60発発射しようとしたが、1発は発射に失敗。目標を攻撃できたのは 36発だけ。残りの 23発はどうなったのか?

・ロシアが配備した迎撃システム(S-300 or S-400 あるいはジャミング装置)によって無効化された可能性がある、と。

インタビュー動画(15:39)


・Did Russia shoot down U.S. missiles in Syria? | Dr. Theodore Karasik Interview



In an exclusive video interview with RiskHedge, a long-time geopolitical expert says there is an alternate story making the rounds about the United States’ April 7 missile strike on Syria’s Shayrat Airbase in response to the Syrian regime’s alleged use of sarin gas on its own people.

“Not all missiles made their target,” says Dr. Theodore Karasik, a senior advisor to Gulf State Analytics. “There were supposed to be 60. One malfunctioned on one of the ships. 36 made target, the remainder did not. And, there’s a question of where did they go?”

Dr. Karasik, a former senior political scientist in the International Policy and Security Group at RAND Corporation, spent the last decade in the Middle East and retains an extensive network in the region.

“The missing [missiles] were either brought down by S-300 battery or were taken over by Russian electronic jamming and were plunged into the sea,” explains Dr. Karasik. “Now, this alternative theory means that the US and Russia have already clashed if you will?technically?with the use of the TLAMs (Tomahawk missiles) and then being intercepted or taken over by Russian control.”

If true, this means the US and Russia have had a direct military confrontation for the first time in decades.


Ref: http://www.riskhedge.com/post/exclusivedid-russia-shoot-down-us-missiles-syria


(2017-04-23)
プロフィール

横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

Author:横着者 (ご連絡はコメント欄にて)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR